HOME > イアソー化粧品ブログ > 美肌 > 夏の終わりに「肌の夏バテ」を残さないための方法とは?

夏の終わりに「肌の夏バテ」を残さないための方法とは?

夏の終わりに「肌の夏バテ」を残さないための方法とは?

「夏に老ける」って聞いたことがありますか?実際に、お肌は夏にダメージを受けやすく、夏の肌疲れが秋の訪れとともにどっと出たりすると、老け顔になったりします。

夏バテするのは身体だけではありません。お肌の夏バテ、秋に残さないために、しっかりケアしましょう!

夏の間にお肌が受けるダメージは、紫外線だけではありません。自分のお肌がどんなダメージを受けているか、チェックしてみましょう。

□紫外線を浴びたことによる乾燥
□日焼けをしたためのくすみ
□日焼け止めやウォータープルーフなど化粧品によるダメージ
□自律神経の乱れによる肌ダメージ

さて、思い当たるふしが、いくつありますか?ひとつずつ、対策法をご紹介していきましょう。

夏のダメージ残さない対策

夏の終わりに「肌の夏バテ」を残さないための方法とは?

【乾燥対策】

紫外線を浴びてしまうと、お肌の中で保湿を保つ酵素が働かなくなってしまうため、乾燥をまねいてしまいます。

実はこの影響は6ヶ月も続くことがあると言われていて、ここでしっかりケアしないと真冬になるまで乾燥が続くことになってしまいます。

セラミドやヒアルロン酸入りの化粧品を使って、しっかり保湿ケアを行いましょう。

また、オイルなど洗浄力の強すぎるクレンジングは避け、冷たい食べ物や飲み物もできるだけ控えましょう。 乾燥対策に積極的に摂りたいのは、納豆、卵、アボカド、モロヘイヤ、青魚などです。

夏の終わりに「肌の夏バテ」を残さないための方法とは?

【夏用化粧品・くすみ対策】

紫外線ダメージを避けるために日焼け止めをたくさん塗るというのは、間違ってはいませんが、強すぎる日焼け止めやウォータープルーフの化粧品はお肌に負担をかけることも事実。

山や海に行く時は、強めの日焼け止めが必要ですが、普段の生活ならファンデーションで十分に紫外線を防げます。帽子や日傘を併用すれば、より効果的です。

ビタミンCを摂るとくすみ対策にはなりますが、くすみやシミができてしまってからでは回復に時間がかかるので、お肌を乾燥やダメージから守りましょう。

【自律神経を乱さない対策】

基本は、良質の睡眠、バランスのとれた食事、適度な運動の3つです。夏にあまり激しい運動はおすすめできないので、お風呂上がりのストレッチやヨガなどがいいでしょう。お風呂もシャワーですませず、ぬるま湯でいいので湯船に浸かるようにしましょう。

寝る直前までスマホをいじるのも、良質の睡眠の妨げになります。

●ひとこと

夏のダメージは、秋から冬まで持ち越すと、乾燥する季節に突入するため、回復が困難になります。予防が一番の早道だと心得ましょう。



カテゴリ:

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 夏の終わりに「肌の夏バテ」を残さないための方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このページのトップへ