HOME > イアソー化粧品ブログ

ザクロは夏の美肌の救世主!一気に老ける夏を乗り越える

ザクロは夏の美肌の救世主!一気に老ける夏を乗り越える

降り注ぐ紫外線が一年で一番強くなる真夏。肌のダメージだって、この時期に大きくなります。紫外線だけでなく、エアコンや汗、栄養不足など、夏は一気に老化がすすむ季節なのです。

そんな夏の美肌を救ってくれるのが「ザクロ」。どんな栄養があるのでしょうか。

大注目のザクロパワー!

ザクロは夏の美肌の救世主!一気に老ける夏を乗り越える

今、アンチエイジングの分野で脚光を浴びているのがザクロの「エラジタンニン」という成分です。ネイチャー・メディスン誌でも紹介され、マウスの実験ではこの成分を与えたらランニングの持久力が42%アップしたとして期待されています。

ザクロには、他にも美肌を救う栄養素が豊富に含まれています。以下で詳しく見ていきましょう。

ザクロに含まれる栄養素

ザクロは夏の美肌の救世主!一気に老ける夏を乗り越える

・ポリフェノール

ザクロは赤い皮の中に、ルビー色の小さな粒が無数に詰まっています。この色が抗酸化作用のあるポリフェノールたっぷりの証拠。紫外線からのダメージを軽減し、エイジングケアにも効果が期待できます。

・エラグ酸

メラニン色素をつくる時、チロシナーゼという酵素が働きます。美白化粧品は、このチロシナーゼの働きを抑制することが多いのですが、エラグ酸はこれと同じようにチロシナーゼの働きを抑制してシミを予防してくれます。

・リンゴ酸、クエン酸

少し酸っぱい成分が、疲れを癒やすのに役立ちます。クエン酸はカルシウム吸収力を高める働きもあるので、骨を健やかにもしてくれます。

・カリウム

ナトリウムを排出する働きがあるので、むくみ防止に効果的です。バナナにもカリウムは多く含まれますが、カロリーが気になるならザクロを。

ザクロの効果的な摂り方

ザクロに含まれるビタミンCは、食後に摂ることで、タンパク質を分解してコラーゲンの生成を促すことに役立ちます。その際、ヨーグルトと一緒に食べると、よりカルシウムの吸収を高めてくれます。

また、紫外線にあたった後は活性酸素が発生するため、外出後に摂ることで活性酸素を除去してくれます。

種ごと乾燥したものや、ザクロジュース、サプリメントなどもあるので、上手に活用してくださいね。

●ひとこと

ザクロって、妊活で有名になりましたが、美肌にもいいのですね!

夏に老けてしまわないためにも、積極的に取り入れたいですね!





秋は美肌の総決算!老化リスクのピークをどう乗り越える?

秋は美肌の総決算!老化リスクのピークをどう乗り越える?

紫外線がお肌の老化に一番影響を与えることは、もうご存知ですよね?夏のダメージは、秋の過ごし方で180度変わってしまいます。
この時期をどう乗り越えるかで、一年を通じての肌状態が決まってしまうと言っても過言ではありません!

夏のダメージ、クリアにしてから冬を迎えましょう。

秋の肌トラブルとは?

紫外線、エアコンなどで肌はかなりのダメージを負っています。紫外線はたった1秒で遺伝子を壊すパワーがあり、数分浴びるとコラーゲンやエラスチンも壊します。

夏の終わりに小じわ、たるみが気になるなら、紫外線が原因かも。

また、エアコンは肌から潤いを奪い、乾燥させます。これらが原因で、肌のターンオーバーも遅れてしまい、メラニンがうまく排出されずシミやくすみにも繋がってしまいます。

どうやって乗り越えたらいいのでしょうか?

秋は洗顔がポイント!

秋は美肌の総決算!老化リスクのピークをどう乗り越える?

夏にダメージを負った肌は、ターンオーバーが乱れています。つまり、古い角質や老廃物が溜まりやすいということ。

日々の洗顔で古い角質はとり、潤いは残す方法がベストの洗顔法です。

洗顔料はたっぷり使い、泡で包むようにやさしく洗います。直接手が肌に触れないように。角質をとりたいからと、ゴシゴシこするのは厳禁です。

洗顔が顔についている時間の目安は30秒。それ以上は必要な潤いまで奪ってしまうことになるので、注意しましょう。

すすぎは、水で、しつこいくらいに!お湯は皮脂を奪ってしまうので秋の洗顔は水がおすすめです。

蒸しタオルで仕上げ

秋は美肌の総決算!老化リスクのピークをどう乗り越える?

洗顔後は、蒸しタオルをすると、血流やリンパの流れがよくなり、ターンオーバーの正常化を助けてくれます。

蒸しタオルは、清潔なフェイスタオルを水で濡らして絞り、ビニール袋に入れて電子レンジで1分程度チン!します。

気をつけて取りだし、温度を調節してから顔に乗せます。

火傷に注意してくださいね。

●ひとこと

秋は夏のダメージを回復させる、大切な季節なのですね!

一年の美肌が決まるなんて、気を抜かずにしっかりケアしたいものです。





老化を進行させる?恐ろしい「糖化」とは?

老化を進行させる?恐ろしい「糖化」とは?

肌の「糖化」って聞いたことがありますか?肌に黄ぐすみを起こさせ、肌全体を硬くして老化を進めてしまうこわい現象なのです。しかも、一度糖化してしまった肌は元にもどりにくいとか!糖化度をチェックして、予防しましょう!

糖化とは?

糖分は肥満の元と思われがちですが、糖は一番最初にエネルギーとなってくれるもので、これなくしては人は生きていけません。しかしながら、余分な糖は、たんぱく質や脂質と結びつくことによって「糖化生成物(AGEs)」という老化を促進させる物質を生成するのです。

しかも、糖化は体内に溜まるだけでなく、改善も難しいときているからやっかいで、肌全体を黄色くくすませ、肌を硬化させて老けた肌にしてしまうのです。

糖化度チェック

老化を進行させる?恐ろしい「糖化」とは?

では、自分の肌が糖化していないか、簡単にチェックしてみましょう。

  • 肌が黄色くくすんで見える
  • 肌のハリ、弾力がなくなってきた
  • 美白コスメの効果を感じない
  • 肌がゴワゴワして硬くなったと感じる
  • 甘い物が大好き
  • 野菜を食べない

以上の項目に1つでも心当たりのある人は、肌が糖化しているかも!! いますぐ原因を知り、生活改善と予防をしましょう。

どうして糖化は起こる?

先にも述べたように糖は重要な栄養源ですが、問題なのは「摂りすぎ」による血糖値の上昇です。血糖値とは、食事などで上がりますが、これを膵臓からインスリンを出すことによってゆるやかに下げるのです。

この時、血糖値が上がりすぎていると身体は血糖値を下げきれず、処理しきれなかった糖がたんぱく質と結合してしまうのです。

糖化を防ぐには、食べる順番が大切!

老化を進行させる?恐ろしい「糖化」とは?

もちろん、過剰に糖分を摂らないことは必要ですが、血糖値を上げない食べ方をすることが重要です。いつもの食事でも、食べる順番に気をつけるだけで血糖値の急激な上昇を抑えられるので、普段から気をつけましょう。

以前流行った「低GIダイエット」が良いお手本です。

【血糖値を急激に上げない食べる順番】
  1. 野菜や海藻類
  2. 魚、肉
  3. ごはんやパン、麺類

ひとこと

外側からのケアだけでは糖化は予防できないのですね!食事の順番に気をつけるだけで血糖値の上昇を抑え、美肌だけでなくダイエットもできると一石二鳥ですね!





白金ナノコロイドは触媒として活性酸素を除去します。

触媒

白金って?白金ナノコロイドって?って皆さん、最近化粧品ブームの中で白金というフレーズを良く耳にしていると思いますが、そもそも白金ナノコロイドって何?っていう方もまだまだ多いと思います。というわけで、おさらいとでもいいましょうか、白金についてご紹介したいと思います。

白金は触媒です。

表題の通り、白金は触媒なんです。触媒と言うのは、化学反応を起こさない物質のことを指します。なので、水に触れても、空気に触れても金属は変化しないということ。 ですから、白金は独立した金属で、何にも反応しないのです。

と、混ざらないという事だけで、白金自体の特徴とは何と言っても、活性酸素の除去にあります。

ナノ化することで、お肌の細かな場所でも活性酸素を除去

この白金をナノ化した物を、白金ナノコロイドと呼びますが、2ナノメートル(肉眼では確認できない小ささ)に細かくしたものを化粧品に加えることによって、活性酸素を退治してもらおうということです。

白金ナノコロイドをお肌の毛穴とか、お肌の細かい所までも入っていきます。白金がお肌に停滞することによって、お肌の奥の血流に流れる悪玉活性酸素を除去しながら、丈夫なお肌の再生を手助けしてくれます。

活性酸素除去

活性酸素を除去すると???

今や活性酸素は医学会でも注目されていて、病気の原因になり得るとして研究されています。この活性酸素は、生活習慣病だけでなく、お肌の老化やお肌のトラブルまでも引き起こしてしまう、いわば老化の原因とも言われています。

活性酸素を取り除けるのは、ビタミン系の抗酸化物質を口から摂取するだけで、アンチエイジングを維持し続けなければなりません。このビタミン系の抗酸化物質は、活性酸素の種類に関係なく、無害化してしまう性質を持っています。

活性酸素には2種類あり、
善玉活性酸素…良い活性酸素
悪玉活性酸素…様々な病気の原因を作る活性酸素

とあります。

ビタミン系は、この善玉活性酸素を区別することなく、無害化してしまうので、あまり良い効果が見込めるのかというと多く摂取しなければいけないということになります。

しかし、白金は悪玉活性酸素だけを無害化してくれるので、善玉活性酸素を区別することができ、カラダの修復などを行ってくれるのです。

肌から血管への影響

お肌の近くには、毛細血管が張り巡っています。この血流の活性酸素を除去することによって、お肌の再生や細胞増殖をよりクリーンな状態にするための除去です。奥深くまで入った白金ナノコロイドは、24~36時間の効力を持って、活性酸素を除外してくれます。

白金は酸化することはありませんが、万が一お肌に残っていたとしても、カラダに入っても大丈夫な金属です。

今や白金はサプリメントや白金ナノコロイド水なども販売されているので、白金で活性酸素を除去する方法はたくさんあるんです。

ひとこと

活性酸素は私たちが生きていく上で、必要な酸素なんです。しかし、肺呼吸してても悪玉活性酸素を取り込んでしまいます。こういった、活性酸素を除去することが重要ですよね!!

化粧品、お水などなど、白金は色んな用途に使われているんですよ!!!





朝のNG習慣。老ける・太る原因がここに?朝やってはいけないこと

朝のNG習慣

最近は「朝活」などで、朝の時間を有効に凄そうとする人が増えています。ですが、朝にやるのはよくない習慣もあって、それが原因で老けたり太ったりすることも!!良かれと思ってやっていたことでも、実はNGかもしれません。今一度、朝の習慣を見直してみましょう。

ウォーキング

朝習慣その1【朝飯前のウォーキング】

「太らないために」「ダイエットのために」とウォーキングをしている方は多いと思います。運動するのはとてもいいことですが、そのタイミングが重要なのです。朝ごはんを食べる前にウォーキングしている人は、NGです。

何故なら、食前のウォーキングは太りやすくなってしまうからなのです。痩せたるためにウォーキングをしているのに、逆に太る原因になっているなんて、損ですよね。

じゃあ、いつウォーキングするの?

空腹状態では糖分が不足して、さらに運動するとカロリーを消費しないようにしようと、カロリーを燃焼しない体質になってしまいます。そして、節約モードの後に食事をすると…カロリーを丸ごと吸収しようとしてしまい、しかも蓄積されやすくなるのです。ウォーキングをするなら、食事の後にしましょう。

朝習慣その2【寝起きのコーヒー】

朝が弱い人は、眠気覚ましに朝一番でコーヒーを飲む習慣がある人も多いでしょう。しかし、この起き抜けのコーヒーは身体によくありません。何故なら、カフェインがインスリンの作用を悪くしてしまい、血糖値が上がりやすくなってしまうのです。

血糖値が急に上がるとどうなる?

血糖値が急激に上昇すると、わたしたちの身体は脂肪を溜め込もうとします。脂肪を溜め込む=太りやすいということなのです。どうしても朝コーヒーを飲みたい場合は、朝食後に飲むか、起きてしばらく経ってからにしましょう。

秋のクレンジングと洗顔

朝週間その3【朝のクレンジング】

夜にもしっかりダブル洗顔したのに、朝もクレンジングと洗顔をしている方は、要注意です。特にこれから乾燥する時期に、必要な皮脂まで取り過ぎてしまうため、朝のクレンジングは必要ありません。肌の乾燥は、肌老化の一番の大敵です!

朝のおすすめ洗顔法

人肌くらいのぬるま湯で、しっかり洗顔料を泡立てて、手が皮膚に触れないくらいに優しく洗ってください。化粧水や美容液などで保湿することも大切ですが、必要な皮脂まで奪ってしまわないように、洗顔方法を見直してみてくださいね。寒い季節ですが、決して人肌以上の温度のお湯は使わないでください!

ひとこと

朝の習慣、もしこの中で、当てはまることを毎日やっていたとしたら、見直してみるいいチャンスです。どうせやるなら、いい習慣を身につけたいですね!




このページのトップへ