HOME > イアソー化粧品ブログ

夏の終わりに「肌の夏バテ」を残さないための方法とは?

夏の終わりに「肌の夏バテ」を残さないための方法とは?

「夏に老ける」って聞いたことがありますか?実際に、お肌は夏にダメージを受けやすく、夏の肌疲れが秋の訪れとともにどっと出たりすると、老け顔になったりします。

夏バテするのは身体だけではありません。お肌の夏バテ、秋に残さないために、しっかりケアしましょう!

夏の間にお肌が受けるダメージは、紫外線だけではありません。自分のお肌がどんなダメージを受けているか、チェックしてみましょう。

□紫外線を浴びたことによる乾燥
□日焼けをしたためのくすみ
□日焼け止めやウォータープルーフなど化粧品によるダメージ
□自律神経の乱れによる肌ダメージ

さて、思い当たるふしが、いくつありますか?ひとつずつ、対策法をご紹介していきましょう。

夏のダメージ残さない対策

夏の終わりに「肌の夏バテ」を残さないための方法とは?

【乾燥対策】

紫外線を浴びてしまうと、お肌の中で保湿を保つ酵素が働かなくなってしまうため、乾燥をまねいてしまいます。

実はこの影響は6ヶ月も続くことがあると言われていて、ここでしっかりケアしないと真冬になるまで乾燥が続くことになってしまいます。

セラミドやヒアルロン酸入りの化粧品を使って、しっかり保湿ケアを行いましょう。

また、オイルなど洗浄力の強すぎるクレンジングは避け、冷たい食べ物や飲み物もできるだけ控えましょう。 乾燥対策に積極的に摂りたいのは、納豆、卵、アボカド、モロヘイヤ、青魚などです。

夏の終わりに「肌の夏バテ」を残さないための方法とは?

【夏用化粧品・くすみ対策】

紫外線ダメージを避けるために日焼け止めをたくさん塗るというのは、間違ってはいませんが、強すぎる日焼け止めやウォータープルーフの化粧品はお肌に負担をかけることも事実。

山や海に行く時は、強めの日焼け止めが必要ですが、普段の生活ならファンデーションで十分に紫外線を防げます。帽子や日傘を併用すれば、より効果的です。

ビタミンCを摂るとくすみ対策にはなりますが、くすみやシミができてしまってからでは回復に時間がかかるので、お肌を乾燥やダメージから守りましょう。

【自律神経を乱さない対策】

基本は、良質の睡眠、バランスのとれた食事、適度な運動の3つです。夏にあまり激しい運動はおすすめできないので、お風呂上がりのストレッチやヨガなどがいいでしょう。お風呂もシャワーですませず、ぬるま湯でいいので湯船に浸かるようにしましょう。

寝る直前までスマホをいじるのも、良質の睡眠の妨げになります。

●ひとこと

夏のダメージは、秋から冬まで持ち越すと、乾燥する季節に突入するため、回復が困難になります。予防が一番の早道だと心得ましょう。





紫外線防止ファッション、より効果を上げる工夫は?

紫外線防止ファッション、より効果を上げる工夫は?

紫外線がお肌に悪いのは常識となっていますが、あまりに防御しすぎてファッションが周囲から浮いてしまうということも。

同じ紫外線防止対策でも、効果の違いがありますので、それを知ることで、カッコ良くお洒落な紫外線防止ができますよ!

帽子はツバ広を選ぶ!

紫外線防止ファッション、より効果を上げる工夫は?

日焼け防止に帽子や日傘は定番でしょうが、身体の中で一番太陽に近い頭部は、帽子をかぶることで守りましょう。
頭部に紫外線を浴びると、髪が傷みやすくなるばかりか、頭皮を傷つけ、かゆみや抜け毛の原因となることも!

また、キャップより360度ツバのあるハット、ツバも5cmより10cmの方が紫外線防止効果が上がります。

また、麦わらは通気性がよく夏に最適ですが、目が粗く紫外線は通してしまいます。生地の薄いものや白い帽子をチョイスしたい場合は、UVカット加工されたものを選ぶとよいでしょう。

サングラスで目を守る

紫外線防止ファッション、より効果を上げる工夫は?

目も紫外線を浴びると白内障などのリスクが高まるとされています。しかも、目は紫外線を感じると、体内に「メラニンを作れ!」という指令を出すとも言われており、目に紫外線があたっただけで肌は露出していないのに、日焼けするということがあるそうです。

できるだけサングラスをかけて出かけることが、紫外線防止にも繋がるのですね!また、コンタクトレンズもUV加工されたものを選ぶといいですね!

洋服の色の選び方

服の色で紫外線防止効果が違うのはご存知ですか?黒が効果が高いことは有名ですが、その他の色はどうでしょうか。紫外線防止効果の高い順に上げてみます。

黒→ターキスブルー→イエロー→ピンク→オレンジ→オフホワイト

となっています。

ちなみに、全てUVカット加工されていないとして、黒の紫外線防止率は約86%とかなり高いのに対し、ピンクで約60%、オレンジ約55%、オフホワイトでは約42%となってしまいます。白と黒、倍ほども違いがあるのですね!

また、UV加工されている洋服なら、どんな色でも紫外線を遮断してくれるので、白を選ぶ時はUVカット加工されているものを選ぶといいでしょう。

●ひとこと

お洒落に紫外線防御をするためのファッションには、ポイントをしっかり押さえることが大切ですね!
目の防御も忘れずに!





ザクロは夏の美肌の救世主!一気に老ける夏を乗り越える

ザクロは夏の美肌の救世主!一気に老ける夏を乗り越える

降り注ぐ紫外線が一年で一番強くなる真夏。肌のダメージだって、この時期に大きくなります。紫外線だけでなく、エアコンや汗、栄養不足など、夏は一気に老化がすすむ季節なのです。

そんな夏の美肌を救ってくれるのが「ザクロ」。どんな栄養があるのでしょうか。

大注目のザクロパワー!

ザクロは夏の美肌の救世主!一気に老ける夏を乗り越える

今、アンチエイジングの分野で脚光を浴びているのがザクロの「エラジタンニン」という成分です。ネイチャー・メディスン誌でも紹介され、マウスの実験ではこの成分を与えたらランニングの持久力が42%アップしたとして期待されています。

ザクロには、他にも美肌を救う栄養素が豊富に含まれています。以下で詳しく見ていきましょう。

ザクロに含まれる栄養素

ザクロは夏の美肌の救世主!一気に老ける夏を乗り越える

・ポリフェノール

ザクロは赤い皮の中に、ルビー色の小さな粒が無数に詰まっています。この色が抗酸化作用のあるポリフェノールたっぷりの証拠。紫外線からのダメージを軽減し、エイジングケアにも効果が期待できます。

・エラグ酸

メラニン色素をつくる時、チロシナーゼという酵素が働きます。美白化粧品は、このチロシナーゼの働きを抑制することが多いのですが、エラグ酸はこれと同じようにチロシナーゼの働きを抑制してシミを予防してくれます。

・リンゴ酸、クエン酸

少し酸っぱい成分が、疲れを癒やすのに役立ちます。クエン酸はカルシウム吸収力を高める働きもあるので、骨を健やかにもしてくれます。

・カリウム

ナトリウムを排出する働きがあるので、むくみ防止に効果的です。バナナにもカリウムは多く含まれますが、カロリーが気になるならザクロを。

ザクロの効果的な摂り方

ザクロに含まれるビタミンCは、食後に摂ることで、タンパク質を分解してコラーゲンの生成を促すことに役立ちます。その際、ヨーグルトと一緒に食べると、よりカルシウムの吸収を高めてくれます。

また、紫外線にあたった後は活性酸素が発生するため、外出後に摂ることで活性酸素を除去してくれます。

種ごと乾燥したものや、ザクロジュース、サプリメントなどもあるので、上手に活用してくださいね。

●ひとこと

ザクロって、妊活で有名になりましたが、美肌にもいいのですね!

夏に老けてしまわないためにも、積極的に取り入れたいですね!





シミについて3つの質問!本当のところは、どうなの?

シミについて3つの質問!本当のところは、どうなの?

これから紫外線の強い季節がやってきますね!気になるのはお肌に紫外線を浴びることによる「シミ」のこと。

お肌にいいと言われていることは、本当に効果があることなのか?しっかり確かめて、正しい知識でスキンケアしましょうね!

Q1:「スポット美容液」って顔全体に塗ったら効果が上がる?

A:気になるシミの部分にだけ塗る「スポット美白美容液」。普通の美白美容液より少し高価ですが、果たしてこれを顔全体に塗ったら、美白効果が高くなるのでしょうか?

スポット美容液は、普通のものより美白成分の濃度が高めになっています。ですから、顔全体に使ってしまうと刺激が強すぎることも。濃度が高ければシミが消えるということではないので、正常なターンオーバーを促し、一年を通して顔全体に使える美白美容液を使うといいでしょう。

プラチナエッセンス

プラチナエッセンスがオススメ!

Q2:ビタミンC食品をたくさん食べるとシミは消える?

シミについて3つの質問!本当のところは、どうなの?

A:残念ながら、食べ物からビタミンCを摂っても、今あるシミを薄くすることはあまりないでしょう。しかしビタミンCは、紫外線によるシミを予防することにおいては期待ができます。

ビタミンCは抗酸化力があり、紫外線を浴びたことで発生する活性酸素をやっつけてくれるのですね!
特にレジャーや旅行で紫外線に長時間当たる機会があるなら、2週間前くらいから積極的にビタミンCを摂るといいでしょう。お茶や野菜、フルーツなどから摂ることが理想ですよ!

Q3:ファンデーションもUVカット入りがいいの?

シミについて3つの質問!本当のところは、どうなの?

A:実はパウダーファンデーションにはSPF表示がなくても紫外線散乱剤と同じような効果があります。日焼け止めの上にさらにSPF値の高いファンデーションを毎日塗ると、肌への負担が大きくなるため、外で過ごす時や、海や山などに出かける時はプラチナエッセンスを持ち歩いて使用するのもいいでしょう。

プラチナエッセンス

●ひとこと

シミについて、意外に間違った知識を持っていませんでしたか?紫外線対策に、ぜひ役立ててくださいね!





ゆらぎ肌は、春先に一番多い!不安定な肌に対策はあるの?

ゆらぎ肌は、春先に一番多い!不安定な肌に対策はあるの?

「ゆらぎ肌」って聞いたことがありますか?お肌が敏感に反応しやすい肌のことをいいますが、原因は加齢、気温の変化、環境の変化などいろいろです。

敏感肌まではいかないけど、調子がいいワケじゃないというのが「ゆらぎ肌」。春は特に変化が多く、不調を感じる人も多いのです。

どんな対策が効果があるのでしょうか?

春先にゆらぎ肌になる理由

春先は花粉の飛散が多いことがあげられます。また、温度が上がり、紫外線も強くなってくることから、肌への刺激が増えていることがゆらぎ肌の原因だと考えられます。

また、年度をまたぐ慌ただしさと、人事などで異動が多く、普段と違うストレスを感じることも多いのがこの季節。毎日きちんと自分の肌と向き合い、今どんな調子なのかチェックしておきましょう。

スキンケアの対策

ゆらぎ肌は、春先に一番多い!不安定な肌に対策はあるの?

一番気をつけたいのは、やはり乾燥です。花粉やPM2.5を落とそうと、クレンジングや洗顔をしすぎるとかえって逆効果。まずはプレストパウダーなどで、肌表面をサラサラに保てば、花粉が付きにくくなります。

落とす時はダブル洗顔なしの洗顔のみを行い、水かぬるい水でよくすすぎます。決してゴシゴシこすったりせず、優しく洗いましょう。保湿しようと過剰にスキンケアすると、そこでも刺激を受ける場合がありますので、自分の肌の状態をよく把握しておくことは大切です。

生活面での対策

ゆらぎ肌は、春先に一番多い!不安定な肌に対策はあるの?

加齢によるホルモン変化は、ゆらぎ肌の代表的な原因です。加齢は仕方のないことだとしても、抗酸化力の強い食べ物(ビタミンACE)を積極的に食事に取り入れ、バランスのよい食生活を送りましょう。

また、過剰にストレスを受けると、自律神経が乱れることでお肌にもいろんな影響が出ます。忙しい時こそ、気晴らしのできる自分なりの方法を見つけて、思い切り発散させましょう。

しっかり睡眠を取ることも大切ですよ!

●ひとこと

ゆらぎ肌って、春に一番おきやすいのですね!
女性は身体のサイクルにも左右されるので、肌チェックは毎日欠かさずに!





このページのトップへ