HOME > イアソー化粧品ブログ

春のお肌は紫外線に弱い?!ケアは一年中した方がいいワケ

紫外線

寒さがゆるむと、ついうっかりしがちなのが紫外線対策。春でもかなりの量の紫外線が降り注いでいるのは、もうご存知だと思いますが、春先にはお肌のトラブルが多いことも事実。なぜ美白は年間を通してした方がいいのかをご紹介します。

日光

紫外線量と強さ

地域、季節、天候、時間、標高、環境などによって紫外線強さは変化します。日本では6月から8月が一番強く、また時間帯では午前10時から午後2時がピークです。ところが、これは紫外線の強さだけのこと。これに時間をかけると、4〜5月もかなり紫外線量が多いことになります。

紫外線の種類

化粧品のUVケア用品に「SPF」と「PA」があるのはご存知でしょうが、正確な意味をご存知でしょうか?

SPF…UVBを防ぐ効果の指標で、真っ赤に日焼けする「サンバーン」を起こすまでの時間を、どれだけ遅らせられるかを表している。

PA…UVAを防ぐ効果を示しており、色を黒くする「サンタン」を起こすまでの時間を遅らせる力を表している。

UVBのピークは7〜8月、UVAは5月と7月にピークがあるものの、年間を通して降り注いでいるのです。

日焼け やけど

UVAとUVBの違い

では、紫外線の種類による違いを見ていきましょう。

UVA…長波長紫外線といい、肌の奥深く真皮にまで到達します。メラノサイトを活発化させ、皮膚の色を浅黒く変化させます。しかも、真皮の細胞に影響してコラーゲンやエラスチンを変性させることも指摘されており、80%がガラスを通過します。光老化をもたらしているのはこのUVAで、しかも一年中量が減りません。

UVB…中波長紫外線といい、ほぼ表皮にとどまります。ただし、長時間UVBを浴びると肌が赤くヒリヒリとなり、軽い火傷症状を起こすこともあります。細胞を異常化させて皮膚がんなどの原因といわれているのはUVBですが、真夏をピークに、量は減ります。

このように、SPFにばかり目がいく紫外線ケア商品ですが、実は年間を通して気にした方がいいのはUVA、つまり商品に表示してあるPAの方なのです。家の中でも当たってしまうので、メイクをしない日でも紫外線ケアはしていた方がいいでしょう。

ひとこと

春になったからそろそろ…なんて思っていたら、実は一年中紫外線を浴びていたとは!肌老化の80%は光老化なのだから、紫外線対策は大切ですね!





肌のアトピー治療には、適切なケアを

アトピーに悩む

アトピーを長く経験されている方は、色んな治療法を試しても中々改善されないというお悩みを抱えていらっしゃるのではないでしょうか?アトピーが発症する原因やアトピーの改善方法など、自分に合った改善方法がきっとあります。

そこで、アトピー治療についてご紹介したいと思います。

皮膚がかゆくなってしまうアトピー体質

アトピーの方に共通するのが、痒み。洋服に当たっていないにもかかわらず、痒くなってしまったり、風に当たっただけで痒みがでてしまったりと、皮膚を掻き、ひっかき傷になるケースや、小さな水疱が出来るケースもありますね。

肌の再生が何層にも皮膚が重なり、皮が捲れている

お肌のターンオーバー、再生を繰り返している皮膚は、何層にもなった皮膚が見えてしまっています。この皮膚こそが改善するポイントとなるのです。

肉より魚

丈夫な皮膚を作る為には

アトピー体質の方は、まず皮膚が正常なお肌の方よりも弱く、食物アレルギー、偏った食事、睡眠、ストレスがお肌を健やかな状態を阻害してしまっています。

まずはポイントを押えましょう。

1.毎食、サラダを食べる
Yes NO

2.お魚orお肉
Yes NO

3.睡眠
3~4時間、5~6時間、7~8時間

4.ストレス
仕事、私生活


さてさて、あなたはどれを選びましたか?

1.野菜中心の食事を心がけましょう

ミネラルやビタミンを取る事で、カラダの抗酸化を計ります。これはアレルギー体質の方は、特に野菜を中心として食事をされることで、体内の毒素を取り除き、アトピーの出にくいカラダ作りを行う必要がります。

お肉中心で偏った食事をされている方は、お肉の量を減らして野菜に置き換えて、体内環境を整えましょう。

2.お魚、時々、お肉

お肉を食べちゃダメと言うわけではありませんが、その頻度によってアレルギーを引き起こしてしまう事もあります。アレルギーの種類もありますが、お肉の一番ダメな食品としては、加工肉です。 ソーセージやハム、その他、調理済みにハンバーグだったり加工肉はアトピーの方には、お肌を悪くしてしまう可能性を秘めているんです。

ですから、極力、お肉をお魚に置き換えてみましょう。

また調理の仕方も、

煮物<焼き<レンジ<揚げ物

カロリー量が変動する調理方法です。

煮物が一番いいですが、カロリーの高い揚げ物は、週1回に摂生してみてはいかがでしょうか?

3.睡眠時間は5~6時間が正解

人間の体内サイクルは5~6時間が良いそうです。4~5時間は睡眠不足、疲労が回復せずに悪循環を起こしてしまいます。7~8時間は寝すぎにより、体内サイクルを壊してしまうそうです。

休日はゆっくり寝てたいと、7~12時間くらい寝てしまう方もいらっしゃると思いますが、5~6時間がベストな睡眠時間だそうです。

リラックス

4.ストレスはゆっくり消化すること

ここは性格上の問題もありますが、きっぱりスッキリする人もいれば、常々悩んでしまう方もいらっしゃると思います。職場環境や私生活に置いて、様々なストレスは付き物ですね。ゆっくり相談できる相手がいらっしゃれば、解決方法などを聞いて、心を落ち着かせて冷静に考えることが大切です。

時間が解決してくれることもあれば、返答次第で大きく変わる問題もあると思います。外で遊ぶ、お酒を飲んで忘れるといった解消方法もありますが、先延ばしにするとストレス解消にはならないのでストレスは溜めないのがベストですね!!

ひとこと

ちょっと長々となってしまいましたね(笑)
アトピー治療は数年続く人も入れらっしゃる位、大変な治療です。
私たちの食事に対しての悩みは、添加物が含まれている食品が多いという事です。

ホントか嘘か、定かではありませんが、今のお肌の環境や体重は5年前に食べたものが反映されているというお話を聞いたことがあります。5年前、インスタント食品ばかりだった、暴飲暴食が多かったなど、心当たりがある方は、早めの体質改善をお勧めします。

ゆっくりできることから、体内環境を整えていきましょう!





やけどの水ぶくれ対処法

やけど キッチン

日常的に火や熱を扱う季節はやけどに気を付けなければいけません。 水ぶくれができたときの対処法についてご紹介したいと思います。

やけどをしてしまったら…

やけどした直後は、15分~30分くらい水道水で、やけどした患部を冷やしましょう。 服を着たまま箇所のやけどをした場合でも、服を脱がずそのままやけどした箇所を冷やしましょう。

水ぶくれは第2度の熱傷

水ぶくれはやけどの重度を指す2段階目のやけどです。 軽度がⅠ度、Ⅱ度は軽視できないやけどです。水ぶくれはこのⅡ度のやけどとなります。

水ぶくれが出来てしまった…

水ぶくれなどの水疱が皮膚と皮膚の間に出来てしまいます。この場合は、皮がむけてしまわないように、清潔な針を使って水を抜きます。水を抜いた後も、皮を向かないように気を付けましょう。

針はアルコール除菌をすることをお勧めします。

皮膚科

やけどはすぐに病院へ

小さなやけどでも、大事に至る場合があります。やけどをして、そのまま冷やして治るのを待つより冷やした後、すぐに皮膚科へ行きましょう。

水ぶくれの後は…

水ぶくれになった後、肌が再生する過程で、色素沈着が起こります。やけどした箇所が露出する場合はガーゼや包帯を巻いて紫外線に当たらないようにすると、色素沈着が起こりにくいとされています。

肌を再生する過程で、やけどした箇所は紫外線を守るバリア機能が剥がれてしまっている為、直接紫外線に当たると基底層にあるメラノサイトが反応して、色素沈着を起こすそうです。

ですから、露出する場合は隠れるものをされると、跡が残りにくくなるかもしれません。

ひとこと

やけどは痛いし、治るまで時間がかかってしまうものですね。水ぶくれも、地味に痛いですし、水ぶくれの箇所の色素沈着も避けたいところ。

やけどの痛みが引いた場合は、お肌の再生の質を上げるEGFがオススメです。

EGFが試せるトライアルセットC

肌再生を促すEGF SOSEI エッセンス





フェイスラインがぼやけてきた?!顔デカになる前に、3分エクサ

顔デカ

最近顔の輪郭がはっきりしなくなってきた、フェイスラインがぼやけて顔が大きく見えるようになったなど、鏡の中に映る自分の変化を感じていませんか?もしもそうなら、たった3分でできるエクササイズで、小顔を目指しましょう!

口角

なぜ、顔の輪郭がゆるむの?

顔の輪郭が以前に比べてはっきりしない、ぼやけている感じがするというのは、いくつか原因があります。それは、習慣になっていることが多く、気付かずに続けるとますますフェイスラインがぼやけてしまう可能性も!エクササイズと同時に、悪い習慣があれば直しましょう。

1.いつも口が開いている
ポカン口は、お世辞にも聡明そうな女性には見えませんし、見た目通り、口周辺の筋肉がゆるんでいる証拠なんです。これが続くと、表情筋という顔の筋肉がゆるみ、口の周りや頬がたるんでしまうという結果に!つまり、フェイスラインが下へ下がってしまうということなのです。

2.口角が下がっている
口角とは、上唇と下唇が合わさった口の両わきのところです。無意識にここが下がっていると、への字口で機嫌が悪そうに見えるだけでなく、1の原因と動揺に、口周辺の筋肉がゆるんでしまいます。日頃から意識的に口角をキュッと上げるようにしましょう。

3.肌が乾燥している
乾燥はあらゆるお肌のトラブルの元ですが、フェイスラインがたるむ原因にもなるのです!乾燥すると肌のハリがなくなってしまい、皮膚がたるんでしまいます。特に乾燥しやすいこれからの季節は、保湿を心がけましょう。

4,顔がむくんでいる
むくみとは、水分や老廃物が溜まって起こります。当然ながら、重いので重力で顔は下方向へ下がり、フェイスラインがたるんでしまいます。むくんでいる状態が長く続かないよう、早目に対策しましょう。

口角エクササイズ

3分で完了!朝のフェイスラインエクササイズ

では早速、朝のスキンケアで同時にできるマッサージを紹介しましょう。

1.化粧水の後、美容液or乳液を顔全体になじませる。
2.親指と鍵型にした人差し指で、あごの骨を挟むようにし、そのまま耳の下まで引き上げる。ゴリゴリと少し強めに。多めに乳液などを付けるとよい。左右5回ずつ行う。
3.鍵型にした人差し指を小鼻の横の頬骨に当て、そのまま頬骨に沿って耳の脇までギューーっと押しつけながら滑らす。左右5回ずつ。
4,手の平全体で、耳の下から鎖骨まで、リンパに沿って強めになでる。むくみを下に流し込むイメージで、5回。

ひとこと

たった3分で、鏡の中の顔が、ずいぶんスッキリするのが実感できると思います。ぜひ、スキンケアと一緒に、毎日の習慣にしてみてください。





アトピーの5原則

アトピーのNG5原則

アトピーの人にとって、皮膚の症状が悪化したりすると、ゲンナリしてしまうものですね。アトピーの対処法には、様々なことが言われていますが、これだけは守ってほしい5原則をご紹介したいと思います。

濡らさない

アトピーの箇所を濡らさない

皮膚は大抵、肌を守るために外の皮膚が守ってくれています。それらは、紫外線、外気、菌、水と内側を維持するために、外の皮膚がバリアしてくれているのですが、水に濡らさないということでは水の中には、どうしても塩素が入っていて、アトピーの方にはダメージになってしまいます。

普通の方なら、お風呂に使って指や皮膚がホワホワになった後、徐々に戻っていきますが、アトピーの方にとっては保湿性が弱く、バリア機能も低下しているので、徐々に治っていく過程で、痛みやかゆみを伴ってしまうのです。

水に濡らすことで、アトピーを悪化させてしまう事もあります。

なので、極力、水に浸からない、水を当てないようにすることで、治りかけのアトピーでさえも悪化させてしまう恐れがありますので、水道水はNGで、水を使うなら綺麗なお水を使用しましょう。

触れない、触らない、抑えない

痛痒いというアトピーの症状ですが、どうしても掻いてしまったり、掻くのを我慢してギューと抑えてしまったりする方もすくなくありません。かゆいと掻いてしまう衝動はしょうがないですが、それでも我慢して抑えてしまう方へ。

よく抑えてしまう方は、白色皮膚描記症という症状で、その部分だけ悪化させてしまうのです。

出来れば、触れない、触らない、かゆい意識を飛ばす方法を考えてみてはいかがでしょうか?

アトピーの箇所をこすらない

デリケート過ぎるアトピーの皮膚は、こすってしまうと症状は悪化の一途をたどってしまいます。特に節々の関節や膝裏、ひじ関節は子供や大人も出やすい場所ですね。

大抵、この部分は擦るというよりは引っ掻いてしまいがちですが、特に冬場は服が擦れ、刺激になり痒みになってしまうという事も多いです。

歩くたびに服と擦れてしまう部分は特に注意しましょう。

掻かないけど、擦ってしまうという人も出来るだけ我慢しましょう。

アトピーの箇所を冷やさない

冷やすと痒みが引くことがありますが、血管が収縮する為、かゆみが引くことがあります。ですが、冷やした局所が温かくなってくると痒みが増し、冷やす前よりもかゆみが激しくなることもあります。

ですので、冷やすのは逆効果だと言えます。

叩かない

叩かない

叩く箇所にもよりますが、顔だけは叩くと危険です。顔は目が大事ですので、眼球にダメージが入ってしまい視力を低下させてしまう可能性があるからです。

叩くというのは、実はひっかくよりもダメージが大きくなってしまう要因としては、叩いた振動で内側全体にダメージを与えてしまうからだといいます。

例えば皮膚の内側の毛細血管があり、そこを叩くことにより、出血を起こしたり、治ろうとしていた箇所も治癒が遅れてしまう事が挙げられます。

叩くことはひっかりよりは見た目はいいのですが、アトピーを悪化させることには変わりありませんので叩くことはやめましょう。

ひとこと

デリケートなアトピー肌の方には我慢してもらう5原則になってしまいますが、お肌の体調を整える治癒させるためには、努力することが大事になってきますね( ˘•ω•˘ )





このページのトップへ