HOME > イアソー化粧品ブログ

ビタミンACE(エース)で抗酸化力を味方にしよう!

ビタミンACE(エース)で抗酸化力を味方にしよう!

活性酸素がシミやシワの原因であることはよく知られていますね。化粧品やエステなどで外側からいくらアプローチしても、やはり身体の内側からのケアが一番大切です。そこで、積極的に摂って欲しいのがビタミンACE(エース)。

強い抗酸化力で、美肌を内側から支えてくれます。

ビタミンACEとは?

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEのことをそのビタミンの種類を取ってビタミンACE(エース)と呼ばれています。これらがどうして活性酸素に対抗できるかというと、抗酸化力を持っているからです。
今回は、代表的なビタミンACEをご紹介しますので、それぞれの特性を知り、上手に食事に取り入れていきましょう。

【ビタミンA】

ビタミンAは、レチノールを多く含んでいます。これは目や肌の粘膜の代謝を活発にしてくれる働きがあり、免疫機能を高める作用があります。不足すると暗くなるとよく見えないという、夜盲症を引き起こしてしまいます。

また、上皮細胞も健康に保ってくれるので、お肌はもちろん、口や鼻など粘膜の表面を守り、細菌の侵入を防いでくれてもいます。

最近は、がん予防成分としても注目を浴びています。
油性なので油と一緒に摂ると吸収率が上がりますが、摂りすぎにも注意が必要です。

また、人参などに多く含まれるβカロチンも、体内でビタミンAに変わります。

ビタミンACE(エース)で抗酸化力を味方にしよう!

レバー・うなぎ・銀ダラ・チーズ・卵などに多く含まれます。

【ビタミンC】

ビタミンCは果物だけでなく、野菜にも多く含まれます。美白成分だと思い浮かべる人も多いでしょうが、コラーゲンの合成を助ける効果もあり、もちろん抗酸化力も高いのでアンチエイジングには最適の食べ物です。

フルーツは身体を冷やし、糖質も多いため、野菜から摂ることを心がけましょう。 キャベツ・ピーマン・のり・れんこん・カリフラワー・ブロッコリー・ゴーヤ・小松菜などに多く含まれます。

【ビタミンE】

ビタミンEは油性ビタミンで、脂でできている細胞膜にあり、活性酸素の攻撃から細胞膜を守ってくれています。また、加齢とともに脂質が酸化するのを防ぐ効果も期待されます。

ビタミンACE(エース)で抗酸化力を味方にしよう!

アーモンド・ほうれん草・かぼちゃ・豆腐・卵・キウイフルーツ・いわし・うなぎなどに多く含まれています。

●ひとこと

いつもの食事にビタミンACEをバランスよく取り入れてみましょう。
アンチエイジングには欠かせない、強い味方ですよ!





春こそ、身体のデトックス!そのだるさは目覚めのサイン? 

春こそ、身体のデトックス!そのだるさは目覚めのサイン?

「春眠暁を覚えず」と言いますが、春はなんとなくだるくて眠くてたまらないという人も多いのではないでしょうか。

実はこれは、身体が冬から目覚めたサイン。活発に動き始める準備ができ、冬にたまった老廃物を解毒して外に出すため肝臓ががんばっているのです。

どうして春に体調が悪くなる?

身体が目覚めたサインと聞くと、元気になりそうな気がしますが、春はだるくなり、不調を訴える人が増えます。それは、目覚めたことによって冬の間にたまった有害物質を解毒しようと、肝臓がフル稼働し、負担がかかってしまっているからなのです。

おまけに冬の間は運動不足になりがちな上に食べ過ぎたり飲みすぎたりして、肝臓に中性脂肪が溜まっている可能性も。機能が低下しているのにフル稼働しているから、オーバーワークとなっているかもしれないのです。

ストレスが活性酸素を増やしてる?

春こそ、身体のデトックス!そのだるさは目覚めのサイン?

春は生活に変化も多く、何かとストレスを感じやすいと言われていますが、このストレスが体内に活性酸素を増やします。一番大きな臓器である肝臓は、たくさんの血液が流れ込むので、活性酸素もたくさん運ばれ、ダメージを受けやすいのです。

また、ストレスを受けると免疫が低下してしまい、自律神経のバランスが乱れたり、細菌やウイルスに対して弱くなってしまいます。

肝臓をいたわって、春のだるさを吹っ飛ばす!

春こそ、身体のデトックス!そのだるさは目覚めのサイン?

春にだるくて眠いのが、肝臓のせいだったなんて驚きですね!つまり、肝臓をいたわってあげると春も元気に過ごせるということです。

肝臓をいたわる方法は、
①湯船につかる入浴でよく温める
②タンパク質とビタミン類をしっかり摂る
③ウォーキングなど軽い運動をする
④喫煙は控えめに
⑤糖質や脂質を摂りすぎないようにする

これらのことに気をつけて、元気に明るい気分で春を迎えましょう!

●ひとこと

春に眠くて仕方ないのは肝臓が疲れていたからなんですね!
生活習慣に気をつけて、元気に乗り切りましょう!





エイジングケアの救世主!ノーベル賞受賞の「フラーレン」って何?

エイジングケアの救世主!ノーベル賞受賞の「フラーレン」って何?

活性酸素がお肌に良くないことはもうご存知ですよね。ビタミンCやコエンザイムQ10など、抗酸化力の強い成分は有名になりましたが、実は「フラーレン」は、酸化を防ぐ方法がちょっと違うのです。

ノーベル賞も受賞した、フラーレンの魅力に迫ってみましょう!

フラーレンとは?

フラーレンは、アメリカのカール博士、スモーリー博士と、イギリスのクロトー博士によって発見され、彼らはその功績から1996年にノーベル賞を受賞しました。
ダイヤモンドと同じ炭素から構成されており、サッカーボールのような構造をしています。

その特長は、なんといっても「抗酸化力」。ビタミンCの約125倍とも言われており、活性酸素を無害化するという性質があるのです。しかも低刺激であるため、美容業界で大注目の成分なのです。

フラーレンの働きとは?

エイジングケアの救世主!ノーベル賞受賞の「フラーレン」って何?

まずは強い抗酸化作用です。活性酸素がシワやシミの原因となってしまいますが、その活性酸素をフラーレンが身代わりになって吸着してくれることで、お肌の酸化を防いでくれます。

しかも、抗酸化成分は紫外線に弱いものが多いのですが、フラーレンは紫外線に当たっても壊れずに安定しています。おまけに長時間持続することも特長。

その他にも、コラーゲン精製力、保湿力がほかの成分を圧倒していて、いろんな良いことが期待できます。

ビタミンCと相性バツグン!

エイジングケアの救世主!ノーベル賞受賞の「フラーレン」って何?

ビタミンCは美白成分として人気がありますが、そのままでは簡単に酸化してしまうため「ビタミンC誘導体」としてコスメに配合されます。ビタミンC誘導体は肌に触れるとビタミンCとなるのですが、肌の中にビタミンCを酸化させてしまう活性酸素がいたら、十分な仕事ができないのです。

そこで、フラーレンと一緒に配合されることで、邪魔な活性酸素をフラーレンが吸着してくれ無害化してくれるので、ビタミンCは酸化することなくお肌に届けられるのですね!

●ひとこと

今なら、基礎化粧品トライアルセットに、フラーレン&浸透型ビタミンC誘導体配合のパックイン美容液プレゼント!ぜひお試しくださいね!





エイジレスな肌作りには、抗酸化物質を食べる!

エイジレスな肌作りには、抗酸化物質を食べる!

日々生きていれば、人間は歳を取るものです。しかし、そこに少しでも抗いたいのが女性というもの。
そこで、今回はエイジレスな肌作りに欠かせない食事についてご紹介していきましょう。

抗酸化物質が肌の老化を食い止める!

活性酸素が肌の酸化をすすめてしまう、憎き敵だということはもうご存知ですね。活性酸素は、細胞や組織を傷つけ、シミやしわの原因にもなってしまうのです。そこで、抗酸化力のある食品を取り入れて、活性酸素をやっつけようというもの。

抗酸化物質の代表選手はビタミン類です。

中でもビタミン「A・C・E」は抗酸化力が強く「ビタミンエース」と覚えておきましょう。レバー、ニンジン、れんこん、カリフラワー、アボカド、胚芽、かぼちゃなど積極的に摂りましょう。
また、ポリフェノールも有効で、緑茶に含まれるカテキン、大豆のイソフラボン、ごまのリグナンなどが代表的です。

野菜と飲み物は温かいものを!

エイジレスな肌作りには、抗酸化物質を食べる!

加熱するとビタミンが壊れるとよく言われますが、サラダで食べる野菜はビタミンも少なく生で食べると身体を冷やしてしまいます。

そこで、かぼちゃやにんじん、ほうれん草などの緑黄色野菜を温野菜にすると、たくさんのビタミンが摂れる上に量も食べられ、身体も冷やしませんよ!

また、最近は水をたくさん飲む美容法がよくすすめられていますが、水分のとりすぎはむくみの原因になることも。水分補給は大切ですが、できればノンカフェインのハーブティーなどを温かくして飲むのがおすすめです。

炭水化物は脇役に、肉や魚も食べる!

エイジレスな肌作りには、抗酸化物質を食べる!

一日の栄養バランスを見てみたら、ごはんやパン、麺類ばかりで炭水化物だらけになっていませんか?糖質はエネルギー源として欠かせないものですが、美肌のための栄養はあまり含んでいないのです。
美肌とダイエットのためにも炭水化物は控えめにして、温野菜とタンパク質をきちんと摂りましょう。

タンパク質は、肉や魚。目安は1日100gと覚えておきましょう!

大豆製品からでもタンパク質は摂れますが、実は鶏のささみ1本分(約80g)のタンパク質を豆腐で摂ろうとすると、1丁も食べないといけないのです。

タンパク質は肉や魚からと覚えておきましょう!

●ひとこと

毎食バランスよく食べるのは難しくても、一日のトータルバランスを見てしっかり抗酸化力でエイジレスな肌を目指しましょう!





「飲む日焼け止め」って何?その効果は?

「飲む日焼け止め」って何?その効果は?

紫外線が肌に悪いことは、みなさんご存知ですよね!

シミやくすみになるだけでなく、しわやたるみなど肌老化の80%が紫外線による影響だと言われていることで、紫外線対策の重要性が叫ばれてきました。

そんな中、「飲む日焼け止め」が大注目を浴びています。

「飲む日焼け止め」って何?

元々は美容クリニックや皮膚科などの医療機関で取り扱っていたサプリメントで、言葉通り、飲んで日焼けを防ぐというものです。

日焼け止めというと、今までは皮膚に塗り、防止や日傘、長袖の服などで防ぐしかありませんでした。しかしながら、真夏に長袖はきついし、日焼け止めは塗っても塗っても汗や水で流れ落ちる…。それに、アトピーや敏感肌で、日焼け止めを塗ることができない人もいますね。

そこで登場したのがこの「飲む日焼け止め」です。身体の内側から紫外線対策をするので、流れ落ちてしまう心配もなく、飲んだ30分後くらいから、約4〜6時間は効果が持続するというのです!

どうして飲んで日焼け止めになるの?

「飲む日焼け止め」って何?その効果は?

紫外線を浴びると活性酸素(フリーラジカル)が発生します。これがお肌を老化させることは、よく知られていますよね。

「飲む日焼け止め」には、この活性酸素を破壊し、細胞の損傷を防ぐ働きがある成分が配合されているのです。

紫外線防止効果のほかにも、炎症を抑えたり、アルツハイマーなどの精神疾患に効果があったり、喘息にも効果があるとされています。

本当に効果があるの?

「飲む日焼け止め」って何?その効果は?

これは、体験した人にしかわかりませんが、多くの体験談に「効果があった」という声があるようです。

しかし、効果を実感している人たちが実践したのは、効果が4〜6時間なので、一日中外にいる時は朝飲んだら、お昼にもう1錠足して飲むこと。

そして、塗る日焼け止めと併用するということでした。

確かに敏感肌でどんな日焼け止めも合わないという人には、何もしないよりはいいですよね!

●ひとこと

飲んで日焼け止めの効果があるとは、驚きです!

薬ではないようですが、もちろん誰にでも合うという訳ではありませんので、自分の体質と成分をしっかり確かめてから試しましょう。





このページのトップへ