HOME > イアソー化粧品ブログ

花粉って肌荒れの原因にもなるの?自分でできる対策は?

花粉って肌荒れの原因にもなるの?自分でできる対策は?

春は気分がウキウキしますが、花粉が飛び始める2月頃になると、辛くなるのが花粉症。
毎年「今年の花粉は〜」という言葉が飛び交っていますが、何か対策をしていますか?花粉は肌荒れの原因にもなってしまうので、美容の観点からも対策が必要です。

花粉による肌荒れ

花粉症の主な症状は、鼻水やくしゃみ、目のかゆみだとばかり思っていませんか?実は肌の乾燥や肌荒れも、花粉が原因のことがあります。そういえば春先だけ肌が荒れる、という人は、花粉による肌荒れかもしれません。

花粉は毛穴よりも小さく、肌に付着することでアレルギー反応を起こします。すると、かさついたりかゆくなったり、赤味や湿疹が出たりするのですね。すると肌のバリア機能はどんどん低下し、水分を保つことができずに乾燥肌も進んでしまうという訳なのです。

今からできる!花粉肌荒れ対策

花粉による肌荒れを予防、もしくはひどくさせないための対策はあるでしょうか?注意すべきポイントをご紹介しましょう。

◇油分の多いファンデーションは避ける

油分はベタベタしているので、花粉が付着しやすいうえに取れにくくなります。オイルフリーのものを使いましょう。



◇帰ったらすぐ洗顔!

花粉って肌荒れの原因にもなるの?自分でできる対策は?

お肌に付いた花粉は、できるだけすぐに洗い流しましょう。長時間肌につけたままだと、それだけダメージが大きくなります。ただし、洗顔はしっかり泡を立て、30℃程度のぬるま湯でやさしくおこなってください。



◇髪の花粉も要注意!

当然ですが、髪の毛にも花粉は付いています。髪は顔に触れることも多いので、できるだけ早く洗い流してください。すぐにシャンプーできない場合は、髪をまとめておきましょう。

◇お肌を強くする食事を心がける

わたしたちの肌は、食べたものでできています。内側から肌のバリア機能を高めてあげることも大切ですね。特にビタミンACE、タンパク質、亜鉛を摂ることを心がけてください。

◇とにかく保湿する!

花粉って肌荒れの原因にもなるの?自分でできる対策は?

乾燥肌に傾いてしまうので、保湿を心がけてください。ヒアルロン酸の配合された化粧品を選ぶといいでしょう。当社基礎化粧品トライアルセットでヒアルロン酸、白金ナノコロイド、EGFが配合され商品をお試しいただけます。

●ひとこと

花粉で肌が荒れていたなんて、驚きですよね!なぜか春先だけ肌が荒れるという人は、チェックしてみてくださいね!





洗顔の「ぬるま湯」、熱すぎてない?乾燥をまねく原因に!

洗顔の「ぬるま湯」、熱すぎてない?乾燥をまねく原因に!

「私は正しい洗顔をしてるのに、乾燥が止まらない!」という方も多いのではないでしょうか?


洗顔の方法は間違ってなくても、ちょっと待って!どんな「ぬるま湯」を使っていますか?その温度がとっても重要なのです。

ぬるま湯の概念を変えましょう。

ぬるま湯の温度って何度?

洗顔の「ぬるま湯」、熱すぎてない?乾燥をまねく原因に!

よく見かける洗顔方法に「ぬるま湯」でよくすすぎましょう、と書いてありますよね?では、ぬるま湯ってどのくらいの温度なのでしょうか?具体的には30〜32℃くらいと書いてあるけど…。

そうなんです。数字で言うと、そのくらいの温度なのですが、これを「ぬるま湯」と表現していることで、多くの女性が熱すぎる温度で洗顔しているのです。

30〜32℃というと、体温より5〜6℃低いですよね。つまり「温かい」と感じる時点で、すでに熱すぎているのです。

冷たくない水という認識へ

「ぬるま湯」と言ってしまうことで、「温かいもの」という思い込みが生じてしまいます。

これからは、洗顔する時の水の温度は「冷たくない水」という認識に変えましょう。

特に冬の時期は、ついつい温かめに設定してしまいがちですが、感覚としては、「真夏の水道水」くらいの温度と思ってください。温かいと感じてしまう温度では、乾燥肌をまねいてしまいます。

どうして熱すぎるとよくないの?

洗顔の「ぬるま湯」、熱すぎてない?乾燥をまねく原因に!

油物を洗う時、水だと落ちにくいのに対して、お湯だとよく落ちますよね。同じことが、顔でも起きています。温度の高いお湯で顔を洗うと、汚れはよく落ちますが、必要な皮脂まで取ってしまうので、乾燥してしまうという訳です。

今話題の42℃のお湯で洗顔するという方法もありますが、乾燥肌、敏感肌の方にはおすすめできません。お風呂やシャワーの時に洗顔する場合も、そのまま湯船のお湯を使ったりせず、蛇口から「冷たくない水」を出して洗顔しましょう。

朝・晩と、一日2回も行う洗顔だからこそ、正しい認識は美に繋がりますね!

●ひとこと

ぬるま湯のつもりが、熱すぎたんですね!「冷たくない水」、意識してみてくださいね!





お肌の5月病とは?その実態と対策方法

お肌の5月病とは?その実態と対策方法

新年度になり、環境や季節の変化などで体調を崩しやすい5月。
なんとなく気分が乗らずに、仕事に行きたくなかったり、体調がすぐれなかったりする5月病ですが、実はお肌にも5月病は起こるのです!

さて、どんな症状が起こり、どんな対策をしたらよいのでしょうか?

お肌の5月病ってなに?

お肌の5月病とは?その実態と対策方法

生理周期からお肌の調子が変わることはよく知られています。
これは生理を境に増えたり減ったりするエストロゲン(卵胞ホルモン)の影響で起こるのです。

生理前、エストロゲンが減り、一方で黄体ホルモンという男性ホルモンが増えると、皮脂の分泌が多くなり、肌荒れやニキビができやすくなります。逆に、生理後はエストロゲンが増え、バリア機能が高まるため、お肌のキメが整い調子がよくなります。

このような現象は、生理だけでなく強いストレスを受けることでも起こるのです。環境の変化などでストレスを受けると、エストロゲンが減り、お肌のバリア機能が低下、肌荒れやニキビができるなど肌トラブルになってしまうのです。

お肌の5月病対策【2つのポイント】

お肌が荒れていると、ますますいろんなことが億劫になってしまいます。そうならないよう、お肌を5月病から守るポイントをご紹介します。

お肌の5月病とは?その実態と対策方法

◆朝の洗顔はぬるま湯だけで!

つまり、クレンジングや洗顔で洗いすぎないようにすることです。

あまりに強いオイル系や洗浄力の強い洗顔料は、必要な皮脂まで取ってしまい、乾燥の元になるどころか、肌のバリア機能まで壊してしまいます。

本来なら、ものすごく強いはずの肌のバリア機能を、洗顔することでわざわざ壊していることになるのです。

一度壊れた肌のバリアは、修復するのに24時間かかると言われ、特に朝の洗顔で壊れてしまうと、その日は一日中バリアが働かないままお肌は外気にさらされることになってしまうのです!

夜はクレンジングや洗顔料を使ったとしても、朝の洗顔はぬるま湯ですすぐだけで充分です!

◆オイル系コスメは控えて

ニキビの原因であるアクネ菌は、オイルをエサにします。オイルはお肌に浸透するのですが、この時バリア膜をゆるめてしまうのです。

つまり、オイルと一緒に防腐剤などの添加物も一緒にお肌に浸透してしまいます。ニキビを増やさない意味でも、バリア機能を整える意味でも、この時期にオイル系化粧品の使用は避けた方が無難です。

●ひとこと

お肌にも5月病があるのですね!確かに、春から初夏にかけて、肌トラブルは多いように思います。紫外線はもちろん、ストレスをためないことや洗顔のしすぎなどに気をつけたいですね!





洗顔後、タオルドライはダメ!○○をのせるのが正解!

洗顔

洗顔した後、どうやって顔を拭いていますか?清潔なタオルでこすらず、優しく、押しつけるように……ですか?実はそれ、NGなんです。どうしてなのか?また、どうすれば正解なのかをご紹介します。

どうしてタオルドライは×なの?

どんなに清潔にしているつもりでも、タオルは1回使えば雑菌が繁殖してしまいます。また、洗濯に使用する洗剤や柔軟剤がタオルに残っていると、肌荒れの原因を引き起こさないとも限りません。外に干すことで、PM2.5や花粉が付着することもありますね。

敏感肌や、肌荒れしやすい方は、洗顔後のタオルドライを見直してみましょう。

ばい菌

何で顔を拭いたらいいの?

実は、洗顔後の濡れた顔を拭くには、誰の家にもある「ティッシュ」が最適なのです。使い捨てなので清潔ですし、雑菌や洗剤の界面活性剤に汚染されている心配もありません。

タオルではついこすってしまって、肌に刺激を与えてしまうのに対して、ティッシュなら薄くて破れてしまうため、こすって肌を傷める心配もないのです。

ティッシュ

正しいティッシュオフの方法

では、正しいティッシュオフの方法をご紹介しましょう。

①洗面台にティッシュの箱を用意する
②洗顔後、1~2枚のティッシュを重ねて、顔全体にのせる
③手で軽く押さえて水を吸い取らせる
※この時、決してこすらず、顔にのせるだけのつもりで行いましょう


大量にティッシュが必要な訳でもありませんし、簡単な方法ですよね!

おすすめのティッシュ

最近は、ティッシュの種類も色々あります。洗顔後のティッシュオフに適しているのは、柔らかくて肌当たりの優しいもの。しっとりしたティッシュや、鼻が痛くならないものは少し割高ではありますが、美肌のためなので、良いものを選びましょう。

ひとこと

いかがでしたか?ニキビや肌荒れの悩みも、案外ここから解決するかもしれません。美肌の新常識、今日からはじめてみたいですね!





ダブル洗顔は必要ない?!クレンジングの真実とは?

ダブル洗顔

日本では「ダブル洗顔」が定着していますが、ちょっと待って!それって、落としすぎていませんか?保湿剤をいくら使っても乾燥する…という方は、一度クレンジング&洗顔の仕方を見直してみましょう。

夜の洗顔は、一度でOK!

夜、メイクオフの時、ダブル洗顔していませんか!一般的なのは、クレンジング→フォームや洗顔石けんで洗う、というダブル洗顔です。でも、これって実は落としすぎなんです。ファンデーションを使うメイクをしていても、メイクオフはクレンジングだけで十分。その後の洗顔は必要ないのです。ファンデーションを使っていない場合は、フォームだけでも十分なんですよ!

ぬるま湯

注意!洗浄する目的の界面活性剤

お肌に悪いものとして知られている「界面活性剤」ですが、特に洗顔やクレンジング、シャンプーなど「洗浄」を目的としたコスメに含まれる界面活性剤に注意が必要です。 なぜなら、その強い洗浄力で、肌のバリア機能まで破壊してしまう可能性があるからです。 つまり、洗いすぎると、肌を守っているバリアが壊され、さまざまなトラブルを引き起こしてしまうということなのです。

ティッシュ

クレンジング剤の洗浄力の強さ

クレンジングにもオイルやクリームなど、いろんな形状がありますが、実はこれにも理由があるのです。形状によって洗浄力の強さが違うのです。 クレンジングは、洗浄力の強い順に、
・クレンジングオイル

・クレンジングクリーム

・クレンジングミルク

・クレンジングジェル

となります。 つまり、毎日オイルでごしごしクレンジングすると、肌荒れや乾燥の原因になるかもしれない……ということなのです。

理想的なクレンジングの方法

では、理想的なクレンジングの方法をご紹介します。
①クレンジング剤を手に取り、手の温度で温めてから顔に優しくのせる。
②決してこすらず、優しくメイクとなじませましょう。
③30度前後のぬるま湯で、十分洗い流します。この時も肌をこすらないよう注意。
④洗顔後はティッシュで肌を押さえるように、水分を吸い取ります。

この後は、化粧水、美容液などで通常のお手入れをしましょう。ダブル洗顔は必要ありません。しかし、メイクをしていない日でも、クレンジングは行いましょう。

ひとこと

いかがでしたか?目からウロコの洗顔方法。もしかしたら、肌の調子が良くならないのは、ダブル洗顔のせいかもしれません。やめるのは勇気がいりますが、試してみてはいかがでしょう?





このページのトップへ