HOME > イアソー化粧品ブログ

一杯の白湯が、代謝を上げる?一日800mlを飲みましょう!

一杯の白湯が、代謝を上げる?一日800mlを飲みましょう!

健康や美容のために、水を1日約2L飲むというのは、今や実行している方も多いのではないでしょうか?

しかし、せっかく水分をたくさん摂っても、冷たい水では身体を冷やしてしまいます。いつも飲んでいる水の半分近くをお白湯にするだけで、驚くほどいいことがあるのです!

白湯がなぜいいの?

特に女性は、小さい頃から「身体を冷やさない」ことを言われてきたのではないでしょうか?なぜなら、女性は骨盤の中に生殖器官を抱えているので、身体が冷えるとホルモンバランスが乱れてしまうのです。

水をたくさん飲むのは、健康や美容上の常識となってきましたが、冷蔵庫で冷やした水や氷入りの水ばかり飲んでいては、せっかくの水分補給も身体を冷やす原因となってしまいます。

女性は痩せていても脂肪が多く、冷えやすいため、水を飲むなら常温、もっとオススメなのはお白湯を飲むことなのです。

お白湯のパワーとは?

一杯の白湯が、代謝を上げる?一日800mlを飲みましょう!

お白湯を飲むことで得られるものは、何よりも「身体が温まる」ということ。内臓温度が1度上がると、基礎代謝力が10%アップするとも言われているので、ダイエット効果も期待できますね!

また、温まることによって血流がよくなるので、冷え性対策やデトックスにもなります。普段飲んでいる水を、60℃程度の白湯にするだけで、これだけいいことがあるなら実践しない手はありませんよね!

白湯美容実践法

一杯の白湯が、代謝を上げる?一日800mlを飲みましょう!

まず、目覚めにコップ1杯のお白湯を飲みます。そして、3度のごはんの時に飲む水分を、お白湯にしましょう。1回200mlとして、1日合計800mlのお白湯を飲むことになりますね。

あとの約1Lを、常温の水にすれば、水分量も十分摂れますし、身体を冷やさず、代謝アップが図れます。熱湯OKのタンブラーに、朝から沸かした熱湯を入れて持ち歩けば、少しずつ冷めて、いつでもお白湯が飲めますよ!

ぜひ、試してみてくださいね!

●ひとこと

いつも飲んでいる水を、温めて飲むだけで、こんなにいいことがいっぱいあるのですね!
朝は特に、ゆっくり身体を目覚めさせることができますよ!





そのトラブル、水分不足じゃない?自分に必要な水の量を知ろう

そのトラブル、水分不足じゃない?自分に必要な水の量を知ろう

水を1日〇〇L飲みましょう!と、よく耳にしますね。

でも、トイレの回数が増えるから、むくみそうだからという理由で水分をあまり摂らない人がいます。
また、お茶やコーヒーで水分を摂っているから大丈夫というのも間違いなんです!

自分に必要な水の量を知り、適切な水分を摂りましょう!

なぜそんなにたくさんの水が必要?

わたしたちの身体からは、汗や尿で1日に約2~2.5Lもの水が出ていっていることをご存知ですか?
特に汗をかかなくても、実際にはかなりの汗をかいているものです。

つまり、出ていった分の水は補給しなければならないということです。ですが、食事や体内で作られる水分もあるので、水として飲む量は、1日1.5~2Lと言われています。

目安は「体重×30ml」と言われているので、体重が45kgの人なら、1日1.35Lの水分量が目安となります。

飲むタイミングでダイエット効果

そのトラブル、水分不足じゃない?自分に必要な水の量を知ろう

朝起きた時、夜寝る前は、水分が必要ですのでコップ一杯の水を飲むことを習慣にしましょう。
また、お風呂に入る前も汗をかくので、水を飲んでおくといいですね。

アルコールを飲んだ時は、いつもより多めに水分を摂りましょう。これは、アルコールは水分を排出する働きがあるからです。

ビールを飲むと、トイレが近くなりませんか?

だから、水も余計に必要なのです。

ダイエットに効果的なのは、食事前にコップ2杯の水を飲むこと。満腹感も得られ、ちゃんとした実験結果も報告されています。

気をつけて、これだけの水を飲めば、自然に1日に必要な水を補給できるはずです。

水じゃなきゃダメなの?

そのトラブル、水分不足じゃない?自分に必要な水の量を知ろう

結論から言うと、水に勝るものはありません。ジュースなど清涼飲料水では糖分の摂りすぎになりますし、お茶やコーヒーでは利尿作用があるため、これまた水分補給の助けにはなりません。何も飲まないよりはお茶でも飲んだ方がいいのですが、やはり水がベスト。

ただし、スポーツなどで大量に汗をかいた場合はスポーツドリンクなど塩分が補給できるものがいいでしょう。

●ひとこと

水をたくさん飲むと、トイレが近くなることも確かです。しかし、続けてみると体調だけでなく、お肌の調子もよくなることを実感できると思います。水を飲むことも最初だけ意識すれば、あとは習慣になってくれますよ!

イアソー化粧品では磁場活性蘇生水をオススメしております!!





合成界面活性剤の働き

合成界面活性剤 水と油

皮膚のバリアを壊して、化粧品に含まれる異物や有害物、香料、タール色素を肌の内部に浸透させ、内側のいきた細胞にダメージを与えてしまう合成界面活性剤。残念ながら、その種類はますます増えており、化粧品の問題の多くを占めています。ところで、「界面活性剤」とは、どんな働きをするものか、ご存知ですか?すこし詳しくご紹介しますね。

台所用洗剤にも含まれる「界面活性剤」

多くの人が、「界面活性剤」という言葉を耳にしたり、目にしたことがあると思います。台所用洗剤などのボトルの裏に「成分」として、書かれていることもあるので、なんとなく「体に悪そう」と感じている人もいると思います。

境界線

水と油が出会うところ。それが「界面」

「界面」とは、「2つの物質の境目」のことです。たとえば、水と油を1つのコップに入れると2層に分離し、両者の間に線が入っているように見えます。この水と油が接している面が「界面」です。

水と油が混ざり合う!?「合成界面活性剤」の働き

水と油は、そのままだとけっして混じりませんが、この水と油の「界面」に働きかけ、性質を変える働きをするのが、「界面活性剤」です。本来ならば、混じることのない水と油が、界面活性剤によって結びつき、混ざり合います。

お皿にこびりついた油汚れが、水で洗い流せるのは、「洗剤」に含まれる、合成界面活性剤が油汚れと水を結びつけて流しているのです。台所用洗剤ならば、まだいいですが、クリームや乳液、メイク落とし、クレンジングオイルなど、実に多くの化粧品に合成界面活性剤が含まれています。

本当に強力な合成界面活性剤が使われているものは、百害あって一利無しといっても過言ではありません。けれど、実は一方で、肌のバリア機能を壊さない昔ながらのクリームにも使われています。違いはどこにあるのか?次回ご説明しますね!





白金ナノコロイド製品の白金ナノコロイド水素水について

水素水 イメージ

白金ナノコロイド製品にはプラチナウォーターという白金ナノコロイドとお水を配合させた製品があります。

"白金ナノコロイドって、カラダの中に入っても大丈夫なの?"

という声にお応えして、プラチナウォーターについてご紹介したいと思います。

白金ナノコロイドと白金ナノ粒子とは

直径で1~2ナノメートルの白金ナノ粒子は200~300個の白金原子で構成されていて粒子が均一になる状態が白金ナノコロイドとなります。

白金ナノ粒子の外側は保護剤で覆われているので、ナノ粒子同士がくっつくことなく凝結せずに均一性が保たれているんです。イアソー化粧品で販売している白金ナノコロイドも均等ということです。

また白金ナノ粒子は沈殿することはなく、白金ナノコロイド水(プラチナウォーター)も飲用として製品化されていますね。

活性酸素を除去する現象

活性酸素消去の白金ナノ粒子の触媒作用は白金原子表面で活性化しています。白金原子の面積(露出)をできるだけ拡く確保することで、触媒活性を高めます。

白金は酸素に吸い寄せられる

違う原子同士には引力を数値化した電子陰性度があります。白金原子は2.28、水素原子は2.20、酸素原子は3.44となり、数値が離れているほど引力が強く、数字が大きい方に引き寄せられます。

なので、酸素原子に、白金原子と水素原子は吸い寄せられるという事です。白金ナノ粒子表面に、水素同様に、酸素に覆われてしまいます。酸素に覆われた白金表面から活性酸素活量を増幅し、水素の反応効率を高めます。

 

水素ステーション (車)

燃料とエンジンの関係の白金ナノコロイドと水素

水道水の酸素濃度は約10ppmで、そこに白金原子と水素が合わさる事で白金ナノコロイド水素水ができます。白金ナノコロイド製品と言うよりは、水素製品で、マグネシウムと白金ナノ粒子を同時に水に接触することで、水素を発生させつつ、白金ナノコロイドの水溶液となります。

スティック状には白金原子が付着した樹脂とマグネシウムが入っていて、密封できるボトルの中で水とマグネシウムが反応し水素を発生させ、同時に樹脂に付着している白金ナノ粒子を少しずつ溶出する仕掛けになっているんです。

 

ということで、白金ナノコロイド水素水飲んでみました!!

ドクター水素水 表

ドクター水素水 裏

スティックタイプの棒を、容器に水を入れて付けておくだけで、水素を発生させるというドクター水素水。私も白金ナノコロイド+水素の組み合わせのお水を飲んだことなくて、買ってしまいました!飲んだ感想としては、水がすっごく柔らかくなって、す~とのど越しがイイ。

清流伝説というお水を使っての実験でしたが、良いお水で試すとすっごくカラダやお肌の為になると思いますよ╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !





水素とは

140925

水素って聞くと蒸気とかお水になる前の気体という風な方もいらっしゃると思いますが水素はガス状分子の中でも最も軽い気体で、宇宙で最も数が多い気体です。
ちょっとスケールが大きくなりましたが(笑)

私たちの生活の中では、水や有機化合物の構成に使われています。一般的に水素は、水素の単体で水素分子と捉える方が多いですね。水素分子は無味無臭の期待で、とても軽く、燃焼や爆発といった特徴もありますね。なので、高圧ガスやエネルギー資源にも役立てられている期待です。

水素はエネルギーに留まらず、私たちの生活の中でも医療の分野でも活躍しています。水素は活性酸素を消去することもわかってきました。また加齢と主に酵素が減少し、体内に発生する活性酸素を除去できないことから疾病などになり易いこともわかってきました。

そこで水素のチカラで活性酸素の抑制の研究も行われています。還元物質である、ビタミン類、ポリフェノール、リコピン、カテキンなどの抗酸化食品の摂取以外にも、水素は酸化還元物質になるんです。

水素自体が小さければ小さいほど、より効果を発揮してくれることも分かってきました。

人間が活動する上で、4種類の活性酸素が働いています。
その中でも毒性の強いヒドロキシラジカルに反応し消去してくれます。

水素って本当にすごいんですよ(´∀`)ノ





このページのトップへ