HOME > イアソー化粧品ブログ

ゆらぎ肌は、春先に一番多い!不安定な肌に対策はあるの?

ゆらぎ肌は、春先に一番多い!不安定な肌に対策はあるの?

「ゆらぎ肌」って聞いたことがありますか?お肌が敏感に反応しやすい肌のことをいいますが、原因は加齢、気温の変化、環境の変化などいろいろです。

敏感肌まではいかないけど、調子がいいワケじゃないというのが「ゆらぎ肌」。春は特に変化が多く、不調を感じる人も多いのです。

どんな対策が効果があるのでしょうか?

春先にゆらぎ肌になる理由

春先は花粉の飛散が多いことがあげられます。また、温度が上がり、紫外線も強くなってくることから、肌への刺激が増えていることがゆらぎ肌の原因だと考えられます。

また、年度をまたぐ慌ただしさと、人事などで異動が多く、普段と違うストレスを感じることも多いのがこの季節。毎日きちんと自分の肌と向き合い、今どんな調子なのかチェックしておきましょう。

スキンケアの対策

ゆらぎ肌は、春先に一番多い!不安定な肌に対策はあるの?

一番気をつけたいのは、やはり乾燥です。花粉やPM2.5を落とそうと、クレンジングや洗顔をしすぎるとかえって逆効果。まずはプレストパウダーなどで、肌表面をサラサラに保てば、花粉が付きにくくなります。

落とす時はダブル洗顔なしの洗顔のみを行い、水かぬるい水でよくすすぎます。決してゴシゴシこすったりせず、優しく洗いましょう。保湿しようと過剰にスキンケアすると、そこでも刺激を受ける場合がありますので、自分の肌の状態をよく把握しておくことは大切です。

生活面での対策

ゆらぎ肌は、春先に一番多い!不安定な肌に対策はあるの?

加齢によるホルモン変化は、ゆらぎ肌の代表的な原因です。加齢は仕方のないことだとしても、抗酸化力の強い食べ物(ビタミンACE)を積極的に食事に取り入れ、バランスのよい食生活を送りましょう。

また、過剰にストレスを受けると、自律神経が乱れることでお肌にもいろんな影響が出ます。忙しい時こそ、気晴らしのできる自分なりの方法を見つけて、思い切り発散させましょう。

しっかり睡眠を取ることも大切ですよ!

●ひとこと

ゆらぎ肌って、春に一番おきやすいのですね!
女性は身体のサイクルにも左右されるので、肌チェックは毎日欠かさずに!





敏感肌なのにニキビもできる!その原因と対策法とは?

敏感肌なのにニキビもできる!その原因と対策法とは?

敏感肌というだけでも大きな悩みなのに、その上ニキビまで!
どうにかしたいけど、原因を知らずにやみくもにケアを替えてもかえって悪化するかもしれません。

敏感肌で乾燥しているはずなのに、どうしてニキビができるのか、原因を知り、対策方を考えましょう。

敏感肌なのにニキビができる訳

敏感肌なのにニキビもできる!その原因と対策法とは?

敏感肌の人は、肌のバリア機能が弱まっています。肌の一番外側である角層が乾燥しているため、それを補おうと皮脂の分泌量が増えてしまいます。
しかし、ターンオーバーが乱れているので角質の代謝がうまくいかず、分泌腺を角栓で塞いでしまうことになり、毛穴の中に溜まった皮脂がニキビになってしまうのです。

また、敏感肌の人は、自分で自分の皮脂にアレルギーが出てしまう場合があり、こうなるとかなり治りにくくなってしまいます。あまりに治らない場合は皮膚科を受診してみましょう。

ニキビの見分け方

同じニキビでも、普通に大人ニキビができているのか、敏感肌からニキビができているのか区別はつきません。そこで、大人ニキビのメカニズムを知ることで、区別してみましょう。

ヒトは交感神経が優位にある時、つまり緊張状態やがんばらないといけない状況の時が続くと、男性ホルモンの分泌が増えます。すると皮脂が過剰に分泌され、主にフェイスライン、口のまわりなどに集中してニキビができやすくなります。

これが主な大人ニキビのメカニズムです。

すべてのニキビにはアクネ菌が関与していますから、アクネ菌がエサにする皮脂を必要以上に出さず、溜めないようにすることが大切です。

敏感肌の人のニキビケア

敏感肌なのにニキビもできる!その原因と対策法とは?

敏感肌でニキビができる人は、普段は脂性肌ケアを行いましょう。しかし、ニキビは乾燥することによってできやすくなるため、皮脂を取ろうと洗顔をしすぎたり、ゴシゴシこすってバリア機能を弱めるともっと皮脂が出やすくなります。落としすぎず、保湿を心がけることが大切です。ビタミンC誘導体配合のスキンケアも有効ですよ。

また、睡眠不足や喫煙、食生活の乱れなど、交感神経を優位にする生活習慣の見直しも大切です。リラックスできる時間を作り、副交感神経を優位にしてあげてくださいね。


当社のトライアルセットにもニキビに有効なスキンケア商品が入っています。ぜひ試してみてください!

●ひとこと

敏感肌とニキビって、縁遠い気がしてたけど、実は密接に関係していたのですね!
副交感神経優位にしてあげて、適切なスキンケアをしましょう!





間違ったケアが敏感肌をまねく?正しいケア方法 

間違ったケアが敏感肌をまねく?正しいケア方法

自分は敏感肌だと思っている人は、実に70%近くもいるそうです。間違ったスキンケアによって、自分で敏感肌にしてしまっている人もいるのです。
敏感肌だと自覚しているならなおさら、正しいケアの方法でお肌をいたわりましょう。

敏感肌の原因とは?

もともとアレルギー体質であるなど、生まれつきの体質の場合もありますが、化粧品にかぶれやすかったり、少しこすれると赤くなったりする敏感肌は、どうして起こるのでしょう?

いろんな原因が考えられますが、年齢とともに肌トラブルが多くなった、敏感肌になったと感じるなら、肌のセラミド不足かもしれません。セラミドとは肌の内部で水分を保持する保湿成分です。
これが不足すると、肌が乾燥するだけでなく、外部からの刺激から肌を守るバリア機能が低下してしまうのです。

敏感肌のNG

間違ったケアが敏感肌をまねく?正しいケア方法

敏感肌の人がやってはいけないスキンケアやメイクは、洗浄力の強すぎるクレンジング、日焼け止め、リキッドファンデーションなどです。良かれと思って長年これらを使い続けると、普通肌だったのに敏感肌になってしまう可能性さえあるのです。

何がいけないかというと、乾燥を招くことです。一見保湿に良さそうなリキッドファンデーションですが、使ってみて乾燥を感じるようなら一旦中止してみましょう。

敏感肌の正しいケア方法

間違ったケアが敏感肌をまねく?正しいケア方法

とにかく保湿をします。敏感肌はバリア機能が弱っているので、そのためには保湿が第一歩です。セラミドやヒアルロン酸入りの化粧品を使いましょう。

クレンジングは、オイルやリキッドタイプだと洗浄力が強すぎるので、クリームタイプのクレンジングがおすすめです。肌をこすらないよう、やさしく洗いましょう。ファンデーションはリキッドやクリームタイプは水分を含むため、界面活性剤が入っているのです。肌への刺激も強く、バリア機能も奪ってしまうため、パウダータイプがベストです。

●ひとこと

リキッドファンデーションで乾燥するとは意外ですよね!

敏感肌の方は、クレンジングやファンデーションを見直してみましょう!





ファンデーションって、季節ごとに変えた方がいいの?

ファンデーションって、季節ごとに変えた方がいいの?

メイクの土台として、仕上げとして、なくてはならないファンデーション。これが決まらないと、一日お肌のことが気になって仕方なくなりますよね!

ファンデーション自体も色々と種類があるけど、季節によって使い分けた方がいいのでしょうか?選び方のポイントを見ていきましょう。

トラブルがなければ変えなくてOK!

普通肌で一年中同じものを使っていて問題がなければ、使い続けて問題ありません。わざわざ使い分ける必要もありませんよ!

ただし、乾燥肌や敏感肌、混合肌や脂性肌など、トラブルが起こりやすい方は季節によってファンデーションを変えることで、よい方向にいくことがあります。では、季節ごとにどんなファンデーションがオススメなのかご紹介します。

【春】

ファンデーションって、季節ごとに変えた方がいいの?

気温が上がってきて、紫外線も強くなってきます。皮脂の分泌がさかんになりはじめるので、UV効果のあるパウダーファンデーションがおすすめです。

しかし、乾燥肌の人が冬の間に乾燥がひどくなっていることもあるので、春になっても乾燥を感じているなら保湿効果の期待できるリキッドなどがいいですね。もちろん、UV効果があるものがよりよいです。

また、花粉や環境の変化も多い季節なので、敏感肌の人はミネラルファンデーションに変えてみると落ち着くことがあります。

【夏】

紫外線が強いのでお肌には過酷な季節ですね。汗をたくさんかきますし、皮脂も多くなります。UV効果のあるパウダーファンデーションがよいでしょう。
ただし、ウォータープルーフタイプは、強いクレンジングが必要なので、敏感肌や乾燥肌の人にはおすすめしません。

【秋】

暑さもやわらぎ、過ごしやすい季節ですが空気が乾燥しはじめます。保湿を心がける季節です。

保湿効果が高いパウダータイプでも乾燥を感じるならリキッドやクリーム対応に切り替えるといいでしょう。まだまだ紫外線にも油断は禁物、UV効果はあるものの方がベターです。

【冬】

ファンデーションって、季節ごとに変えた方がいいの?

気温がグッと下がり、乾燥の季節です。保湿をしっかり意識しましょう。ファンデの前にしっかり保湿し、リキッドタイプかクリームタイプのファンデを重ねましょう。
紫外線は弱まりますが、ないわけではないのでUV対策も忘れずに!

●ひとこと

トラブルのない人は、無理に変えなくてもいいのですね!季節ごとに肌トラブルがある方は、参考にしてみてくださいね。





良かれと思っていたパックが敏感肌の元?

良かれと思っていたパックが敏感肌の元?

肌が乾燥する、明日勝負だから…という理由で、スペシャルケアとしてパックをしていませんか?良かれと思って毎日パックをしている人もいることでしょう。

ただし、間違ったやり方は、かえって肌にダメージを与えてしまい、敏感肌へと導いてしまいます。そうなる前に、自分のケアを見直してみましょう。

どうしてパックが敏感肌の原因になるの?

パックにもいくつか種類があるので、種類別に説明していきます。

良かれと思っていたパックが敏感肌の元?

・シートタイプ

美容成分がたっぷり含まれていて、確かにパック後はお肌がツルツルになります。ただし、3分以上お肌にのせていませんか?

まだシートが使えそう!と、それより長くお肌に置いてしまうと、シートが乾燥するのと同時に、お肌の水分まで奪ってしまいます。シートマスクは3分以内!が上手な使い方です。

・拭き取り、洗い流すタイプ

このタイプはクリームタイプのパック剤ですが、効果としては汚れを吸着するものから美容成分を補うものまで多様です。

ここまではいいのですが、拭き取る時、洗い流す時に肌に負担をかけてしまうのです。
拭き取る時には、どうしても肌をこすってしまいますし、洗い流す時も、必要以上にゴシゴシ洗ってしまいがちになります。

せっかくパックをしても肌に負担をかけてしまうので、あまり頻繁にやるのはおすすめしません。

良かれと思っていたパックが敏感肌の元?

・はがすタイプ

パックを塗り、乾いたらはがすというタイプ。毛穴汚れを吸着する用途に使われることが多いです。確かに汚れは落ちるでしょうが、汚れと一緒に肌の角質まで一緒に剥がれてしまいます。角質はお肌のバリア機能を担った大事なものなので、それを無理矢理剥がす行為…ということになってしまいます。

剥がれた角質を補うため、ターンオーバーのスピードが速くなり、作られた角質はもろく弱いものになってしまうため、敏感肌になってしまいます。

このように、よくよく注意しないと、スペシャルケアがかえって肌にダメージを与える結果になってしまうのです。ケアをしているつもりが、敏感肌を招いていたなんて!パックのケアをよく見直してみましょう。

●ひとこと

特別なケアだと思っていたパックも、一歩間違えば敏感肌の原因になるのですね!気をつけましょう。





このページのトップへ