HOME > イアソー化粧品ブログ

乾燥肌のスキンケアは油が大事

コールドクリーム

正しくお手入れして、美しい肌を手に入れよう!

多くの化粧品に含まれる合成界面活性剤で、肌のコンディションが悪化し、ニキビや吹き出物ができたり、乾燥肌になったりと肌トラブルに悩んでいる人は多くいます。今回は、化粧品の基本のひとつ、クレンジングに注目して、どのようにお手入れをすればいいのか、ご紹介します。

ニキビや吹き出物ができたら、、、

ニキビや吹き出物の原因は、悪玉菌の異常繁殖。こういうときは、まずは肌になにも付けないことが大切。ニキビや吹き出物が出やすい人は、常在菌が食べられない油が多めに配合されたクリームで洗顔することをオススメします。

オススメはコールドクリーム

なぜなら、油剤の安定に使われている「高級炭化水素(鉱物油やスクワラン)」は、常在菌に害を与えずに、必要以上にエサが多い環境になることを防いでくれるからです。戦前に使われていた、油が中心の洗顔用コールドクリームがそうです。

洗顔

洗顔の鉄則「汚れた油は、油で落とせ」

戦前から戦後にかけて、コールドクリームは基礎化粧品と洗顔用に分かれました。洗顔の鉄則は、「汚れた油は、油で落とせ」です。これに基づいて、水を極端に減らした無水型のコールドクリームがメイク落としとして使われるようになりました。これがいわゆる洗顔用コールドクリームです。

油が主成分のクリームでも大丈夫

メイク落としでは、こうしたクリームを使って、角栓を防いだり、溶かしだしたりして、皮脂の分泌をスムーズにしてあげることが大切。油だからといって心配することはありません。そもそも肌の表面は、油が主成分の環境です。その流れが滞ったり、つまったりしないようにすれいいのです。

コールドクリームは、乾燥肌の人にも有効です。ただし、水で洗い流せるタイプのものは、注意が必要です。なぜなら、洗浄剤として合成界面活性剤が入っているからです。「水で洗い流せるクレンジングオイル」でメイク落としするのは、実は、台所要洗剤で顔を洗っているようなものなんですよ。(# `)3′)▃▃▃▅▆▇▉ブォォォォ

こうしたように乾燥肌のスキンケアは化粧品を使い分けるというのも有効ですよ( ๑˃̶ ॣꇴ ॣ˂̶)♪⁺





化粧品の添加物って安全?キャリーオーバーって何??

防腐剤

添加物、、、皆さんは食品を連想してしまうかもしれません。化粧品に含まれる添加物は刺激が強いものもあれば弱いものもあり、スキンケアを毎日する女性の意見からするとお肌に受ける刺激は、低刺激、もしくは何もないものがイイ!!と思ってしまいます。

そこで、今回は添加物についてご紹介して行きたいと思います。

一般的な添加物について

化粧品に配合されている添加物は、製品を安定化させるための原料だったり、保存を目的として添加物だったりと種類は様々です。添加物によっては、アレルギーなどの危険性があることが昭和40年代ごろから化粧品の健康被害が多発したため、表示指定成分を明記することを義務付けられました。

添加物の種類は約102種存在し、また他の添加物の製品開発も進むにつれ、色んな健康被害の少ない添加物の開発も進んでいます。

現在、一般的に使われている添加物が、
赤202、コカミ、、サリチル酸、水酸化レシチン、オキシベンゾン、メチルパラベン、フェノキシエタノール、ラウリン酸ポリグリセル-10、フェネチルアルコール

等々が配合されている化粧品があります。

添加物=保存や防腐の為という認識だと思いますが、その他にも化学製品を安定させるための防腐剤など添加物によって役割があります。

その中で化粧品の使用期限が設けられていますが、開封後はどの商品も劣化(酸化)していくものです。天然成分を使用していても、また添加物を使用している化粧品でも、1年以上残ったままの化粧品はご使用しないことを強く勧めます。

化粧品は高いから、勿体ないからつかっちぇえ~って若いころはありましたが、若いころのお肌は意外と丈夫です(笑)

でも、加齢によって肌の体調は年々衰えていく上、半年から1年以上前に使ってた化粧品を使うのはむしろ危険です。天然成分で無添加の化粧品だとしても、成分の有効性は酸化して弱まっている、もしくは有効成分が酸化して消滅して何の美容効果もない化粧品になっていたり…

開封後は1ヵ月~3ヵ月で使い切るようにし、その商品の保存の仕方を理解した上で、適切に保管しましょう!!

添加物

キャリーオーバーってご存知ですか??

エッセンシャルやハーブオイルを配合、または抽出する過程で、アルコールを使う事がある所もあります。いくら無添加化粧品だという宣伝している所でも、化粧品を作る機械の洗浄や抽出工程で添加物が混ざることを”キャリーオーバー”と呼びます。

イアソー化粧品でも1つ1つの商品について記載するよう、今後、努力して参ります( ..)φメモメモ

ひとこと

安心安全をモットーに40代50代でも、若々しいお肌のサイクルを作る基礎化粧品をご提供させて頂いております。添加物について、無添加化粧品で安心安全をよりご案内できるよう、ブログでもご紹介して行きます(^O^)/





加齢による肌ケア

肌ケア 乾燥 ほうれい線

肌の弾力性は乾燥で失われます

肌の老化を早めてしまう原因として一つに”乾燥”があります。

表情や姿勢、筋肉の衰え、乾燥による皮膚の柔軟性が少しずつ減少して老化が速まってしまいます。これまでピンと張っていたお肌も弾力が徐々に弱くなっていくので、ここで肌ケアが大切になってきます!!!

洗顔後の水分補給+保湿ケア+エイジングケア

肌を乾燥させないためにも、外の紫外線や汚れなどから守ること、加齢による変化を遅らせながら自分の肌で再生を促す事!促すために大切なのが、洗顔+水分補給+保湿という肌ケアです。

毎日の乾燥対策や紫外線対策をしっかり行う事で、肌荒れ、お肌のトラブルも肌の柔軟性を失わせる原因になるので丁寧な肌ケアが大切です。

肌荒れやかさつきには

肌のターン―オーバーの乱れは、気温の変化、湿度の変化、紫外線、睡眠不足、体調不良、ストレスなど様々な原因があります。肌のターンオーバーが乱れてしまうと、肌の水分保持が低下してしまい、お肌の再生が弱まって、生成された角質は弱くなるため、肌荒れやかさつきを起こしやすい皮膚になってしまいます。

乾燥や痒みが起こる事もあるので、適切な肌ケアが必要です。

肌ケア たるみ

化粧水とクリームで水分を逃がさない肌ケア

肌にたっぷりと化粧水を与えて、水分を逃がさないように蓋をするのが肌ケアの基本ですね。洗顔は低刺激の洗顔料を使い、まんべんなくメイク汚れや外気の汚れ、皮脂等をちゃんと落としましょう。

敏感肌なら基礎化粧品を見直すべき??

肌が乾燥しそうな時って意外とわからないもの。月経前や寝不足、環境の変化、疲労、ストレスによって敏感になり易いお肌は、季節の変わり目などでも肌トラブルを起こしやすいですね。

赤みや吹き出物、かゆみなど、敏感肌に悩んでいる方は、お肌の体調を直す事から始めましょう⊂( ・∀・) 彡





夏のカサカサ肌を改善!意外と乾燥してる夏のお肌

カサカサ肌 砂漠肌

夏は紫外線量が多く、高温多湿で皮脂分泌量も増えがち。ベタつきやテカりなどの症状が起こり易く夏だから乾燥しないというのは違います!夏はお肌のストレスがたまりやすい時期で、乾燥しやすいのです。汗ばんだり、べたついたり、一方では乾燥も目立ったり、今日はそんなカサカサ肌の対策についてご紹介したいと思います。

カサカサ肌になる原因

1.紫外線による肌へのダメージ
紫外線を浴びると角質層の天然保湿因子という細胞内の水分を保つためのコラーゲンやエラスチンが減少し、水分の保持量、、キメ(菱形のお肌)が低下する為、乾燥します。紫外線が肌細胞を傷つけ肌バリア機能が落ち、ターンオーバーの乱れとなってしまいます。

潤ったお肌表面は紫外線を拡散しやすい状態で、角質層の水分や天然保湿因子が肌の奥まで紫外線を阻止してくれますが、乾燥したお肌には一切の水分がない為、そのまま紫外線のダメージを受けやすい状態なのです。

2.汗の蒸発とタオルの摩擦による乾燥
汗が出ると蒸発するのは普通ですね。その際に、お肌にあった水分も一緒に蒸発させてしまうのです。また汗を拭くときもタオルで擦ったりするのもダメ!!!角質が傷ついてしまう原因になって乾燥しやすいお肌に変えてしまいます。

汗をかいたらそのままにせず、タオルで被せるくらいに優しく拭き、水分を逃がさないようにしましょう!

3.冷房の近くは要注意!!
夏はどうしても暑いので、エアコンの前を陣取りたくなってしまいます。ですが、電車、オフィスと夏はどこに行ってもエアコンが付いていますね。冷房の部屋では肌の水分量は冬と比べて、半分に減っているので、気温差がある外気に当たって、また汗をかくと、水分量は半分なので、そのまま蒸発して、カサカサ肌になりすいというメカニズムなんです。

インナードライとは

カサカサ肌になること、紫外線によって水分が奪われる原因の中に紫外線がありますが、紫外線の種類の 中にUV-A、UV-B、UV-C、のUV-Bがお肌の水分を奪う作用があります。

紫外線を浴び、インナードライならどうなるでしょう。

インナードライとは、肌表面は皮脂でテカっているのにお肌の水分量が少なく、お肌の内側が渇いている状態。 ということは、紫外線を浴びないようにすることが大切ですね。

日焼け止めはNG

日焼け止めには乾燥させやすい成分が入っている

ノンケミカルという成分、、表示品目で見たことはありませんか?このノンケミカルは紫外線吸収剤として認知が高い成分ですが、この成分こそがお肌の水分を奪ってしまう作用もあるんです。だから一概には日焼け止めがイイわけではありません。

ですから、カサカサ肌に使うのはもってのほかで、敏感肌の方にも注意が必要です。

ひとこと

カサカサ肌になる原因はさまざま、その日のお肌の体調によって基礎化粧品やファンデ、化粧品関係を適切にすることで、その日のお肌の状態を常に意識することが大切。

昨日は良いお肌でも、今日は違ったり、お肌の体調をしっかり考えた基礎化粧品選びをしましょう!!

基礎化粧品はトライアルセットAがオススメです。

トライアルセットAはコチラ





肌の赤みは敏感肌の兆候!!赤みケア

お肌の赤み 赤ら顔 酒さ

肌の赤みに悩む女性は半数を占めると言われています。頬や鼻、広範囲に広がる赤みもあれば ごく一部分にポツポツと現れる赤みもありますね。この赤みは敏感肌やニキビなど、お肌のトラブルが 現われている傾向です。その原因についてお話します。

肌の赤み(顔)の原因とは

肌の赤みにはいくつかの症状によって、そのお肌の状態が変わります。

毛細血管拡張症

赤みの特徴としては、顔全体または一部が赤くお酒を飲んだような赤みが頬や鼻などに出る。毛細血管拡張症は別名、末梢血管拡張症とも言います。薄くなった皮膚の下の毛細血管が拡張し、赤みが消えない状態。

赤ら顔

若年層に多いこの症状。淡い赤色が広範囲にできるのが特徴的ですね。 この赤ら顔の原因は皮膚が薄いことにあります。アルコールや恥ずかしくなって赤面してしまう時など 血圧が上がり、毛細血管などの血液量が増加するにあたって、赤くなってしまうのです。

この赤ら顔は鼻の周りや頬など出やすい部位で、気温の変化で赤くなったり、お風呂上りで赤みが引かない時には注意が必要です!

赤ら顔の悪化の原因としては、洗顔や頻繁なマッサージ、ピーリング剤などが挙げられます。洗顔中のお肌の擦りすぎ、過度なマッサージにより角質が剥がれてしまっている、ピーリング剤によるお肌のダメージがあり、この3つに該当する方は、控えてみましょう!

酒さ

鼻や頬、額、あご等の毛細血管が拡張して、皮脂腺の分泌が過剰になりニキビに似た赤いブツブツが出る症状です。

第1度:顔の脂漏と毛細血管拡張で紅班ができ、紅班性酒さとも言います。
第2度:毛穴に膿疱(のうほう)がたくさんできる、酒さ性ざ瘡といいます。
第3度:鼻瘤という症状で、ニキビに似た吹き出物が密集して腫れ、大きなこぶ状になったりします。鼻や鼻の周りにできやすいです。

お肌の赤みの治し方

赤みやかゆみの肌荒れの治し方

これらの症状の原因は、血中酸素不足、血中栄養素不足、ホルモンバランス、血流の増加や逆流などによるものだと考えられています。また紫外線の影響、ステロイドの影響、化学物質、感染等外的な要因があるそうです。

皮膚の炎症と赤みは、ニキビ、吹き出物、ブツブツした赤み、かぶれなど様々。
これら赤みを治す方法として、お肌のうるおいをキープすること。
自己再生能力を高め、しっかりと保湿することです。

その為にはまず、基礎化粧品の見直しが大事だと思います。洗顔は合成界面活性剤のはいっていない無添加の固形石鹸にしたり、オールインワン化粧品を控えたり保湿力の高い、ヒアルロン酸やセラミド等の成分を選んで、角質層の水分保持とバリア機能を高めましょう。

選んだ化粧品も自分のお肌に合うかどうかサンプルやトライアルなどで試してみましょう。

また内的要因も含めて、食生活の改善やカラダに害がある、アルコール、カフェイン、たばこ、香辛料等の 刺激物も控えましょう。

日頃のケアで、すぐに改善されるわけではありませんが、治すために根気よくケアすることが大事です( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !





このページのトップへ