HOME > イアソー化粧品ブログ

白金ナノコロイドは触媒として活性酸素を除去します。

触媒

白金って?白金ナノコロイドって?って皆さん、最近化粧品ブームの中で白金というフレーズを良く耳にしていると思いますが、そもそも白金ナノコロイドって何?っていう方もまだまだ多いと思います。というわけで、おさらいとでもいいましょうか、白金についてご紹介したいと思います。

白金は触媒です。

表題の通り、白金は触媒なんです。触媒と言うのは、化学反応を起こさない物質のことを指します。なので、水に触れても、空気に触れても金属は変化しないということ。 ですから、白金は独立した金属で、何にも反応しないのです。

と、混ざらないという事だけで、白金自体の特徴とは何と言っても、活性酸素の除去にあります。

ナノ化することで、お肌の細かな場所でも活性酸素を除去

この白金をナノ化した物を、白金ナノコロイドと呼びますが、2ナノメートル(肉眼では確認できない小ささ)に細かくしたものを化粧品に加えることによって、活性酸素を退治してもらおうということです。

白金ナノコロイドをお肌の毛穴とか、お肌の細かい所までも入っていきます。白金がお肌に停滞することによって、お肌の奥の血流に流れる悪玉活性酸素を除去しながら、丈夫なお肌の再生を手助けしてくれます。

活性酸素除去

活性酸素を除去すると???

今や活性酸素は医学会でも注目されていて、病気の原因になり得るとして研究されています。この活性酸素は、生活習慣病だけでなく、お肌の老化やお肌のトラブルまでも引き起こしてしまう、いわば老化の原因とも言われています。

活性酸素を取り除けるのは、ビタミン系の抗酸化物質を口から摂取するだけで、アンチエイジングを維持し続けなければなりません。このビタミン系の抗酸化物質は、活性酸素の種類に関係なく、無害化してしまう性質を持っています。

活性酸素には2種類あり、
善玉活性酸素…良い活性酸素
悪玉活性酸素…様々な病気の原因を作る活性酸素

とあります。

ビタミン系は、この善玉活性酸素を区別することなく、無害化してしまうので、あまり良い効果が見込めるのかというと多く摂取しなければいけないということになります。

しかし、白金は悪玉活性酸素だけを無害化してくれるので、善玉活性酸素を区別することができ、カラダの修復などを行ってくれるのです。

肌から血管への影響

お肌の近くには、毛細血管が張り巡っています。この血流の活性酸素を除去することによって、お肌の再生や細胞増殖をよりクリーンな状態にするための除去です。奥深くまで入った白金ナノコロイドは、24~36時間の効力を持って、活性酸素を除外してくれます。

白金は酸化することはありませんが、万が一お肌に残っていたとしても、カラダに入っても大丈夫な金属です。

今や白金はサプリメントや白金ナノコロイド水なども販売されているので、白金で活性酸素を除去する方法はたくさんあるんです。

ひとこと

活性酸素は私たちが生きていく上で、必要な酸素なんです。しかし、肺呼吸してても悪玉活性酸素を取り込んでしまいます。こういった、活性酸素を除去することが重要ですよね!!

化粧品、お水などなど、白金は色んな用途に使われているんですよ!!!





やけどの傷跡をキレイに再生させるには

やけど跡

Ⅰ度、Ⅱ度、Ⅲ度とやけどには種類があり、このⅡ度とⅢ度のやけどを負ってしまうと やけどの傷跡は思うような再生を行ってくれません。

そして、やけど跡が残ってしまうことにより、肌が気になってしまう方が多いのではないでしょうか?

やけどⅠ度であれば、再生には時間はかかるものの徐々にキレイに再生していく可能性は十分にありますがⅡ度、Ⅲどの熱傷を負ってしまうと、やけど跡が残ってしまいます。

そこで、やけどの傷跡を少しでもキレイにする方法をご紹介します!!

皮膚科 病院へ

皮膚科への受診

ちょっとしたやけどをしてしまって、数週間放置していると跡が残るケースと残らないケースを体験されている方もいらっしゃるでしょう。ちょっとしたやけどなら、病院に行かなくても…と思っている皆さん、ちょっとしたやけど跡が実は跡が残ってしまうケースがあります。

痛みは引いても、やけど跡が残ってしまう場合はⅠ度からⅡ度の熱傷と言う事になります。 Ⅰ度程度のやけど跡ならすぐには再生しないものの、ターンオーバーによってお肌の再生が見込めます。

Ⅱ度のやけど、Ⅲ度のやけど

広範囲によるやけどはⅡ度、Ⅲ度のやけどに繋がる恐れがあり、跡が残ってしまいます。やけど跡が残らない為には、迅速な応急処置と病院へ受診することが大切です。

やけどした直後は水道水でやけどした箇所を30分~1時間冷やす事。

やけどの痛さは空気による刺激から発生する為、充分に冷やした後ラップを巻き、空気に当たらないようにすると痛みを軽減できます。

お肌の再生は基より、迅速で的確な応急処置を行うと跡が残りにくくなりますが、Ⅱ度、Ⅲ度のやけどは傷跡として残ってしまうものです。応急処置を早く行う事でやけどの再生や跡の軽減となります。

やけどの再生について

やけど跡を目立たなくさせるEGF

傷跡として残ってしまったやけど跡は、ターンオーバーの繰り返しによって再生して行きます。ですが、残ってしまった傷跡はすぐには再生せず、時には1年~2年位、やけど跡が残ってしまうケースが多いようです。

やけど跡が残ってしまう要因としては、やけど後の処置→ケロイド状になってしまう→黒いやけど(または赤いやけど)→白い跡のように段階を経て、再生して行きます。

ここでお伝えしたいのが再生細胞を促進させるEGFです。

外部の熱傷後、痛みが完全に引くと残ってしまったやけど跡がどうしても気になってしまいますね。

やけどを負ってしまった箇所をキレイに再生するためには、白金ナノコロイド(活性酸素除去)+磁場活性蘇生水(地下1000m級に匹敵するお水)+EGF(肌細胞の再生に導くための成分)をご使用いただくことで、黒かった赤かったやけど跡の色が変化していくのがお分かり頂けると思います。

使用後の再生には個人差がありますが、やけど跡が気になる方は、まずはトライアルセットCをご使用ください!

トライアルセットCはコチラ

トライアルセットC





火傷 治療は過程が大事

キッチン 火傷

火傷になりえる状況として、料理のとき。
全てと言っていいほど、火を使いますし、油も使います。
油の跳ね返りや、レンジで解凍した際のお皿や解凍した食べ物が高温だったり魚焼き器、熱湯(ポット)など、火傷になりやすい物が多いのがキッチンですね。

小さな火傷と大きな火傷

大きな火傷となると、細菌が広範囲に繁殖し易くなり跡が残ることもあるので、すぐ全身シャワーをお勧めします。全身に発熱したり局所の炎症が強くなったりしなければ、治療というより冷やす事が優先です。そして、皮膚の細菌の繁殖で有効なのがキレイなお水で洗う事。

火傷した直後は、水道水でもいいですが出来ればきれいなお水で冷やした方が後々、火傷跡が残りにくい可能性が高いということです。水道水はどうしても塩素が入っていて水の腐蝕を防ぐ薬品ですのでお肌に影響がでることがあります。

小さなやけどでも、まずは冷やし空気に触れないようにやけどした箇所をラップで巻き痛みがなくなるので広範囲であればラップ+保冷剤を持って近くの病院へ行くことをお勧めします。

火傷した数週間後の処置は抗生物質や消毒はなるべく使用しないこと

火傷の傷を洗う場合、消毒は使わないこと。火傷した表面を消毒しても細菌はやけど表面だけではなく深い皮膚の部分にも存在するので、石鹸を使って洗うと壊死した皮膚組織を取って清潔な皮膚の再生を促します。

消毒液には皮膚の再生を妨げる副作用があるので、傷の治りを悪くするばかりか、再生する皮膚にも跡を残し易くなってしまうそうです。また一時的な抗生物質(細菌をやっつける)を使用する場合もありますがなるべくなら、時間がたっても自然再生を待つことで、皮膚を作り出そうとする力と、再生しようとする免疫やチカラが働くので、ゆっくりと再生を待つことをお勧めします。

再生した後の肌ケア

火傷が治りかけのお肌にオススメしたいのがEGF。
肌の再生に有効なEGFを使用することで、お肌の再生をスムーズに行う成分です。 医療で使われてるEGFを治りかけのお肌に塗布することによって、お肌の再生を促し、新生組織の促進に役立ちます。

ひょんな事故や不注意で火傷は負ってしまうもの。
お肌の再生と、火傷跡を徐々に治すためにはEGFがオススメです!p(・∩・)q

EGFが試せるトライアルセットはコチラ





アトピー肌の方の化粧水の選び方

化粧水

アトピー肌に化粧水はいいの?悪いの?

化粧水は美容成分が濃く含まれたものがあるんです。美容用途として、保湿や美白など何らかの目的があるため、化粧水には刺激物が含まれている可能性も少なくありません。

ですから、アトピー肌の方が化粧水を使う場合には、低刺激がオススメ!

かといって、植物性オーガ―ニックでも、アトピー肌の方は慎重に選ぶ必要があるんです。 植物だからと言って、アレルギーを起こさないわけではないですよね。

アトピー肌の方にとって化粧水は、新しい皮下組織が出来たときに化粧水で保湿することを オススメします。



洗顔

アトピー肌のスキンケアは何をするべきなの?

アトピー肌のスキンケアは年齢性別にかかわらず、日常の正しい生活のリズム正しいスキンケアをすることで、アトピー肌の特有のかゆみを軽減したり、湿疹を軽減したりできます。

アトピー肌の方の皮膚は一般の人よりもバリア機能が弱く、細胞間脂質(油分)をうまく作る事が できないので、すぐ乾燥したりカサカサになったりしますよね。

油分がないので、水分が保てずずっと乾燥してしまうという事。

皮膚のバリア機能を高めるためのスキンケアとしては

1.朝はぬるま湯で洗顔する(Tゾーン)
2.薄くクリームを塗布

どうしてもメイクアップになると、厚塗りにしてしまう傾向がある方は、若干薄めにメイクアップすることをオススメします。

お肌を守るには?アトピー肌を改善するにはどうしたらいいの?

お肌を守る意味で、お肌に呼吸をさせてあげる事がポイントになります。乾燥するお肌も正常なお肌の代謝が行われていない+水分や油分が蒸発してしまっている事。これはお肌の皮下組織、組織内部に異常があるので、健康的なお肌を蘇生させてあげる事がベストな方法です。

お肌のターンオーバーの周期は28日。
アトピーが出る部位はデリケートな部分です。
汗疹になったり湿疹になったりする部分は、大抵、お肌が弱くなって炎症を起こしてしまう部分という事。

ガサガサのアトピー肌には保湿するというより、まずは新しい皮膚組織を丈夫に再生できるようなお肌が作りが大事です。

少し目立つアトピー部分でも乾燥させて、完治させてあげる事。

塗り薬をなるべく使用しないこと。
健康的な食事を維持すること。
規則正しい生活を送る事。
睡眠時間をたっぷりとる事。
アレルギー物質(食事)はなるべく取らないこと。



ここポイントよ

化粧水はどの基準で選べばよいか

  • 低刺激
  • 無添加
  • ノンパラベン
  • が基本ですね。 化粧水に限らず、化粧品を選ぶ場合は、チクチクしたりヒリヒリしたりしないかを確認することがいいでしょう。まずはサンプル品やトライアルセットなどで、お肌に使ってみて、お肌に刺激がないか確認します。

    チクチクしたりヒリヒリしたりしても、お肌に悪いことが起こっているとは限らないんですが 我慢して使う必要もないと思いますので、ご自分のお肌に合った物をトライアルなどで確かめましょう。



    ダメ~

    化粧品に入っているアトピー肌の方が気を付けた方がいい成分

  • アルミニウム・ジルコニウム、アルミニウム化合物
  • エトキシル成分:セテアレス・ペグ化合物
  • 塩化ベンザルコニウム、塩化ベンゼトニウム
  • オキシベンゾン
  • コールタール
  • コカミドDEA/ラウラミドDEA
  • 香料
  • ジェタノールアミン
  • ジオキサン
  • 酢酸ベンジル
  • トルエン
  • トリクロサン
  • 鉛、鉛化合物
  • ハイドロキノン
  • パラベン
  • プロピレングリコール
  • ブロノポール
  • ブチルヒドロキシトルエン/ブチルヒドロキシアニゾール
  • ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル
  • フタル酸エステル
  • ホルムアルデヒド
  • ホルムアルデヒド放出防腐剤
  • P-フェニレンジアミン
  • ワセリン
  • ラウレス硫酸ナトリウム
  • イアソー化粧品では、上記の化学物質は一切使っておらず、白金ナノコロイド(白金)、磁場活性蘇生水(力を持ったお水)を使った、無添加無香料の化粧品を取り扱っています。

    まずは、アトピー肌の方にオススメなトライアルセットは
    トライアルセットCがオススメ

    トライアルセットC



  • プラチナウォッシングフォーム
  • 美白美容液はプラチナエッセンス
  • 保湿にはプラチナローション
  • 内側から”ふっくら”がわかるプラチナクリーム
  • ◎やけど跡やアトピー肌の方にはEGF SOSEI エッセンス
  • トライアルセットCについては”コチラ”

    プラチナウォッシングフォーム

    〇プラチナウォッシングフォーム
     クレンジングを落とした後のメイク残りにはプラチナウォッシングフォームで優しく洗い上げる洗顔料です。キメ細やかな泡と、素材の安全性(無鉱物油、界面活性剤無添加、合成着色料無添加、ノンパラベン、無香料)で お肌にも優しくきれいな素肌に!

    プラチナエッセンス

    ○美白美容液はプラチナエッセンス
     シミ、ソバカスを分解し抑制、肌能力を一気にアップさせる贅沢な美容液。べたつき感がありません。す~っとお肌が吸収していくので、体感して頂けるうれしいです。



    プラチナローション

    〇保湿にはプラチナローション
     究極のうるおい成分ヒアルロン酸、お肌のみずみずしさを保つシルクペプチド等を配合しました。



    プラチナクリーム

    〇内側から”ふっくら”がわかるプラチナクリーム
     コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン等、選りすぐられた原料をナノ化し配合。
     シミそばかす、ほうれい線などにも効果的です。



    lineup_detailb_egf

    ◎やけど跡やアトピー肌の方にはEGF SOSEI エッセンス
     EGFという上皮細胞増殖因子という皮膚の再生を向上させるEGF。
     医療の分野でも使用されていて、お肌の再生やお肌を強くキレイな素肌に再生が見込める成分を配合。

     

    ひとこと

    EGFはやけど跡にオススメしていますが、アトピー肌の方にもおすすめです。
    上記のトライアルセットは白金ナノコロイドと磁場活性蘇生水をベースに開発しています。 白金はカラダの中に入っても安心な素材です。

    活性酸素を除去することによって、炎症を抑える作用も見込めます。白金は体内外での活動時間は26時間前後でその後自動的に排出され、金属アレルギーの心配もありません。

    金属で選ばれた食品添加物の一つで、国からも認められている白金を使用しています。 工業用途や医療分野、水素と合わせた開発などでも使用される、白金なんですよ!!(๑•﹏•)いつやるか?  ლ(ಠ_ಠ ლ)今でしょ!





    白金は医療の分野でも|抗がん剤治療に使われている「プラチナ」

    白金は医療の分野でも|抗がん剤治療に使われている「プラチナ」

    現在、弊社で使われている「白金ナノコロイド」。 白金を加工、ナノ化しコロイド状に精製することで、「白金ナノコロイド」という 名称になっていますが、医療分野では抗がん剤治療に使われる「プラチナ製剤」という薬品があります。

    同じプラチナ製品として、この医療分野で使用されているこのプラチナ製剤は 遺伝子DNAに直接作用する抗がん剤として使われています。

    ■治療対象となるガン
    プラチナ製剤はがん患者に対して治療効果を示しますが、精巣腫瘍や卵巣がんに高い効果を 示すそうです。他のお薬とも調合してがんの完治も可能になってきました。 肺ガン、子宮ガン、腎臓ガン、悪性リンパ腫、消化器系などに効果が見られるということです。

    ■老化と活性酸素
    人は酸素を肺へ吸収することで、血液中に酸素を運んでいます。細胞内の伝達ともいえるこの カラダの中に酸素を取り入れる時でも、活性酸素が働いています。 この活性酸素は強い酸化力を持ち、カラダを酸化させる、いわば"サビ"を作っているのです。

    活性酸素が蓄積されれば、当然、老化現象が進んできます。それと同時に臓器系統へのダメージや 細胞への攻撃が徐々に進行しているのです。

    ■お肌のあらゆる場所でも、活性酸素を除去します
    高い抗酸化作用が見込めるビタミンCのほか、ビタミンC誘導体、ビタミンEなどを体内に吸収しても 活性酸素と結合してしまえば、効果は1回のみしか効力を発揮してくれません。

    ですが、白金ナノコロイドは24時間~26時間の間、活性酸素の除去をしれくれるのです。 これは、体内で合ってもお肌の外部からでも活性酸素を除去するチカラがあり、永続的な 抗酸化作用を発揮してくれるのです。

    こうしたことから、お肌のシミやシワ、たるみとの原因ともいえる活性酸素を除去することに よって、高いアンチエイジング効果を発揮してくれます。

    □まとめ 医療の分野でも活躍する「プラチナ」ですが、化粧品と組み合わせることで、10歳若返ることも 夢じゃありません!お肌の再生を手助けしてくれるとともに、若々しく健康的なお肌を作ってくれる 白金ナノコロイドが、今、注目されています(●´∀`)人(´∀`●)





    このページのトップへ