HOME > イアソー化粧品ブログ

適度な運動の、「適度」ってどのくらい?運動不足解消法は?

適度な運動の、「適度」ってどのくらい?運動不足解消法は?

運動不足が健康にも美容にもよくないことはわかっているけど、一体どれくらい運動したらいいの?と、思っていませんか?

実はアメリカの研究チームの興味深いデータがあるのです。それを元に、どのくらい運動すればいいか、ご紹介しましょう。

運動不足はなぜ悪い?

適度な運動の、「適度」ってどのくらい?運動不足解消法は?

そもそも、どうして運動不足がよくないのかわかりますか?睡眠や食欲と違って、わたしたちには「運動したい!」という欲求はあまりありません。
しかし、運動不足によって身体や心にまで大きな影響があるのです。具体的にはどんな悪影響があるのか挙げてみましょう。

・肥満
・慢性疲労
・体調不良
・肌荒れ
・便秘
・ストレス
・睡眠障害
・筋力低下
・血行不良
などがあります。

運動不足が続けば、深刻な健康被害も考えられますので、なんとかして解消したいですね。

アメリカ研究チームのデータ

米国の研究者たちは66万人以上のデータを1週間あたりの運動時間で分類して過去の死亡データと比較しました。

それによると、「全く運動しない」グループが一番寿命が短く、「推奨される運動量には足りないがいくらかは運動していた」グループは、「全く運動しない」グループに比べて20%も死亡リスクが少なかったそうです。

さらに、「週150分の運動をしていた」グループは、死亡リスクが31%も低く、運動は寿命にも大きく関わっていることがわかりますね。

ただ意外なことに、「週25時間以上(推奨の10倍以上)の運動をしている」グループは、週150分の運動を行っているグループの死亡率と変わらないことも判明。

やればやるほど良いという訳ではないようです。

1日30分のウォーキングがベスト!

適度な運動の、「適度」ってどのくらい?運動不足解消法は?

運動はやりすぎても怪我や身体を壊す原因ともなるそうです。

さて、適度な運動とはどのくらいか?という問題ですが、アメリカのデータから見ると「週150分の運動」というのがベストのようです。これを日常生活に組み込むと、「1日30分のウォーキングを週に5日間」というペースになります。

これならできそうですか?不調を感じているなら、毎日の通勤に「歩く」という要素を加えてみてはいかがでしょうか?

●ひとこと

運動不足は身体だけじゃなく、心にまで影響があるのですね!
1日30分、心がけたいですね!





明日から実行しよう!健康にいい朝習慣その②

舌

朝は、カラダの不調を改善する絶好の時間です。忙しい人でも、少しの時間さえあれば、できる健康習慣をシリーズでご紹介しますね^^

毎朝、鏡を見たら、あっかんべー!

体調によって変化する舌の「色」「大きさ」「厚み」「舌苔(ぜったい)」などで、自分の健康状態がわかるので、毎朝舌を鏡でチェックするだけでも、カラダの変化に気づきやすくなりますよ^^

理想の舌。

舌をチェックするにあたり、まずは理想的な舌について知りましょう。理想の舌の状態は、ピンクから淡い赤色をしており、薄くもなく、真ん中がふっくらとして、適度に弾力があること。うっすらと苔があることもポイントです。

女性は舌苔に注意!

病気でよく「舌を出して」といわれますよね?これは、東洋医学で「舌診(ぜっしん)」といって、内蔵の調子を舌で診ているのです。舌の状態は色、大きさ、厚み、舌苔で確認しますが、中でも女性に気をつけてほしいのが、舌苔。舌の苔と書く舌苔は、食べかすや口の中の細菌が舌に堆積したものです。

多くの口臭の原因とも言われているんですよ。

カラダの不調

舌苔から分かる、不調のいろいろ。

うっすらと白く覆われているだけなら健康的ですが、苔が生えたようにびっしりと分厚く、ときに黄色っぽいようなら問題ありですよ。白い舌苔は、糖質の摂り過ぎでカラダが冷えている証拠。糖質は控えましょう。

黄色い舌苔になっていると、胃に熱がこもっている可能性があるので、食事を減らし、胃を休ませるようにしてください。

舌の状態からわかる健康状態あれこれ。

舌苔だけではありません。その他にも、舌の色が紫なら、血行不良、色が薄いなら貧血気味。舌に歯形がついていると、むくみがあったり、疲労が溜まっている可能性があります。舌の大きさが、小さくて薄いなら、栄養不足や水分不足など、舌の状態からさまざまな健康状態がわかります。

食生活に気をつけるだけでも舌の状態はよくなります。気になる人は、舌ブラシを使って、舌苔をとることもできます。その際は、舌の粘膜を傷つけないように、起床時の1日1回を目安にしてくださいね!





凝り固まった心をほぐすことが、健康の第一歩

心

健康のベースになるものって何だと思いますか?バランスの良い食事をすること?運動をすること?実は、違います。それは、「想うこと、心で感じること」です。心に想うこと、感じることは、人間が生きるための原動力といってもいいでしょう。

心を健康な状態に保ち、爽やかでいることは、案外難しいもの。けれど、普段のちょっとしたクセに気付けば、結構改善されるものでもあります。今日は、そこのところをお話しますね!

「病は気から」は本当!?

どんなにカラダが健康でも、つねにストレスフルだったり、ひとつのことに執着しすぎたりしていると、遅かれ早かれカラダは不調となってしまいます。実際、イライラやけんかは興奮するので、交感神経の働きを高めてしまい、アドレナリンが分泌されて、血液が固まりやすい状態を生み出してしまいます。

すると、血流も悪くなり、様々な不調も出やすくなるのです。

イライラ

イライラの原因、いつも同じだったりしませんか?

ですから、カラダだけではなく、内面にも目を向けて、心の状態も良い状態にしておくように心がけたいですよね。それには、どうしたらよいのでしょう?例えば、いつも同じ理由で、パートナーや親とけんかをしていたり、仕事や人間関係で悩んだりしていませんか?

こうやって、イライラやストレスをためるのも心にはよくありません。

いつもと違う行動をしてみよう!

こうなることを防ぐには、まず自分の思考が同じところをグルグル回っていることに気づき、そのループを繰り返さないこと。「けんかになりそう!」と感じたら、その場を離れる。「トラブルになりそう!」と感じたら、思い切って誘いを断る。

などなど、いつもと同じパターンにはまらないように、そのパターンから外れてみることが大切です。 また、「絶対、○○だ」と決めつけてしまうと、いつもと同じ結論をまねいてしまうのも。短絡的に結論を出さず、ときには、別の方法を考えてみるのもありです。そう!意外と思考には偏りがあるんです。健康になりたいと願うだけでなく、まずは、行動してみましょう。

気づいた順でよいので、ひとつでもイライラの原因になっている自分のクセをなおしてみると、カラダと心が喜ぶのに気づくはずです。そうすると、世界が変わって見え、新しい自分とも出会えるかもしれませんよ^^





健康なカラダ作りに役立つ運動のポイント

運動

運動不足は、カラダによくないとよくききますが、なぜ運動することが大切なのかは、あまり考えたことがないという人もいると思います。今回のコラムで運動がカラダに良い理由を知って、明日からの健康づくりに役立ててください^^

ポイントは、血流にあり。

運動がカラダによい理由は、ズバリ、カラダを動かすと筋肉が働き、血流を促進してくれるから。逆に運動不足は、血流の悪い、冷えたカラダをつくり出してしまいます。

同じ運動の繰り返しは、NG。

けれど、毎回同じ運動を繰り返していると、不調や傷みの原因になってしまうことがあります。というのは、同じ動きばかりを繰り返すと、同じところだけに血液が流れてしまいがちになるからです。

さまざまな部位をまんべんなく動かそう!

同じ運動を繰り返していると、たしかに特定の部位だけは血流がよくなります。けれど、ほかの部位は血流が促進されず、滞ったままになってしまいますよね。ですから、大切なのは、偏らないこと。

ひとつの食材を食べ続けるだけでは、健康になれないのと同様、運動も決まった動きだけでは、全体の血流を改善することはできません。ポイントは、「いろんな動きをしてみる」「いつもとは違う動きを取り入れてみる」こと。

運動する視点を変えよう

いつもと視点を変えて行動してみる

ウォーキングをするときには、平坦な道ばかりでなく、時にはでこぼこした道を選んでみましょう。山道など、足もとが不安定になるところでは、筋肉が地面に合わせて、歩きながらバランスをとります。通勤時に最寄り駅の隣駅で降りて、歩いてみるのもいいですね。

全身を使うようになると、血流の滞っていたところに血液が流れるようになり、今まで気づかなかったカラダの使い方やクセ、ゆがみに気づくことができますよ。毎日、デスクワークばかりという人は、1時間に10分程度ストレッチを取り入れてみるなど、できることからトライしてみましょう!





肌のハリは皮膚のバリア機能を知ること

肌のハリ バリア機能

私たちの体内の水分が蒸発するのを防ぎ、不衛生なものが体内に入ってくるのを防止している表皮の役割を「表皮のバリア機能」と、呼んでいますね。そのバリアの要、「皮脂膜」と「角質層」はどのような仕組みになっているのでしょう?この2つの組織について、もう少し詳しくみてみましょう。

第1のバリア「皮脂膜」
皮脂膜は、私たちの肌の表面を覆う皮脂です。表皮のうえは、毛穴部分にある皮脂腺から分泌される油の皮脂が、膜をつくっています。これが、第1のバリアです。

第2のバリア「角質層」
次に、死んだ細胞の角質層について。角質自体はレンガのように物理的に硬い皮をつくり、物質の侵入を防ぎます。細胞が死ぬと中から出てくる内容物が、レンガの隙間を埋めるセメントのような役割を果たします。これが第2のバリアです。

角質層のバリア機能は水と油の性質を活かした優れもの

このセメントは拡大してみると、油の層と水の層が交互に重なっています。セラミドなどの「角質細胞間脂質」の油が水分子とともにバリア構造をつくっているのです。油の層が水溶性の物質の侵入を防ぎ、水の層が油溶性の物質の侵入を防いでいるのです。

水と油は相容れないもの。つまり、混ざることのないこの相反する性質を持った層が折り重なることで、強力なバリア機能を発揮しいているのです。

ハリの低下??

肌はそれ自体で、ハリを保ち、シワを防止できる!?

まとめると、角質には角質という硬い皮と、その間を埋める脂質の油と水の層があり、その角質層を皮脂膜という油が覆っているのです。

つまり、角質層と皮脂膜の両方で、外からの物質の侵入を防ぎ、体内の新生細胞(角質)の流出を防ぐという役割、バリア機能を維持しているのです。皮脂膜や角細胞間脂質も油のため、本来の皮膚は特に水溶性の物質をしっかりと防ぎます。肌はそれ自体で、ハリを保ち、シワを防止する機能をもっているんですよ!

ひとこと

さて、わたしたちの皮膚がどのようにして体を守り、その結果、肌が健康に保たれているかご理解いただけたと思います。この表皮のバリア機能を保ち続けることが、ひいては、わたしたちの肌を若々しく保つにことにつながるんですよ^^





このページのトップへ