HOME > イアソー化粧品ブログ

花粉って肌荒れの原因にもなるの?自分でできる対策は?

花粉って肌荒れの原因にもなるの?自分でできる対策は?

春は気分がウキウキしますが、花粉が飛び始める2月頃になると、辛くなるのが花粉症。
毎年「今年の花粉は〜」という言葉が飛び交っていますが、何か対策をしていますか?花粉は肌荒れの原因にもなってしまうので、美容の観点からも対策が必要です。

花粉による肌荒れ

花粉症の主な症状は、鼻水やくしゃみ、目のかゆみだとばかり思っていませんか?実は肌の乾燥や肌荒れも、花粉が原因のことがあります。そういえば春先だけ肌が荒れる、という人は、花粉による肌荒れかもしれません。

花粉は毛穴よりも小さく、肌に付着することでアレルギー反応を起こします。すると、かさついたりかゆくなったり、赤味や湿疹が出たりするのですね。すると肌のバリア機能はどんどん低下し、水分を保つことができずに乾燥肌も進んでしまうという訳なのです。

今からできる!花粉肌荒れ対策

花粉による肌荒れを予防、もしくはひどくさせないための対策はあるでしょうか?注意すべきポイントをご紹介しましょう。

◇油分の多いファンデーションは避ける

油分はベタベタしているので、花粉が付着しやすいうえに取れにくくなります。オイルフリーのものを使いましょう。



◇帰ったらすぐ洗顔!

花粉って肌荒れの原因にもなるの?自分でできる対策は?

お肌に付いた花粉は、できるだけすぐに洗い流しましょう。長時間肌につけたままだと、それだけダメージが大きくなります。ただし、洗顔はしっかり泡を立て、30℃程度のぬるま湯でやさしくおこなってください。



◇髪の花粉も要注意!

当然ですが、髪の毛にも花粉は付いています。髪は顔に触れることも多いので、できるだけ早く洗い流してください。すぐにシャンプーできない場合は、髪をまとめておきましょう。

◇お肌を強くする食事を心がける

わたしたちの肌は、食べたものでできています。内側から肌のバリア機能を高めてあげることも大切ですね。特にビタミンACE、タンパク質、亜鉛を摂ることを心がけてください。

◇とにかく保湿する!

花粉って肌荒れの原因にもなるの?自分でできる対策は?

乾燥肌に傾いてしまうので、保湿を心がけてください。ヒアルロン酸の配合された化粧品を選ぶといいでしょう。当社基礎化粧品トライアルセットでヒアルロン酸、白金ナノコロイド、EGFが配合され商品をお試しいただけます。

●ひとこと

花粉で肌が荒れていたなんて、驚きですよね!なぜか春先だけ肌が荒れるという人は、チェックしてみてくださいね!





冬から春のスキンケア。保湿第一、紫外線対策も!

冬から春のスキンケア。保湿第一、紫外線対策も!

冬にお肌が乾燥する人は多いでしょう。乾燥対策には何をしたら効果的でしょうか?また、冬には夏の5分の1になる紫外線でも、しっかり対策をしておかないと、数ヶ月後にツケが回ってきてしまいます。

それでは、冬から春へのスキンケアをご紹介します。

保湿には固まるタイプのパック

冬から春のスキンケア。保湿第一、紫外線対策も!

美容液をしっかり塗っていても乾燥を感じるなら、固まるタイプのパックがおすすめです。乾燥するとメイクののりも悪くなり、美容液も浸透しにくくなってしまいます。

現在パックの種類はシートパックですが、注意しないと余計にお肌が乾燥してしまいます。そこでオススメなのが固まるタイプのパック。密閉性が高く、水分の蒸発をしっかり防いでくれるだけでなく、うるおいを肌の奥まで届けてくれます。

できれば特別な日だけでなく、日常使いの習慣としてスキンケアに取り入れてみてくださいね!

乾燥していても紫外線対策は必要!

冬は紫外線も少ないしと、紫外線に対して防御がゆるくなっていませんか?夏の5分の1とはいえ、紫外線は冬でも降り注いでいます。何の対策もしていないと、乾燥してバリア機能の衰えた肌に、容赦なく紫外線が入り込み、ますます乾燥やシミ、シワ、くすみがひどくなってしまいます。

●ひとこと

冬から春の保湿対策と紫外線対策、いかがですか?両方をしっかり行うことで、春をピカピカのお肌で迎えられるのですね!





ヒアルロン酸の本当の役割を知っていますか?!

ヒアルロン酸の本当の役割を知っていますか?!

コラーゲンの上をいく美容成分として、一躍スターダムに上がった「ヒアルロン酸」ですが、難しい名前もなんのその、すっかり保湿の王道として定着していますね!

さて、そのヒアルロン酸、本当はどんな役割をしてくれているのでしょう?スポットを当ててみました。

ヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸は、1987年に関節炎の医薬品として承認されました。ヒアルロン酸を注射することで、関節炎の治療をするのですね。その他、皮膚科の分野でも、ケロイドなどの治療にヒアルロン酸が使われています。

さて、ヒアルロン酸とは、元々肌にも存在しており、多くの水分をため込んで、コラーゲンなど細胞と細胞の間でクッションのような役割を果たしています。

目の硝子体や関節、脳など全身にも存在しています。水分をため込む性質とクッションの役割で、肌にヒアルロン酸がたくさんあると、みずみずしくて弾力のあるお肌になるのですね。

ヒアルロン酸配合の化粧品は役に立つ?

ヒアルロン酸の本当の役割を知っていますか?!

ヒアルロン酸は、コラーゲンよりも大きな分子です。肌の表面から奥まで浸透できるサイズがゴルフボールくらいだとすれば、コラーゲンはなんと東京ドームほども大きく、ヒアルロン酸はそれを包むほどに大きいことになります。

つまり、化粧品で肌の表面にヒアルロン酸を塗っても、お肌の奥には届かないのです。塗ってもダメなら食べるとどうでしょう?

これも、コラーゲンと同じく腸の中で吸収されるために、アミノ酸に分解されてしまい、お肌へは届いてくれません。

しかし、ヒアルロン酸は、「水分を取り込む」という能力のため、肌に塗ると保湿効果が期待できるのです。塗っても食べても、肌の奥の本来ヒアルロン酸がある場所へ届けることはできません。

でも、スキンケアで塗ることで、保湿に最適な役割を果たしているのです。

保湿にはヒアルロン酸配合の化粧品を!

ヒアルロン酸の本当の役割を知っていますか?!

結論として、ヒアルロン酸は表面に塗ることで保湿力を発揮できるということですね!

冬に乾燥が気になる人や、夏でも紫外線によるダメージを防ぐため、保湿は欠かせません!ヒアルロン酸配合のスキンケアを選んでみてください。

当社「トライアルセット」でもお試しできますよ!気になる方はお問合せくださいね!

●ひとこと

ヒアルロン酸って、よく保湿に使われてるけど、水分をため込む性質があるんですね!
乾燥肌で困っているなら、ぜひ試してみましょう!





本当にその保湿化粧品に効果はある?確かめるには“ハーフサイドテスト”

 本当にその保湿化粧品に効果はある?確かめるには“ハーフサイドテスト”

いろんな情報があふれていますが、何を信用したらいいのか、何を使ったらいいのか、本当に効果が出ているのか、わからないまま使い続けていませんか?

そんな時は、“ハーフサイドテスト”をしてみましょう。使ってみなければ効果がわからない化粧品だからこそ、試してみたい方法です。

保湿力を見分けるには?

 本当にその保湿化粧品に効果はある?確かめるには“ハーフサイドテスト”

とろみがあって、濃度が高そうなものが保湿力が高いと思っていませんか?実は、お料理の片栗粉でとろみを付けるのと同じように、化粧品にも簡単に粘り気を出すことができるのです。

実際に成分表から濃度まではわかりませんし、メーカーも基本的には濃度を明かさないことが多いようです。

では、どうやって保湿力を確かめたらいいのでしょう?そんな時にぜひ行って欲しいのが“ハーフサイドテスト”です。

ハーフサイドテストとは?

文字通り、顔の半分側だけで確かめてみる方法です。保湿系商品は基礎化粧品なので、片方だけテストしても、極端に変化が現れることはありませんので、安心してください。
化粧品の保湿力が、自分に効果があるか試すのにとても有効な方法です。

 本当にその保湿化粧品に効果はある?確かめるには“ハーフサイドテスト”

【ハーフサイドテストのやり方】

①顔の左右どちらで行うかを決める。
②毎日、決めた方の半分だけに、テストしたい化粧品をつける。
③毎日、左右差を観察する。

※ただし、美白やシワ用化粧品などは、効果が出るまでに数年かかることもあるため、このテストには向きません。

テスト期間は、1〜2週間で見分けることができます。手で触った感触、見た目、自分で感じる乾燥の度合いなどをじっくり観察して、その化粧品が本当に肌の改善になっているのか、自分の肌に合っているのかを確かめてください。

フルルボローションは、それだけでも保湿力が高いものですが、化粧水や美容液に足して使うと、もっと効果を発揮します。ぜひ、ハーフサイドテストで、その実力を確かめてみてください。

●ひとこと

これはやってみる価値がありそうですね!

リピートするかどうかの判断材料にもできますね!





その保湿、間違っていませんか?!正しい保湿とは?

その保湿、間違っていませんか?!正しい保湿とは?

そもそも、うるおった肌って、どういう状態でしょうか?保湿が大切なことは知っていても、その方法が間違っていないでしょうか?

今回は、世間で間違って信じられている保湿の概念を覆し、正しい保湿をご紹介します。

あなたの保湿、間違ってない?

では、早速、あなたの実践している方法、保湿への考え方をチェックしてみましょう。

その保湿、間違っていませんか?!正しい保湿とは?

□乾燥を感じたら、とにかくたっぷり化粧水をつけている
□化粧水をシートマスクやコットンでパックしている
□化粧水の後は、蒸発しないようにクリームでフタをしている
□皮脂が多くてニキビ肌なので、保湿はしていない
□洗顔料はしっとりタイプを使っている

あなたはいくつチェックがありましたか? 実はこれ、全部間違いなのです!

間違った考え方やスキンケアによって、余計に乾燥肌になったりする危険性があります。正しい保湿とは何かを覚えてください。

正しい保湿とは?

読んで字のごとく「湿度を保つ」のが保湿ですが、なんとなく肌の表面がしっとりしていれば保湿されていると思い込んでいませんか?

肌の角層には約20〜30%の水分が含まれています。これが20%以下になると「乾燥肌」となり、外気が乾燥すると角層の水分が蒸発しやすくなるのです。しかしながら、化粧水で水分を与えても蒸発するばかり、クリームでフタをしても水分はすき間から蒸発します。

本当の保湿とは、体の外側から水分を取り入れることではありません。現に、水は肌にしみ込みませんよね。しみ込むとするなら、お風呂に浸かれないことになってしまいます。

つまり、本物の保湿とは、「身体の内側からわき上がる水分を、肌の中に保つようにすること」なのです。

どうすればいいの?

その保湿、間違っていませんか?!正しい保湿とは?

化粧水より、セラミドやヒアルロン酸が配合された「美容液」を使いましょう。

肌が自分で保湿物質をつくり、角層の中に水を溜めておける肌が、いわゆる「うるおった肌」であり、ちゃんと保湿物質がはたらいているお肌は、たとえ外気の湿度が0%になったとしても、水分が蒸発することはありません。保湿するなら美容液!

そして、その成分にもこだわって選びましょう。フルルボローションは、ヒアルロン酸やフルボエキスが配合された、無添加万能ローションです。

●ひとこと

今までの保湿が間違っていたなんて、衝撃です!
これから乾燥する季節、正しいスキンケアでうるおった肌を目指したいですね!





このページのトップへ