HOME > イアソー化粧品ブログ

生理前ニキビをなんとかしたい!ケアの仕方は?

生理前ニキビをなんとかしたい!ケアの仕方は?

生理の周期によってお肌のトラブルを起こす女性は多いですね。むくんで足がパンパンになったり、必ずニキビができたりと、マイナートラブルは避けたいものです。
女性ホルモンのメカニズムと、生理前トラブルの対処法をご紹介いたします。

どうして生理前にトラブルが?

女性ホルモンは2種類あり、ひとつは生理前に分泌される「プロゲステロン」、もうひとつは生理後から排卵前に分泌される「エストロゲン」です。

エストロゲンが肌をみずみずしくうるおし、コラーゲンを増やしたりしてお肌の調子を整えるのに対し、プロゲステロンは皮脂分泌を増やしてしまうのです。

そのため、生理前になるとニキビができてしまうのですね。さらに、シミができやすくなったり、むくみや精神的なイライラをもたらすとも言われています。

“黄体期”を乗り越えよう

生理前ニキビをなんとかしたい!ケアの仕方は?

「黄体期」とは、排卵後から生理前までのプロゲステロンが分泌される時期のこと。

この時期のお肌は、いつもより敏感になります。なんとなく調子が悪いと感じているなら、無理は禁物です。いつもより睡眠をたくさんとり、自分をいたわってあげましょう。

お肌が敏感なため、マッサージなどの積極的なスキンケアは避け、シンプルなケアにした方がベター。エステなどには、生理後に行くとより効果がアップします。

黄体期のニキビケア

生理!ケアの仕方は?

生理前ニキビは、皮脂の分泌を増やすプロゲステロンが関係しているので、気をつけるべきは洗顔です。

敏感な時期なので、刺激の強くない洗顔フォームなどでしっかり皮脂を落とし、オイルやクリームなど油分の多いスキンケアは避けた方がよいでしょう。

しかしながら、乾燥もニキビの原因となるので、美容液などでしっかりと保湿してくださいね。

●ひとこと

女性ホルモンは、身体やお肌だけでなく、心にも影響を与えますよね!
周期のメカニズムを知り、乗り越えていきましょう!





梅雨の時期に多くなる肌トラブルと、その対処法とは?

梅雨の時期に多くなる肌トラブルと、その対処法とは?

雨が大好き!という人はあまり見かけませんが、実は梅雨って、湿度が高くてお肌にとってはいい環境なのです。
ただし、この時期ならではの肌トラブルが起こるのも事実。梅雨に気をつけたい肌トラブルと、対処法をご紹介します。

うっかり日焼け

梅雨の時期に多くなる肌トラブルと、その対処法とは?

つい忘れがちですが、くもりの日でも紫外線は降り注いでいます。その量は、真夏と同程度。もちろん雨が降っていても紫外線は届いています。紫外線は、水分を通過するからです。

ちなみに、晴れた日の紫外線量を100とすると、薄曇りで90、くもりで50〜80、雨30程度は地上に届いているのですね。

厚い雲を通してさらにお肌に届く紫外線は、肌の奥の真皮にまで到達します。雨やくもりでも、日焼け止めやファンデーションでしっかり日焼け対策しましょう。

ニキビができやすい

梅雨の時期にニキビができるという人、いませんか?

気温の上昇とともに皮脂の分泌が多くなり、汗もかくのに、梅雨は湿度が高いため、その汗が蒸発しにくくなります。肌表面の汗が乾きにくいため、ベタつきやすく、汚れや皮脂が毛穴に詰まりやすくなってしまいます。

そうなると、ニキビの原因となるアクネ菌が繁殖する好条件となってしまい、ニキビができやすくなるという訳。 朝夕の洗顔を丁寧におこない、十分に保湿しましょう。

顔色が悪い、くすみ

梅雨の時期に多くなる肌トラブルと、その対処法とは?

初夏とはいえ、雨が続くと気温も上がらず朝晩は肌寒く感じることもあります。気温の差が激しく、急に寒くなると血管も急に縮まり、その結果血液の循環が悪くなってしまいます。血行が悪いと顔色がさえないということになり、さらには肌のターンオーバーまで乱れてしまうために「くすみ」として表れてしまうのです。

対策としては、毎日湯船に浸かったり、ウォーキングなどの軽い運動をして血行をよくするといいでしょう。リンパを刺激してスムーズに流してあげるのも効果的ですよ!

●ひとこと

梅雨ならではの肌トラブルってあるのですね!
気にしたことなかったという人も、やってみてはいかがでしょうか?





毛穴が気になる!タイプ別・原因別の毛穴ケアとは?

毛穴が気になる!タイプ別・原因別の毛穴ケアとは?

毛穴を気にしている人は、意外に多いものです。間違ったケアで余計に毛穴が開いたり、炎症を起こしたりすることもあるので、自分の毛穴がどんなタイプなのか、原因は何なのかを知った上で、マッチしたケアをしましょう。

毛穴が目立つ3つの原因

毛穴が目立つのは、主に3つの原因があります。

1.遺伝

元々毛穴が大きい体質というのがあるようです。遺伝的に男性ホルモンが多い人は皮脂が多く、毛穴が開いたり、ニキビができやすくなります。

毛穴が気になる!タイプ別・原因別の毛穴ケアとは?

2.詰まった角栓

皮脂と角質が混ざることで、毛穴をふさいでしまうことがあります。イチゴ毛穴と呼ばれるのがこれにあたり、これもやはり体質的なもののようです。

3.加齢によるたるみ

年齢を重ねるとコラーゲンが減少し、頬の毛穴がゆるんで広がってしまいます。水の滴のように、下に膨らんだ毛穴の形状がこのタイプ。早い人は20代後半から見られることも。

タイプ別の毛穴ケア

それでは、タイプ別にケアの仕方を見ていきましょう。

1.遺伝

男性ホルモンの分泌をコントロールすることは難しいのですが、油っこいものの食べ過ぎや睡眠不足はさらに皮脂を増やすことになってしまうので、生活習慣に気をつけましょう。

2.詰まった角栓

毛穴が気になる!タイプ別・原因別の毛穴ケアとは?

はがすタイプの毛穴パックは、皮膚まで奪ってしまうほど強力で、やりすぎると毛穴が余計に広がってしまいます。角栓をいくら取っても毛穴自体が小さくなることはないので、ご使用はお勧めできません。 3.加齢によるたるみ ビタミンC誘導体配合の化粧品を使い、コラーゲンを増やすケアをしましょう。

●ひとこと

自分で毛穴を気にするあまり、実は何も詰まっていないのに「毛穴が詰まっている」と感じている人が多いようです。

毛穴は「穴」なので、元々黒く見えるということを忘れないで、間違ったケアをしないように気をつけましょう。

こすりすぎは逆に毛穴を広げてしまいますので、要注意です!





敏感肌なのにニキビもできる!その原因と対策法とは?

敏感肌なのにニキビもできる!その原因と対策法とは?

敏感肌というだけでも大きな悩みなのに、その上ニキビまで!
どうにかしたいけど、原因を知らずにやみくもにケアを替えてもかえって悪化するかもしれません。

敏感肌で乾燥しているはずなのに、どうしてニキビができるのか、原因を知り、対策方を考えましょう。

敏感肌なのにニキビができる訳

敏感肌なのにニキビもできる!その原因と対策法とは?

敏感肌の人は、肌のバリア機能が弱まっています。肌の一番外側である角層が乾燥しているため、それを補おうと皮脂の分泌量が増えてしまいます。
しかし、ターンオーバーが乱れているので角質の代謝がうまくいかず、分泌腺を角栓で塞いでしまうことになり、毛穴の中に溜まった皮脂がニキビになってしまうのです。

また、敏感肌の人は、自分で自分の皮脂にアレルギーが出てしまう場合があり、こうなるとかなり治りにくくなってしまいます。あまりに治らない場合は皮膚科を受診してみましょう。

ニキビの見分け方

同じニキビでも、普通に大人ニキビができているのか、敏感肌からニキビができているのか区別はつきません。そこで、大人ニキビのメカニズムを知ることで、区別してみましょう。

ヒトは交感神経が優位にある時、つまり緊張状態やがんばらないといけない状況の時が続くと、男性ホルモンの分泌が増えます。すると皮脂が過剰に分泌され、主にフェイスライン、口のまわりなどに集中してニキビができやすくなります。

これが主な大人ニキビのメカニズムです。

すべてのニキビにはアクネ菌が関与していますから、アクネ菌がエサにする皮脂を必要以上に出さず、溜めないようにすることが大切です。

敏感肌の人のニキビケア

敏感肌なのにニキビもできる!その原因と対策法とは?

敏感肌でニキビができる人は、普段は脂性肌ケアを行いましょう。しかし、ニキビは乾燥することによってできやすくなるため、皮脂を取ろうと洗顔をしすぎたり、ゴシゴシこすってバリア機能を弱めるともっと皮脂が出やすくなります。落としすぎず、保湿を心がけることが大切です。ビタミンC誘導体配合のスキンケアも有効ですよ。

また、睡眠不足や喫煙、食生活の乱れなど、交感神経を優位にする生活習慣の見直しも大切です。リラックスできる時間を作り、副交感神経を優位にしてあげてくださいね。


当社のトライアルセットにもニキビに有効なスキンケア商品が入っています。ぜひ試してみてください!

●ひとこと

敏感肌とニキビって、縁遠い気がしてたけど、実は密接に関係していたのですね!
副交感神経優位にしてあげて、適切なスキンケアをしましょう!





凹んでしまったニキビ跡、EGFであきらめない!

凹んでしまったニキビ跡、EGFであきらめない!

ニキビ自体は治っても、ニキビの跡が凹んでしまってクレーターのようになってしまった……。

もう治らないと、あきらめていませんか?ノーベル賞も受賞した「EGF」なら、お肌に穴が開いたようなニキビ跡でも、希望が持てるのです!

EGFがニキビ跡修復に、明るい光を与える理由を、ご説明しましょう。

ニキビ跡ってどうしてできるの?

凹んでしまったニキビ跡、EGFであきらめない!

お肌に穴が開いたような、窪んでしまったニキビ跡は、レーザー治療などを受けても完治は難しいのだそう。
これは、ニキビができた時に、炎症によって表皮だけでなく、深い部分の真皮の細胞までが破壊され、ターンオーバーでは肌が再生できないからです。

約28日の周期で生まれ変わるターンオーバーは、真皮の上の表皮で行われる代謝だから、真皮の組織が破壊されていると、肌が生まれ変わることができないのですね。

上皮細胞増殖因子=EGFって何?

元々は角膜移植や皮膚移植などの医療現場で使われてきたもので、皮膚細胞を分裂させる役割があると言われています。
つまり、皮膚を修復して再生する作用があるというのですね。

医療でも使われてきたノーベル医学生理学賞を受賞した成分なので、以前は超高級品でしたが、長年の研究開発により化粧品にも使えるようなコストになりました。

海外での様々な医学データでもその効果は実証されており、肌の再生に大きな期待が持てますね。

EGFはエイジングにも期待!

凹んでしまったニキビ跡、EGFであきらめない!

EGFは、皮膚細胞の分裂を促進させる役割があるのですから、ニキビや火傷などで負った傷の修復にも期待ができますが、老化した皮膚でも新生細胞の成長が改善されるというデータがあるそうです。エイジングケアに力を入れたい人にも朗報ですね!

当社でもEGFを配合したエッセンスが、お客さまに大好評をいただいております。お手軽な「基礎化粧品トライアルセット」もご用意しておりますので、どうぞお試しになってくださいね。

●ひとこと

ニキビ跡、もう治らないと思っていた方へは本当に朗報ですね!

エイジングケアにもなるなら一石二鳥!ぜひお試しください!





このページのトップへ