HOME > イアソー化粧品ブログ

夏は実は太りやすい?夏のダイエットの落とし穴とは?

夏は実は太りやすい?夏のダイエットの落とし穴とは?

夏は露出の多いファッションになるため、一番痩せていたい季節ですよね。
暑くてたくさん汗もかくし、食欲も落ちるし、夏は痩せるチャンス!と思っていたのに、なぜか太る…、ということがありませんか?

実は夏には太りやすいカラクリがあったのです。

なぜ夏に太りやすいの?

夏は実は太りやすい?夏のダイエットの落とし穴とは?

イメージとして、夏はエネルギーをたくさん消費しているように感じていませんか?実はその逆で、夏は基礎代謝が低下してしまうのです。

気温が高いため、体温を維持するためにエネルギーを使わずともよく、しかも汗をかきたくない、日光を避けたいというために運動不足になりがちなのです。

食欲は落ちても、冷たいものや食べやすいものばかり食べることで栄養が偏るのも、痩せにくくなってしまう原因です。

夏のダイエットの注意点

もう一つ、夏にダイエットするなら注意すべきことがあります。それは、塩分不足。汗をたくさんかけば、むくみも取れて体重も落ち、見た目にも変わります。

ただし、水分が抜けただけでまだ脂肪が落ちたとは言えない場合も。とにかく汗をかけばいいという方法では、いくら水分を補給しても、体内の塩分濃度は下がってしまいます。

塩分不足になると、めまいや吐き気、手が震える、倦怠感などの症状が出てしまうので、体調がおかしいと感じたら、スポーツドリンクなどで塩分とミネラルを補給しましょう。

夏に最適のダイエットとは?

夏は実は太りやすい?夏のダイエットの落とし穴とは?

結局、運動が一番新陳代謝があがります。とはいっても、激しい運動はおすすめできないので、夕方や早朝のウォーキングがいいでしょう。ヨガもおすすめです。

また、冷たい飲み物や食べ物はできるだけ控えて、身体は冷やさないこと。お風呂もシャワーで済まさず、なるべく湯船に浸かるようにしましょう。

汗をかいたら、こまめに水分と塩分を補給することも忘れずに!

また、バランスのよい食事と質の高い睡眠も、ダイエットの強い味方です。生活習慣から気をつけてみるといいですね。

●ひとこと

夏って意外にも太りやすい季節なのですね!塩分不足には注意して、がんばりすぎは禁物ですよ!





あなたは大丈夫?健康に気をつけすぎて陥る「オルトレキシア」

あなたは大丈夫?健康に気をつけすぎて陥る「オルトレキシア」

オルトレキシア」という言葉を聞いたことがありますか?

いろんな情報が溢れる現代ならではの病気なのかもしれません。普段から健康や美容に気をつけている人ほど危険という「オルトレキシア」。一体、どんな病気なのでしょうか?

オルトレキシアとは?

あなたは大丈夫?健康に気をつけすぎて陥る「オルトレキシア」

オルトレキシアとは、ダイエットや健康に気をつける余り、食べるものがない!という強迫観念に陥ってしまうことです。
とりわけ、健康食やスーパーフードに詳しく、こだわりの強い人ほど食事ができなくなるというのは皮肉なものです。

知ることは良いことであるはずなのに、知ることによって何も食べられなくなる、最終的には有機栽培された野菜しか口にできなくなる人もいるようです。

これは飽食の時代だからこそ起きる新たな摂食障害のひとつとして、警鐘が鳴らされています。

あなたは大丈夫?オルトレキシア度チェック

それでは、あなたがオルトレキシアでないかどうか、チェックしてみましょう。当てはまるものがいくつありますか?

□「正しい」「完璧な」食事を守るため、食べない食品がある
□出された食事が、どのように調理されたかひどく心配
□自分の食事ルールを守れないので、外での食事は避ける
□食事制限をしない人を見ると、批判したくなる
□献立や食材選びに、1日3時間以上かけている
□理想の食事ができないと、罪悪感をおぼえる
□「正しい食事」で満足している
□食事が「おいしい」ことより、栄養価を気にする

上記のうち、4つ以上当てはまるなら、オルトレキシア度が高めです。
もし不安に感じた場合は、摂食障害の専門カウンセラーに相談することをおすすめします。

健康オタクもほどほどに

あなたは大丈夫?健康に気をつけすぎて陥る「オルトレキシア」

たとえ良いことであっても、行き過ぎると病気になり得るということですね!ポイントは「こうじゃなきゃダメ!」という強迫観念にあると思われます。

美容に関しても同じことが言えますが、○○がダメ、○○が悪いという、あふれかえる負の情報に振り回されない、ゆったりとした気持ちの持ち方と、どっしりとした芯のある自分を持っていることが大切です。

健康も美容も、元気であることが第一であることを忘れないでくださいね!

●ひとこと

「オルトレキシア」って、新しいタイプの摂食障害だったのですね!
潔癖症や完璧主義に似ている気がします。なにごとも、バランス感覚は大切ですね!





糖質制限って本当に効果あるの?正しいやり方は?

糖質制限って本当に効果あるの?正しいやり方は?

糖質は必要だと言う人もいれば、糖質がまるで悪者みたいにダイエットの敵!と言う人もいて、一体何を信じたらいいかわからなくなりませんか?糖質のことを正しく知って、芯から美しいスマート体型を目指しましょう。

糖質摂取量のチェック!

まずは、自分の身体には1日にどれだけ糖質が必要か知っておきましょう。この基本量を守れば、糖質をすべてカットする必要はありません。その計算方法は、

◇1日の糖質摂取量=体重(kg) × 1g

つまり、体重が50kgの人なら、50gということになります。これ以上糖質を摂ってしまうと、なかなかダイエットが成功しないということになってしまいます。
自己流でなんとなく糖質を抜いている……という人は、この糖質摂取量を守るようにしましょう。

糖質を多く含む食品

糖質制限って本当に効果あるの?正しいやり方は?

1日の糖質摂取量がわかったところで、糖質が気になる食品をあげておきます。自分の摂取量が50gだとしても、ごはん50gしか食べてはいけないということではないので、間違わないようにしてくださいね!

・ごはん(精米)1杯(150g)→55.2g
・食パン6枚切1枚(60g)→26.8g
・うどん1玉(250g)→52.0g
・そば1玉(170g)→40.8g
・パスタ(乾)1人分(80g)→55.6g
・小麦粉大さじ1(9g)→6.6g
・じゃがいも1/2個(60g)→9.8g
・牛ヒレ肉(100g)→0.5g
・豚肉(100g)→0.1g
・コーラ(500ml)→56.5g
・ポカリスエット(500ml)→31.0g
・アーモンド35粒(50g)→4.7g

タンパク質と脂質も必要

糖質制限って本当に効果あるの?正しいやり方は?

糖質を制限しても、タンパク質と脂質が不足していればダイエット効果が発揮されません。タンパク質と脂質摂取量の目安は両方とも同じで、

◇タンパク質&脂質摂取量の目安=体重(kg) ×1〜1.5g

ということになります。体重が50kgの人なら、50〜75gです。糖質を制限しつつ、タンパク質と脂質も基本摂取量を守った食事を摂ると、栄養バランスのよい、健康的なスローダイエットになります。

また、糖質は朝、特に起きてから30分以内に摂ると、脂肪になりにくくなります。ごはんを食べるなら、朝食が最適です。

●ひとこと

糖質制限ってよく耳にしますが、ただ炭水化物を抜けばいいワケではないのですね!
摂取量を守れば糖質も摂っていいのだから、ダイエットも続きそうですね!





あなたは何度開脚できる?痩せない理由は硬い身体かも!

あなたは何度開脚できる?痩せない理由は硬い身体かも!

床に座り足を左右に広げた時、どのくらいの角度がありますか?理想は180度開くことですが、120度以下ならかなり硬いかも。
一見関係ないようでも、身体の柔軟さはダイエットと深くつながっています。

なかなか痩せない理由は、身体の硬さにあるのかもしれません!

身体が硬いと痩せにくいの?

あなたは何度開脚できる?痩せない理由は硬い身体かも!

身体が硬い=筋肉の柔軟性がない、ということです。つまり、筋肉が伸びにくく運動能力が低下してしまうのですね。そうすると、新陳代謝も血液の流れも悪くなります。

筋肉が脂肪を燃やすことはよく知られていることですが、代謝が悪くなっているために、ますます脂肪を燃やせなくなり、汗もかけず、身体が冷えるというような悪循環に陥ってしまうのです。

柔軟な身体づくりは、筋肉を柔らかくするためにもとても大切なことなのです。

どうすれば柔らかくなるの?

一番いいのは、日常生活にストレッチを取り入れること。たった5分といえど、どこかで時間を取ってやるのは続かないので、日常生活で自然にできることをやりましょう。

①お風呂に浸かる

いつもシャワーで済ませていませんか?お肌のためにも、柔軟性のためにも、湯船に浸かることはとても意味があります。身体を芯から温めることで、汗をかき、老廃物を追い出すとともに、血液の循環がよくなります。
温めると筋肉も柔らかくなるので、ストレッチした時に伸びやすくなります。

②身体を拭きながらストレッチ

あなたは何度開脚できる?痩せない理由は硬い身体かも!

お風呂にしっかり浸かったら、タオルで身体を拭きながらストレッチします。背中を拭く時、タオルを棒のようにして両手で両端を持ち、右に行く時は右手を、左に行く時は左手を、しっかり伸びていることを意識して。肩甲骨がはっきり背中に出るくらい伸ばしましょう。

足を拭く時は、出来れば洗面台など腰の高さくらいに片足を置きます。この時、片足で立っている方も、台に乗せている方の足もひざが曲がらないようにします。この状態で足を拭きます。特にハムストリングス(腿の裏側)が伸びていることを意識して行ってください。

●ひとこと

本当に、毎日の生活の中に取り入れられるストレッチ方でしたね!お風呂に浸かることを習慣にして、身体を拭く時にストレッチを意識してみましょう!





ダイエット中なのに飲みすぎた!翌日に行うリカバリー法とは?

ダイエット中なのに飲みすぎた!翌日に行うリカバリー法とは?

ダイエット中は食事バランスに気をつけて、お酒も控えたりしてストイックな生活になりがちです。ついつい飲み会ではじけてしまって、飲みすぎたり食べ過ぎたりしてしまうことも。

翌朝体重計に乗って大後悔!なんてことになったら、試してみたい対処法があります。

ダイエット中の飲み会、その前に!

ダイエット中なのに飲みすぎた!翌日に行うリカバリー法とは?

せっかく自炊して規則正しい生活をし、ダイエットで数キロ痩せたのに、飲み会で体重が1キロ増えた!なんて悲しいですね。でもダイエット中でも飲み会はあるし友人とも会いたいもの。

翌日後悔するその前に、ダイエット中の飲み会では、お酒と一緒に水やお茶を飲みましょう。アルコールはトイレが近くなりますが、これは分解される段階で水分を多く使っているということ。もちろん体内は水分不足になりますので、水分を一緒に摂って分解を促しましょう。

飲みすぎ・食べ過ぎた翌日の対処方法

飲み会の翌日の体重は、塩分の多いものを食べたり、水分を多く摂ったりしているため、むくみであることが多いもの。食べた分の糖分は、体脂肪となって体重計に現れるのは約2週間後なのです。つまり、むくみを解消して、過剰に摂ってしまった糖分を消費すればリカバリーできます。

①朝食は水分をしっかり補給

無理に抜く必要はありませんが、食欲がなければ食べなくてもOK。水分だけはしっかり摂りましょう。トマトジュースやしじみ汁など、固形物を食べないのがおすすめです。

②ランチ軽め、夜は和食

ダイエット中なのに飲みすぎた!翌日に行うリカバリー法とは?

お昼になって流石にお腹が空いても、昨夜伸びてしまった胃はまだ元の大きさに戻っていません。できればサラダだけと水分など、軽めがいいでしょう。
夕食には青魚を中心とした和食を。オメガ3脂肪酸が脂肪の代謝を促してくれます。

③お風呂に浸かる

飲んだその日は、血液中の水分が汗をかくことで濃くなってしまうため、入浴はしない方がいいのですが、翌日は確実にむくみをとるためにお風呂に浸かりましょう。ぬるめのお湯にゆったりと浸かり、足のリンパをマッサージするなどすると、むくみを早くとることができます。

●ひとこと

なるほど!飲んだ翌日の体重増加は水分によるむくみなんですね!
対処法を知っていれば、ダイエット中の飲み会も怖くないかも。ただし、続けるとリカバリーできなくなりますよ。





このページのトップへ