HOME > イアソー化粧品ブログ

間違ったケアが敏感肌をまねく?正しいケア方法 

間違ったケアが敏感肌をまねく?正しいケア方法

自分は敏感肌だと思っている人は、実に70%近くもいるそうです。間違ったスキンケアによって、自分で敏感肌にしてしまっている人もいるのです。
敏感肌だと自覚しているならなおさら、正しいケアの方法でお肌をいたわりましょう。

敏感肌の原因とは?

もともとアレルギー体質であるなど、生まれつきの体質の場合もありますが、化粧品にかぶれやすかったり、少しこすれると赤くなったりする敏感肌は、どうして起こるのでしょう?

いろんな原因が考えられますが、年齢とともに肌トラブルが多くなった、敏感肌になったと感じるなら、肌のセラミド不足かもしれません。セラミドとは肌の内部で水分を保持する保湿成分です。
これが不足すると、肌が乾燥するだけでなく、外部からの刺激から肌を守るバリア機能が低下してしまうのです。

敏感肌のNG

間違ったケアが敏感肌をまねく?正しいケア方法

敏感肌の人がやってはいけないスキンケアやメイクは、洗浄力の強すぎるクレンジング、日焼け止め、リキッドファンデーションなどです。良かれと思って長年これらを使い続けると、普通肌だったのに敏感肌になってしまう可能性さえあるのです。

何がいけないかというと、乾燥を招くことです。一見保湿に良さそうなリキッドファンデーションですが、使ってみて乾燥を感じるようなら一旦中止してみましょう。

敏感肌の正しいケア方法

間違ったケアが敏感肌をまねく?正しいケア方法

とにかく保湿をします。敏感肌はバリア機能が弱っているので、そのためには保湿が第一歩です。セラミドやヒアルロン酸入りの化粧品を使いましょう。

クレンジングは、オイルやリキッドタイプだと洗浄力が強すぎるので、クリームタイプのクレンジングがおすすめです。肌をこすらないよう、やさしく洗いましょう。ファンデーションはリキッドやクリームタイプは水分を含むため、界面活性剤が入っているのです。肌への刺激も強く、バリア機能も奪ってしまうため、パウダータイプがベストです。

●ひとこと

リキッドファンデーションで乾燥するとは意外ですよね!

敏感肌の方は、クレンジングやファンデーションを見直してみましょう!





シワの原因は乾燥じゃない?春のケアはコラーゲンを増やす!

シワの原因は乾燥じゃない?春のケアはコラーゲンを増やす!

目元の小ジワ、乾燥のせいだと勘違いしていませんか?

確かに乾燥すると肌の表面にシワが寄りますが、実は根本的な解決は乾燥予防ではないのです。シワの原因と改善策をご紹介します。

シワの原因とは?

紫外線や乾燥は、確かにシワの原因のひとつですが、多くの女性が気になるシワは加齢によるものです。加齢によって肌の奥の方の真皮にあるコラーゲンが減ってしまい、肌のスプリング構造がへたってしまうのです。

ベッドでもスプリングがへたると膨らまなくなり、凹みますよね。それと同じことが、肌の奥で起きていて、肌表面にシワとなって現れてしまうのです。

シワの見分け方

シワの原因は乾燥じゃない?春のケアはコラーゲンを増やす!

深いシワは、コラーゲン減少によるものですが、まだ浅い小ジワなら、保湿すれば薄くなるのでしょうか?真皮からのシワか、表面だけのシワかを見分けるには、入浴後にチェックしてみましょう。

入浴後(湯船に浸かる)に鏡を見て、消えているシワがあれば乾燥によるシワです。一般に、ちりめんじわと呼ばれるものですね。それらは、肌表面を保湿することでかなり改善するでしょう。ヒアルロン酸やセラミド配合の美容液が効果的です。

コラーゲンを増やすには?

シワの原因は乾燥じゃない?春のケアはコラーゲンを増やす!

コラーゲンは、食べても飲んでも増えません!コラーゲンはタンパク質の一種なので、口から入れても消化されてアミノ酸となり、小腸から吸収されるのです。直接肌に塗っても、コラーゲンは分子が大きく肌の奥には浸透しません。

では、どうしたらいいのでしょうか?

それは、コラーゲンを増やす成分が配合された化粧品を使うことです。その成分の代表的なものは、ビタミンC誘導体、ナイアシン、レチノールなどです。これらの配合された化粧品でスキンケアをしましょう。
当社の製品にもアスコルビン酸Naやヒアルロン酸入りのものがあります。トライアルセットからお試しくださいね!

●ひとこと

シワの原因が加齢によるものだったなんてショックですね!
コラーゲンを増やすようなスキンケアをしましょう!





冬から春のスキンケア。保湿第一、紫外線対策も!

冬から春のスキンケア。保湿第一、紫外線対策も!

冬にお肌が乾燥する人は多いでしょう。乾燥対策には何をしたら効果的でしょうか?また、冬には夏の5分の1になる紫外線でも、しっかり対策をしておかないと、数ヶ月後にツケが回ってきてしまいます。

それでは、冬から春へのスキンケアをご紹介します。

保湿には固まるタイプのパック

冬から春のスキンケア。保湿第一、紫外線対策も!

美容液をしっかり塗っていても乾燥を感じるなら、固まるタイプのパックがおすすめです。乾燥するとメイクののりも悪くなり、美容液も浸透しにくくなってしまいます。

現在パックの種類はシートパックですが、注意しないと余計にお肌が乾燥してしまいます。そこでオススメなのが固まるタイプのパック。密閉性が高く、水分の蒸発をしっかり防いでくれるだけでなく、うるおいを肌の奥まで届けてくれます。

できれば特別な日だけでなく、日常使いの習慣としてスキンケアに取り入れてみてくださいね!

乾燥していても紫外線対策は必要!

冬は紫外線も少ないしと、紫外線に対して防御がゆるくなっていませんか?夏の5分の1とはいえ、紫外線は冬でも降り注いでいます。何の対策もしていないと、乾燥してバリア機能の衰えた肌に、容赦なく紫外線が入り込み、ますます乾燥やシミ、シワ、くすみがひどくなってしまいます。

●ひとこと

冬から春の保湿対策と紫外線対策、いかがですか?両方をしっかり行うことで、春をピカピカのお肌で迎えられるのですね!





猛暑に勝つ!夏の美容で気をつける点3つ

猛暑に勝つ!夏の美容で気をつける点3つ

とにかく暑い日が続くと、お出かけも控えめにしがちですが、それでも海やプールに行きたい!というのも、夏ですよね!

そんな夏のスキンケア、実は間違っているところが結構あるんです。夏の美容で気をつけたいポイントをご紹介します。

①サッパリ系のスキンケア

夏はなんだかベタつくと、勝手に思っていませんか?確かに汗をかくと汗の成分のせいでベタベタすると感じますが、実はお肌はエアコンで乾燥していることがほとんど。

乾燥しているお肌に、サッパリ系のスキンケアでは、保湿がまったく追いついていません。それどころか、さらに熱を帯びて乾燥が進行してしまいます。夏こそ、お肌の乾燥をしっかり見極めて、保湿しましょう。

②あぶらとり紙の使いすぎ

猛暑に勝つ!夏の美容で気をつける点3つ

夏は汗をかくので、化粧崩れもしやすくテカりやすいですよね。

しかし、あぶらとり紙を頻繁に使って皮脂をとっていると、お肌は「皮脂が足りない」と勘違いして、余計に皮脂を出してしまうのです。

皮脂が気になる時は、ティッシュで軽く抑える程度にしましょう。

汗の成分は、ほとんどが水ですが、あとは塩化ナトリウム(塩分)が0.6%、その他は微量の尿素、塩素、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルで、油分はほとんどありません。

③日焼け止めを直前に塗る

猛暑に勝つ!夏の美容で気をつける点3つ

紫外線対策として、ちゃんと日焼け止めを塗っています!と思うでしょうが、実はきちんと塗らないと意味をなしません。

ひとつ目は量。

特に表示がない場合は500円玉大の量を1回として、顔にしっかり丁寧に塗りましょう。

ふたつ目は塗るタイミングです。

出かける直前では、充分に日焼け止めの効力を発揮できません。
少なくとも、30分前には塗って肌になじませましょう。また、いくら予防したいからといって、毎日SPF値の高いものを使うと肌に大きく負担をかけてしまいます。

お買い物など日常のお出かけならSPF20〜30で充分です。海やレジャーに行く時だけSPF50のものを使うなど、使い分けましょう。

●ひとこと

夏のスキンケア、意外に落とし穴がありますよね!

せっかくのケアが余計にお肌に負担をかけることがないよう、正しいケアをしてくださいね!





お悩み別!入浴剤を使い分けると、どんないいことがある?シンプル スキンケアの極意

お風呂

涼しくなってきて、お風呂が恋しくなってきましたね!ところで、入浴剤って使っていますか?お風呂で得られる効果を、さらに引き出してくれる入浴剤、実は悩み別に使い分けると、より効果的なのです。お悩み別に、どんな入浴剤がいいのかをご紹介いたします。

お風呂の効果とは?

入浴剤の前に、お風呂そのもので得られる効果を確認しておきましょう。

・身体を温める
・汚れを落として皮膚を清浄にする
・痛みを和らげる


この3つのポイントを、さらに引き出すのが入浴剤なのです。他にも効果を期待できる力が、入浴剤にはあるので、ご紹介していきます。

冷え性

肩こり、冷え性の改善

つらい肩こり、腰痛は、冷え性が原因であることが多いとされています。冷え性とは、ストレスや外的要因で毛細血管が収縮し、慢性的に細胞が栄養・酸素不足となった状態なのです。

お風呂でじっくり半身浴すると血行はよくなりますが、さらに入浴剤のパワーを借りて、血行をよくし、保温能力の高いものを選びましょう。

【オススメ入浴剤】
・炭酸ガス系入浴剤(炭酸ナトリウム、コハク酸、フマル酸、リンゴ酸など)
・無機塩類系入浴剤(硫酸ナトリウム、硫酸マグネシウム、炭酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム、炭酸カルシウム、塩化ナトリウムなど)

アロマ

アロマ効果

アロマとは「芳香」のことで、植物由来の香りや独自の薬効を発揮することがあります。入浴剤として使うことで、湯気とともに芳香が立ち上り、リラックス効果が期待されます。

最近の研究では、脳波や心拍数の測定によって、アロマの効果は証明されつつあるのです。自分へのご褒美に、ゆったりお湯に浸かりたいですね。

【オススメ入浴剤】
・薬用植物系入浴剤(生薬を刻んだもの、生薬のエキスを抽出したものなど)
・アロマオイル(イランイラン、サンダルウッド、ネロリ、ラベンダーなど)

シンプル スキンケア

お風呂から上がると乾燥が気になる…という方も多いと思います。そんな方には、スキンケア系入浴剤がオススメ。保湿成分入りで、入浴中に皮膚に浸透してくれるので、皮膚の角層部にまで届いてくれます。

また、酵素系入浴剤は肌をやさしく清潔にしてくれるので、吹き出物や背中ニキビなど、ボディのスキンケアに役立ってくれそうです。

【オススメ入浴剤】
・スキンケア系入浴剤(セラミド、米胚芽油、スクワラン、ホホバ油、ミネラルオイルなど)
・酵素系入浴剤(パパイン、タンパク質分解酵素、パンクレアチンなど)

ひとこと

いかがでしたか?入浴剤も、こんなに効果が違うものなのですね!ぜひ、上手に使い分けてみてくださいね!





このページのトップへ