HOME > イアソー化粧品ブログ

顔の寝ジワ、とれにくくなってない?対策と解消法

顔の寝ジワ、とれにくくなってない?対策と解消法

朝起きて鏡を見てビックリ!顔にくっきり枕の後が!なんてこと、ありませんか?

場合によっては数時間もとれない「寝ジワ」。すばやく解消する方法はあるのでしょうか?

また寝ジワができにくい対策についてもご紹介します。

寝ジワの原因と対策

まずは、寝ジワができる原因と対策について見ていきましょう。
原因①:コラーゲン不足

紫外線や加齢によってコラーゲンが減ってしまうと、肌の弾力がなくなってしまいます。つまり、「元に戻ろう」とする力が弱くなるということ。身体の内側からコラーゲンを作る栄養素である「アミノ酸」を取り入れることを心がけましょう。

顔の寝ジワ、とれにくくなってない?対策と解消法

原因②:むくみ

足だけでなく、顔もむくみます。顔が水分や老廃物でむくんでいるから、寝ジワがつきやすくなるのですね。日中は1.5Lを目安に水分を取り、長時間座りっぱなしの人は、適度にリンパを刺激して血流が滞るのを防ぎましょう。

原因③:乾燥

お肌が乾燥していると、外から力が加わった時に押し返す力がありません。お肌の内部が水分不足でカラカラになってしまっているからです。セラミドやヒアルロン酸配合の化粧水や美容液で、しっかり保湿を行いましょう。

寝ジワをすばやく解消するには?

寝ジワがつきにくくなるように、上記の対策は日頃から行ってくださいね!それでも寝ジワが付いてしまったら?すばやく解消する方法をご紹介しましょう。

顔の寝ジワ、とれにくくなってない?対策と解消法

①フェイスタオルを濡らして絞り、ビニールに入れて電子レンジで約20〜30秒加熱(電子レンジにより違います。加熱しすぎによるやけどに注意してくださいね)


②ビニールからタオルを出して広げ、温度を確認してから顔にのせる。寝ジワの部分にだけのせてもOK。


③タオルが冷えてきたら、氷の入った冷水で顔をバシャバシャ。


④ ②と③を数回くり返す。


お肌を温めたり冷やしたりすることで、血流を促し、寝ジワが早く元に戻ることを助けてくれます。 どうしても寝ジワが気になる場合は、試してみてくださいね!

●ひとこと

大切な時に限って…の寝ジワ。即効性のある解消法もあるけど、日頃から気をつけておくと、寝ジワができにくくなるかもしれませんね!





シワはメイクで隠れるの?キレイを手に入れるメイク術

シワはメイクで隠れるの?キレイを手に入れるメイク術

目尻やほうれい線など、気になるシワがありますか?どうにかして隠したいと、かえってシワが目立つメイクをしていませんか?
厚塗りをせず、メイクテクニックでシワを目立たなくさせる方法をご紹介します。

下地のつけすぎはNG

シワはメイクで隠れるの?キレイを手に入れるメイク術

シミやシワを隠したくてついついやってしまうのが、ファンデーションの厚塗り。そしてその前の下地の塗りすぎです。

余分な下地やファンデーションは、付けたその時はキレイに見えますが、生活するうちに表情によってできたシワに下地やファンデーションが入り込み、余計にシワが目立ってしまいます。

しかも、時間とともに出てくる自分の皮脂が加わって、化粧崩れの原因ともなってしまいます。下地はUV効果のあるもの1本で十分。もしくは、日焼け止めだけでその上にファンデーションを付ければ十分です。

下地のつけすぎの方が、シワを目立たせてしまうことをお忘れなく!

目尻にハイライト

目尻のシワは細かいシワが多いもの。ファンデーションを厚塗りしても、シワは目立ってしまうため、目元に立体感を出す工夫をしましょう。

オススメは偏光パール入りのパウダータイプハイライト。頬骨の上方、目尻の下から上に向けてブラシでふんわり入れましょう。光を拡散させて、肌にツヤ感と透明感も出ますよ!

ポイントメイクで視線を集める

シワはメイクで隠れるの?キレイを手に入れるメイク術

シワが気になるなら、シワから視線をそらすようなポイントメイクをしましょう。気になる部分から遠い部分にポイントメイクをしっかり行うと、より効果的です。

つまり、目元のシワが気になるなら、リップを魅力的に仕上げたり、逆に口元のシワが気になるなら、アイメイクをしっかりして印象的な目元にするという方法です。いずれにしても、やりすぎは逆効果になってしまうので、ナチュラルに見えることを目指しましょう。

●ひとこと

シワは確かに気になりますが、メイクテクで素敵に仕上げましょう!
自信を持って笑顔になれますよ!





シワ・たるみ予防に、顔の筋トレが効く!

シワ・たるみ予防に、顔の筋トレが効く!

年齢とともに、気になるシワやたるみ。重力には叶わないって、諦めていませんか?

また、間違ったマッサージやトレーニングで、余計に表情ジワが深くなることも。簡単で効果のある顔の筋トレをご紹介します。

舌を使った筋トレ

シワ・たるみ予防に、顔の筋トレが効く!

まずは、舌をぐるぐる回すトレーニングです。口を閉じたまま、舌で上あごを前後になぞりましょう。舌の奥の方の筋肉を使うことをしっかりイメージしてください。

次に、舌で前歯の上の歯ぐきをなぞり、右から左の端まで行ったらそのまま下の前歯の歯ぐきをなぞりましょう。そう、時計回りに前歯の周りを舌でぐるぐるなぞる感じです。時計回り×5回、反対回り×5回を1セットとして、気が付いた時、いつでもやってください。

また、ほうれい線を内側から押し出すように舌で押すのも効果的ですよ!

ペットボトルを使った筋トレ

シワ・たるみ予防に、顔の筋トレが効く!

500mlの空ペットボトルを用意してください。はじめは、空のペットボトルで行います。ペットボトルの蓋を取り、手を使わず、ペットボトルの口を唇だけでくわえて持ち上げてみましょう。そのまま10秒キープ!これを3セット行います。

慣れてきて負荷が足りないと感じたら、少しずつペットボトルに水を入れていきます。急に重くするとボトルを落としてしまい、大変なことになるので、少しずる増やしてください。これで、口周りの筋肉を鍛えることができます。

ただし、アゴ関節に痛みがある、顎関節症の人は行わないでくださいね。

表情筋エクササイズはシワが深くなる?

表情筋エクサとは、口を大きく開けたり、目を思いっきり見開いたりするものですが、加齢とともにコラーゲンの減ってきているお肌でやってしまうと、表情ジワが深くなってしまうことも!

これでは、せっかくのエクササイズが無駄になってしまうので、オススメは、ご紹介したような表情筋を使わない筋トレなのです。姿勢を正して、アゴから首までのラインを意識して行うと、よりトレーニングになりますよ!

●ひとこと

顔の筋肉を鍛えることで、シワやたるみが予防できるのですね!簡単にできるので、試してみては?





ビタミンACE(エース)で抗酸化力を味方にしよう!

ビタミンACE(エース)で抗酸化力を味方にしよう!

活性酸素がシミやシワの原因であることはよく知られていますね。化粧品やエステなどで外側からいくらアプローチしても、やはり身体の内側からのケアが一番大切です。そこで、積極的に摂って欲しいのがビタミンACE(エース)。

強い抗酸化力で、美肌を内側から支えてくれます。

ビタミンACEとは?

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEのことをそのビタミンの種類を取ってビタミンACE(エース)と呼ばれています。これらがどうして活性酸素に対抗できるかというと、抗酸化力を持っているからです。
今回は、代表的なビタミンACEをご紹介しますので、それぞれの特性を知り、上手に食事に取り入れていきましょう。

【ビタミンA】

ビタミンAは、レチノールを多く含んでいます。これは目や肌の粘膜の代謝を活発にしてくれる働きがあり、免疫機能を高める作用があります。不足すると暗くなるとよく見えないという、夜盲症を引き起こしてしまいます。

また、上皮細胞も健康に保ってくれるので、お肌はもちろん、口や鼻など粘膜の表面を守り、細菌の侵入を防いでくれてもいます。

最近は、がん予防成分としても注目を浴びています。
油性なので油と一緒に摂ると吸収率が上がりますが、摂りすぎにも注意が必要です。

また、人参などに多く含まれるβカロチンも、体内でビタミンAに変わります。

ビタミンACE(エース)で抗酸化力を味方にしよう!

レバー・うなぎ・銀ダラ・チーズ・卵などに多く含まれます。

【ビタミンC】

ビタミンCは果物だけでなく、野菜にも多く含まれます。美白成分だと思い浮かべる人も多いでしょうが、コラーゲンの合成を助ける効果もあり、もちろん抗酸化力も高いのでアンチエイジングには最適の食べ物です。

フルーツは身体を冷やし、糖質も多いため、野菜から摂ることを心がけましょう。 キャベツ・ピーマン・のり・れんこん・カリフラワー・ブロッコリー・ゴーヤ・小松菜などに多く含まれます。

【ビタミンE】

ビタミンEは油性ビタミンで、脂でできている細胞膜にあり、活性酸素の攻撃から細胞膜を守ってくれています。また、加齢とともに脂質が酸化するのを防ぐ効果も期待されます。

ビタミンACE(エース)で抗酸化力を味方にしよう!

アーモンド・ほうれん草・かぼちゃ・豆腐・卵・キウイフルーツ・いわし・うなぎなどに多く含まれています。

●ひとこと

いつもの食事にビタミンACEをバランスよく取り入れてみましょう。
アンチエイジングには欠かせない、強い味方ですよ!





シワの原因は乾燥じゃない?春のケアはコラーゲンを増やす!

シワの原因は乾燥じゃない?春のケアはコラーゲンを増やす!

目元の小ジワ、乾燥のせいだと勘違いしていませんか?

確かに乾燥すると肌の表面にシワが寄りますが、実は根本的な解決は乾燥予防ではないのです。シワの原因と改善策をご紹介します。

シワの原因とは?

紫外線や乾燥は、確かにシワの原因のひとつですが、多くの女性が気になるシワは加齢によるものです。加齢によって肌の奥の方の真皮にあるコラーゲンが減ってしまい、肌のスプリング構造がへたってしまうのです。

ベッドでもスプリングがへたると膨らまなくなり、凹みますよね。それと同じことが、肌の奥で起きていて、肌表面にシワとなって現れてしまうのです。

シワの見分け方

シワの原因は乾燥じゃない?春のケアはコラーゲンを増やす!

深いシワは、コラーゲン減少によるものですが、まだ浅い小ジワなら、保湿すれば薄くなるのでしょうか?真皮からのシワか、表面だけのシワかを見分けるには、入浴後にチェックしてみましょう。

入浴後(湯船に浸かる)に鏡を見て、消えているシワがあれば乾燥によるシワです。一般に、ちりめんじわと呼ばれるものですね。それらは、肌表面を保湿することでかなり改善するでしょう。ヒアルロン酸やセラミド配合の美容液が効果的です。

コラーゲンを増やすには?

シワの原因は乾燥じゃない?春のケアはコラーゲンを増やす!

コラーゲンは、食べても飲んでも増えません!コラーゲンはタンパク質の一種なので、口から入れても消化されてアミノ酸となり、小腸から吸収されるのです。直接肌に塗っても、コラーゲンは分子が大きく肌の奥には浸透しません。

では、どうしたらいいのでしょうか?

それは、コラーゲンを増やす成分が配合された化粧品を使うことです。その成分の代表的なものは、ビタミンC誘導体、ナイアシン、レチノールなどです。これらの配合された化粧品でスキンケアをしましょう。
当社の製品にもアスコルビン酸Naやヒアルロン酸入りのものがあります。トライアルセットからお試しくださいね!

●ひとこと

シワの原因が加齢によるものだったなんてショックですね!
コラーゲンを増やすようなスキンケアをしましょう!





このページのトップへ