HOME > イアソー化粧品ブログ

美白化粧品では消えないシミ!これって何ですか?

美白化粧品では消えないシミ!これって何ですか?

シミにも色んな種類がありますが、どんなシミでも美白化粧品では効果が期待できる訳ではありません。
外からのアプローチでは消えにくいシミ、それが肝斑(かんぱん)なのです。

肝斑(かんぱん)って何?

肝斑という言葉を聞いたことがある人は多いことでしょう。シミの一種ですが、特に日本人女性はできやすいと言われているので気をつけたいもののひとつです。

年齢的には30〜40歳で出始め、頬骨を中心に左右対称に広がるようにできるのが特徴。顔の広い範囲を占めるので、顔全体の色が暗くなり、老けた印象を与えやすくなってしまいます。
顔色が悪いと思っていたら肝斑だった、ということもよくあるようですよ。

肝斑の原因は?

美白化粧品では消えないシミ!これって何ですか?

①女性ホルモンの乱れ

2種類の女性ホルモンのバランスが崩れることは、肝斑の大きな原因と言われています。30〜40代に多く、閉経後の発症はほぼないそう。加齢とともに濃くなったり消えたりします。

②紫外線

頬骨は顔で一番日光が当たりやすい場所。肝斑の直接の原因ではありませんが、関係していることは否めません。

③肌刺激

スキンケアや洗顔、マッサージなどで皮膚を必要以上にこすってしまうと、その刺激で肝斑の原因となる可能性があります。

④ストレス

不規則な生活や寝不足が続いてストレスが溜まると、女性ホルモンのバランスが崩れて①のように肝斑ができやすくなってしまいます。

肝斑は治せるの?

美白化粧品では消えないシミ!これって何ですか?

原因の多くが女性ホルモンという、体内でのことですから、化粧品やピーリング、レーザーなどの外からの治療では難しいと言われています。内服薬としてトラネキサム酸を飲むことが効果的だと言われていますが、すぐに治るというものではないので、根気よく治しましょう。

ビタミンCと一緒に摂ると、より効果的です。

また、早寝早起きを心がけ、紫外線を避けるなど、日頃の生活の見直しも大切ですよ!

●ひとこと

肝斑はそうでも、やはりシミを増やさないために、新しくシミを作らないためにも美白化粧品を使われた方がいいと思います!!

イアソー化粧品プラチナエッセンス

シミ、ソバカスを分解し抑制、肌能力を一気にアップさせる贅沢な美容液プラチナエッセンスです。





シミについて3つの質問!本当のところは、どうなの?

シミについて3つの質問!本当のところは、どうなの?

これから紫外線の強い季節がやってきますね!気になるのはお肌に紫外線を浴びることによる「シミ」のこと。

お肌にいいと言われていることは、本当に効果があることなのか?しっかり確かめて、正しい知識でスキンケアしましょうね!

Q1:「スポット美容液」って顔全体に塗ったら効果が上がる?

A:気になるシミの部分にだけ塗る「スポット美白美容液」。普通の美白美容液より少し高価ですが、果たしてこれを顔全体に塗ったら、美白効果が高くなるのでしょうか?

スポット美容液は、普通のものより美白成分の濃度が高めになっています。ですから、顔全体に使ってしまうと刺激が強すぎることも。濃度が高ければシミが消えるということではないので、正常なターンオーバーを促し、一年を通して顔全体に使える美白美容液を使うといいでしょう。

プラチナエッセンス

プラチナエッセンスがオススメ!

Q2:ビタミンC食品をたくさん食べるとシミは消える?

シミについて3つの質問!本当のところは、どうなの?

A:残念ながら、食べ物からビタミンCを摂っても、今あるシミを薄くすることはあまりないでしょう。しかしビタミンCは、紫外線によるシミを予防することにおいては期待ができます。

ビタミンCは抗酸化力があり、紫外線を浴びたことで発生する活性酸素をやっつけてくれるのですね!
特にレジャーや旅行で紫外線に長時間当たる機会があるなら、2週間前くらいから積極的にビタミンCを摂るといいでしょう。お茶や野菜、フルーツなどから摂ることが理想ですよ!

Q3:ファンデーションもUVカット入りがいいの?

シミについて3つの質問!本当のところは、どうなの?

A:実はパウダーファンデーションにはSPF表示がなくても紫外線散乱剤と同じような効果があります。日焼け止めの上にさらにSPF値の高いファンデーションを毎日塗ると、肌への負担が大きくなるため、外で過ごす時や、海や山などに出かける時はプラチナエッセンスを持ち歩いて使用するのもいいでしょう。

プラチナエッセンス

●ひとこと

シミについて、意外に間違った知識を持っていませんでしたか?紫外線対策に、ぜひ役立ててくださいね!





ビタミンACE(エース)で抗酸化力を味方にしよう!

ビタミンACE(エース)で抗酸化力を味方にしよう!

活性酸素がシミやシワの原因であることはよく知られていますね。化粧品やエステなどで外側からいくらアプローチしても、やはり身体の内側からのケアが一番大切です。そこで、積極的に摂って欲しいのがビタミンACE(エース)。

強い抗酸化力で、美肌を内側から支えてくれます。

ビタミンACEとは?

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEのことをそのビタミンの種類を取ってビタミンACE(エース)と呼ばれています。これらがどうして活性酸素に対抗できるかというと、抗酸化力を持っているからです。
今回は、代表的なビタミンACEをご紹介しますので、それぞれの特性を知り、上手に食事に取り入れていきましょう。

【ビタミンA】

ビタミンAは、レチノールを多く含んでいます。これは目や肌の粘膜の代謝を活発にしてくれる働きがあり、免疫機能を高める作用があります。不足すると暗くなるとよく見えないという、夜盲症を引き起こしてしまいます。

また、上皮細胞も健康に保ってくれるので、お肌はもちろん、口や鼻など粘膜の表面を守り、細菌の侵入を防いでくれてもいます。

最近は、がん予防成分としても注目を浴びています。
油性なので油と一緒に摂ると吸収率が上がりますが、摂りすぎにも注意が必要です。

また、人参などに多く含まれるβカロチンも、体内でビタミンAに変わります。

ビタミンACE(エース)で抗酸化力を味方にしよう!

レバー・うなぎ・銀ダラ・チーズ・卵などに多く含まれます。

【ビタミンC】

ビタミンCは果物だけでなく、野菜にも多く含まれます。美白成分だと思い浮かべる人も多いでしょうが、コラーゲンの合成を助ける効果もあり、もちろん抗酸化力も高いのでアンチエイジングには最適の食べ物です。

フルーツは身体を冷やし、糖質も多いため、野菜から摂ることを心がけましょう。 キャベツ・ピーマン・のり・れんこん・カリフラワー・ブロッコリー・ゴーヤ・小松菜などに多く含まれます。

【ビタミンE】

ビタミンEは油性ビタミンで、脂でできている細胞膜にあり、活性酸素の攻撃から細胞膜を守ってくれています。また、加齢とともに脂質が酸化するのを防ぐ効果も期待されます。

ビタミンACE(エース)で抗酸化力を味方にしよう!

アーモンド・ほうれん草・かぼちゃ・豆腐・卵・キウイフルーツ・いわし・うなぎなどに多く含まれています。

●ひとこと

いつもの食事にビタミンACEをバランスよく取り入れてみましょう。
アンチエイジングには欠かせない、強い味方ですよ!





水素にまつわるお話【活性酸素】

水素にまつわるお話【活性酸素】

活性酸素をやっつける!として水素水が注目を浴びていますね!ちまたには「水素バー」も登場して、美意識の高い人をはじめ、男性にも人気が高いようです。

さて、今回はその活性酸素についてのお話。なぜ水素が効果的なのかも併せてご紹介しましょう。

活性酸素にも種類がある!

水素にまつわるお話【活性酸素】

身体を錆びさせる!シミやしわの原因!老化の元凶!などと、何かと悪者扱いされる活性酸素ですが、実は10以上の種類があり、善玉と悪玉があるのです。代表的な活性酸素をあげてみましょう。

・スーパーオキシドラジカル
・過酸化水素
・ペルオキシナイトライト
・ヒドロキシルラジカル


この活性酸素は、上から下へいくほど酸化力が強くなります。なんと最初の「スーパーオキシドラジカル」と最後の「ヒドロキシルラジカル」では、後者の方が100倍も酸化力が強いのです。

なぜ活性酸素は生まれるの?

水素にまつわるお話【活性酸素】

前回ご紹介した「ミトコンドリア」がエネルギーを作り出すとき、さまざまな理由からこぼれ落ちてしまった電子が酸素と結びついてできるのが「活性酸素」です。エネルギーを作る時、ミトコンドリアの質の低下や、過度な負荷がかかると、いつもより多くの電子がこぼれ落ちてしまいます。過度な負荷とは、

・暴飲暴食
・急激な運動や、過激な運動
・ストレス
・キズや炎症、熱があるとき
・喫煙や排気ガスなど
・アルコール
・紫外線

などで、つまりは「働かせすぎ」「心の余裕がない」ときに、ミトコンドリアがオーバーワークとなり、活性酸素が生まれやすくなるという訳です。

悪玉活性酸素だけを追い出すには?

善玉の活性酸素は、免疫機能や血管の拡張、神経機能に必要と言われており、体内で必要なものです。

一方で、「ペルオキシナイトライト」「ヒドロキシルラジカル」の悪玉活性酸素は、遺伝子やタンパク質、脂質を破壊したり、ミトコンドリアを傷つけたりします。
悪玉だけを効率よく除去するには、水素を取り入れるのが一番の方法なのです。

●ひとこと

活性酸素って、すべて悪者だと思っていましたね!水素は、活性酸素の中でも悪玉だけをピンポイントで排除してくれる、大変ありがたい抗酸化物質なんですね!





抗酸化力が優れている白金!活性酸素をやっつけお肌トラブルを解消!!!

お肌のトラブル

シミ…酸化
シワ・たるみ…筋力、ハリの衰え=酸化・老化
乾燥肌…肌荒れ、肌代謝の低下、栄養バランス、睡眠、ストレス


気になるお肌のトラブルの元は、活性酸素によるものからだと言われています。
活性酸素が正常なお肌のサイクルを乱す恐れのある”悪玉活性酸素”。
悪玉活性酸素を撃退する方法としては、今まで水にこだわったり、ビタミンCやコエンザイムQ10とあらゆる抗酸化物質を食事から、またはお肌から摂取することで、活性酸素の除去を促してきました。

それでも、老化の原因や上記のシミ、シワ・たるみ、乾燥肌に至っては、色んな要因も重なって症状として活性酸素が深くかかわっています。

抗酸化を求められる声が多い中、色んな天然成分を含めた基礎化粧品が後を絶ちません!!

ですが、白金ナノコロイドは画期的な金属で天然成分の抗酸化力を凌ぐ”金属”なのです。

善玉と悪玉の活性酸素の違い

活性酸素の除去は、天然成分は善玉と悪玉の区別がつかない

活性酸素自体が悪だと決めつけていた私たちは、活性酸素の種類に着目しました。活性酸素の種類は大きく分けると2つあります。

1つは善玉活性酸素!
これはカラダ全体にイイ働きをする活性酸素で、カラダの栄養素から修復までを助けてくれる活性酸素なんです。

2つは悪玉活性酸素!
これがいわゆる老化や肌トラブルを招く元凶だと言われている活性酸素!その他に三大疾病などにも関わっています。

抗酸化物質は1回でお仕事終了!!

上記の抗酸化してくれる天然成分は、活性酸素の区別がつかずに善玉、悪玉の両方を無効にしていたんですね。無効化、消去した天然成分は活性酸素を撃退した後、老廃物となってしまいます。

悪玉活性酸素は除去されても善玉と区別がつかずに消去されては、善玉活性酸素の働きが無効になってしまっていたということ。

これでは、天然成分が活性酸素を除去してくれてても、お肌の調子もほとんど良くなるわけではなかったのです。

活性酸素をやっつける

白金ナノコロイドは悪玉だけを退治してくれる金属

ナノ化した白金ナノコロイドがお肌の奥深くまで入り込み、お肌のターンオーバーを質の高いものにしてくれる夢のような金属なのです。白金ナノコロイドを取り入れた最初の化粧品会社としてその効果もお客様の声によって実感して頂いております。

悪玉活性酸素だけを除去することで、善玉の働きやその他、悪玉活性酸素が原因でお肌トラブルになっていた場所やお肌のくすみ、糖化までもワントーン、キレイなお肌に導いてくれます。

お肌に金属をあてると、金属アレルギーになるの??

これまでお客様の中で、金属アレルギーになったという報告はありません。金属アレルギーの原因は、加工された金属のイオンや蒸発によってお肌にかゆみや荒れが生じてしまいます。

原料は白金(プラチナ)で、この白金は厚生労働省の認可されている金属で、健康被害が比較的少ないことから金属としては金の次に白金(プラチナ)が許可されています。

ナノ化されてある白金ナノコロイドがお肌に残っていたら…

白金ナノコロイドの活性酸素を除去する効力は約26時間で、お肌に残っていてもお風呂や洗顔などで排出され体内に入り込むことはありません。

もしも、口の中に間違って入れてしまっても、そのまま排出されます。現在では他社製品ですが、白金ナノコロイド水もあるように安心の素材です。

ひとこと

抗酸化はどれがいいの?とお悩みの皆さんに一度は使って頂きたい白金ナノコロイド。

まずは、トライアルセットをお試しください。





このページのトップへ