HOME > イアソー化粧品ブログ

顔の寝ジワ、とれにくくなってない?対策と解消法

顔の寝ジワ、とれにくくなってない?対策と解消法

朝起きて鏡を見てビックリ!顔にくっきり枕の後が!なんてこと、ありませんか?

場合によっては数時間もとれない「寝ジワ」。すばやく解消する方法はあるのでしょうか?

また寝ジワができにくい対策についてもご紹介します。

寝ジワの原因と対策

まずは、寝ジワができる原因と対策について見ていきましょう。
原因①:コラーゲン不足

紫外線や加齢によってコラーゲンが減ってしまうと、肌の弾力がなくなってしまいます。つまり、「元に戻ろう」とする力が弱くなるということ。身体の内側からコラーゲンを作る栄養素である「アミノ酸」を取り入れることを心がけましょう。

顔の寝ジワ、とれにくくなってない?対策と解消法

原因②:むくみ

足だけでなく、顔もむくみます。顔が水分や老廃物でむくんでいるから、寝ジワがつきやすくなるのですね。日中は1.5Lを目安に水分を取り、長時間座りっぱなしの人は、適度にリンパを刺激して血流が滞るのを防ぎましょう。

原因③:乾燥

お肌が乾燥していると、外から力が加わった時に押し返す力がありません。お肌の内部が水分不足でカラカラになってしまっているからです。セラミドやヒアルロン酸配合の化粧水や美容液で、しっかり保湿を行いましょう。

寝ジワをすばやく解消するには?

寝ジワがつきにくくなるように、上記の対策は日頃から行ってくださいね!それでも寝ジワが付いてしまったら?すばやく解消する方法をご紹介しましょう。

顔の寝ジワ、とれにくくなってない?対策と解消法

①フェイスタオルを濡らして絞り、ビニールに入れて電子レンジで約20〜30秒加熱(電子レンジにより違います。加熱しすぎによるやけどに注意してくださいね)


②ビニールからタオルを出して広げ、温度を確認してから顔にのせる。寝ジワの部分にだけのせてもOK。


③タオルが冷えてきたら、氷の入った冷水で顔をバシャバシャ。


④ ②と③を数回くり返す。


お肌を温めたり冷やしたりすることで、血流を促し、寝ジワが早く元に戻ることを助けてくれます。 どうしても寝ジワが気になる場合は、試してみてくださいね!

●ひとこと

大切な時に限って…の寝ジワ。即効性のある解消法もあるけど、日頃から気をつけておくと、寝ジワができにくくなるかもしれませんね!





シワの原因は乾燥じゃない?春のケアはコラーゲンを増やす!

シワの原因は乾燥じゃない?春のケアはコラーゲンを増やす!

目元の小ジワ、乾燥のせいだと勘違いしていませんか?

確かに乾燥すると肌の表面にシワが寄りますが、実は根本的な解決は乾燥予防ではないのです。シワの原因と改善策をご紹介します。

シワの原因とは?

紫外線や乾燥は、確かにシワの原因のひとつですが、多くの女性が気になるシワは加齢によるものです。加齢によって肌の奥の方の真皮にあるコラーゲンが減ってしまい、肌のスプリング構造がへたってしまうのです。

ベッドでもスプリングがへたると膨らまなくなり、凹みますよね。それと同じことが、肌の奥で起きていて、肌表面にシワとなって現れてしまうのです。

シワの見分け方

シワの原因は乾燥じゃない?春のケアはコラーゲンを増やす!

深いシワは、コラーゲン減少によるものですが、まだ浅い小ジワなら、保湿すれば薄くなるのでしょうか?真皮からのシワか、表面だけのシワかを見分けるには、入浴後にチェックしてみましょう。

入浴後(湯船に浸かる)に鏡を見て、消えているシワがあれば乾燥によるシワです。一般に、ちりめんじわと呼ばれるものですね。それらは、肌表面を保湿することでかなり改善するでしょう。ヒアルロン酸やセラミド配合の美容液が効果的です。

コラーゲンを増やすには?

シワの原因は乾燥じゃない?春のケアはコラーゲンを増やす!

コラーゲンは、食べても飲んでも増えません!コラーゲンはタンパク質の一種なので、口から入れても消化されてアミノ酸となり、小腸から吸収されるのです。直接肌に塗っても、コラーゲンは分子が大きく肌の奥には浸透しません。

では、どうしたらいいのでしょうか?

それは、コラーゲンを増やす成分が配合された化粧品を使うことです。その成分の代表的なものは、ビタミンC誘導体、ナイアシン、レチノールなどです。これらの配合された化粧品でスキンケアをしましょう。
当社の製品にもアスコルビン酸Naやヒアルロン酸入りのものがあります。トライアルセットからお試しくださいね!

●ひとこと

シワの原因が加齢によるものだったなんてショックですね!
コラーゲンを増やすようなスキンケアをしましょう!





ヒアルロン酸の本当の役割を知っていますか?!

ヒアルロン酸の本当の役割を知っていますか?!

コラーゲンの上をいく美容成分として、一躍スターダムに上がった「ヒアルロン酸」ですが、難しい名前もなんのその、すっかり保湿の王道として定着していますね!

さて、そのヒアルロン酸、本当はどんな役割をしてくれているのでしょう?スポットを当ててみました。

ヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸は、1987年に関節炎の医薬品として承認されました。ヒアルロン酸を注射することで、関節炎の治療をするのですね。その他、皮膚科の分野でも、ケロイドなどの治療にヒアルロン酸が使われています。

さて、ヒアルロン酸とは、元々肌にも存在しており、多くの水分をため込んで、コラーゲンなど細胞と細胞の間でクッションのような役割を果たしています。

目の硝子体や関節、脳など全身にも存在しています。水分をため込む性質とクッションの役割で、肌にヒアルロン酸がたくさんあると、みずみずしくて弾力のあるお肌になるのですね。

ヒアルロン酸配合の化粧品は役に立つ?

ヒアルロン酸の本当の役割を知っていますか?!

ヒアルロン酸は、コラーゲンよりも大きな分子です。肌の表面から奥まで浸透できるサイズがゴルフボールくらいだとすれば、コラーゲンはなんと東京ドームほども大きく、ヒアルロン酸はそれを包むほどに大きいことになります。

つまり、化粧品で肌の表面にヒアルロン酸を塗っても、お肌の奥には届かないのです。塗ってもダメなら食べるとどうでしょう?

これも、コラーゲンと同じく腸の中で吸収されるために、アミノ酸に分解されてしまい、お肌へは届いてくれません。

しかし、ヒアルロン酸は、「水分を取り込む」という能力のため、肌に塗ると保湿効果が期待できるのです。塗っても食べても、肌の奥の本来ヒアルロン酸がある場所へ届けることはできません。

でも、スキンケアで塗ることで、保湿に最適な役割を果たしているのです。

保湿にはヒアルロン酸配合の化粧品を!

ヒアルロン酸の本当の役割を知っていますか?!

結論として、ヒアルロン酸は表面に塗ることで保湿力を発揮できるということですね!

冬に乾燥が気になる人や、夏でも紫外線によるダメージを防ぐため、保湿は欠かせません!ヒアルロン酸配合のスキンケアを選んでみてください。

当社「トライアルセット」でもお試しできますよ!気になる方はお問合せくださいね!

●ひとこと

ヒアルロン酸って、よく保湿に使われてるけど、水分をため込む性質があるんですね!
乾燥肌で困っているなら、ぜひ試してみましょう!





秋は美肌の総決算!老化リスクのピークをどう乗り越える?

秋は美肌の総決算!老化リスクのピークをどう乗り越える?

紫外線がお肌の老化に一番影響を与えることは、もうご存知ですよね?夏のダメージは、秋の過ごし方で180度変わってしまいます。
この時期をどう乗り越えるかで、一年を通じての肌状態が決まってしまうと言っても過言ではありません!

夏のダメージ、クリアにしてから冬を迎えましょう。

秋の肌トラブルとは?

紫外線、エアコンなどで肌はかなりのダメージを負っています。紫外線はたった1秒で遺伝子を壊すパワーがあり、数分浴びるとコラーゲンやエラスチンも壊します。

夏の終わりに小じわ、たるみが気になるなら、紫外線が原因かも。

また、エアコンは肌から潤いを奪い、乾燥させます。これらが原因で、肌のターンオーバーも遅れてしまい、メラニンがうまく排出されずシミやくすみにも繋がってしまいます。

どうやって乗り越えたらいいのでしょうか?

秋は洗顔がポイント!

秋は美肌の総決算!老化リスクのピークをどう乗り越える?

夏にダメージを負った肌は、ターンオーバーが乱れています。つまり、古い角質や老廃物が溜まりやすいということ。

日々の洗顔で古い角質はとり、潤いは残す方法がベストの洗顔法です。

洗顔料はたっぷり使い、泡で包むようにやさしく洗います。直接手が肌に触れないように。角質をとりたいからと、ゴシゴシこするのは厳禁です。

洗顔が顔についている時間の目安は30秒。それ以上は必要な潤いまで奪ってしまうことになるので、注意しましょう。

すすぎは、水で、しつこいくらいに!お湯は皮脂を奪ってしまうので秋の洗顔は水がおすすめです。

蒸しタオルで仕上げ

秋は美肌の総決算!老化リスクのピークをどう乗り越える?

洗顔後は、蒸しタオルをすると、血流やリンパの流れがよくなり、ターンオーバーの正常化を助けてくれます。

蒸しタオルは、清潔なフェイスタオルを水で濡らして絞り、ビニール袋に入れて電子レンジで1分程度チン!します。

気をつけて取りだし、温度を調節してから顔に乗せます。

火傷に注意してくださいね。

●ひとこと

秋は夏のダメージを回復させる、大切な季節なのですね!

一年の美肌が決まるなんて、気を抜かずにしっかりケアしたいものです。





シワ防止で「年齢不詳肌」になろう!対策3つ

シワ防止で「年齢不詳肌」になろう!対策3つ

シワの原因は真皮のコラーゲンエラスチンにあります。環境や年齢によってそれらが変性したり減少したりすることによって、シワは段階的にお肌に刻まれてしまいます。

シワは生きた証として誇りに思えるものですが、女性はできる限り美しくいたいもの。美しく年齢を重ねるための、シワ予防対策をご紹介します。

①顔の筋肉を鍛えるべし!

シワ防止で「年齢不詳肌」になろう!対策3つ

肌のたるみがシワに繋がってしまいます。たるまないようにするには、普段から顔の筋肉を鍛えておくことが重要なのです。顔を一番動かすのは、食べる時ですよね!その食事を上手に利用して、顔の筋肉を鍛えましょう。

つまり「歯ごたえのある食材を、よく噛んで食べる」ことなのです。柔らかい食材ばかりだと、気をつけていても噛む回数が減ってしまうので、意図的に噛みごたえのある食材を使った食事を摂りましょう。

よく噛むことは、消化を助け、ダイエットや小顔効果など他にも良いことが期待できるますよ!1口30回噛むことを心がけてください。

②トマトを食べる

シワ防止で「年齢不詳肌」になろう!対策3つ

トマトには「リコピン」というメラニン生成を促す活性酸素を抑制する働きのある成分が含まれています。

シワの原因が紫外線にあることはよく知られていますが、化粧品で外から防ぐとともに、身体の内側からのサポートも有効です。

トマトは、チロシナーゼというメラニンを表皮に蓄積・沈着させてしまう酵素を阻害し、抗酸化作用も持っているのです!シワだけでなく、美白やエイジングケアにも役立つトマト、是非毎日摂りたいですね!オススメは、毎朝トマトジュースにして飲むこと。リコピンの量が4倍になるそうですよ!

③食事は12時間以内に!

例えば、朝食を8時に済ませるなら、夕食を20時までに終えるということです。栄養補給に食事は欠かせませんが、身体を酸化させ、老化を進めてしまうという、相反する作用もあるのです。

そこで、1日の食事を12時間以内に済ませれば、食べた分のエネルギーはしっかりと燃焼され、基礎代謝がアップします。疲れにくくなるし、老化もゆるやかになるという、いくつものいいことがあります。

基礎代謝がアップすることで、ダイエットにも繋がりますし、お肌にも栄養が行き渡り、真皮へ栄養が届くようになります。

●ひとこと

いかがですか?今すぐできることなので「年齢不詳」のお肌を手に入れるためにも、早速実践してみましょう!美しい肌は、美しい生活に宿るのですね!





このページのトップへ