HOME > イアソー化粧品ブログ

春のお肌は紫外線に弱い?!ケアは一年中した方がいいワケ

紫外線

寒さがゆるむと、ついうっかりしがちなのが紫外線対策。春でもかなりの量の紫外線が降り注いでいるのは、もうご存知だと思いますが、春先にはお肌のトラブルが多いことも事実。なぜ美白は年間を通してした方がいいのかをご紹介します。

日光

紫外線量と強さ

地域、季節、天候、時間、標高、環境などによって紫外線強さは変化します。日本では6月から8月が一番強く、また時間帯では午前10時から午後2時がピークです。ところが、これは紫外線の強さだけのこと。これに時間をかけると、4〜5月もかなり紫外線量が多いことになります。

紫外線の種類

化粧品のUVケア用品に「SPF」と「PA」があるのはご存知でしょうが、正確な意味をご存知でしょうか?

SPF…UVBを防ぐ効果の指標で、真っ赤に日焼けする「サンバーン」を起こすまでの時間を、どれだけ遅らせられるかを表している。

PA…UVAを防ぐ効果を示しており、色を黒くする「サンタン」を起こすまでの時間を遅らせる力を表している。

UVBのピークは7〜8月、UVAは5月と7月にピークがあるものの、年間を通して降り注いでいるのです。

日焼け やけど

UVAとUVBの違い

では、紫外線の種類による違いを見ていきましょう。

UVA…長波長紫外線といい、肌の奥深く真皮にまで到達します。メラノサイトを活発化させ、皮膚の色を浅黒く変化させます。しかも、真皮の細胞に影響してコラーゲンやエラスチンを変性させることも指摘されており、80%がガラスを通過します。光老化をもたらしているのはこのUVAで、しかも一年中量が減りません。

UVB…中波長紫外線といい、ほぼ表皮にとどまります。ただし、長時間UVBを浴びると肌が赤くヒリヒリとなり、軽い火傷症状を起こすこともあります。細胞を異常化させて皮膚がんなどの原因といわれているのはUVBですが、真夏をピークに、量は減ります。

このように、SPFにばかり目がいく紫外線ケア商品ですが、実は年間を通して気にした方がいいのはUVA、つまり商品に表示してあるPAの方なのです。家の中でも当たってしまうので、メイクをしない日でも紫外線ケアはしていた方がいいでしょう。

ひとこと

春になったからそろそろ…なんて思っていたら、実は一年中紫外線を浴びていたとは!肌老化の80%は光老化なのだから、紫外線対策は大切ですね!





肌のアトピー治療には、適切なケアを

アトピーに悩む

アトピーを長く経験されている方は、色んな治療法を試しても中々改善されないというお悩みを抱えていらっしゃるのではないでしょうか?アトピーが発症する原因やアトピーの改善方法など、自分に合った改善方法がきっとあります。

そこで、アトピー治療についてご紹介したいと思います。

皮膚がかゆくなってしまうアトピー体質

アトピーの方に共通するのが、痒み。洋服に当たっていないにもかかわらず、痒くなってしまったり、風に当たっただけで痒みがでてしまったりと、皮膚を掻き、ひっかき傷になるケースや、小さな水疱が出来るケースもありますね。

肌の再生が何層にも皮膚が重なり、皮が捲れている

お肌のターンオーバー、再生を繰り返している皮膚は、何層にもなった皮膚が見えてしまっています。この皮膚こそが改善するポイントとなるのです。

肉より魚

丈夫な皮膚を作る為には

アトピー体質の方は、まず皮膚が正常なお肌の方よりも弱く、食物アレルギー、偏った食事、睡眠、ストレスがお肌を健やかな状態を阻害してしまっています。

まずはポイントを押えましょう。

1.毎食、サラダを食べる
Yes NO

2.お魚orお肉
Yes NO

3.睡眠
3~4時間、5~6時間、7~8時間

4.ストレス
仕事、私生活


さてさて、あなたはどれを選びましたか?

1.野菜中心の食事を心がけましょう

ミネラルやビタミンを取る事で、カラダの抗酸化を計ります。これはアレルギー体質の方は、特に野菜を中心として食事をされることで、体内の毒素を取り除き、アトピーの出にくいカラダ作りを行う必要がります。

お肉中心で偏った食事をされている方は、お肉の量を減らして野菜に置き換えて、体内環境を整えましょう。

2.お魚、時々、お肉

お肉を食べちゃダメと言うわけではありませんが、その頻度によってアレルギーを引き起こしてしまう事もあります。アレルギーの種類もありますが、お肉の一番ダメな食品としては、加工肉です。 ソーセージやハム、その他、調理済みにハンバーグだったり加工肉はアトピーの方には、お肌を悪くしてしまう可能性を秘めているんです。

ですから、極力、お肉をお魚に置き換えてみましょう。

また調理の仕方も、

煮物<焼き<レンジ<揚げ物

カロリー量が変動する調理方法です。

煮物が一番いいですが、カロリーの高い揚げ物は、週1回に摂生してみてはいかがでしょうか?

3.睡眠時間は5~6時間が正解

人間の体内サイクルは5~6時間が良いそうです。4~5時間は睡眠不足、疲労が回復せずに悪循環を起こしてしまいます。7~8時間は寝すぎにより、体内サイクルを壊してしまうそうです。

休日はゆっくり寝てたいと、7~12時間くらい寝てしまう方もいらっしゃると思いますが、5~6時間がベストな睡眠時間だそうです。

リラックス

4.ストレスはゆっくり消化すること

ここは性格上の問題もありますが、きっぱりスッキリする人もいれば、常々悩んでしまう方もいらっしゃると思います。職場環境や私生活に置いて、様々なストレスは付き物ですね。ゆっくり相談できる相手がいらっしゃれば、解決方法などを聞いて、心を落ち着かせて冷静に考えることが大切です。

時間が解決してくれることもあれば、返答次第で大きく変わる問題もあると思います。外で遊ぶ、お酒を飲んで忘れるといった解消方法もありますが、先延ばしにするとストレス解消にはならないのでストレスは溜めないのがベストですね!!

ひとこと

ちょっと長々となってしまいましたね(笑)
アトピー治療は数年続く人も入れらっしゃる位、大変な治療です。
私たちの食事に対しての悩みは、添加物が含まれている食品が多いという事です。

ホントか嘘か、定かではありませんが、今のお肌の環境や体重は5年前に食べたものが反映されているというお話を聞いたことがあります。5年前、インスタント食品ばかりだった、暴飲暴食が多かったなど、心当たりがある方は、早めの体質改善をお勧めします。

ゆっくりできることから、体内環境を整えていきましょう!





ガサガサくちびるは、魅力半減!つやうるリップのケア方法

唇

冬はくちびるが荒れてガサガサ……という方も多いのでは?ぷっくりとしてツヤツヤしたリップになるには、どうしたらいいのでしょうか?実はリップクリームの塗り方にも秘密があったのです。

くちびるはどうして荒れやすい?

くちびるには皮脂腺がありません。つまり毛穴がなく、肌と違って皮脂を出して自分で潤うことができないのです。くちびるのすぐ内側(口の中)は粘膜なので、とても薄くて敏感です。外気や口にするもの、触れるモノの刺激を受けやすく、荒れやすいのです。

しかし、3~4日でターンオーバーするので、回復も早いのが特徴。ダメージを長引かせると治りにくいので早目のケアをしましょう。

唐辛子

くちびるにNGの習慣

①リップクリームの塗り方
小まめにリップクリームを塗るのはいいのですが、塗るとき、くちびるに押しつけて塗りつけていませんか?できれば、直接塗るのではなく、指にとって優しくとんとんとなじませるように塗りましょう。

②辛いモノの食べ過ぎ
辛いモノを食べて胃腸の調子を崩したことがありませんか?くちびるも同じ粘膜です。辛いモノから受ける刺激は大きいので、リップクリームでカバーしてから食べたり、食べた後のケアを忘れないようにしましょう。

③紫外線のケアを忘れている
冬だって紫外線は降り注いでいます。スキーやスノボに行くなら、雪からの反射による紫外線の量はかなり多いので注意しましょう。顔には紫外線ケアをしても、くちびるの紫外線ケアは忘れがち。日に当たる機会が多いなら、くちびるにも忘れずに紫外線カット配合されたリップクリームでケアしましょう。

唇ケア

くちびるスペシャルケア

【用意するもの】
・オリーブオイル
・はちみつ
・ラップ

オリーブオイルとはちみつを混ぜてくちびるに塗り、くちびるより少し大きめにカットしたラップをくちびるに貼ります。 このまま10~15分放置するだけ!これで、プルプルうるうるのくちびるになります。ラップをしたまま入浴すると、さらに効果的!ぜひ、試してみてくださいね!

ひとこと

いかがでしたか?これで季節を問わず、くちびる美人になれますね!つるつるリップで、ステキなメイクも楽しんでください!





実はバストも凝っている?!2分でできるバストアップエクササイズ

バスト

肩や首のこりには敏感に気付き、マッサージやエクササイズでほぐしますが、意外に胸の筋肉も凝っていることをご存知ですか?バスト周りの筋肉をケアすることで、美しいバストを保つことができるのです。今日から2分のエクササイズ、始めてみましょう!

胸が凝っているとどうなるの?

案外気付かない胸の筋肉の凝り。実はここが凝っていると、胸はたれやすくなり、横にも流れやすくなってしまうのです!普段意識していいないだけに、「きゃー!」な事実ですが、毎日たった2分でバストの凝りをケアすることができるのです。

バストアップエクササイズ

バストアップの2分マッサージ

まず、小胸筋をほぐします。 小胸筋は、鎖骨のすぐ下にあり、胸を吊り上げ、バストが横に流れるのを寄せてくれる役目をしています。ここをケアすると、バストアップになるというワケ。

【小胸筋のほぐし方】
1.人差し指、中指、薬指の3本を鎖骨の下あたりに当てる。
2.楕円を描くように、少しずつ場所をずらしながらほぐしていく。強さは「痛気持ちいい」程度。
3.左右1分ずつ行う。


このマッサージは、バストを柔らかくするだけでなく、小顔効果、肩こりにも効きますよ!

ブラ

美バストを作るマッサージ

前鋸筋って、聞いたことがありますか?これは胸のワキにある筋肉で、腕を使うために使っています。前鋸筋が凝っていると、バストが横に流れやすくなり、垂れてしまうことも!しかも腕を使うための筋肉なので、利き腕の方のバストが垂れやすいのです。

では、早速この筋肉のマッサージ方法をご紹介しましょう。

【前鋸筋のほぐし方】
1.前鋸筋の場所は、胸の真横で、ブラのサイドが当たる部分。ここを人差し指、中指、薬指の3本で、くるくると円を描くようにほぐしていく。
2.次に、ブラの割賦の下部分から延長線上にも少しずつ位置をずらしながらくるくるとほぐします。
3.左右1分ずつ行ってください。


特に胸が大きい人はここが懲りやすいので念入りに!このマッサージは、乳がんの早期発見に役立つこともありますよ!

ひとこと

いかがでしたか?あまり意識していない部分の凝りだけに、マッサージ後はスッキリ感を得られたのではないでしょうか?ぜひ、続けてみてくださいね(๑•̀ㅂ•́)و✧





美白シーズン到来!できたシミを消すことができる化粧品はあるの??

できたシミは消せるのか

シミが気になるという早い方は20代、適齢期は30代~40代です。こんなシミに悩まされている女性が多いのも事実。年齢と共に増えていくこのシミですが、加齢のせいだから…化粧品でなんとか…と思っている方でも中々、自分に合った化粧品を探すのは一苦労。

こんな有効成分を利きそうだな~と試してみても思ったほど、成果がでない化粧品をご購入された経験もあると思います。

そんなできたシミや出来かけのシミを消すことが出来るのかをまずご紹介したいと思います。

シミのメカニズム

シミができてしまうメカニズム

メラニン色素と言われる、皮膚内に生成される色素が「メラニン」でこれが色素沈着を起こすことによってシミができてしまいます。紫外線を多く浴びてしまうと、表皮のケラチノサイト(角化細胞)が肌を守るために、表皮の最下層に存在するメラノサイトという色素細胞にメラニンを生成するように働きかけてしまいます。

最下層には各細胞が存在し、これを守るためにメラニンがケラチノサイトに働きかけ、シミを作るのです。通常は、メラノ人はターンオーバーで外に垢として押し出されてきますが、様々なお肌の状態が良くないとスムーズなターンオーバーができず、シミがそのまま残ってしまうのです。

シミを改善するためには

秋のシーズンは紫外線量は夏に比べて弱まりますが、それでも紫外線は降り注いています。日焼けでてきてしまったシミは美白作用のある化粧品でケアを行う事で、メラニンの生成を抑える予防が可能です。

日焼けによるシミをけすことが出来るとすれば、ハイドロキノンはレチノイン酸をクリニックや皮膚科などで処方してもらい、肌のターンオーバーを高める必要があります。

また肝斑などの特殊なシミは、治療が異なるので、シミや肝斑の違いなどには十分に注意しましょう。

シミって消えるの?

シミができる過程には前兆があります

出来てしまう前にケアをする!というのが、シミの予防や改善方法です。ほとんどの方が、シミが出来てしまった後にケアをするのが、当たり前になってしまっていますが、そもそも、シミが出来る為に防ぐ手段は、やはり化粧品なのです。

メラノサイトは紫外線を浴びて、すぐにシミが出来るわけではありません。数日~数週間後、突然、シミが出来てしまうのは、メラノサイトが働き出して数日の間にシミを作ってします。

これは、肌の奥に指令を出したケラチノサイトが、寝ている間にも活動を行っているということです。すなわち、常にケアを怠る事がなければ、シミが出来ない環境が作れるということ!

逆に、その数日の間、ケアを疎かにしてしまえば、当然、シミができてしまうのなのです。

シミは、保湿+美白ケア

シミやシミになりそうな部分をなくすためには、美白と保湿ケアが大切です。メラニンの過剰生成を防ぐには、炎症を抑える有効成分やお肌の害となる活性酸素、その他、お肌に良い栄養素を摂る事で、外的要因と内的要因によって、シミ予防や改善ができます。

外に出れば、お日様は燦燦と降り注いできますが、出勤前のケアや化粧の仕方、帰宅後の入念なケアによってシミ予防はできます。

果たして、シミは化粧品で消せるのか!!

最後になってしまいましたが、シミは化粧品で消せるのか…というお問い合わせを頂くことがよくあります。結論を申しますと…薄く消えていくのが水素化粧品のプラチナホワイトシリーズ クリーム&ミストです。

前回、水素化粧品をご愛用して頂いてるお客様のブログを発見し、ブログにさせて頂きました!!

水素化粧品をオススメしてくれるユーザー様をご紹介!!

段々とシミが消えていくのが4日目にしてわかるんです!!



水素化粧品 H+ローション H+クリーム

水素+白金ナノコロイド+磁場活性蘇生水を組み合わせに成功し、商品化致しました。

本来、水素という物質は、密封が難しいということから、様々なブログで水素についてご意見されています。ですが、この水素を閉じ込める製法を特許取得しており、水素を閉じ込める製法を取り入れています。

水素水が色んな方面で活躍する中、その反面、ペットボトルじゃ水素が抜けてしまうという事もわかっていますね。化粧品に閉じ込める研究や商品開発には1年を要したわけですが、シミを薄く消す事と、シミを予防する事が出来る化粧品は水素化粧品がオススメです。

お客様によっては個人差は出てきますが、水素化粧品は自信を持ってご提供できる化粧品です。

プラチナホワイトシリーズ ミストはコチラ

プラチナホワイトシリーズ クリームはコチラ





このページのトップへ