HOME > イアソー化粧品ブログ

日焼け止めを塗る前に、水素ミストで有害物質から肌を守る

水素の研究

水素を配合させた化粧品の研究をされている、太田成男先生の研究資料を参考にご紹介させて頂きます。

紫外線

日焼け止めの酸化チタンは有害物質を発生させる

SPFと記載がある紫外線よけクリームには酸化チタンという成分が含まれています。この酸化チタンは微粒子で紫外線を反射する働きがありますが、一方で酸化チタンは光触媒の作用を持っており、この作用がお肌に悪いのです。

酸化チタンが光作用を起こすと…

光作用を起こすと、電気分解と同じで、酸素と水素を発生させることが出来ます。この酸素こそが、ヒドロキシラジカル(悪玉活性酸素)であることがわかりました。この悪玉活性酸素が発生する作用が、お肌の上で行われているのです。

もろ刃の剣??日焼け止めクリームの実態

日焼け止めクリームは、紫外線を反射してくれる代わりに、ヒドロキシラジカルを発生させ、お肌を傷めてしまう可能性があります。

ひょっとして、夏場の日焼け止めで、顔部分に…

日焼け止めクリームは便利な反面、こういったお肌を悪くしてしまう事があるんです。夏場、強い日差しに日焼け止めを何重にも塗って、お肌を焼かないようにしても、お肌が荒れてしまった…そんな経験、ありませんか?

紫外線を反射する影響で、活性酸素がお肌に影響を与えているのは明白なんですね。

では、水素化粧品を下地にして、日焼け止めをすると???

化粧品はいわばお肌を保護するバリアです。日焼け止めも同様にバリア機能は良好かもしれませんが、お肌に悪影響を与えていることは、無視できません!!

どうしても日焼け止めを頼ってしまう方に、お勧めの方法が

水素化粧品を下地にして、日焼け止めを塗るという方法です。

日焼け止めを使うこと自体、私はお勧めしませんが、どうしても焼きたくない…と言う方は、水素が活性酸素を無効化してくれるのでお肌の影響を軽減してくれます。

これから春、夏に向けて紫外線が強くなってくる季節。。。

今、トライアルセットでは水素ミスト(無料サンプル)をご用意しております。 トライアルセットの価格で水素ミストが1人様、1本をお試しいただけます。 是非、この機会にお試しください!!

無料サンプル 水素ミスト

トライアルセットA トライアルセットB トライアルセットC

トライアルセットAはコチラ

トライアルセットBはコチラ

トライアルセットCはコチラ

お客様の声はコチラ





秋冬メイクの決定版!リップグロスは先に塗るが常識!

メイク術 グロス

思わず見とれてしまいそうな、みずみずしいリップ、憧れてしまいますよね!だからといって、リップグロスを塗りすぎてはいませんか?メイクの〆、大人のルージュの作り方をご紹介します。

まずはリップクリーム

乾燥によって、唇の皮がカサカサになって剥けてしまう人も多い時期です。リップクリームは欠かさず塗りましょう。お風呂の時や寝る前も塗っていると、乾燥しにくくなります。 塗り方は、直接リップクリームを唇にのせるのではなく、中指か薬指にとり、ポンポンと優しくのせていきましょう。

体温で浸透力がアップします。

ルージュの前に、グロス!

リップクリームの後は、ルージュ→グロスが普通ですが、ここであえてグロスから先に塗ります。グロス独特のテカテカ感を抑え、大人の立体的なぷっくりふっくらな唇を演出しましょう。

【塗り方】
1.グロスを下唇の中央に少しのせる
2.中指か薬指で、優しくポンポンとリップラインをなぞるようになじませる
3.下唇と上唇を合わせてなじませ、指でなぞるようになじませる


ポイントは、上唇には塗り足さず、下唇の分をなじませること!これで、グロスの余分なツヤを抑えます。

グロスは後で

ルージュも指で!が上級者

ルージュも、中指か薬指にとります。おすすめは下唇から塗ること。 まずは下唇の中心から横向きにルージュをひき、やっぱりポンポンとなじませていきます。先にグロスを塗っているので、ベタベタっとしますが、ポンポンとすることで、グロスが寄れたりせずになじんでくれます。

上唇も同様に、中央にのせたルージュを、ポンポンとなじませます。 リップラインをなぞるようにすると、少しオーバーリップ気味の大人唇に仕上がります。

ファッション

グロスが先!の、もう一つのメリット

グロスを先に塗ることで、ルージュの密着度が上がります。リップブラシも使っていないので、なじみがよく、リップが崩れにくくなるというメリットがあります。 持ちがいいということは、唇の乾燥も長く防いでくれるので、一石二鳥ですね!

ひとこと

この冬は、グロスが先のリップメイクで、メイク上級者を目指しましょう!





肌のバリア機能を壊さない界面活性剤もある!?

肌バリアが壊れている?

皮膚のバリアを壊して、肌の内側に有害な物質を浸透させてしまう合成界面活性剤。最近では、自分の汗でも炎症を起こしてしまうほどの虚弱肌に悩む人がいるなど、その害は深刻です。けれど、使い心地のよさを追求した結果、合成界面活性剤は、クリームや乳液、メイク落としなどたくさんの化粧品に使われています。

一方で、肌のバリア機能を壊さない昔ながらのクリームに使われているのも事実です。今回は、昔ながらの化粧品と爆発的に増えた肌を痛める化粧品の違いについて、少しご紹介しますね。

もともと、肌には保湿する力が備わっている

皮膚は、「皮脂」という油の膜で守られています。つまり、皮膚から分泌される「皮脂」という天然のクリームが肌を守っています。年齢を重ねるごとに皮脂の分泌は減ってくるので、本来なら、足りない分をカバーするだけで十分なのです。

仲の悪い油分と水分を混ぜるのが界面活性剤

皮脂の成分は、水と油からできています。ですから、肌のバリア機能を強化するためのクリームも油分と水分で作られています。けれど、単純に油分と水分を混ぜただけではすぐに分離してしまい、顔に塗ることはできません。

ここで、油分と水分を混ぜ合わせる働きがある界面活性剤が登場するのです。

微弱な作用の界面活性剤と強力な合成界面活性剤

現在化粧品や日常生活で使われている界面活性剤は「石けん」程度の作用の弱いものと、それよりも作用が強い合成界面活性剤の2つに分けられます。

ただし、ここでの石けんとは、製品の成分表に「石けん素地」もしくは、「純石けん分(脂肪酸ナトリウム)」「純石けん分(脂肪酸カリウム)」とあるものだけです。

石鹸の成分

石けんもどきに気をつけよう!

本来の石けんはアルカリ性のみ。弱酸性、中性、アミノ酸系と記載されているものは合成界面活性剤で作られています。それらを総称して、「複合石けん」と表記することもあるので、注意が必要です。

合成界面活性剤は、化粧水やクリーム、クレンジングなどの基礎化粧品だけでなく、ファンデーション、チーク、口紅、マスカラ、アイシャドウ、ムース、染毛剤など、ほとんど全種類の化粧品に配合されています。

けれど、肌荒れや乾燥肌など、肌トラブルの最大の原因でもあります。もし、肌荒れをおこしてしまったら、まずは使っている化粧品を使うのを中止してみることをお勧めします。





合成界面活性剤の働き

合成界面活性剤 水と油

皮膚のバリアを壊して、化粧品に含まれる異物や有害物、香料、タール色素を肌の内部に浸透させ、内側のいきた細胞にダメージを与えてしまう合成界面活性剤。残念ながら、その種類はますます増えており、化粧品の問題の多くを占めています。ところで、「界面活性剤」とは、どんな働きをするものか、ご存知ですか?すこし詳しくご紹介しますね。

台所用洗剤にも含まれる「界面活性剤」

多くの人が、「界面活性剤」という言葉を耳にしたり、目にしたことがあると思います。台所用洗剤などのボトルの裏に「成分」として、書かれていることもあるので、なんとなく「体に悪そう」と感じている人もいると思います。

境界線

水と油が出会うところ。それが「界面」

「界面」とは、「2つの物質の境目」のことです。たとえば、水と油を1つのコップに入れると2層に分離し、両者の間に線が入っているように見えます。この水と油が接している面が「界面」です。

水と油が混ざり合う!?「合成界面活性剤」の働き

水と油は、そのままだとけっして混じりませんが、この水と油の「界面」に働きかけ、性質を変える働きをするのが、「界面活性剤」です。本来ならば、混じることのない水と油が、界面活性剤によって結びつき、混ざり合います。

お皿にこびりついた油汚れが、水で洗い流せるのは、「洗剤」に含まれる、合成界面活性剤が油汚れと水を結びつけて流しているのです。台所用洗剤ならば、まだいいですが、クリームや乳液、メイク落とし、クレンジングオイルなど、実に多くの化粧品に合成界面活性剤が含まれています。

本当に強力な合成界面活性剤が使われているものは、百害あって一利無しといっても過言ではありません。けれど、実は一方で、肌のバリア機能を壊さない昔ながらのクリームにも使われています。違いはどこにあるのか?次回ご説明しますね!





乾燥肌のスキンケアは油が大事

コールドクリーム

正しくお手入れして、美しい肌を手に入れよう!

多くの化粧品に含まれる合成界面活性剤で、肌のコンディションが悪化し、ニキビや吹き出物ができたり、乾燥肌になったりと肌トラブルに悩んでいる人は多くいます。今回は、化粧品の基本のひとつ、クレンジングに注目して、どのようにお手入れをすればいいのか、ご紹介します。

ニキビや吹き出物ができたら、、、

ニキビや吹き出物の原因は、悪玉菌の異常繁殖。こういうときは、まずは肌になにも付けないことが大切。ニキビや吹き出物が出やすい人は、常在菌が食べられない油が多めに配合されたクリームで洗顔することをオススメします。

オススメはコールドクリーム

なぜなら、油剤の安定に使われている「高級炭化水素(鉱物油やスクワラン)」は、常在菌に害を与えずに、必要以上にエサが多い環境になることを防いでくれるからです。戦前に使われていた、油が中心の洗顔用コールドクリームがそうです。

洗顔

洗顔の鉄則「汚れた油は、油で落とせ」

戦前から戦後にかけて、コールドクリームは基礎化粧品と洗顔用に分かれました。洗顔の鉄則は、「汚れた油は、油で落とせ」です。これに基づいて、水を極端に減らした無水型のコールドクリームがメイク落としとして使われるようになりました。これがいわゆる洗顔用コールドクリームです。

油が主成分のクリームでも大丈夫

メイク落としでは、こうしたクリームを使って、角栓を防いだり、溶かしだしたりして、皮脂の分泌をスムーズにしてあげることが大切。油だからといって心配することはありません。そもそも肌の表面は、油が主成分の環境です。その流れが滞ったり、つまったりしないようにすれいいのです。

コールドクリームは、乾燥肌の人にも有効です。ただし、水で洗い流せるタイプのものは、注意が必要です。なぜなら、洗浄剤として合成界面活性剤が入っているからです。「水で洗い流せるクレンジングオイル」でメイク落としするのは、実は、台所要洗剤で顔を洗っているようなものなんですよ。(# `)3′)▃▃▃▅▆▇▉ブォォォォ

こうしたように乾燥肌のスキンケアは化粧品を使い分けるというのも有効ですよ( ๑˃̶ ॣꇴ ॣ˂̶)♪⁺





このページのトップへ