HOME > イアソー化粧品ブログ

冬のアトピー肌こそ、いたわるケアを!乾燥させないのが第一!

冬のアトピー肌こそ、いたわるケアを!乾燥させないのが第一!

季節によって気候が変わるのに、スキンケアが同じでいいはずがありませんよね。
秋の声が聞こえると、健康肌の人でも乾燥が気になるもの。アトピーの人はなおさら、ケアに気をつけなければなりません。冬には一層肌をいたわって、徹底的に乾燥させないケアをしましょう!

保水&保湿ケア

空気が乾燥する冬は、もちろんお肌も乾燥します。朝晩のスキンケアでは、しっかり水分を与え、その水分を肌に留めておく保湿ケアを行いましょう。

化粧水でなく、美容液がオススメです。さらに、保水力だけでなく、水分を保持する能力も高いフルルボローションをスキンケアに加えると、より乾燥を防ぎ、肌を守ってくれます。

入浴後は要注意

冬のアトピー肌こそ、いたわるケアを!乾燥させないのが第一!

お風呂で温まると、あがった途端に急激に肌の乾燥が始まります。湯気の残る浴室内ですぐに保湿ケアを行うのが理想ですが、せめて脱衣所に美容液を持って行き、タオルドライ後すぐに保湿ケアをしましょう。

服を着るより先に、美容液をつけることをおすすめします。そのくらい、入浴後の肌の乾燥には注意が必要です。

冬でも汗をかく

夏は自然に汗をかき、汗と一緒に皮脂が分泌されて皮膚膜を作ってくれるのですが、冬は特に汗をかかないので、皮膚バリアが作られず、ますます乾燥が進んでしまいます。

冬こそ、少しでも身体を動かして軽く汗をかくか、運動が苦手ならば40度程度のぬるめのお風呂にじっくり浸かって、じんわりと汗をかくようにしましょう。少しでも汗をかくことで、汗腺の働きが活発になっていきます。

外からバリアを補給

冬のアトピー肌こそ、いたわるケアを!乾燥させないのが第一!

内側から本来のバリア機能を高めるのが一番ですが、すでにアトピーで肌にひび割れなどがある場合は、外から油分を補ってバリアを補給しましょう。

クリーム系のアイテムは、水分も油分も両方含んでいます。オイル系を使用してもOKですが、その場合は水分が含まれていないので、その前に水分を充分補給してからにしましょう。

●ひとこと

アトピーの方には辛い冬ですが、内側からと外側から、両方からのアプローチで、絶対乾燥させないお肌を目指しましょう!





大人のアトピーが増えている!改善するにはどうしたらいいの?

大人のアトピーが増えている!改善するにはどうしたらいいの?

アトピー性皮膚炎というと、ほとんどが乳幼児の頃に発症し、大人になる頃には改善される例がたくさんあります。子どもは皮膚のバリア機能が未熟なので、成長して強くなると良くなるのですね。

ところが、最近は思春期をすぎてもアトピーが治らない、または大人になって再発する人が増えているというのです。その原因と対策をご紹介します。

不規則な生活とストレス

何の病気でもそうですが、アトピー性皮膚炎も、結局のところ原因は不規則な生活やストレスだと言われています。

子どもの頃は、親と暮らしていたので食事や掃除が行き届いていても、社会人になって会社勤めや一人暮らしをし始めると、不規則でバランスの悪い食事をしたり、ついつい不衛生になってしまったりすることがアトピー再発の原因をつくることになってしまいます。

こうなると、肌のバリア機能が低下してしまうので、バリアの弱まったところに化粧品や洗剤、ペット、化学繊維、紫外線などの刺激で肌から異物が入ってきやすくなってしまうのですね。

また、風邪などの病気と合併してアトピーを発症することもあるんだそうですよ。

大人のアトピー、どうしたらいいの?

大人のアトピーが増えている!改善するにはどうしたらいいの?

まずは、生活習慣を見直し、規則正しい生活、食事、睡眠を充分にとり、ストレスを上手に発散させることです。

そして、化粧品や洗剤、シャンプーなど、直接肌に使う製品を見直して、できるだけ合成界面活性剤を使っていない自然素材のものを使うようにしましょう。

フルルボローションは、アトピーの方でも使えると、評判がいいですよ!

また、女性は妊娠や出産でホルモンバランスが変わることでアトピーを発症することもあります。いつも保湿を心がけて、乾燥を避けるようにしましょう。

アトピーの原因は限定不能

大人のアトピーが増えている!改善するにはどうしたらいいの?

環境、食べ物、生活習慣、ストレスなど、いろんな原因が考えられますが、どれかひとつだけでない場合もあり、アトピー性皮膚炎の原因を限定するのは不可能に近いのだそうです。

また、根本的に治す方法が見つかっていないことも事実。けれども、必ず改善できることなので、ひとつずつ、生活習慣から見直していきましょう。

●ひとこと

大人になってからのアトピー再発は、メイクもできなくなったりと辛いですよね。

本当に肌にいいものを探して、規則正しい生活と食生活を心がけていきましょうね!





アトピーなどの超乾燥肌や敏感肌にも!フムスエキスがいい理由

アトピーなどの超乾燥肌や敏感肌にも!フムスエキスがいい理由

秋から冬にかけてはお肌が一番乾燥する季節。おまけに、一年でもっともダメージを受けているのがこの季節なのです。

健康なお肌の人はもちろん、普段からお肌のトラブルでお悩みの方は、化粧品ジプシーになっているのではありませんか?

そこで、全ての生命体に必要とされるという、フムスエキスのご紹介です。

フムスエキスとは?

アトピーなどの超乾燥肌や敏感肌にも!フムスエキスがいい理由

海底に堆積した、太古の植物、海藻、魚介類、藻類などが、分解や発酵、合成をくり返すし腐食土となったものを原料に、ミネラル豊富な海洋深層水と日本アルプスの天然水を使い、抽出される天然の美容エキスのことです。

抽出するまでに数年かかるほど、手間ひまのかかった最高クラスの美容エキスなのです。

「フルボ酸」をはじめ、天然アミノ酸やミネラル、ビタミン、糖類などが豊富で、お肌の奥まで届くので、肌老化を防ぎ、敏感肌やトラブルを抱えたお肌を積極的にケアしてくれます。

フムスエキスのパワー

アトピーや切り傷、ヘルペスにも早く治るなどの効果が報告されているフムスエキスのパワーの秘密はなんでしょう?

それは、アミノ酸やミネラル、ビタミン、糖類など16種類もの豊富な栄養成分を含み、それを肌の奥まで浸透させる力なのです。20歳をピークに、お肌の中のコラーゲンは減り続けます。

そうなると肌の奥が乾きやすくなってしまうため、化粧品での保湿が重要なのです。フムスエキスは、天然の成分ながら、栄養素がたっぷりでしかも奥まで届くという特徴を持っています。

それが、たくさんの方が肌トラブルに効果があった!と、喜んでくださる越えに繋がっているのですね。

何にでも使えるイアソーフルルボローション

アトピーなどの超乾燥肌や敏感肌にも!フムスエキスがいい理由

ドクターが考案し、一般向けに商品化したのがフルルボローション。化粧水としてはもちろん、お手持ちの美容液や日焼け止めクリーム、リキッドファンデーション、シャンプーなどと混ぜて使ってもOKの万能ローションなのです。

特に乾燥が気になる所に、全身どこでお使いいただけます。

敏感肌の方でも使えるよう、防腐剤や乳化剤は無添加です。

●ひとこと

超乾燥肌や超敏感肌の方は、本当に化粧品選びが大変です。

フムスエキスのパワーをお試しになってはいかがでしょう?二の腕でパッチテストを行ってからお使いになると安心ですよ!

イアソーフルルボローションはこちらです。





アトピーを悪化させる原因は糖分にあった!!!

糖分

アトピーを改善したい、そんなお悩みの中に糖分がアトピーを悪化させる原因ではないかという。 もちろん、アレルギー体質の方は過剰摂取は避けるべきところではありますが、糖分を摂生することで 少しでもアトピーを軽減させる方法と、糖分がアトピーを悪化せさせる原因についてご紹介したいと思います。

腸内環境

糖分を減らせ!腸内環境を整える!

糖分全般に言えることは、腸内にいる悪玉と言われる細菌の栄養分となっています。糖分を取る事、撮り続けることで、アトピーの症状が悪化、更にはお腹もゆるくなったり、便秘になったりと 悪循環な要素がある糖分。

常にコーヒーは砂糖を1杯
食後、少しお腹がすくと、お菓子を食べる
就業中は甘い飲み物ばかりに偏る


といった方は、まずは甘い物断ちを徹底しましょう。

時には甘い物を食べたくなったり飲みたくなったりするかもしれませんが、過剰摂取はアトピーの症状悪化に関係しています。まずは、摂生することから始めましょう。

食後はかゆみが頻発??血糖値がアトピー改善のコツ

血糖値と聞くと、お腹が空いて、食べたら血糖値が上昇!!なんてことぐらいしか思いつかないかも。そもそも血糖値が上がるのは、食後に急激に上昇し、インスリン分泌から様々なホルモン分泌がカラダの中で起こっています。

血糖値が上昇するとホルモンを出し、血糖値が下がりすぎないようにカラダは調整しています。これが正常ではないと、インスリン量が低下、消化、吸収に関わる肝臓に送られたブドウ糖を処理することができず血糖値の上昇を防ぎきれず、動脈硬化やカラダの様々な病気に起因するそうです。

かゆみが起こるのも、こういった血糖値が関係しています。

血糖値の急激な上昇を抑えるためには

1.野菜
2.ごはん
3.おかず


といった食べる順番が理想的。
より重いカロリーの食べ物から消化しようとするとカラダは最初からフルアクセルで消化する為、昼食後、カラダが疲れてると感じることも多いはず。

食べ方で、カラダが疲れにくかったり、血糖値を抑える働きが検証されているので、アトピーの方に限らず、眠くなったりする方も オススメです。

ひとこと

糖分は、女性なら1日に1回は摂りたいものです。
女性は女性の問題がある中で、男性と違ってストレスは職場環境でありますよね?
甘い物を欲してしまう時こそ、摂生が大事。

ガマンすることで、アトピーが軽減されれば、完治に向かうはずです。お肌は再生し続けるものですから、強くて丈夫なお肌を作る為にも、糖分を摂生することをオススメでします。





アトピーの免疫力について

アトピー

アトピーにお悩みの皆さんは、日頃から体調管理はしっかりされていることでしょう。 ですが、どうしてもカラダが怠かったり、お肌にカサカサや粉ふきになってしまったりと お肌事情にお悩みの方も多いはず。

そんな方々にお届けしたい情報をご紹介します。

免疫力ってそもそもなに?

カラダが怠かったり、疲れが取れなかったり、風邪や病気をしてしまう事って季節の変わり目やちょっとしたストレスからでも引き起こしてしまいます。

最近、疲れやすくなっていませんか?
風邪を引いたり、疲れが取れなかったりしていませんか?
そして、アトピーになっていたり、アトピーの傷の治りが遅くなったりしていませんか?


これらの原因は、免疫=抗体にあります。

免疫細胞は腸内で作られる

そうなんです。免疫を高めるためには、免疫細胞を作る事が大切です。免疫細胞を生産するには腸内環境を整える必要があるんです。

味噌

発酵食品を取る!!

アトピーの方に多いのが、アレルギー、そもそも乳製品でアレルギーを起こす人も多いはずです。アレルギー体質の方でも、気軽に腸内環境を増やせる食品としては

1.味噌
2.納豆
3.お漬物


一人暮らしの方では、自炊する方でも作る機会が極端に少ない方は、免疫力が弱ったなと思ったときに、適度に摂取すると、免疫力が向上します。

根物野菜 ごぼう 大根

腸内環境を良くする

発酵食品+α、腸内環境を整えるためには、根物野菜がいいんです。

1.大根
2.ごぼう
3.レンコン


秋から冬の季節は、煮物やお鍋が多くなるシーズンです。
根物野菜も適度に食べながら、食物繊維の野菜を取り、腸内環境を整えましょう!

アトピー

アトピーの肌事情

アトピー肌にお悩みなら、敏感肌用のスキンケアに化粧品を合わせましょう。 カサカサ肌は、常にターンオーバーが正常に行えていない状態です。

まずは肌の奥をキレイに再生するチカラを上げる為に、活性酸素を取り除きより、正常な再生を導いてあげることが大切です。

アトピー肌の方にはトライアルセットBをオススメしています。

トライアルセットBはこちら





このページのトップへ