HOME > イアソー化粧品ブログ

暖房器具でお肌が乾燥?!寝ている時も要注意!

暖房器具でお肌が乾燥?!寝ている時も要注意!

乾燥がお肌の大敵であることは、もうご存知ですよね?そして、冬に乾燥しやすいことも。冬は寒いから乾燥する訳ではなく、湿度が下がるから乾燥します。

そして、暖房器具がますます空気を乾燥させているのです。敏感肌やアトピー肌の人は、寝ている時も注意が必要ですよ!

どうして暖房器具で皮膚が乾燥するの?

冬にどんな暖房器具を使っていますか?エアコン、こたつ、ホットカーペット、ストーブ、ファンヒータ……、色々ありますが、どれもお肌を乾燥させます。

考えてみてください。暖房の入った部屋では、洗濯物がよく乾きますよね。それと同じことが、お肌の上でも起こっているのです。お肌というと、顔だけだと考えてしまう方が多いのですが、身体中の皮膚からも水分は奪われています。

ホットカーペットや電気毛布は空気を乾燥させないだろうと思っても、熱源に直接触れているので、自覚がなくても身体の水分が奪われています。

暖房器具を上手に使おう!

暖房器具でお肌が乾燥?!寝ている時も要注意!

エアコンをメインの暖房にしているなら、設定温度やタイマーなどを駆使して細かく設定しましょう。設定温度は20℃が最適です。高すぎると乾燥するので、足下が寒いと感じるなら、レッグウォーマーなどを使用して足首周りを温めてみて。

こたつ、ホットカーペットは熱源に直接触れるので、こまめに水分補給をしましょう。ポカポカして気持ちがいいのはわかりますが、こたつでうたた寝は、乾燥の大敵です。

寝具に電気毛布を使わないと眠れないくらい冷え性の人は、就寝前に温めておき、ふとんに入ったら電源を切りましょう。それで充分に暖かいまま眠れますよ。

乾燥対策

暖房器具でお肌が乾燥?!寝ている時も要注意!

可能なら、冬は洗濯物を室内に干すのも、乾燥防止と速乾の一石二鳥になります。加湿器を置いてもいいのですが、加湿しすぎや結露が気になるようなら、観葉植物を置くのもいいでしょう。

観葉植物は、根から吸い上げた水分を、葉から蒸散するので、天然の加湿器のような役割をしてくれます。寝室に加湿器を置きたくない場合にもピッタリですね。

●ひとこと

顔の乾燥には気をつけていても、身体も乾燥しているんですね!

暖房はないと過ごせないけど、上手に使いたいですね!





冬のアトピー肌こそ、いたわるケアを!乾燥させないのが第一!

冬のアトピー肌こそ、いたわるケアを!乾燥させないのが第一!

季節によって気候が変わるのに、スキンケアが同じでいいはずがありませんよね。
秋の声が聞こえると、健康肌の人でも乾燥が気になるもの。アトピーの人はなおさら、ケアに気をつけなければなりません。冬には一層肌をいたわって、徹底的に乾燥させないケアをしましょう!

保水&保湿ケア

空気が乾燥する冬は、もちろんお肌も乾燥します。朝晩のスキンケアでは、しっかり水分を与え、その水分を肌に留めておく保湿ケアを行いましょう。

化粧水でなく、美容液がオススメです。さらに、保水力だけでなく、水分を保持する能力も高いフルルボローションをスキンケアに加えると、より乾燥を防ぎ、肌を守ってくれます。

入浴後は要注意

冬のアトピー肌こそ、いたわるケアを!乾燥させないのが第一!

お風呂で温まると、あがった途端に急激に肌の乾燥が始まります。湯気の残る浴室内ですぐに保湿ケアを行うのが理想ですが、せめて脱衣所に美容液を持って行き、タオルドライ後すぐに保湿ケアをしましょう。

服を着るより先に、美容液をつけることをおすすめします。そのくらい、入浴後の肌の乾燥には注意が必要です。

冬でも汗をかく

夏は自然に汗をかき、汗と一緒に皮脂が分泌されて皮膚膜を作ってくれるのですが、冬は特に汗をかかないので、皮膚バリアが作られず、ますます乾燥が進んでしまいます。

冬こそ、少しでも身体を動かして軽く汗をかくか、運動が苦手ならば40度程度のぬるめのお風呂にじっくり浸かって、じんわりと汗をかくようにしましょう。少しでも汗をかくことで、汗腺の働きが活発になっていきます。

外からバリアを補給

冬のアトピー肌こそ、いたわるケアを!乾燥させないのが第一!

内側から本来のバリア機能を高めるのが一番ですが、すでにアトピーで肌にひび割れなどがある場合は、外から油分を補ってバリアを補給しましょう。

クリーム系のアイテムは、水分も油分も両方含んでいます。オイル系を使用してもOKですが、その場合は水分が含まれていないので、その前に水分を充分補給してからにしましょう。

●ひとこと

アトピーの方には辛い冬ですが、内側からと外側から、両方からのアプローチで、絶対乾燥させないお肌を目指しましょう!





アトピー肌に必要なケアとは?最適な保湿剤の選び方

アトピー肌に必要なケアとは?最適な保湿剤の選び方

かゆい、皮膚がボロボロ、カサカサ…アトピー肌の悩みは尽きません。また、敏感なので化粧品も使えないという人も多く、化粧品ジプシーになっている人も。

アトピー肌の人は、どんなケアをすればいいのでしょうか?最適な保湿剤の選び方をご紹介します。

アトピー肌の保湿って?

アトピー肌に必要なケアとは?最適な保湿剤の選び方

アトピーの人に必要な保湿には、2種類あります。

①肌の表面を保護する

荒れた肌は、バリア機能が低下していて異物が外から侵入しやすくなっています。しかも、すき間が空いている状態なので、内側の水分も抜けやすくなっています。

だから、表面を保護して外からの侵入を防ぎ、内側からの蒸発を防ぐことが大切です。

②肌の水分を保つ

アトピーの人は乾燥しやすいので、肌の水分量は低めです。肌に水分を与え、それを蒸発しないで保つための保湿が必要です。

保湿剤の選び方

一口に保湿剤といっても、いろんな保湿成分があります。主に3種類あるので、ご紹介しましょう。

アトピー肌に必要なケアとは?最適な保湿剤の選び方

①空気中の水分を吸着する

湿度が高い時にはたくさん保湿できますが、乾燥する季節には保湿力が低くなります。
成分の名前としては、アミノ酸類、グリセリン、尿素などですが、尿素は刺激が強く、顔に使用するのはおすすめしません。

②水分を抱え込む

肌の表面や角質層で水分を抱えて保湿します。湿度が低く乾燥していても保湿力を発揮してくれます。
代表的な成分は、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸など。

③水分をはさみ込む

角質層の細胞間脂質には層がありますが、その層の間に水分をはさみ込んで保湿します。
3種類の中では一番保湿力が高く、主な成分はセラミド、スフィンゴ脂質、水素添加大豆レシチン、リピジュアなど。

特にアトピーの人は、角質層のセラミドが不足している状態なので、セラミド配合を選ぶといいでしょう。
セラミドにも種類があり「ヒト型セラミド」か「天然セラミド」がより有効です。

また、フルルボローションも、肌にやさしく保湿してくれます。

●ひとこと

保湿剤にも種類があるんですね!しかも保湿の仕方に違いがあるとは!

しっかり成分チェックして選びたいですね!





アトピーの5原則

アトピーのNG5原則

アトピーの人にとって、皮膚の症状が悪化したりすると、ゲンナリしてしまうものですね。アトピーの対処法には、様々なことが言われていますが、これだけは守ってほしい5原則をご紹介したいと思います。

濡らさない

アトピーの箇所を濡らさない

皮膚は大抵、肌を守るために外の皮膚が守ってくれています。それらは、紫外線、外気、菌、水と内側を維持するために、外の皮膚がバリアしてくれているのですが、水に濡らさないということでは水の中には、どうしても塩素が入っていて、アトピーの方にはダメージになってしまいます。

普通の方なら、お風呂に使って指や皮膚がホワホワになった後、徐々に戻っていきますが、アトピーの方にとっては保湿性が弱く、バリア機能も低下しているので、徐々に治っていく過程で、痛みやかゆみを伴ってしまうのです。

水に濡らすことで、アトピーを悪化させてしまう事もあります。

なので、極力、水に浸からない、水を当てないようにすることで、治りかけのアトピーでさえも悪化させてしまう恐れがありますので、水道水はNGで、水を使うなら綺麗なお水を使用しましょう。

触れない、触らない、抑えない

痛痒いというアトピーの症状ですが、どうしても掻いてしまったり、掻くのを我慢してギューと抑えてしまったりする方もすくなくありません。かゆいと掻いてしまう衝動はしょうがないですが、それでも我慢して抑えてしまう方へ。

よく抑えてしまう方は、白色皮膚描記症という症状で、その部分だけ悪化させてしまうのです。

出来れば、触れない、触らない、かゆい意識を飛ばす方法を考えてみてはいかがでしょうか?

アトピーの箇所をこすらない

デリケート過ぎるアトピーの皮膚は、こすってしまうと症状は悪化の一途をたどってしまいます。特に節々の関節や膝裏、ひじ関節は子供や大人も出やすい場所ですね。

大抵、この部分は擦るというよりは引っ掻いてしまいがちですが、特に冬場は服が擦れ、刺激になり痒みになってしまうという事も多いです。

歩くたびに服と擦れてしまう部分は特に注意しましょう。

掻かないけど、擦ってしまうという人も出来るだけ我慢しましょう。

アトピーの箇所を冷やさない

冷やすと痒みが引くことがありますが、血管が収縮する為、かゆみが引くことがあります。ですが、冷やした局所が温かくなってくると痒みが増し、冷やす前よりもかゆみが激しくなることもあります。

ですので、冷やすのは逆効果だと言えます。

叩かない

叩かない

叩く箇所にもよりますが、顔だけは叩くと危険です。顔は目が大事ですので、眼球にダメージが入ってしまい視力を低下させてしまう可能性があるからです。

叩くというのは、実はひっかくよりもダメージが大きくなってしまう要因としては、叩いた振動で内側全体にダメージを与えてしまうからだといいます。

例えば皮膚の内側の毛細血管があり、そこを叩くことにより、出血を起こしたり、治ろうとしていた箇所も治癒が遅れてしまう事が挙げられます。

叩くことはひっかりよりは見た目はいいのですが、アトピーを悪化させることには変わりありませんので叩くことはやめましょう。

ひとこと

デリケートなアトピー肌の方には我慢してもらう5原則になってしまいますが、お肌の体調を整える治癒させるためには、努力することが大事になってきますね( ˘•ω•˘ )





夏の乾燥肌に気をつけたいポイント

乾燥 エアコン

夏なのに肌が乾燥してしまう。。。
最近、夏でも乾燥肌になってしまうといいます。

エアコンや冷房による乾燥
紫外線の影響
洗顔のしすぎ


が乾燥を招いてしまうんです。

肌が乾燥してしまうメカニズム

皮膚の表面は角層に覆われています。角層が外部の刺激からお肌を守り、皮膚の内側の水分を逃がさないようにも防いでくれています。皮脂腺から分泌される皮脂、汗腺から分泌される汗が混ざって皮脂膜を形成。角層の中の潤いを保ってくれているんですね。

角層と皮脂膜によって、皮膚は保護され、バリア機能として発揮してくれてるんです。

ですが、空気の乾燥、お湯や洗顔料の刺激、摩擦によって、皮脂膜が取れ、角層にダメージが及ぶと バリア機能が低下し、潤いを逃がしてしまい、乾燥を招いてしまいます。

皮膚が強い部分で検証。バリア機能が低下してるとわかる身近なこと

飲食店や主婦の方では家事で、水仕事も多いでしょう。特に洗い物。
皮膚の中で最も強いとされる足の裏や手のひら。

洗い物をず~っとしているtと、あかぎれ、ひび、肌荒れを起こしてしまいませんか?

これは、水や洗剤によって、手の水分が奪われ、ふやけた状態が続き、洗剤や塩素が皮膚から内側へ浸透し、肌荒れを起こす原因を作ってしまっているんです。家事や仕事なのでしょうがないところもありますが、手の部分よりも顔やその他の部分は非常にデリケートなんです。

夏なのに、お肌が乾燥してしまうのはなんで?

空気は乾燥していない夏、それでも乾燥してしまうのは…

①エアコン
エアコンによる室内の空気の乾燥です。
エアコンの風にあたるとその刺激で皮膚の水分が失われていきます。
エアコン+扇風機も同じ作用が働きます。

②紫外線
紫外線によって、皮膚は細胞の増殖が始まります。
皮膚は表面の一番下にある基底層で新しい細胞が作られていて、それが有棘層、顆粒層、角質という順番に上へ上へあがってきて、最後には垢になって剥がれます。

これが”ターンオーバー“です。

紫外線の刺激により、基底層での細胞の増殖が増し、細胞が不完全のまま作られてしまうと、角層に上がってきたときに充分な機能が果たせない状態の皮膚が上へ上へと上がってきているのです。

つまりは、水分保持力が弱い角層が出来てしまっているです。また紫外線は真皮まで届く場合もあり、肌の弾力やハリを保つコラーゲン繊維やエラスチンも破壊してしまいます。

夏は紫外線が強くなるので、肌の露出も多い分、紫外線による影響を強く受けてしまいます。

アトピー肌じゃなくても落屑(らくせつ)が起きる

皮膚がカサカサして、粉が吹くといった状態、白くて細かい皮膚が、皮脂欠乏症いいます。

皮脂と汗により、角層が破壊されたもの。
エアコンの風や紫外線の影響、洗顔、カラダにおいても洗いすぎが原因で、皮膚の潤いが失われてしまい夏でも乾燥して落屑になってしまうことも、少なくありません。

皮脂欠乏症になってしまうと角層が壊れた状態は、外部の刺激を受けやすくなってしまいます。

皮脂欠乏症の治療としては、”保湿”が大事。

落屑の初期段階は、粉が吹いる状態で保湿しても、悪化してしまう恐れがあります。 その下の角層に新しい皮膚が見えてきたときに、保湿を行いましょう。

新しい皮膚が形成できていることは、お肌が正常に機能するようになった証拠です。 そこから、保湿ケアしていくことで、より強いお肌にすることができます。

夏の乾燥を防ぐスキンケア対策とは??

夏の乾燥は、皮脂と角層を守ること!
次のことに注意してください!

1.入浴時(摩擦、洗いすぎ)
2.石鹸や洗剤の使い過ぎ
3.熱いお湯はダメ
4.エアコンの真下や風を浴びるところにいかない
5.紫外線対策はしっかりする


夏ならではの乾燥が気になってくる季節です。露出が多くなるシーズンには適切なケアをしてあげましょう!٩(•౪• ٩)





このページのトップへ