HOME > イアソー化粧品ブログ

夏の終わりに「肌の夏バテ」を残さないための方法とは?

夏の終わりに「肌の夏バテ」を残さないための方法とは?

「夏に老ける」って聞いたことがありますか?実際に、お肌は夏にダメージを受けやすく、夏の肌疲れが秋の訪れとともにどっと出たりすると、老け顔になったりします。

夏バテするのは身体だけではありません。お肌の夏バテ、秋に残さないために、しっかりケアしましょう!

夏の間にお肌が受けるダメージは、紫外線だけではありません。自分のお肌がどんなダメージを受けているか、チェックしてみましょう。

□紫外線を浴びたことによる乾燥
□日焼けをしたためのくすみ
□日焼け止めやウォータープルーフなど化粧品によるダメージ
□自律神経の乱れによる肌ダメージ

さて、思い当たるふしが、いくつありますか?ひとつずつ、対策法をご紹介していきましょう。

夏のダメージ残さない対策

夏の終わりに「肌の夏バテ」を残さないための方法とは?

【乾燥対策】

紫外線を浴びてしまうと、お肌の中で保湿を保つ酵素が働かなくなってしまうため、乾燥をまねいてしまいます。

実はこの影響は6ヶ月も続くことがあると言われていて、ここでしっかりケアしないと真冬になるまで乾燥が続くことになってしまいます。

セラミドやヒアルロン酸入りの化粧品を使って、しっかり保湿ケアを行いましょう。

また、オイルなど洗浄力の強すぎるクレンジングは避け、冷たい食べ物や飲み物もできるだけ控えましょう。 乾燥対策に積極的に摂りたいのは、納豆、卵、アボカド、モロヘイヤ、青魚などです。

夏の終わりに「肌の夏バテ」を残さないための方法とは?

【夏用化粧品・くすみ対策】

紫外線ダメージを避けるために日焼け止めをたくさん塗るというのは、間違ってはいませんが、強すぎる日焼け止めやウォータープルーフの化粧品はお肌に負担をかけることも事実。

山や海に行く時は、強めの日焼け止めが必要ですが、普段の生活ならファンデーションで十分に紫外線を防げます。帽子や日傘を併用すれば、より効果的です。

ビタミンCを摂るとくすみ対策にはなりますが、くすみやシミができてしまってからでは回復に時間がかかるので、お肌を乾燥やダメージから守りましょう。

【自律神経を乱さない対策】

基本は、良質の睡眠、バランスのとれた食事、適度な運動の3つです。夏にあまり激しい運動はおすすめできないので、お風呂上がりのストレッチやヨガなどがいいでしょう。お風呂もシャワーですませず、ぬるま湯でいいので湯船に浸かるようにしましょう。

寝る直前までスマホをいじるのも、良質の睡眠の妨げになります。

●ひとこと

夏のダメージは、秋から冬まで持ち越すと、乾燥する季節に突入するため、回復が困難になります。予防が一番の早道だと心得ましょう。





あなたの「くすみ」はどのタイプ?原因と対策をチェック!

あなたの「くすみ」はどのタイプ?原因と対策をチェック!

なんとも悩ましい肌の「くすみ」。肌のトーンが暗くなることから、美白化粧品だけでケアしようとしていませんか?

実はくすみの原因もさまざまで、美白化粧品を使うことだけが正解ではないのです。まずはくすみのタイプをチェックして、原因と対策を練りましょう!

くすみタイプチェック

あなたの「くすみ」はどのタイプ?原因と対策をチェック!

それでは早速、あなたのくすみのタイプをチェックしてみましょう。

□肌が硬くてゴワゴワする
△午後になると肌がくすむ
○顔色が青黒い
△朝のスキンケア後は明るい肌色だ
□洗顔後に一時的に明るい肌色になる
○目の下のくまも気になる

このチェックは、いくつ当てはまったかではなく、タイプを見るものです。


□は「角質肥厚タイプ」

○は「乾燥タイプ」

△は「血行不良タイプ」

です。

あなたはどのタイプでしたか?

タイプ別・原因と対策

あなたの「くすみ」はどのタイプ?原因と対策をチェック!

くすみの原因によって対策も違ってきます。タイプ別に原因と対策を見ていきましょう。

・角質肥厚タイプ

【原因】 加齢によるものが大きく、肌のターンオーバー周期が遅くなったために古い角質がはがれ落ちず、たまって厚くなっているタイプです。古い角質にはメラニンが含まれているので、くすみが起こるのです。

【対策】 しっかり保湿をし、規則正しい生活、バランスのいい食生活、十分な睡眠を心がけてターンオーバーを正常に戻しましょう。EGF配合のスキンケアもおすすめです。

・乾燥タイプ

【原因】 乾燥によって肌表面の角質が毛羽立つことで影ができ、肌の色が暗くくすんで見えます。

【対策】 ヒアルロン酸など保湿力の高いスキンケアを行いましょう。特に朝の保湿は重要です。化粧水など水分だけ与えても蒸発してしまいますので、水分を肌にとどめておく「保水能力」の高い化粧品を使うことが大切です。

・血行不良タイプ

【原因】 皮膚の中にある色素や血液の色が肌表面の色になります。つまり、冷えや運動不足による血行不良は、血色の悪さがくすみとなっているのです。

【対策】 適度な運動と、身体を温める食事で改善を図ります。運動は軽いストレッチでも効果がありますが定期的にウォーキングなどを取り入れるといいでしょう。また、生姜やネギなど身体を温める食品を多く摂るように心がけてみましょう。

●ひとこと

肌のくすみにもタイプがあるのですね!当社トライアルセットでもケアできるので、ぜひ試してみてくださいね!





水素化粧品 無料サンプル ご好評につき継続検討中です。

プラチナホワイトミストH+

皆さん、春の知らせを受けて、花粉と奮闘している方もいらっしゃるのではないでしょうか? 季節の変わり目は何かと、体調やお肌の調子も徐々に悪くなってくるので、体調管理やお肌のケアは しっかりと行ってください。

表題の通り、水素化粧品の無料サンプルをトライアルセットで100名様で実施しております。 もう既に、お使いたいお客様の中で、たくさんのご意見を頂戴しております。

その一部をご紹介したいと思います。

プラチナホワイトクリームH+

くすみが消えて、ニキビ跡も消え、肌の透明感がアップ。フェイスラインも引き締まる。

おでこ、頬、あごなど全体にポツポツとあったニキビ跡。少しでも改善したいと思い水素化粧品を試してみました。初日ですぐに実感できること。使い続けているうちに、気になってたニキビ跡も目立たなくなりました。

またフェイスラインもシャープになって、くすみもみるみるうちに透明感が増してきました。 肌全体の質が良くなって、得した気分です。

ほうれい線がみるみる薄くなって自然と笑顔に!年相応に見られるように!

水素化粧品を続けていたら、ほうれい線が薄くなって透明感が上がった気がします。顔全体の印象が若くなると自然に笑顔が出るようになりました。

ニキビの赤みが引いて、大きさも小さくなった

ニキビに効果があると聞き、水素化粧品を試してみました。髪の毛の生え際や眉付近に合ったニキビの赤みが消えて、肌のボコボコした感じもなめらかになりました。毛穴も引き締まって乾燥しなくなりました。

こんな声も

水素はセルライトも分解すると聞いていたが、むくみがひいて、肌が引き締まって小顔になった。(KY様)
使って2週間 顔がリフトアップしたと思っていたら友人から痩せたね!と言われた。

嬉しい声を頂きました。

水素はカラダをすり抜けるくらい小さな物質で、この水素が活性酸素の除去を行ってくれることで、老化を防いでくれる嬉しい素材です。エネルギーとしても着目されている水素は、人の生活からアンチエイジングまでを可能にしくれる、いわば女性の味方なんです。

実は、もう限定100個が完売しそうです。

季節の変わり目はお肌の体調も変わってきますし、紫外線量も増え、お肌に悪影響が出始める季節です。この機会に、トライアルセット+水素化粧品 無料サンプルをご使用頂いて、お肌が自然治癒力を養うチカラを体感してみませんか?

トライアルセットA+水素化粧品(プラチナホワイトミストH+)

トライアルセットB+水素化粧品(プラチナホワイトミストH+)

トライアルセットC+水素化粧品(プラチナホワイトミストH+)





夏本番!夏 ニキビを解消するために夏野菜をもりもり食べて健康な肌に!

夏野菜

さぁ、夏真っ盛りです!健康的にイキイキしている人は爽やかで美しいですが、お肌がくすんでいるとだるそうに見えたり、夏ニキビだって、美の半減。夏には夏野菜がお肌や元気を作ってくれます。夏野菜の効能について、ご紹介しましょう。

夏野菜って、何?

現代では、スーパーに行けばどの季節のお野菜もほとんど手に入りますよね。でも、「旬のもの」が身体にいいとされているのには、ちゃんとした訳があるのです。

夏野菜とは、キュウリ、トマト、ピーマン、ゴーヤ、ナス、とうもろこし等、夏に収穫される野菜。色鮮やかなものが多く、見た目だけでも食欲を増進してくれます!

夏野菜の効能とは?

ズバリ、夏野菜の効能とは「水分を補給し、身体を冷やす」ことです。
暑さで失われた汗を水分で補い、汗と一緒に流れてしまった栄養素も補給してくれます。ビタミン類も豊富で、夏ニキビや紫外線を浴びたお肌にも強い味方となってくれるのです。

水分補給、熱中症対策にも夏野菜

熱中症対策にも、夏野菜が◎

熱中症対策に、「水分と塩分」の両方が必要というのは、最近テレビなどでもたくさん情報が流れていますね。 でも、いつもアイソトニック系の清涼飲料水を飲むのは、砂糖の量が気になるところ。

そこでオススメなのが、夏野菜のお漬け物!特にキュウリの一本漬けなどは超オススメです。マラソンの給水所で出されることもある、熱中症予防の救世主なのです。

夏野菜の見分け方

夏野菜の見分け方

実際にスーパーへ行ってみると…どれが夏野菜なのかわからないという方に、簡単な見分け方をお教えします。

「暑い産地の野菜は、身体を冷やし、水分が多い」ということを覚えておくと、普段のお買い物で旬のものを見極められるようになります。逆に「寒い産地の野菜は、身体を温めてくれる=冬野菜」と覚えておくといいですね!

ひとこと

暑いからといって、夏に冷たい飲み物ばかり飲んでいると、身体がだるく、疲れが取れなかったり、秋には髪の毛が大量に抜けたりと、夏バテの症状が出やすくなることも。

夏野菜をもりもり食べて、冷たいものを摂取することなく、カラダを冷やしてくれる栄養素を補給しながら、夏ニキビと夏バテ予防に備えましょう!☆ヽ(▽⌒*)





水素は医学的に証明された!!!水素の4つ効果!

スキンケア

美白効果、美肌効果(シミ、くすみ、そばかす、クマ)

皮膚のシミやくすみ、これには活性酸素と脂質の結合によって引き起こされるメラニン色素を増加させる 原因となります。この結合によって過酸化脂質となることで、連鎖反応を起こしシミやくすみを招いてしまうのです。

そこで、水素を活用した、水素パックをすることで、水素分子のもつ強力な抗酸化力によってその連鎖を停止させ、皮膚のシミやくすみを鎮静化させる働きがあります。

メラニン色素の増加は、活性酸素がメラニン色素を生成するために必要となるチロシナーゼという酵素を活性化させてしまうことで起き、その根源である活性酸素を水素分子で除去することでメラニン色素の生成を抑制することができます。



保湿効果、シワ改善・抑制(潤い、弾力、シワ、キメの改善、弾力)

表皮・真皮・皮下組織の三層からなる皮膚の本体ともいえるのが真皮です。真皮は選以上のタンパク質コラーゲンが網の目のように張り巡らされた構造で、この繊維のコラーゲンの隙間に水分を保持し肌のハリや潤いを保っています。

真皮で活性酸素が増えるとコラーゲンの産生が抑制されたり、ターンオーバーに乱れを引き起こし古いコラーゲンは網の目状の繊維に硬くなって、水分が保持できなくなってしまいます。その為、肌の潤いや弾力もなくなってしまい、シワの原因になっていくのです。



マスクシート

この効果を実感するためには水素パックをお試しください!!

水素分子のもつ強力な抗酸化力によって、メラニン色素による、シミやくすみを沈静化。さらに真皮まで浸透した水素分子が活性酸素を除去することで、コラーゲンの産生が適正に行われるようになるので、水分の保持力を最大限にまで引き上げます!

この結果から、肌のシミ、くすみ、弾力、潤いが回復し、美白や保湿効果が蘇るんです♡₍₍ ◝(・ω・)◟ ⁾⁾♡





このページのトップへ