くちびるが日焼けした!対処法とお手入れの方法は?

顔やボディはしっかり日焼け対策したのに、案外見落としがちなのがくちびるのUVケアです。

また、UV効果のあるリップを付けていても、食べたり飲んだりですぐに取れてしまうのもくちびるならでは。

うっかり日焼けしてしまった場合、どうしたらいいのでしょうか?
スペシャルケアも併せてご紹介します。

くちびるが日焼けした時の対処法

くちびるはお肌と違って粘膜です。お肌と同じお手入れもできないし、ガサガサ、縦ジワの目立つくちびるでは、老けて見られてしまうことも!
まずは、日焼け直後に注意したいポイントが3つあります。

くちびるが日焼けした!対処法とお手入れの方法は?

①リップメイクをしない

紫外線をたくさん浴びると、くちびるも荒れてしまいます。日焼け直後はできる限り口紅やグロスなどを控えましょう。どうしても塗らなければならない場合は、後から紹介するリップパックをして十分保湿した後に、色つきリップなどで対処しましょう。

②皮をはがさない

荒れたリップは、皮がめくれてきてついつい手や歯ではがしてしまいたくなりますが、これはNGです。日焼け直後はかなりデリケートになっているため、無理にはがしてしまうと、ますますくちびるに負担がかかってしまいます。保湿をすることが先決です。

③刺激物を避ける

トウガラシやスパイスが多く使われている料理など、刺激の強い食べ物は、荒れたリップに刺激を与えることになってしまいます。皮がめくれているならしみますし、負担になりますので、日焼けの直後は避けた方がいいでしょう。
どうしても食べたくなったら、辛味成分がくちびるに残らないよう、食後にくちびるを水で優しく洗いましょう。

●見出し

日焼け後くちびるのスペシャルケア

日焼け後のくちびるは、保湿第一です。それには、ワセリンとはちみつを使ったパックがオススメ!日焼けした時だけでなく、日頃も行えるスペシャルケアです。

【準備するもの】

・ワセリン
・はちみつ
・ラップ

くちびるが日焼けした!対処法とお手入れの方法は?

【くちびるパックのやり方】

①ワセリン:はちみつ=1:1で混ぜる
②指先を使ってくちびるの中央から口角に向かってやさしく塗り広げる
③上唇用、下唇用とラップを2枚に切り、それぞれにラップを貼り付けるように覆う
④1分ほど待ち、そっとラップを外す

※寝る前ならそのまま、メイクするなら軽くティッシュオフをする

とにかく「やさしく」というのがポイントです。保湿を十分にしてあげてくださいね。

●ひとこと

くちびるは、顔の中でもデリケートなパーツ。
魅力的な口元のためにも、日焼け後も荒れないようにお手入れしてくださいね!

紫外線防止ファッション、より効果を上げる工夫は?

紫外線がお肌に悪いのは常識となっていますが、あまりに防御しすぎてファッションが周囲から浮いてしまうということも。

同じ紫外線防止対策でも、効果の違いがありますので、それを知ることで、カッコ良くお洒落な紫外線防止ができますよ!

帽子はツバ広を選ぶ!

紫外線防止ファッション、より効果を上げる工夫は?

日焼け防止に帽子や日傘は定番でしょうが、身体の中で一番太陽に近い頭部は、帽子をかぶることで守りましょう。
頭部に紫外線を浴びると、髪が傷みやすくなるばかりか、頭皮を傷つけ、かゆみや抜け毛の原因となることも!

また、キャップより360度ツバのあるハット、ツバも5cmより10cmの方が紫外線防止効果が上がります。

また、麦わらは通気性がよく夏に最適ですが、目が粗く紫外線は通してしまいます。生地の薄いものや白い帽子をチョイスしたい場合は、UVカット加工されたものを選ぶとよいでしょう。

サングラスで目を守る

紫外線防止ファッション、より効果を上げる工夫は?

目も紫外線を浴びると白内障などのリスクが高まるとされています。しかも、目は紫外線を感じると、体内に「メラニンを作れ!」という指令を出すとも言われており、目に紫外線があたっただけで肌は露出していないのに、日焼けするということがあるそうです。

できるだけサングラスをかけて出かけることが、紫外線防止にも繋がるのですね!また、コンタクトレンズもUV加工されたものを選ぶといいですね!

洋服の色の選び方

服の色で紫外線防止効果が違うのはご存知ですか?黒が効果が高いことは有名ですが、その他の色はどうでしょうか。紫外線防止効果の高い順に上げてみます。

黒→ターキスブルー→イエロー→ピンク→オレンジ→オフホワイト

となっています。

ちなみに、全てUVカット加工されていないとして、黒の紫外線防止率は約86%とかなり高いのに対し、ピンクで約60%、オレンジ約55%、オフホワイトでは約42%となってしまいます。白と黒、倍ほども違いがあるのですね!

また、UV加工されている洋服なら、どんな色でも紫外線を遮断してくれるので、白を選ぶ時はUVカット加工されているものを選ぶといいでしょう。

●ひとこと

お洒落に紫外線防御をするためのファッションには、ポイントをしっかり押さえることが大切ですね!
目の防御も忘れずに!

そろそろ紫外線対策!でも日焼け止めの間違った塗り方してない?

春めいてくると、気温も上がってわくわくしてきますね!美容的にはそろそろ紫外線が強くなってくる頃、紫外線対策をし始める人も多いのではないでしょうか。

日焼け止めは紫外線対策の代表選手ですが、きちんと使わないと効果が薄くなるのです。実は、日焼け止めよりも優秀な紫外線対策もあります!

日焼け止めが足りてない!

UVケアに日焼け止めを一年中塗っているという人も多いでしょう。しかし、きちんと適量を塗っていますか?日焼け止めのSPF数値は、大きければ大きいほど日焼け止め効果があると、安心していませんか?あの数値は、皮膚1㎠あたり2mgの日焼け止めを塗った時の数値なのです。

つまり顔全体で考えると、500円玉くらいの量が必要ということ。「えー、そんなに日焼け止め塗ったら白浮きするしベタつく」と思うでしょうが、これだけ塗らないとSPFに書いてある数値ほどの日焼け止め効果は期待できないということです。

そろそろ紫外線対策!でも日焼け止めの間違った塗り方してない?

日焼け止めが肌に負担

SPFの数値ほど効果が出てないと聞いて、ピンとくる人もいるでしょう。日焼け止めを毎日ちゃんと塗っていたのに、日焼けした、シミができたという人も実際にたくさんいます。

SPFの数値は「20分×SPF数値」で、時間を表しており、確かに数字が大きければ強力ではありますが、時間を長くしてくれているのですね。汗をかけば流れるし、SPF数値が大きいと肌に負担がかかります。
クレンジングでも取れにくく、お肌によくないことばかり。山や海などレジャーに行く時以外は、別の方法で紫外線対策した方が良さそうです。

最強のUV対策はパウダーファンデーション

そろそろ紫外線対策!でも日焼け止めの間違った塗り方してない?

リキッドやクリームファンデの方が紫外線を防いでくれるような気がしますが、それらは顔料(粉)の密度が低く、日焼け止め効果はそれほど強くありません。

紫外線対策に向いているのは、ズバリ「パウダーファンデーション」です。粉の成分が紫外線を跳ね返し、日焼け止めと同じような効果を発揮してくれるのです。フェイスパウダーでもUVカット効果はありますが、しっかり重ね付けしましょう。お肌への負担も軽く、汗をかいても直しやすいので一石二鳥ですね!

●ひとこと

敏感肌で日焼け止めが使えない人にとっても朗報ですね!
肌が荒れるのに仕方なく日焼け止めを使っている人はパウダーファンデだけにしてみては?

冬から春のスキンケア。保湿第一、紫外線対策も!

冬にお肌が乾燥する人は多いでしょう。乾燥対策には何をしたら効果的でしょうか?また、冬には夏の5分の1になる紫外線でも、しっかり対策をしておかないと、数ヶ月後にツケが回ってきてしまいます。

それでは、冬から春へのスキンケアをご紹介します。

保湿には固まるタイプのパック

冬から春のスキンケア。保湿第一、紫外線対策も!

美容液をしっかり塗っていても乾燥を感じるなら、固まるタイプのパックがおすすめです。乾燥するとメイクののりも悪くなり、美容液も浸透しにくくなってしまいます。

現在パックの種類はシートパックですが、注意しないと余計にお肌が乾燥してしまいます。そこでオススメなのが固まるタイプのパック。密閉性が高く、水分の蒸発をしっかり防いでくれるだけでなく、うるおいを肌の奥まで届けてくれます。

できれば特別な日だけでなく、日常使いの習慣としてスキンケアに取り入れてみてくださいね!

乾燥していても紫外線対策は必要!

冬は紫外線も少ないしと、紫外線に対して防御がゆるくなっていませんか?夏の5分の1とはいえ、紫外線は冬でも降り注いでいます。何の対策もしていないと、乾燥してバリア機能の衰えた肌に、容赦なく紫外線が入り込み、ますます乾燥やシミ、シワ、くすみがひどくなってしまいます。

●ひとこと

冬から春の保湿対策と紫外線対策、いかがですか?両方をしっかり行うことで、春をピカピカのお肌で迎えられるのですね!