春こそ、身体のデトックス!そのだるさは目覚めのサイン?

「春眠暁を覚えず」と言いますが、春はなんとなくだるくて眠くてたまらないという人も多いのではないでしょうか。

実はこれは、身体が冬から目覚めたサイン。活発に動き始める準備ができ、冬にたまった老廃物を解毒して外に出すため肝臓ががんばっているのです。

どうして春に体調が悪くなる?

身体が目覚めたサインと聞くと、元気になりそうな気がしますが、春はだるくなり、不調を訴える人が増えます。それは、目覚めたことによって冬の間にたまった有害物質を解毒しようと、肝臓がフル稼働し、負担がかかってしまっているからなのです。

おまけに冬の間は運動不足になりがちな上に食べ過ぎたり飲みすぎたりして、肝臓に中性脂肪が溜まっている可能性も。機能が低下しているのにフル稼働しているから、オーバーワークとなっているかもしれないのです。

ストレスが活性酸素を増やしてる?

春こそ、身体のデトックス!そのだるさは目覚めのサイン?

春は生活に変化も多く、何かとストレスを感じやすいと言われていますが、このストレスが体内に活性酸素を増やします。一番大きな臓器である肝臓は、たくさんの血液が流れ込むので、活性酸素もたくさん運ばれ、ダメージを受けやすいのです。

また、ストレスを受けると免疫が低下してしまい、自律神経のバランスが乱れたり、細菌やウイルスに対して弱くなってしまいます。

肝臓をいたわって、春のだるさを吹っ飛ばす!

春こそ、身体のデトックス!そのだるさは目覚めのサイン?

春にだるくて眠いのが、肝臓のせいだったなんて驚きですね!つまり、肝臓をいたわってあげると春も元気に過ごせるということです。

肝臓をいたわる方法は、
①湯船につかる入浴でよく温める
②タンパク質とビタミン類をしっかり摂る
③ウォーキングなど軽い運動をする
④喫煙は控えめに
⑤糖質や脂質を摂りすぎないようにする

これらのことに気をつけて、元気に明るい気分で春を迎えましょう!

●ひとこと

春に眠くて仕方ないのは肝臓が疲れていたからなんですね!
生活習慣に気をつけて、元気に乗り切りましょう!

若さの大敵、ストレスチェックと上手なつき合い方

ストレスのない人なんていないとは言いますが、ストレスは精神的なダメージだけでなく、お肌にも大きな影響を与えています。

肌荒れやニキビができると、ストレスが溜まっていることを疑ったことはありませんか?ストレスをなくすことは無理でも、上手につき合っていけば若々しさを保つことにも繋がります。

ぜひ試してみましょう!

ストレス傾向チェック

それでは早速、ストレス度をチェックしてみましょう。

□睡眠が浅い
□肩こりがひどい
□胃が痛むことがある
□便秘と下痢をくり返している
□生理が不順
□めまいが起こる
□動悸が起こる
□ニキビがある
□気分が沈む
□イライラする
□口が渇く
□歯ぎしりをする

いくつくらいチェックがありましたか?3つ以上に該当するなら、ストレス症状が表れているのかもしれません。上手に消化する方法を考えていきましょう。

ストレス症状は交感神経の緊張

若さの大敵、ストレスチェックと上手なつき合い方

「ストレス=嫌なこと」と思いがちですが、実は嬉しいことや楽しいことだってストレス反応は起こるのです。つまり、大きな変化が起きれば、例えそれが結婚や大きな仕事を任されるなどの嬉しいことであっても、身体は興奮して交感神経を緊張させるので、ストレス反応が出てしまうのです。

ストレスに対抗するには、交感神経優位から副交感神経優位のリラックス状態になればいいのです。趣味や好きなことをして発散するという人もいるでしょうが、それでは余計に交感神経優位になることも。

一番いいのは、何もせずに「ぼーーーーっ」とすることです。何も考えずに、ぬるいお風呂にゆったり浸かるのも効果的です。

カフェイン、タバコは控えめに

若さの大敵、ストレスチェックと上手なつき合い方

反対に、交感神経を余計に興奮させてしまうのは、カフェインやタバコです。アルコールならリラックスできるかと思うでしょうが、これも一時的なもので、体内で分解される時に覚醒作用があるため、不眠などの症状が出てしまうことも。

ストレスを感じるとイライラして、どうしてもタバコが吸いたくなったり、コーヒーやアルコールに手を伸ばしがちですが、余計にストレスを感じることになることを覚えておいてくださいね。

●ひとこと

ストレスって、身体が「がんばるぞ」とサインを出しているのかもしれませんね。
一日に一度、ぼーーっとする習慣を作るのもいいでしょう。