熱帯夜を乗り切るために!夏でも眠れるコツ4つ

熱帯夜が続き、睡眠不足という人も多いのでは?

ゴールデンタイムに眠って、しかも7時間以上眠っているのに、なぜだか朝スッキリしない、目覚めが悪い人は、「眠り下手」なのかも?原因を知り、改善できれば、真夏でもしっかり睡眠上手になれますよ!

質の高い睡眠とは?

まず、質の高い睡眠について知っておきましょう。睡眠のゴールデンタイムは22時から2時の間と言われていますが、この間に3時間以上眠っていることがまず1つ。

そして、睡眠時間が6時間以上、できれば7時間取れていること。これがよい睡眠といわれています。

でも、中にはこの条件を守っているはずなのに、眠っても疲れが取れないなど、スッキリしない人は、なにが原因なのでしょうか?

眠りの質をチェック

では、眠りの質をチェックしてみましょう。以下の項目に当てはまるものが、睡眠の質を下げている原因である可能性があります。

熱帯夜を乗り切るために!夏でも眠れるコツ4つ 1□寝る時はエアコンをかけない、またはオフタイマーにしている

2□パジャマ以外に身につけて寝る

3□寝る30分以内やベッドの中でスマホやインターネットをしている

4□起きた時、首・肩・腰が痛む

ひとつ以上、当てはまるものがありましたか?では、それぞれの改善策を見てみましょう。

眠り上手になるための改善策

【1にチェックが入った人】

エアコンが苦手、寒い、身体に悪そうなどという理由でエアコンをかけずに寝る人がいますが、暑すぎると体温が下がらず、体温が下がる時に眠くなるため、寝付きにくくなります。

また、オフタイマーにしていると途中で暑くて目が覚めてしまうので、温度を28〜29℃に設定して朝までかけっぱなしの方が快適に眠れます。

寒い場合は、上掛けで調節しましょう。部屋が暑すぎると、熱中症の恐れもありますよ!

【2にチェックが入った人】

脳は部屋着のままだと活動の延長だと捉えてしまうのだそう。パジャマは寝る時のことを考えて作られているので、汗も吸い取ってくれます。パジャマで寝ると、入眠までの時間が短くなったという調査結果もあるそうです。

熱帯夜を乗り切るために!夏でも眠れるコツ4つ
【3にチェックが入った人】

PCやスマホからはブルーライトが出ています。これは目から脳に入り、興奮状態にしてしまいます。できれば寝る1時間前にはPC画面やスマホを見ないようにしましょう。

【4にチェックが入った人】

寝具が合っていない可能性があります。起きた時にどこかが痛いのは、マットの硬さや枕の高さ、素材などが合ってないかもしれません。いつも痛みがあるなら、寝具の見直しをしてみるといいでしょう。

●ひとこと

夏でも快適に眠れる方法、なにかヒントがありそうですね!
夏バテしないため、美容のためにも質の良い睡眠をとりたいですね!

エイジングケアには、睡眠でホルモンをたくさん出す!

わたしたちの身体は、多くのホルモンが存在し、状況によって分泌されたり減少したりして体内のバランスを取っています。
しかしながら多くのホルモンは20歳頃から減り始め、その後も減る一方なのです。
40代では20代の半分、60代では4分の1にまでなってしまうホルモン!どうにか減少をストップできないものでしょうか?

どうしてホルモンが老化に関わってるの?

エイジングケアには、睡眠でホルモンをたくさん出す!

加齢とともに、眠りが浅い、抵抗力が落ちるなど、さまざまな不調や病気が増えていきます。これは、身体の隅々にまで栄養やホルモンを送り届ける毛細血管の老化により、ただでさえ減ってきているホルモンが、きちんと届けられなくなっているからなのです。

成長ホルモンは夜寝ている間に分泌されますが、夜眠くなるようにするメラトニンが減っているためによく眠れず、そのために成長ホルモンも十分に分泌されなくて抵抗力が落ちるという、マイナスのループに陥ってしまうのです。

カギは良質の睡眠

できる限り加齢による影響を食い止めるには、やはり睡眠がカギを握っています。栄養素やホルモンを届けるルートである毛細血管を若々しく保ち、限られたホルモンを有効に活用すれば、自然とエイジングケアになっていきます。

なぜなら、睡眠中は単に身体を休めているだけではなく、積極的にメンテナンスを行っているからなのです。「睡眠=再生工場の環境」と考えて、睡眠を整えていきましょう。

良質の睡眠をとるには?

エイジングケアには、睡眠でホルモンをたくさん出す!

前述したメラトニンと成長ホルモン。この2つが同時に分泌されるとゴールデンタイムとも言える深い眠りが続きます。もちろん究極のエイジングケアでもあります。

メラトニンは朝日を浴びてから15〜16時間後に分泌がはじまり、数時間でピークを迎えることがわかっています。つまり朝6時に起きる人は、21時頃にメラトニンの分泌が始まって眠くなるということですね。成長ホルモンは入眠後3時間でピークを迎えるので、午前1時頃にはしっかり2つのホルモンのピークが重なるのですね。

睡眠時間がバラバラな人は、起床時間だけでも6〜7時と決めるといいでしょう。

●ひとこと

睡眠がここまでエイジングケアに関わっているとは、驚きですね!
ホルモンの量が増やせないなら、睡眠を整えて若々しさをキープしていきたいですね!