美白化粧品では消えないシミ!これって何ですか?

シミにも色んな種類がありますが、どんなシミでも美白化粧品では効果が期待できる訳ではありません。
外からのアプローチでは消えにくいシミ、それが肝斑(かんぱん)なのです。

肝斑(かんぱん)って何?

肝斑という言葉を聞いたことがある人は多いことでしょう。シミの一種ですが、特に日本人女性はできやすいと言われているので気をつけたいもののひとつです。

年齢的には30〜40歳で出始め、頬骨を中心に左右対称に広がるようにできるのが特徴。顔の広い範囲を占めるので、顔全体の色が暗くなり、老けた印象を与えやすくなってしまいます。
顔色が悪いと思っていたら肝斑だった、ということもよくあるようですよ。

肝斑の原因は?

美白化粧品では消えないシミ!これって何ですか?

①女性ホルモンの乱れ

2種類の女性ホルモンのバランスが崩れることは、肝斑の大きな原因と言われています。30〜40代に多く、閉経後の発症はほぼないそう。加齢とともに濃くなったり消えたりします。

②紫外線

頬骨は顔で一番日光が当たりやすい場所。肝斑の直接の原因ではありませんが、関係していることは否めません。

③肌刺激

スキンケアや洗顔、マッサージなどで皮膚を必要以上にこすってしまうと、その刺激で肝斑の原因となる可能性があります。

④ストレス

不規則な生活や寝不足が続いてストレスが溜まると、女性ホルモンのバランスが崩れて①のように肝斑ができやすくなってしまいます。

肝斑は治せるの?

美白化粧品では消えないシミ!これって何ですか?

原因の多くが女性ホルモンという、体内でのことですから、化粧品やピーリング、レーザーなどの外からの治療では難しいと言われています。内服薬としてトラネキサム酸を飲むことが効果的だと言われていますが、すぐに治るというものではないので、根気よく治しましょう。

ビタミンCと一緒に摂ると、より効果的です。

また、早寝早起きを心がけ、紫外線を避けるなど、日頃の生活の見直しも大切ですよ!

●ひとこと

肝斑はそうでも、やはりシミを増やさないために、新しくシミを作らないためにも美白化粧品を使われた方がいいと思います!!

イアソー化粧品プラチナエッセンス

シミ、ソバカスを分解し抑制、肌能力を一気にアップさせる贅沢な美容液プラチナエッセンスです。

その肌の黒ずみ、身体を洗うボディタオルが原因かも?

夏になると、肌を出すファッションも多くなりますね!
ところが、何だか肌の黒ずみが気になっている方、いませんか?

実はこの肌の黒ずみ、毎日使うボディタオルが原因かもしれないのです!

どうして肌が黒ずむの?

その肌の黒ずみ、身体を洗うボディタオルが原因かも?

腕や足の黒ずみ、紫外線によるシミだと思っていませんか?
もちろん、その場合もありますが、紫外線でできたものは薄茶色のシールを貼ったように、ポツポツとできるものです。

しかし、シミというより、皮膚全体がまだらに黒ずんでいるなら、それは「摩擦黒皮症(まさつこくひしょう)」というものかもしれません。

腕やすね、背中の肩甲骨あたり、鎖骨部分などにできやすく、股関節あたりにできる黒ずみも同様のものです。

摩擦黒皮症(まさつこくひしょう)ってなに?

身体を洗うのに、何を使っていますか?ナイロンタオルなどで強くこすることで、「摩擦黒皮症(まさつこくひしょう)」になりやすくなると言われています。

また、股関節あたりが黒ずむのは、きついガードルやジーンズなどの摩擦によるもの。
初期の黒ずみなら、ボディタオルや洗い方、服装を改めれば改善されますが、色素が沈着してしまうと、残念なことに消してしまうことはできないそうです。

早いうちに対策をしましょう!

どうすればいいの?

その肌の黒ずみ、身体を洗うボディタオルが原因かも?

身体を洗うボディタオルは、木綿素材に変えましょう。そして、力を入れずにそっとなでるように肌に当てれば十分です。

力を入れてゴシゴシやらないと、洗った気がしないという方もいますが、これが原因で肌の黒ずみになってしまいますので、優しく優しく、こすらずに洗ってください。 硬いものでこするのがNGなので、麻素材やボディブラシ、絹のボディタオルもあまりおすすめできません。

また、キツすぎるガードルやピタピタのスキニーなども摩擦が強く、肌がこすれてしまいますので、毎日きついものを履くのはやめましょう。早い段階で改めれば、黒ずみは次第に薄くなっていくはずです。

●ひとこと

身体をキレイにしようとしていたことが、黒ずみの原因だったなんて驚きですね!
顔以外のお肌もやさしく扱いましょうね!

あなたの「くすみ」はどのタイプ?原因と対策をチェック!

なんとも悩ましい肌の「くすみ」。肌のトーンが暗くなることから、美白化粧品だけでケアしようとしていませんか?

実はくすみの原因もさまざまで、美白化粧品を使うことだけが正解ではないのです。まずはくすみのタイプをチェックして、原因と対策を練りましょう!

くすみタイプチェック

あなたの「くすみ」はどのタイプ?原因と対策をチェック!

それでは早速、あなたのくすみのタイプをチェックしてみましょう。

□肌が硬くてゴワゴワする
△午後になると肌がくすむ
○顔色が青黒い
△朝のスキンケア後は明るい肌色だ
□洗顔後に一時的に明るい肌色になる
○目の下のくまも気になる

このチェックは、いくつ当てはまったかではなく、タイプを見るものです。


□は「角質肥厚タイプ」

○は「乾燥タイプ」

△は「血行不良タイプ」

です。

あなたはどのタイプでしたか?

タイプ別・原因と対策

あなたの「くすみ」はどのタイプ?原因と対策をチェック!

くすみの原因によって対策も違ってきます。タイプ別に原因と対策を見ていきましょう。

・角質肥厚タイプ

【原因】 加齢によるものが大きく、肌のターンオーバー周期が遅くなったために古い角質がはがれ落ちず、たまって厚くなっているタイプです。古い角質にはメラニンが含まれているので、くすみが起こるのです。

【対策】 しっかり保湿をし、規則正しい生活、バランスのいい食生活、十分な睡眠を心がけてターンオーバーを正常に戻しましょう。EGF配合のスキンケアもおすすめです。

・乾燥タイプ

【原因】 乾燥によって肌表面の角質が毛羽立つことで影ができ、肌の色が暗くくすんで見えます。

【対策】 ヒアルロン酸など保湿力の高いスキンケアを行いましょう。特に朝の保湿は重要です。化粧水など水分だけ与えても蒸発してしまいますので、水分を肌にとどめておく「保水能力」の高い化粧品を使うことが大切です。

・血行不良タイプ

【原因】 皮膚の中にある色素や血液の色が肌表面の色になります。つまり、冷えや運動不足による血行不良は、血色の悪さがくすみとなっているのです。

【対策】 適度な運動と、身体を温める食事で改善を図ります。運動は軽いストレッチでも効果がありますが定期的にウォーキングなどを取り入れるといいでしょう。また、生姜やネギなど身体を温める食品を多く摂るように心がけてみましょう。

●ひとこと

肌のくすみにもタイプがあるのですね!当社トライアルセットでもケアできるので、ぜひ試してみてくださいね!

シミについて3つの質問!本当のところは、どうなの?

これから紫外線の強い季節がやってきますね!気になるのはお肌に紫外線を浴びることによる「シミ」のこと。

お肌にいいと言われていることは、本当に効果があることなのか?しっかり確かめて、正しい知識でスキンケアしましょうね!

Q1:「スポット美容液」って顔全体に塗ったら効果が上がる?

A:気になるシミの部分にだけ塗る「スポット美白美容液」。普通の美白美容液より少し高価ですが、果たしてこれを顔全体に塗ったら、美白効果が高くなるのでしょうか?

スポット美容液は、普通のものより美白成分の濃度が高めになっています。ですから、顔全体に使ってしまうと刺激が強すぎることも。濃度が高ければシミが消えるということではないので、正常なターンオーバーを促し、一年を通して顔全体に使える美白美容液を使うといいでしょう。

プラチナエッセンス

プラチナエッセンスがオススメ!

Q2:ビタミンC食品をたくさん食べるとシミは消える?

シミについて3つの質問!本当のところは、どうなの?

A:残念ながら、食べ物からビタミンCを摂っても、今あるシミを薄くすることはあまりないでしょう。しかしビタミンCは、紫外線によるシミを予防することにおいては期待ができます。

ビタミンCは抗酸化力があり、紫外線を浴びたことで発生する活性酸素をやっつけてくれるのですね!
特にレジャーや旅行で紫外線に長時間当たる機会があるなら、2週間前くらいから積極的にビタミンCを摂るといいでしょう。お茶や野菜、フルーツなどから摂ることが理想ですよ!

Q3:ファンデーションもUVカット入りがいいの?

シミについて3つの質問!本当のところは、どうなの?

A:実はパウダーファンデーションにはSPF表示がなくても紫外線散乱剤と同じような効果があります。日焼け止めの上にさらにSPF値の高いファンデーションを毎日塗ると、肌への負担が大きくなるため、外で過ごす時や、海や山などに出かける時はプラチナエッセンスを持ち歩いて使用するのもいいでしょう。

プラチナエッセンス

●ひとこと

シミについて、意外に間違った知識を持っていませんでしたか?紫外線対策に、ぜひ役立ててくださいね!