ヒアルロン酸の本当の役割を知っていますか?!

コラーゲンの上をいく美容成分として、一躍スターダムに上がった「ヒアルロン酸」ですが、難しい名前もなんのその、すっかり保湿の王道として定着していますね!

さて、そのヒアルロン酸、本当はどんな役割をしてくれているのでしょう?スポットを当ててみました。

ヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸は、1987年に関節炎の医薬品として承認されました。ヒアルロン酸を注射することで、関節炎の治療をするのですね。その他、皮膚科の分野でも、ケロイドなどの治療にヒアルロン酸が使われています。

さて、ヒアルロン酸とは、元々肌にも存在しており、多くの水分をため込んで、コラーゲンなど細胞と細胞の間でクッションのような役割を果たしています。

目の硝子体や関節、脳など全身にも存在しています。水分をため込む性質とクッションの役割で、肌にヒアルロン酸がたくさんあると、みずみずしくて弾力のあるお肌になるのですね。

ヒアルロン酸配合の化粧品は役に立つ?

ヒアルロン酸の本当の役割を知っていますか?!

ヒアルロン酸は、コラーゲンよりも大きな分子です。肌の表面から奥まで浸透できるサイズがゴルフボールくらいだとすれば、コラーゲンはなんと東京ドームほども大きく、ヒアルロン酸はそれを包むほどに大きいことになります。

つまり、化粧品で肌の表面にヒアルロン酸を塗っても、お肌の奥には届かないのです。塗ってもダメなら食べるとどうでしょう?

これも、コラーゲンと同じく腸の中で吸収されるために、アミノ酸に分解されてしまい、お肌へは届いてくれません。

しかし、ヒアルロン酸は、「水分を取り込む」という能力のため、肌に塗ると保湿効果が期待できるのです。塗っても食べても、肌の奥の本来ヒアルロン酸がある場所へ届けることはできません。

でも、スキンケアで塗ることで、保湿に最適な役割を果たしているのです。

保湿にはヒアルロン酸配合の化粧品を!

ヒアルロン酸の本当の役割を知っていますか?!

結論として、ヒアルロン酸は表面に塗ることで保湿力を発揮できるということですね!

冬に乾燥が気になる人や、夏でも紫外線によるダメージを防ぐため、保湿は欠かせません!ヒアルロン酸配合のスキンケアを選んでみてください。

当社「トライアルセット」でもお試しできますよ!気になる方はお問合せくださいね!

●ひとこと

ヒアルロン酸って、よく保湿に使われてるけど、水分をため込む性質があるんですね!
乾燥肌で困っているなら、ぜひ試してみましょう!

 本当にその保湿化粧品に効果はある?確かめるには“ハーフサイドテスト”

いろんな情報があふれていますが、何を信用したらいいのか、何を使ったらいいのか、本当に効果が出ているのか、わからないまま使い続けていませんか?

そんな時は、“ハーフサイドテスト”をしてみましょう。使ってみなければ効果がわからない化粧品だからこそ、試してみたい方法です。

保湿力を見分けるには?

 本当にその保湿化粧品に効果はある?確かめるには“ハーフサイドテスト”

とろみがあって、濃度が高そうなものが保湿力が高いと思っていませんか?実は、お料理の片栗粉でとろみを付けるのと同じように、化粧品にも簡単に粘り気を出すことができるのです。

実際に成分表から濃度まではわかりませんし、メーカーも基本的には濃度を明かさないことが多いようです。

では、どうやって保湿力を確かめたらいいのでしょう?そんな時にぜひ行って欲しいのが“ハーフサイドテスト”です。

ハーフサイドテストとは?

文字通り、顔の半分側だけで確かめてみる方法です。保湿系商品は基礎化粧品なので、片方だけテストしても、極端に変化が現れることはありませんので、安心してください。
化粧品の保湿力が、自分に効果があるか試すのにとても有効な方法です。

 本当にその保湿化粧品に効果はある?確かめるには“ハーフサイドテスト”

【ハーフサイドテストのやり方】

①顔の左右どちらで行うかを決める。
②毎日、決めた方の半分だけに、テストしたい化粧品をつける。
③毎日、左右差を観察する。

※ただし、美白やシワ用化粧品などは、効果が出るまでに数年かかることもあるため、このテストには向きません。

テスト期間は、1〜2週間で見分けることができます。手で触った感触、見た目、自分で感じる乾燥の度合いなどをじっくり観察して、その化粧品が本当に肌の改善になっているのか、自分の肌に合っているのかを確かめてください。

フルルボローションは、それだけでも保湿力が高いものですが、化粧水や美容液に足して使うと、もっと効果を発揮します。ぜひ、ハーフサイドテストで、その実力を確かめてみてください。

●ひとこと

これはやってみる価値がありそうですね!

リピートするかどうかの判断材料にもできますね!