夏は実は太りやすい?夏のダイエットの落とし穴とは?

夏は露出の多いファッションになるため、一番痩せていたい季節ですよね。
暑くてたくさん汗もかくし、食欲も落ちるし、夏は痩せるチャンス!と思っていたのに、なぜか太る…、ということがありませんか?

実は夏には太りやすいカラクリがあったのです。

なぜ夏に太りやすいの?

夏は実は太りやすい?夏のダイエットの落とし穴とは?

イメージとして、夏はエネルギーをたくさん消費しているように感じていませんか?実はその逆で、夏は基礎代謝が低下してしまうのです。

気温が高いため、体温を維持するためにエネルギーを使わずともよく、しかも汗をかきたくない、日光を避けたいというために運動不足になりがちなのです。

食欲は落ちても、冷たいものや食べやすいものばかり食べることで栄養が偏るのも、痩せにくくなってしまう原因です。

夏のダイエットの注意点

もう一つ、夏にダイエットするなら注意すべきことがあります。それは、塩分不足。汗をたくさんかけば、むくみも取れて体重も落ち、見た目にも変わります。

ただし、水分が抜けただけでまだ脂肪が落ちたとは言えない場合も。とにかく汗をかけばいいという方法では、いくら水分を補給しても、体内の塩分濃度は下がってしまいます。

塩分不足になると、めまいや吐き気、手が震える、倦怠感などの症状が出てしまうので、体調がおかしいと感じたら、スポーツドリンクなどで塩分とミネラルを補給しましょう。

夏に最適のダイエットとは?

夏は実は太りやすい?夏のダイエットの落とし穴とは?

結局、運動が一番新陳代謝があがります。とはいっても、激しい運動はおすすめできないので、夕方や早朝のウォーキングがいいでしょう。ヨガもおすすめです。

また、冷たい飲み物や食べ物はできるだけ控えて、身体は冷やさないこと。お風呂もシャワーで済まさず、なるべく湯船に浸かるようにしましょう。

汗をかいたら、こまめに水分と塩分を補給することも忘れずに!

また、バランスのよい食事と質の高い睡眠も、ダイエットの強い味方です。生活習慣から気をつけてみるといいですね。

●ひとこと

夏って意外にも太りやすい季節なのですね!塩分不足には注意して、がんばりすぎは禁物ですよ!

代謝をあげるなら太ももに注目!メリットとトレーニング法

ダイエットは女性の永遠のテーマですが、美しくスマートになりたいですよね。ダイエットには「筋肉をつけろ」と言いますが、効率よく代謝をあげてリバウンドもしにくいのが、太ももの筋肉を鍛えることなんです。
そのメリットとトレーニング方法をご紹介します。

どうして太ももの筋肉なの?

太ももにある筋肉は、身体で一番大きな筋肉と言われています。前面は「大腿四頭筋」、裏面は「ハムストリングス」とこの二つは有名ですが、内側にも「内転筋群」と呼ばれる筋肉があるのです。

日々の歩く、走る、跳ぶ、座る(しゃがむ)、かがめるなどの動作は、これらの筋肉が支えてくれているのですね。

つまり、日頃の動作で鍛えやすく、ここに筋肉が付けば効率的に筋肉を増やすことができるという訳です。

太ももの筋肉を鍛えるメリットは?

代謝をあげるなら太ももに注目!メリットとトレーニング法

では、太ももの筋肉を鍛えると、どんないいことがあるのでしょうか?

・基礎代謝があがって痩せやすくなる
・体幹が安定し、いろんな動作がやりやすくなる
・生理痛や腰痛をやわらげる
・血流をよくする

こんなにいいことがあるのですね!女性は太ももを鍛えると「ムキムキになってイヤ」というイメージがあるかもしれませんが、ムキムキになるまで筋肉をつける必要はありません。
太ももが引き締まると、身体全体が引き締まり、ほっそりスリムに見える効果もありますよ!

太ももの筋肉を鍛える方法

代謝をあげるなら太ももに注目!メリットとトレーニング法

①スクワット

・足を肩幅に開き、手は腰に当てましょう。慣れてきたら胸の前で組むと負荷がかかります。
・ゆっくり息を吸いながらかがみます。この時、膝が(横から見て)つま先より前に出ないことに気をつけましょう。コツは膝を曲げるというより、お尻が斜め後ろへ引っ張れる感じです。
・15回を2〜3セット

②ヒップアダクション

・体育座りになり、両手で膝をギュッと開かないように押さえます。
・手で押さえたまま膝を開いたり閉じたりします。手で押さえつける力で、負荷を調節します。
・15回を2〜3セット

その他にも、20〜30分程度のウォーキングや、その場で大きく腕を振りながらの足踏み、日常的に階段を使うなどでも十分に鍛えられます。
日頃から習慣にするといいですね!

●ひとこと

太ももの「すき間」に憧れる女性も多いのでは?ダイエットにも美容にも筋肉をつけるのはいいことなのですね!


気になる「カロリー」のこと、正しく知りましょう!

ダイエット=カロリー制限だと思っている人、多いですよね。それと同時に、リバウンドしたことがある人も多いのはどういう訳でしょう?

そもそも、「摂取カロリー」と「消費カロリー」、どうやって算出されているかご存知ですか?カロリーに振り回されない食生活こそ、実はダイエットの早道かもしれません。

摂取カロリーとは?

最近は、各商品にも原材料とともにカロリーが記されていることがありますね。ついつい気にしてしまいますが、カロリーってそもそも何でしょう?

カロリーを調べるには「燃焼実験」というものを行います。その食品がガラス容器の中で灰になるまで燃え尽きるのに、1ℓの水の温度が何度上がったかという数字が、カロリーになるのです。

しかし、食べたものは身体の中で燃える訳ではありませんよね。食品は「酵素」によってエネルギーに換えられるからです。要は、カロリーの高い低いではなく、バランスのとれた食事が重要ということなのです。

気になる「カロリー」のこと、正しく知りましょう!

消費カロリーとは?

それでは、「消費カロリー」とは何でしょう?よくウォーキング30分で○○㎉消費、という表示がありますが、そもそも消費カロリーの算出方法を見ると、ちょっと疑問が残ります。

消費カロリーは、被験者にマスクを付け、「吸い込んだ酸素の量」と「吐き出した二酸化炭素の量」を調べます。この酸素が二酸化炭素に変化したエネルギーを「消費カロリー」と呼んでいるのですね。

つまり呼吸が激しくならない運動ほど消費カロリーが少なくなります。わたしたちはただ生きているだけでエネルギーを消費しているので、一概にこの消費カロリーとにらめっこしながら、辛い運動をすることは必ずしも正しいダイエット方法とは言えないのです。

正しく知って、食事制限はほどほどに

気になる「カロリー」のこと、正しく知りましょう!

「摂取カロリー」と「消費カロリー」の算出方法を正しく知れば、食事制限と運動によるダイエット方法が、ちょっと違うと感じるのではないでしょうか。
リバウンドの原因も、カロリーにばかりこだわっているせいかもしれません。もう一度、生活習慣から見直してみましょう。

●ひとこと

カロリーはすごく気にするのに、そのカロリーがどこから来ているのか知らない人、多いのではないでしょうか?
極端な食事制限や激しい運動は時に危険です

糖質制限って本当に効果あるの?正しいやり方は?

糖質は必要だと言う人もいれば、糖質がまるで悪者みたいにダイエットの敵!と言う人もいて、一体何を信じたらいいかわからなくなりませんか?糖質のことを正しく知って、芯から美しいスマート体型を目指しましょう。

糖質摂取量のチェック!

まずは、自分の身体には1日にどれだけ糖質が必要か知っておきましょう。この基本量を守れば、糖質をすべてカットする必要はありません。その計算方法は、

◇1日の糖質摂取量=体重(kg) × 1g

つまり、体重が50kgの人なら、50gということになります。これ以上糖質を摂ってしまうと、なかなかダイエットが成功しないということになってしまいます。
自己流でなんとなく糖質を抜いている……という人は、この糖質摂取量を守るようにしましょう。

糖質を多く含む食品

糖質制限って本当に効果あるの?正しいやり方は?

1日の糖質摂取量がわかったところで、糖質が気になる食品をあげておきます。自分の摂取量が50gだとしても、ごはん50gしか食べてはいけないということではないので、間違わないようにしてくださいね!

・ごはん(精米)1杯(150g)→55.2g
・食パン6枚切1枚(60g)→26.8g
・うどん1玉(250g)→52.0g
・そば1玉(170g)→40.8g
・パスタ(乾)1人分(80g)→55.6g
・小麦粉大さじ1(9g)→6.6g
・じゃがいも1/2個(60g)→9.8g
・牛ヒレ肉(100g)→0.5g
・豚肉(100g)→0.1g
・コーラ(500ml)→56.5g
・ポカリスエット(500ml)→31.0g
・アーモンド35粒(50g)→4.7g

タンパク質と脂質も必要

糖質制限って本当に効果あるの?正しいやり方は?

糖質を制限しても、タンパク質と脂質が不足していればダイエット効果が発揮されません。タンパク質と脂質摂取量の目安は両方とも同じで、

◇タンパク質&脂質摂取量の目安=体重(kg) ×1〜1.5g

ということになります。体重が50kgの人なら、50〜75gです。糖質を制限しつつ、タンパク質と脂質も基本摂取量を守った食事を摂ると、栄養バランスのよい、健康的なスローダイエットになります。

また、糖質は朝、特に起きてから30分以内に摂ると、脂肪になりにくくなります。ごはんを食べるなら、朝食が最適です。

●ひとこと

糖質制限ってよく耳にしますが、ただ炭水化物を抜けばいいワケではないのですね!
摂取量を守れば糖質も摂っていいのだから、ダイエットも続きそうですね!

ダイエット中なのに飲みすぎた!翌日に行うリカバリー法とは?

ダイエット中は食事バランスに気をつけて、お酒も控えたりしてストイックな生活になりがちです。ついつい飲み会ではじけてしまって、飲みすぎたり食べ過ぎたりしてしまうことも。

翌朝体重計に乗って大後悔!なんてことになったら、試してみたい対処法があります。

ダイエット中の飲み会、その前に!

ダイエット中なのに飲みすぎた!翌日に行うリカバリー法とは?

せっかく自炊して規則正しい生活をし、ダイエットで数キロ痩せたのに、飲み会で体重が1キロ増えた!なんて悲しいですね。でもダイエット中でも飲み会はあるし友人とも会いたいもの。

翌日後悔するその前に、ダイエット中の飲み会では、お酒と一緒に水やお茶を飲みましょう。アルコールはトイレが近くなりますが、これは分解される段階で水分を多く使っているということ。もちろん体内は水分不足になりますので、水分を一緒に摂って分解を促しましょう。

飲みすぎ・食べ過ぎた翌日の対処方法

飲み会の翌日の体重は、塩分の多いものを食べたり、水分を多く摂ったりしているため、むくみであることが多いもの。食べた分の糖分は、体脂肪となって体重計に現れるのは約2週間後なのです。つまり、むくみを解消して、過剰に摂ってしまった糖分を消費すればリカバリーできます。

①朝食は水分をしっかり補給

無理に抜く必要はありませんが、食欲がなければ食べなくてもOK。水分だけはしっかり摂りましょう。トマトジュースやしじみ汁など、固形物を食べないのがおすすめです。

②ランチ軽め、夜は和食

ダイエット中なのに飲みすぎた!翌日に行うリカバリー法とは?

お昼になって流石にお腹が空いても、昨夜伸びてしまった胃はまだ元の大きさに戻っていません。できればサラダだけと水分など、軽めがいいでしょう。
夕食には青魚を中心とした和食を。オメガ3脂肪酸が脂肪の代謝を促してくれます。

③お風呂に浸かる

飲んだその日は、血液中の水分が汗をかくことで濃くなってしまうため、入浴はしない方がいいのですが、翌日は確実にむくみをとるためにお風呂に浸かりましょう。ぬるめのお湯にゆったりと浸かり、足のリンパをマッサージするなどすると、むくみを早くとることができます。

●ひとこと

なるほど!飲んだ翌日の体重増加は水分によるむくみなんですね!
対処法を知っていれば、ダイエット中の飲み会も怖くないかも。ただし、続けるとリカバリーできなくなりますよ。