夏の栄養不足、気がついていますか?量より質に注目!

食欲が落ちやすい夏ですが、普通に食べられないことで栄養不足に陥ってしまいます。
そうなると、栄養バランスを崩して、だるい、疲れが取れないなどの夏バテになってしまうのです。夏は特に、量より質に注意して食事バランスを考えましょう。

夏に不足するのはタンパク質

暑くて食欲が落ち、ついつい冷たい麺類やコンビニのおにぎりやサンドイッチ、アイスクリームで済ませたりしていませんか?

夏場はそれでなくてもエアコンによる気温差で、自律神経が乱れがち。

そこに栄養バランスまで乱れてしまっては、夏バテになってしまいます。夏場不足しがちな栄養素はズバリタンパク質!

タンパク質が不足すると免疫力が落ちて抵抗力がなくなり、疲れやすくなるばかりか、脳の神経伝達物質にも影響して精神的にも安定しなくなってしまいます。

美容のためにも、タンパク質をしっかり摂ることを意識しましょう。

枝豆&豚肉がベスト!

夏の栄養不足、気がついていますか?量より質に注目!

卵や鶏肉、納豆などの大豆製品はタンパク質が豊富ですが、特に夏におすすめなのが「枝豆」と「豚肉」です。
夏は冷たいソバやソーメンなどを多く食べるので、炭水化物が多いのですが、豚肉に含まれるビタミンB1は炭水化物をエネルギーに換えてくれるのです。
タマネギと一緒に炒めたり、冷しゃぶにしたりして、サッパリ食べられるのもいいですね。

また、枝豆は将来大豆となる豆であり、良質なタンパク質源です。しかもビタミンC 、カルシウム、βカロテン、鉄分、食物繊維といった栄養分を含んでいて、疲労回復にも役立つと言われています。

豆乳の冷製スープで乗り切ろう!

夏の栄養不足、気がついていますか?量より質に注目!

どうしても食欲が出ない場合は、豆乳をベースにした冷製スープで乗り切りましょう。豆乳は大豆より消化吸収率がよく、タンパク質を効率よく摂ることができます。

カボチャやじゃがいも、にんじんのポタージュを豆乳で作り、冷やしておくと、食欲のない時でもタンパク質を摂ることができますよ!

●ひとこと

夏に特に不足する栄養素があるなんて驚きですね!夏バテにならないためにも、タンパク質不足にならないように気をつけましょう。

夏の前にすでにだるい!雨が続く時期に必要な栄養素とは?

雨ばかり続くせいか、気分が上がらずなんとなく身体がだるい……。
梅雨の時期は体調不良になりやすいですが、その原因は何でしょうか?

どんよりした時期を元気に乗り切るため、しっかり必要な栄養を摂って夏を迎えましょう!

どうしてだるくなるの?

じめじめと蒸し暑い梅雨の時期は、汗をたくさんかいています。実は汗と一緒に、カリウム、カルシウム、鉄分、ビタミンB1などの水に溶けやすい栄養素は排出されてしまっているのです。

これらの栄養素が不足すると、身体がだるくなったり、疲れやすい、疲れがとれないといった症状が引き起こされてしまうのですね。

さらに、雨をもたらす低気圧によって自律神経のバランスが乱され、だるくなったりします。低気圧で頭痛を訴える人も多いようです。

日光不足によるセロトニン不足

夏の前にすでにだるい!雨が続く時期に必要な栄養素とは?

セロトニンとは、精神を安定させる働きのある脳内神経伝達物質です。「幸せホルモン」とも呼ばれていますが、睡眠や血圧、体温を調節するのに重要な役割を果たしているため、これが不足するとうつ病になるとさえ言われているのです。

セロトニンは、太陽の光を浴びることでセロトニン神経が活発になり分泌されます。おすすめは目覚めた時の朝日を浴びることですが、梅雨の時期はそれもできないので不足しがちになるのです。

不足しがちな栄養素を補給するには?

夏の前にすでにだるい!雨が続く時期に必要な栄養素とは?

・カリウム

不足するとむくみやすくなるため、枝豆やニラ、オクラなどを積極的に摂りましょう。

・カルシウム

筋肉や神経の働きを助けているので、不足すると疲れやすくなってしまいます。小魚や乳製品、大豆などに多く含まれます。

・鉄分

酸素を運んでくれるので、とても大切な栄養素です。特に女性は普段から不足しがちなので、レバーや小松菜などを毎日の食事に取り入れましょう。枝豆にも鉄分は多く含まれています。

・ビタミンB1

不足すると糖質をエネルギーに変換できなくなるため、疲れがたまりやすくなります。大豆製品や豆類がオススメです。

・セロトニン

食べ物から直接摂ることができないので、セロトニンを作る材料となるものを食べましょう。乳製品や卵、大豆食品、バナナがオススメ。

●ひとこと

雨が続くと身体にはこんなことが起こっているのですね!栄養をしっかり摂って、梅雨を元気に乗り切りたいですね!

ビタミンACE(エース)で抗酸化力を味方にしよう!

活性酸素がシミやシワの原因であることはよく知られていますね。化粧品やエステなどで外側からいくらアプローチしても、やはり身体の内側からのケアが一番大切です。そこで、積極的に摂って欲しいのがビタミンACE(エース)。

強い抗酸化力で、美肌を内側から支えてくれます。

ビタミンACEとは?

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEのことをそのビタミンの種類を取ってビタミンACE(エース)と呼ばれています。これらがどうして活性酸素に対抗できるかというと、抗酸化力を持っているからです。
今回は、代表的なビタミンACEをご紹介しますので、それぞれの特性を知り、上手に食事に取り入れていきましょう。

【ビタミンA】

ビタミンAは、レチノールを多く含んでいます。これは目や肌の粘膜の代謝を活発にしてくれる働きがあり、免疫機能を高める作用があります。不足すると暗くなるとよく見えないという、夜盲症を引き起こしてしまいます。

また、上皮細胞も健康に保ってくれるので、お肌はもちろん、口や鼻など粘膜の表面を守り、細菌の侵入を防いでくれてもいます。

最近は、がん予防成分としても注目を浴びています。
油性なので油と一緒に摂ると吸収率が上がりますが、摂りすぎにも注意が必要です。

また、人参などに多く含まれるβカロチンも、体内でビタミンAに変わります。

ビタミンACE(エース)で抗酸化力を味方にしよう!

レバー・うなぎ・銀ダラ・チーズ・卵などに多く含まれます。

【ビタミンC】

ビタミンCは果物だけでなく、野菜にも多く含まれます。美白成分だと思い浮かべる人も多いでしょうが、コラーゲンの合成を助ける効果もあり、もちろん抗酸化力も高いのでアンチエイジングには最適の食べ物です。

フルーツは身体を冷やし、糖質も多いため、野菜から摂ることを心がけましょう。 キャベツ・ピーマン・のり・れんこん・カリフラワー・ブロッコリー・ゴーヤ・小松菜などに多く含まれます。

【ビタミンE】

ビタミンEは油性ビタミンで、脂でできている細胞膜にあり、活性酸素の攻撃から細胞膜を守ってくれています。また、加齢とともに脂質が酸化するのを防ぐ効果も期待されます。

ビタミンACE(エース)で抗酸化力を味方にしよう!

アーモンド・ほうれん草・かぼちゃ・豆腐・卵・キウイフルーツ・いわし・うなぎなどに多く含まれています。

●ひとこと

いつもの食事にビタミンACEをバランスよく取り入れてみましょう。
アンチエイジングには欠かせない、強い味方ですよ!

止まらない食欲!その暴飲暴食、意志が弱いせいじゃない?

暴飲暴食が美容にも健康にも悪いことはわかっていても、どうしても「ついつい」やってしまう食べ過ぎ、飲み過ぎ…。やってしまってからまた後悔するという、悪いループにはまっていませんか?

その暴飲暴食、意志の力ではなく、身体が要求しているのかもしれません!予防するために、原因を突き止めましょう!

【原因①】血糖値の上下が乱れている

止まらない食欲!その暴飲暴食、意志が弱いせいじゃない?

例えば、毎日ジュースを飲む、スナック菓子やスイーツを食べるという習慣がある人は、暴飲暴食になりやすくなります。

なぜなら、砂糖を毎日大量に体内に入れることで、血糖値が上昇し、それを下げようとインシュリンが大量に出て、次は血糖値が下がり過ぎるという、血糖値の急上昇・急降下が起きるからなのです。

血糖値が上がると血がドロドロになりますから、インシュリンが大量に出る→インシュリンが大量に出ると、血糖値が下がり過ぎる→また糖を求めて、食欲が出る→暴飲暴食→血糖値が上がる→インシュリンが……、という無限ループです。

これを解決するには、ごはんの前にサラダなど食物繊維を食べ、血糖値の上昇をゆるやかにすることが大切です。

【原因②】カロリーオーバーなのに栄養不足

止まらない食欲!その暴飲暴食、意志が弱いせいじゃない?

外食やコンビニ弁当など、偏った食事をしていると、カロリーは高いのに栄養が足りていないという状態になります。身体は栄養を求めて「もっと食べろ!」という命令を出すので、暴飲暴食につながってしまうのですね。

身体が欲しがっているのは「ビタミン」と「ミネラル」です。バランスのいい食事をしましょう。自炊が厳しければ、上手にサプリメントを利用するのもいいですね。

【原因③】ストレス

誰にだってストレスはありますが、あまりにもストレスが強いと、ホルモンバランスが崩れてしまいます。これが暴飲暴食に繋がってしまうので、バランスのいい食事を摂ることを心がけましょう。
特に小魚や野菜、海藻やキノコを食べることです。外食ばかりで無理という人は、サプリで上手に「ビタミン」と「ミネラル」を補給してください。

●ひとこと

暴飲暴食って、栄養の偏りや不足によって起こるのですね!
これに気をつければ、もう後悔しないですむかもしれませんね!

エイジレスな肌作りには、抗酸化物質を食べる!

日々生きていれば、人間は歳を取るものです。しかし、そこに少しでも抗いたいのが女性というもの。
そこで、今回はエイジレスな肌作りに欠かせない食事についてご紹介していきましょう。

抗酸化物質が肌の老化を食い止める!

活性酸素が肌の酸化をすすめてしまう、憎き敵だということはもうご存知ですね。活性酸素は、細胞や組織を傷つけ、シミやしわの原因にもなってしまうのです。そこで、抗酸化力のある食品を取り入れて、活性酸素をやっつけようというもの。

抗酸化物質の代表選手はビタミン類です。

中でもビタミン「A・C・E」は抗酸化力が強く「ビタミンエース」と覚えておきましょう。レバー、ニンジン、れんこん、カリフラワー、アボカド、胚芽、かぼちゃなど積極的に摂りましょう。
また、ポリフェノールも有効で、緑茶に含まれるカテキン、大豆のイソフラボン、ごまのリグナンなどが代表的です。

野菜と飲み物は温かいものを!

エイジレスな肌作りには、抗酸化物質を食べる!

加熱するとビタミンが壊れるとよく言われますが、サラダで食べる野菜はビタミンも少なく生で食べると身体を冷やしてしまいます。

そこで、かぼちゃやにんじん、ほうれん草などの緑黄色野菜を温野菜にすると、たくさんのビタミンが摂れる上に量も食べられ、身体も冷やしませんよ!

また、最近は水をたくさん飲む美容法がよくすすめられていますが、水分のとりすぎはむくみの原因になることも。水分補給は大切ですが、できればノンカフェインのハーブティーなどを温かくして飲むのがおすすめです。

炭水化物は脇役に、肉や魚も食べる!

エイジレスな肌作りには、抗酸化物質を食べる!

一日の栄養バランスを見てみたら、ごはんやパン、麺類ばかりで炭水化物だらけになっていませんか?糖質はエネルギー源として欠かせないものですが、美肌のための栄養はあまり含んでいないのです。
美肌とダイエットのためにも炭水化物は控えめにして、温野菜とタンパク質をきちんと摂りましょう。

タンパク質は、肉や魚。目安は1日100gと覚えておきましょう!

大豆製品からでもタンパク質は摂れますが、実は鶏のささみ1本分(約80g)のタンパク質を豆腐で摂ろうとすると、1丁も食べないといけないのです。

タンパク質は肉や魚からと覚えておきましょう!

●ひとこと

毎食バランスよく食べるのは難しくても、一日のトータルバランスを見てしっかり抗酸化力でエイジレスな肌を目指しましょう!