大人ニキビは治ってもやっかい!赤く残るタイプのケア方法

大人ニキビは、くり返し同じ場所にできることが特徴です。まずはニキビができないようにしないといけませんが、治ってもやっかいなのが大人ニキビ。

ニキビ跡となって、シミみたいなったりしますよね。今回は、赤く残るタイプのケア方法をご紹介します。

赤ニキビ跡になる訳

大人ニキビは治ってもやっかい!赤く残るタイプのケア方法

ニキビが治ったのに、赤い跡になって残っていること、ありませんか?

それは、まだ肌の奥での炎症が続いているからなのです。肌の表面だけでなく、内部までニキビの炎症が広がってしまったのが原因。赤いニキビ跡ができた時は、肌が弱ってきている証拠ともいえます。

この肌からのサインを見逃さず、正しいケアをしてあげましょう。ただし、即効で治す方法はなく、最低でも1ヶ月以上はかかるので、じっくり向き合いましょう。

赤ニキビ跡の正しいケア方法

ニキビ用の化粧品には「サリチル酸」とい炎症を抑える成分が入っていますが、これは刺激が強めです。ニキビに良かれと思って使っていたのに、肌の内部まで広がった炎症には悪影響ということも。

ニキビ用化粧品なら、刺激の少ない「グリチルリチル酸」の配合されたものを選びましょう。

また、肌の奥が炎症を起こしている状態なので、やさしい保湿成分を奥まで届けたいですよね。そこでオススメなのが「ナノ化」された超微細成分のもの。肌の奥まで成分を届けてくれます。 ※肌の奥とは、角質層まで

ターンオーバーを整える

大人ニキビは治ってもやっかい!赤く残るタイプのケア方法

跡になる、肌の奥が炎症を起こしている、ということは、ターンオーバーを正常に促してあげて、代謝をよくすることが一番です。
つまり、跡になってシミのようになったりするのは、ターンオーバーによって奥の方の老廃物が肌表面に押し上げられていないから。肌をやわらかく保湿するのが早道です。 ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドが配合された美容液を使うと、徐々にターンオーバーが整い、お肌が潤っていきます。

●ひとこと

フルルボローションは、グリチルリチン酸2K、ヒアルロン酸Na、白金ナノコロイドが配合されており、ターンオーバーを整えるサポートをしてくれますよ!

フルルボローションを新発売しました。

フルルボローションが新発売しました。

フルルボローションの効果 乾燥肌、敏感肌の方に、肌バリア機能を整えて守る働きがあります。 ニキビ肌の方に、殺菌作用があり、炎症や悪化を抑えます。肌荒れが酷い方に、低刺激なので、潤いを与えながら乾燥を防ぎます。乾燥による小ジワでも、保湿力を高め潤いを持続させます。日焼けやシミによるダメージも、炎症を抑え潤いを守ります。肌ダメージの抑制し、再生を助けます。

フルルボローションは、界面活性剤や防腐剤を一切使用していません。お肌への優しさを考え、乾燥肌や敏感肌の為の方に開発しました。

イアソー系商品では、磁場活性蘇生水と白金ナノコロイドを配合していますが、今回「フムスエキス」を使用しています。

■フムスエキスとは?

フムスエキスとは、海底から採掘された「海洋性珪藻土」を1~2年天日干しします。 天日干しした後は、また乾燥させ天然水に浸けます。天然水に入れた海洋性珪藻土の栄養素が浮き出た上澄みの部分のエキスです。
※別名「ダイアトマイト」

フムスエキスは、天然アミノ酸、ミネラル、ビタミン、糖類など、お肌や髪の 健康に欠かせない栄養分の「フルボ酸」という有機酸を豊富に含み 「フルボ酸エキス」とも呼ばれています。

化粧品を始め、栄養ドリンクに使用されています。抗菌、消臭剤などに使用されていて、お肌のトラブルを抑え、敏感肌や刺激を積極的にケアします。

乾燥肌や敏感肌、ニキビ肌の方にお勧めですので、お試しの際にはお気軽にお問い合わせください(v^ー°)