歯周病にも水素水!目からウロコの注目パワー!

歯周病は虫歯と違って、歯と歯ぐきの間にたまったプラーク(汚れ)が原因で起こる炎症のことです。

甘くみることなかれ、実は、最悪の場合、歯を支えている骨が溶けてしまうという怖い病気なのです。

特に妊娠中の歯周病はかかると大変なので、日頃から予防しましょう。

歯周病予防にも、実は水素水が大活躍するのです!

歯周病はなぜ怖い?

歯周病は、悪くなると歯がなくなってしまう病気です。男性より女性の患者が多く、その理由は、唾液がすくないため、口内環境が悪化しやすいことと、女性ホルモンがある特定の歯周病菌の増殖を促すからだと言われています。

女性ホルモンが関わるので、思春期や妊娠〜出産期、更年期には歯周病になる確率が高くなります。特に妊娠中は、歯周病による早産で、低体重児が生まれるリスクが7倍になる!というデータも出ているほどなのです。

妊活中なら、妊娠前に歯の治療を済ませておきましょう。

歯周病が起こす害

歯周病にも水素水!目からウロコの注目パワー!

歯周病になると、歯ぐきが炎症を起こすのでそれだけで痛いのですが、それによって炎症性ホルモンが分泌されます。

これが体内をめぐると、全身で炎症が起こりやすくなってしまうのです。

最近、身体のあちこちで炎症を起こしやすいと思ったら、歯周病が原因だったりすることもある訳です。 そのため、歯周病は歯科・内科共通の領域とも言われています。それだけでなく、この炎症の連鎖は、全身の活性酸素の量をどんどん増やします。

つまり、歯周病が原因で老化が進み、他の病気への連鎖にも繋がってしまうのです。

水素水が大活躍!

歯周病にも水素水!目からウロコの注目パワー!

そこで、水素水の登場です。水素水が血液中の活性酸素の増加を抑えてくれるので、歯周病の進行を抑制する効果があるという、実際のデータがあるそうです。

歯周病が進行するのに、活性酸素の関与が考えられています。

水素水は、口の中の活性酸素だけでなく、全身の炎症も抑えてくれることから、歯周病予防効果が大きいとして注目を浴びているのです。

●ひとこと

水素水が歯周病予防にも役立つなんて、驚きですね!

毎日の歯磨きと水素水が、歯周病からしっかり守ってくれますよ!

30代の冬から急降下?!冷えを改善する水素水

若い頃は感じなかったのに、30代にもなると、冬になったら急に老化を感じることがありませんか?

そうなのです、冬はお肌を老化させる季節でもあり、また夏のダメージが出る時期でもあるのです。

老化の一番の原因は「冷え」。それを水素水が改善してくれます。

冬に老化が進行する訳

春から秋にかけて一年で一番強い紫外線を浴びた肌が、ダメージとして表面に現れてくるのが冬の時期。

しかも、気温が下がることによって身体が冷え、血行が悪くなるために、お肌や髪にハリがなくなり、顔色も悪く、代謝が落ちることによってむくんだり、乾燥したりするのです。

これでは老化が進行するのは当たり前。しかし、あるポイントを改善するだけで、これらの老化は食い止められるのです。

冬の老化の原因は「冷え」

30代の冬から急降下?!冷えを改善する水素水

冬の冷えは、気温が下がることで、毛細血管が収縮し血流が悪くなることが主な原因です。

女性の場合は特に子宮周りの血流が悪くなると、余計に悪化します。これは女性ホルモンと大きな関係があるようです。

ミトコンドリアは筋肉に多くあるので、筋肉量の少ない女性は、気温が下がっただけで全身の機能が低下するのですね!

その結果、疲れが取れにくくなったり、むくんだりしてしまいます。また、冷えの影響は白髪や切れ毛や抜け毛、爪の栄養不足など、身体の末端にまで及びます。

過緊張による「冷え」

冷えは、気温の低下だけで起こるのではありません。社会に出る女性が増えた現代では、心身にストレスがかかる状態が続きます。

本来なら、緊張はあとで溶け、リラックスできるのですが、緊張を緩められなくなって「過緊張」という状態になってしまうと、交感神経のスイッチが入ったままになってしまい、自律神経のバランスが壊れます。

つまり、血管は収縮し、血行は悪くなり、身体が冷えてしまうという悪循環に陥ってしまうのです。

緊張をほどく水素水

30代の冬から急降下?!冷えを改善する水素水

水素水には、「副交感神経を優位にする」という特徴があります。つまりリラックス効果があるので、過緊張をほぐし、血液の流れをよくしてくれるのです。

気温の低下だけでなく、過緊張による冷えに心当たりのある人は、普段とる水分を水素水に変えてみましょう。リラックス効果で、冷えの改善に役立ちます。

●ひとこと

冬に老化が加速するのを防ぐために、今から過緊張をほぐし、冷え対策をしておきましょう。

現代は夏でもエアコンによって冷えている可能性があります。身体を冷やさないよう気をつけましょうね!

女性の悩みナンバーワン、便秘にも水素が味方!

女性の悩みの中でも常に上位にあるのが「便秘」ですね。
女性の方が便秘になりやすい身体的なメカニズムがあり、それに対してまたもや強い味方になるのが「水素」なのです。

どうして水素が便秘にいいのか、ご紹介していきましょう。

生理前の便秘対策

女性には生理があり、周期的に体調が変化しますね。生理前は水分をためやすくなり、むくみがちで便秘になる人も。

むくむからといって水分を控えるのはよくありません。塩分や余計な老廃物を水分で流すことで、むくみ解消になるので、この時期でも水分は適度に摂りましょう。

この水分を水素水にすると、血流がよくなってトイレが近くなり、尿と一緒に老廃物を流してくれます。同時に便秘が改善するという人も多いようです。

女性が便秘になりやすい理由

女性の悩みナンバーワン、便秘にも水素が味方!

女性の身体の構造上、仕方のないことですが、子宮が腸を圧迫するからです。圧迫された腸は、当然のことながら便が排出しにくくなってしまいます。

妊婦さんが便秘になりやすいのは、まさしくこの現象なのですね!さらに、排卵後や妊娠中に分泌される黄体ホルモンには腸のぜん動運動を妨げる働きがあり、筋力も弱いことから便秘が起こりやすくなるのです。

そのほかの便秘の原因

女性の悩みナンバーワン、便秘にも水素が味方!

玄米や海藻類、ヨーグルトを毎日食べて食生活にも気をつけているのに便秘で困っているという人がいます。実は、

・水分不足

・睡眠不足

・自律神経の乱れ

からも便秘は起こります。なんと水素は、これらすべてを解決するパワーを持っており、水素水を飲む習慣にすれば、ほとんどの原因が改善されるのです。

まず、水分不足の解消はわかりやすいですね。次に、水素を摂ると医から「グレリン」というホルモンが分泌され、交換神経をしずめ、副交感神経を優位にしてくれるのです。
つまり、リラックス状態にしてくれるということ。これで睡眠不足や、ストレスが解消され、自律神経も整えてくれるという訳です。

一見、関係のなさそうな原因ですが、これらが解消されると、便秘も自然に起こらなくなります。

●ひとこと

便秘の原因って、食べ物や女性特有の問題だけじゃなかったんですね!水素を摂ることで出る「グレリン」、なんだかすごいパワーがありそうです。

便秘は肌荒れや老化にも繋がってしまいますので、いつも飲んでいる水を水素水に変えてみるといいですね!

水素を上手に取り入れて、女性ホルモンを整えよう!

若さを保つホルモンに2つの女性ホルモン、2つの男性ホルモン、メラトニン(睡眠ホルモン)が重要だと言われています。

中でも、女性にとって重要なのは女性ホルモンの「エストロゲン」。水素がどう関わってくるのでしょうか?

女性ホルモンが減少すると…

閉経前後の10年間を「更年期」と呼びますが、急激に女性ホルモンのエストロゲンが減る時期なのです。エストロゲンが減ると、

・手足の冷え
・不眠
・イライラ
・ほてり
・骨粗しょう症
・めまい、耳鳴り
・倦怠感、疲れやすい
などといった症状が出て、ひどい人は大変辛い時期のようです。身体の症状だけでなく、精神的にも打撃を受けてしまう人もいます。

個人差が大きいことではありますが、日常生活も送れないほど症状の重い人もいるので、何とかしたいですね。

女性ホルモンを補うには?

水素を上手に取り入れて、女性ホルモンを整えよう!

元々、女性ホルモンは一生のうちにスプーン一杯分しか分泌されないと言います。

だからこそ、ほんのちょっと減っただけでも女性の心身に大きな影響を与えてしまうのですね!では、どうしたらいいのでしょう?

よく言われているのが「大豆イソフラボン」や「エクオール」といった女性ホルモンに似ている食べ物やサプリメントを摂ること。

しかし、もっと有効にするには水素を活用することなのです!

どうして水素が役に立つの?

水素を上手に取り入れて、女性ホルモンを整えよう!

水素の効能を思い出してください。悪玉活性酸素の「ヒドロキシラジカル」をやっつけてくれることです。

つまり、強力な抗酸化力があるということなのです。

その結果、いろんな効果がありますが、ストレスに強くなるというのが女性ホルモンの減少に大きく役立ちます。

何故かというと、ストレスが多いとホルモン値が下がる傾向にあることがわかっているからです。

ストレスによって過剰に発生する悪玉活性酸素を、水素が退治してくれることで、ホルモン値の減少を最小限に抑えてくれるんですね!

●ひとこと

なるほど!女性ホルモンの減少には、大豆イソフラボンなどを摂るだけでなく、「減らないように」してくれる水素と一緒だとさらに効率がよくなる訳ですね!

「隠れ水分不足」ではありませんか?水素を上手に取り入れて!

ヒトの身体は70%が水と、よく耳にしますが、実は女性はもっと少なく、痩せている人だと50%ほどしかないのだとか。

加齢によって水分保持能力は低下するので、水分補給の仕方には充分気をつけたいところです。乾燥はあらゆる美容と健康に害をもたらします。

美肌をつくるには、1に保湿、2に保湿!と言われるくらいです。水素を上手に取り入れて、水不足にならないようにしましょう。

乾燥すると、どんな不調が起こる?

わたしたちの身体は、何兆個もの細胞からできていますが、乾燥や寒さの影響で体内の水分量が減ってしまうと体調不良を起こします。

真夏の熱中症はその代表選手ですね。

その他にも、免疫力が低下したり、血液がドロドロになるため高血圧、心筋梗塞、脳梗塞、緑内障などの病気のひきがねになりかねません。

では、水をたくさん飲めばいいのかというと、体内の乾燥が細胞の水分保持能力の低下にある場合は必ずしもそうではありません。

逆に水をとりすぎると身体が冷え、むくみ、腎炎、緑内障、頭痛などの原因にもなるのです。

どのくらい水分は必要?

「隠れ水分不足」ではありませんか?水素を上手に取り入れて!

「水はとにかくたくさん飲め」という美容法が流行りましたが、実は飲みすぎもよくありません。

現に水を1日に2ℓ以上飲むと、低ナトリウム血症になる可能性もあります。

健康な人なら、水を飲まなくても食事から1ℓ、代謝水というエネルギー合成時に得られる水分が0.3ℓの水分がとれます。

一方で、汗や尿となって出て行く水分は約2.5ℓなので、不足分は約1.2ℓとなります。

普通に生活している方なら、1日1.2ℓ程度水を飲めば充分ということになります。
しかし、身体を動かす仕事や、運動をしている方は2ℓくらい必要でしょう。

コーヒーやお茶、アルコールはカウントしない

「隠れ水分不足」ではありませんか?水素を上手に取り入れて!

この場合の1.2ℓに、コーヒーやお茶、ましてや清涼飲料水やアルコールはカウントしません。

なぜなら、カフェインの入ったお茶やコーヒー、またアルコールは利尿作用があり、飲んだ以上に水分が排出されてしまう場合があるからです。

これらを1日の摂取水分とカウントしてしまうと、飲んでいるつもりで全然水分の足りない「隠れ水分不足」となってしまいます。

肌は内側から潤うものですから、水分補給を行うには「水が一番!」と覚えてください。もちろん、水を水素水にすると、もっと美肌効果が期待できますよ!

●ひとこと

コーヒーやお茶を飲む場合でも、水素水で淹れると美味しく、代謝を促進させるカフェインの効果との相乗効果もあるといいます。

ただし、高温になると水素が抜けやすいので、低温か水出しがおすすめです!