ブラッシング リフトアップ

ブラッシングしていますか?最近は手ぐしで済ませる人も多いようですが、ブラッシングには、ちゃんと意味や役割、効果があるのです。ツヤ髪のためにも、ブラッシングを習慣にしましょう!

ブラッシングの効果

ブラッシングには主に3つの効果があります。

1.毛先の絡まりをほぐし、抜け毛や汚れを取り除く。

2.頭皮の油分を毛先にまで行き渡らせ、髪にツヤを出す。

3.頭皮を刺激することで、マッサージ効果となり、血行がよくなる。


1番の効果しか知らなかった!という人も多いのでは?実は、ブラッシングにはツヤ髪の秘訣が隠されていたのです。しかも、3番のマッサージ効果は、顔のリフトアップにも繋がるとか!これは、やらなきゃ損ですね。

ブラシ

正しいブラッシングのやり方

1.乾燥していたり、静電気が起きやすい場合はブラッシング用のスプレーなどを使用する。また、ロングヘアの場合は毛先に洗い流さないタイプのトリートメントや椿油などをつけて保護する。

2.まずは毛先のもつれをときほぐします。もつれてブラシが止まったら、ぐいぐい力まかせに引っ張らず、もう片方の手で髪の根元側を持ち、優しくときほぐしましょう。

3.毛先のもつれがほぐれたら、徐々に根元へとブラッシングしていきます。ガシガシと力任せにやったり、早くブラシを動かすと、抜け毛の原因になったりするので、ブラシはゆっくり動かしましょう。

4.全体に髪がほぐれたら、頭皮から毛先へ向けて、全体的にブラッシングします。ブラシの先が頭皮に強く当たらないようにしましょう。頭皮に心地よいと感じるくらいがベストな力加減です。

おすすめのブラシ

ポイントは、静電気を起こしにくく、毛先が柔らかいものを選ぶことです。 目の細かいくし、ブロー用のロールブラシ、ナイロン製などは避けた方がいいでしょう。 おすすめは、豚毛など動物の毛を用いたもの。最近では「セシオン」素材のブラシもおすすめです。

ブラッシングするとき

ブラッシングはいつやるの?

一番やっていただきたいのはシャンプー前です。ホコリやフケを落とす効果もあるので、シャンプーの手助けになります。また、髪は濡れている時が一番傷つきやすいので、その前に髪のもつれをほどくことで、シャンプー時の髪のダメージを防ぐ効果も期待できます。

基本的にはいつやっても大丈夫ですが、できるだけ毎日の習慣になるようなタイミングで行ってくださいね!

ひとこと

ブラッシングは、実はこんなに役割があったのですね!これからの新習慣として、ブラッシングを取り入れてみてはいかがでしょう?

ヘアケア

秋に抜け毛が増える人は多いと思います。なぜ秋は髪の毛がたくさん抜けるのでしょうか?そのメカニズムと対策をご紹介します。

抜け毛

なぜ秋に抜け毛が増えるの?

秋の抜け毛、大きな理由は2つあります。一つ目は、動物に起こる「毛の生え替わり」が、ヒトの遺伝子にも残っているから。夏毛が冬毛になろうとしているのですね。二つ目は、夏に受けたダメージによるもの。特に紫外線や汗、栄養不足などが影響すると言われています。

秋の抜け毛は誰でも起こる?

遺伝子の関係で起こるので、少なからず、誰にでも起こると言えます。健康な人なら、一日に抜ける髪の毛は50~70本。秋にはそれが一日200~300本になる場合がありますが、ここまではまだ季節性のものなので心配いりません。これ以上抜けるようですと、脱毛症などの疑いがありますので、専門医を受診してください。

その抜け毛、大丈夫?セルフチェック

秋の脱毛か、そうではない抜け毛なのか、この季節だからこそ見分けるのが難しいですね。余計なストレスで、ますます抜け毛を増やす前に、セルフチェックしてみましょう。

□抜け毛の毛根の先がとがっている
□今まで経験したことのないような「ごっそり」抜ける感じがある
□細い毛や短い毛が抜けている
□急激なダイエットの後抜け毛が増えた

以上の項目に1つでもチェックが入る方は、医師へ相談することをオススメします。

オリーブオイル

秋にやりたいヘアケア「頭皮マッサージ」

夏の紫外線や汗で、髪の毛と頭皮が傷んでいます。両方をケアするには、オリーブオイルでの頭皮マッサージがオススメ。エキストラバージンのオリーブオイルを適量とり、頭皮に少量ずつ塗って、指の腹でマッサージしましょう。

洗い流す前に、ラップやタオルで巻いてそのまま入浴、スチーム効果でさらに効果が期待できます。 その後は、いつも通りにシャンプーしましょう。

今日からできる!抜け毛予防

・早寝早起き
・適度な運動
・バランスの良い食事


以上を心がけ、規則正しくストレスを溜めない生活をすることで、秋の抜け毛を予防することができます。特に髪の合成に必要な、必須アミノ酸を意識して摂るようにするといいでしょう。

ひとこと

秋の抜け毛、日常生活に気をつけると予防できるようですね!抜け毛だけでなく、美容にもいい生活なので、心掛けてみてくださいね!

シャンプーの正しい仕方

何気なく毎日洗っている髪ですが、その方法、正しいですか?シャンプーに正しいとか間違いとかあるの? と思われるかもしれませんが、知らない内に髪を傷めている可能性があります。正しいシャンプー法をご紹介します。

シャンプーの順番

シャンプーはいつするの?

美肌のゴールデンタイム22時~2時の間は眠っていたい……これ、髪の成長にも言えるのです。髪も、この時間帯に伸びているのです!ということは、成長する時間帯に頭皮をキレイにしておくことが必要です。なので、シャンプーのベストタイミングは、寝る前ということなのです。

朝シャン派の方は、この機会に見直してみましょう。

泡

正しいシャンプーの仕方とは?

シャンプーの仕方なんて、誰にも教わったりしませんよね?だから、ほとんどの方が自己流でシャンプーしていますが、実は髪や頭皮を傷める原因にもなっています。 正しいシャンプー法をご紹介します。

【1.ブラッシング】
シャンプー前、乾いた髪をブラッシングします。ブラッシングにより、大部分の汚れやゴミが取れ、余分な皮脂を取らずに済むようになります。 ブラシは、動物の毛や天然木などを使用したものがオススメです。

【2.予洗】
シャワーで髪を濡らします。この時、お湯の温度に気をつけて!30~35度のぬるま湯を使うのがポイントです!温度が高いと、頭皮の健康に必要な皮脂まで奪ってしまうのです。熱いお湯は使わないでください。

この予洗で、汚れの80%は落ちます。頭皮を優しくマッサージして、3分程度予洗しましょう。

【3.シャンプー】
いよいよシャンプーです。シャンプー剤を手にとって、よく泡立ててください。髪の毛よりも頭皮を洗うつもりで、指の腹をつかって優しく、揉むようにして、毛穴の汚れを浮かします。

ロングヘアの方は、髪の先までシャンプー剤が付く必要はありません。頭皮が洗えれば、それでOK。毛髪は、洗い流す時にシャンプー剤に触れる程度でいいのです。

【4.すすぐ】
予洗と同じようにぬるま湯で、完全にシャンプー剤を洗い流します。よくすすげていないと、頭皮のトラブルになりかねませんので、念入りに!3分以上が目安です。

【5.乾かす】
タオルドライの時、ポンポンと優しく水気をタオルに吸わせるようにします。髪は濡れている時が一番傷つきやすいので、慎重に!決して擦ったり、乱暴に扱ったり、ましてや濡れたまま寝たりしないでくださいね!

ドライヤーはなるべく30~40㎝離して、熱風を同じ場所に当てないように気をつけましょう。

ひところ

いかがですか?本当は、シャンプーの頻度も2~3日に1度がいいそうですが、それは厳しいですよね! 正しいシャンプー法で、健康な髪を育てましょう!

ナノシャンプーならプラチナシャンプーがオススメです。

オリーブオイル 白髪予防効果

食べるのにも美容にも、古代から愛用されてきたオリーブオイル。その発祥は、紀元前5千年というから驚きですね!そのオリーブオイルでヘアケアすると、髪がつやつやになるだけでなく、白髪を防止する作用もあるとか!早速、そのやり方をご紹介しましょう。

オリーブオイルとは?

身近にありすぎて、意外に知らないオリーブオイルのこと。

国際オリーブオイル協会(IOOC)が定める等級には8段階もあるんですよ! 日本で市販されているのは、一番上のランク「エキストラ・ヴァージン」と精製オリーブオイルにヴァージンオイルをブレンドした「ピュアオリーブオイル」「オリーブポマースオイル」の3等級だけ。

その製法と酸度の低さで等級が決定されています。

天然オリーブ

オリーブオイルの製法と選び方

オリーブの実を搾り、放置しただけで油分が分離するオリーブオイルは、何も加えない100%フレッシュです。特にエキストラ・ヴァージンと呼ばれています。

他の植物油脂は加熱したり、精製したりしなければならないのに比べ、オリーブそのままの栄養素が含まれているのは、この理由なのからなのです。

ここでオススメなのは、食用にも美容にも「エキストラ・ヴァージン」を使用すること。 見分け方は

・ガラスのビンに入っており、遮光されている
・緑色に近いオイルの色


です。エキストラ・ヴァージン以外のオイルは、栄養価がグンと下がってしまうので、注意して選びましょう。

オリーブオイルでヘアパック

髪の乾燥やパサつきに、バツグンの効果があるのがオリーブオイルでのヘアパックです。 では、早速やり方をご紹介しましょう。

◇準備するもの

・エキストラ・ヴァージンオリーブオイル
・タオル
・シャワーキャップorサランラップ
・ビニール袋


オリーブオイルでヘアパックの方法

◇方法

1.乾いた髪をよくブラッシングします。
2.オリーブオイルを手のひらに取り、一度両手で揉み込んで手の温度で温めてから髪の先端になじませていきます。
3.髪全体になじませたら、同様にして頭皮にも少しずつなじませましょう。
4.ブラシで優しくとき、さらに全体になじませます。
5.頭皮を指の腹で揉むようにして、マッサージします。5本の指を立て、軽くプッシュするようにしてから揉むように離す……という繰り返しが効果的です。
6.タオルを濡らし、ビニール袋に入れて、電子レンジで約1分。蒸しタオルを作ります。
7.やけどしないように気をつけながら、髪ごと頭を包みます。
8.その上からシャワーキャップを被ります。なければサランラップで巻いてもOK。スチーム効果を期待したいので、そのまま入浴してもいいですね!
9.よく泡立ててシャンプーをします。一度でベタつきが取れない場合は、2度洗いしましょう。


タオルドライの段階で、すでに指通りの違いに気がつく人もいるほど、サラサラになりますよ!

さらに、白髪にも効果があると言われているオリーブオイル、嬉しい美容法ですね!

ひとこと

オリーブオイルは、1本あればお料理にも美容にも使えてとっても便利!髪に塗る…という発想はなかった方も、きっと驚きの効果に満足していただけると思います。ぜひ、試してみてくださいね!

頭皮ケア 大丈夫 頭皮のかゆみとたるみ

夏のお肌のケアは抜かりないけども、頭皮ケアも同じようにきちんとケアしている人は 少ないのではないでしょうか?頭皮ケアを怠っていると、顔のたるみになりかねません!!!夏の頭皮トラブルをご紹介しましょう。

夏の頭皮トラブルとは?

カラダや顔のケアは常にしている女性は多いと思います。ですが、頭皮ケアは?と聞かれると、ん~と、、、首をかしげてしまいませんか?夏の頭皮トラブルは3つの原因があります。
・紫外線
・汗
・皮脂

この3つは特に夏になると頭皮トラブルとして、症状が出やすい原因です。

人の皮一枚、頭皮がたるむと顔もたるむ

皮膚の表皮と真皮は皮下脂肪から作られていて、皮膚の構造は、頭皮然り他のお肌も一緒なんです。何が言いたいかと言うと、頭皮が老化することで、顔も老化してしまうという事!
なので、タイトルのようにたるみと繋がってしまうのです。

頭皮は2週間かけて毎日新しい肌に生まれ変わっている構造で、ターンオーバーの中間と考えて頂ければわかりやすいですが、頭皮には皮脂脂肪が厚く、汗腺や皮脂腺が多いのが特徴。
そんな頭皮だから、臭いやベタつきが多いのが頭皮です。

だから夏は特に汗が出やすく、”かゆみ”が酷くなってくるんです。

頭皮について

頭皮の日焼けは老化を促進???

日焼けでもそうですが、頭皮も日焼けしてしまうもの。頭もヒリヒリした経験ってありませんか?紫外線の影響で髪の毛が熱くなる分、毛へのダメージが気になりますが頭皮にも紫外線の影響があるんです。

頭皮がモヤってする時って体温の上昇と、頭皮への影響も考えれらるんですね。
髪全体のコシやハリがなくなって、頭皮が堅くなってしまう事も。
頭皮が堅くなると健康な髪の毛が生えにくくなることもあり、薄毛に原因も。

そして、顔のたるみにも影響が出てくるんですよ~。。。

頭皮がたるむ原因

・紫外線
顔が乾燥するとシワや肌トラブルが起こるように、頭皮が乾燥することはそこまでないかもしれませんが紫外線が真皮コラーゲンやエラスチン繊維を破壊し、肌弾力を低下させてしまいます。

・ホルモンバランス
お肌に影響があるホルモンバランスは、ホルモンの低下、減少の乱れにより、皮脂分泌量が多くなった場合、毛穴が詰まり髪の毛が抜けやすいくなったり、紫外線によって皮脂が酸化してキューティクルの減少になったりします。

・血行不良
血行不良により栄養や酵素が行き届かず、代謝が悪くなりお肌の再生やトラブルになります。

皮脂と汗の放置は、毛穴トラブルの原因に

頭皮も然り、お肌はお肌なんです。背を書いたり皮脂が分泌されると頭皮のベタつきがでてきます。この汗や皮脂をキレイに取り除かないと、毛穴に詰まってしまい、髪の毛が育たないだけではなく抜け毛の原因にもなってしまったり。

まずは、頭皮のトラブルとしてかゆみになってしまうことがほとんどなので、かゆみを感じたら毛穴なのかもしれません!!

頭皮ケアシャンプーの基本

1.シャンプー前に乾いた状態でブラッシング
洗髪前にブラッシングすることで、髪や頭皮の汚れを浮かせます。髪の絡まりを取っておくことでシャンプーの泡立ちもよくなります。ブラッシングする際には強くこすらず、優しくケアしましょう。


2.すぐに髪を洗わず、地肌まで水分を浸透させる
髪の毛を濡らして、頭皮もある程度まで濡らしたら、すぐ洗髪をしてしまいがち。
髪の毛は濡れていても頭皮はちゃんと濡れていないことも。
髪のボリュームや量が多い人は、シャワーを髪に浴びながら、軽く髪の毛を叩くと頭皮に浸透しやすくなります。


3.シャンプーは泡立ち命!!
シャンプーの原液は直接着けずに少し薄めて泡立ててから数カ所に分けて付けます。
原液を地肌につけるのも頭皮を傷めてしまう原因に。
シャンプーは髪を洗うのではなく、頭皮を洗うためにあるんです。
理想は、頭皮を洗った後、髪の毛を洗うという二度洗いがオススメ。


4.すすぎはしかっかり
シャンプーやコンディショナーをしっかり洗い落とすこと!頭皮にはシャンプー剤は残さないこと!濯ぎは倍に!!

頭皮ケア 頭皮マッサージ

頭皮のマッサージを同時に!

シャンプーの際に、ゴシゴシ洗っている時も円を描くように、頭頂部を最後に洗うように洗っていくこと!そして、洗った後は同じように美容室と同じ洗い方やマッサージを受けるように洗っていくと、頭皮の血行も良くなって、頭皮ケアができます!!

ひとこと

頭皮のケアは夏場の紫外線が特にお肌に影響を与えます。しっかりとケアをすることでかゆみ予防、頭皮ケア、顔のたるみまでをカバーしましょう!!