洗顔の「ぬるま湯」、熱すぎてない?乾燥をまねく原因に!

「私は正しい洗顔をしてるのに、乾燥が止まらない!」という方も多いのではないでしょうか?


洗顔の方法は間違ってなくても、ちょっと待って!どんな「ぬるま湯」を使っていますか?その温度がとっても重要なのです。

ぬるま湯の概念を変えましょう。

ぬるま湯の温度って何度?

洗顔の「ぬるま湯」、熱すぎてない?乾燥をまねく原因に!

よく見かける洗顔方法に「ぬるま湯」でよくすすぎましょう、と書いてありますよね?では、ぬるま湯ってどのくらいの温度なのでしょうか?具体的には30〜32℃くらいと書いてあるけど…。

そうなんです。数字で言うと、そのくらいの温度なのですが、これを「ぬるま湯」と表現していることで、多くの女性が熱すぎる温度で洗顔しているのです。

30〜32℃というと、体温より5〜6℃低いですよね。つまり「温かい」と感じる時点で、すでに熱すぎているのです。

冷たくない水という認識へ

「ぬるま湯」と言ってしまうことで、「温かいもの」という思い込みが生じてしまいます。

これからは、洗顔する時の水の温度は「冷たくない水」という認識に変えましょう。

特に冬の時期は、ついつい温かめに設定してしまいがちですが、感覚としては、「真夏の水道水」くらいの温度と思ってください。温かいと感じてしまう温度では、乾燥肌をまねいてしまいます。

どうして熱すぎるとよくないの?

洗顔の「ぬるま湯」、熱すぎてない?乾燥をまねく原因に!

油物を洗う時、水だと落ちにくいのに対して、お湯だとよく落ちますよね。同じことが、顔でも起きています。温度の高いお湯で顔を洗うと、汚れはよく落ちますが、必要な皮脂まで取ってしまうので、乾燥してしまうという訳です。

今話題の42℃のお湯で洗顔するという方法もありますが、乾燥肌、敏感肌の方にはおすすめできません。お風呂やシャワーの時に洗顔する場合も、そのまま湯船のお湯を使ったりせず、蛇口から「冷たくない水」を出して洗顔しましょう。

朝・晩と、一日2回も行う洗顔だからこそ、正しい認識は美に繋がりますね!

●ひとこと

ぬるま湯のつもりが、熱すぎたんですね!「冷たくない水」、意識してみてくださいね!

洗顔後の保湿、間違っていませんか?正しい保湿の方法とは

洗顔後や入浴後は、すぐに保湿しなきゃ!ってことは知っていても、そのやり方が間違っていては、せっかくやっても意味がありません。

保湿で本当に大切なのは、外から与えることではなく、自分の肌の「水分保持能力を上げる」こと。そのための、コスメの役割についてご紹介します。

保湿は美容液かクリームで

洗顔後の保湿、間違っていませんか?正しい保湿の方法とは

保湿=化粧水というイメージが強いかもしれませんが、肌の機能がダメージを受けていて、肌の水分保持能力が劣っている時にあまりバシャバシャ化粧水を重ね付けしても意味がありません。

肌の水分は、角質層の細胞と細胞の間にある脂質が担っていて、細胞間脂質と呼ばれています。この細胞間脂質が保湿能力のカギ。

ここにセラミドやヒアルロン酸を補ってあげることが、保湿の大切な役割なのです。

化粧水は、乾く時に一緒に肌表面の水分を奪ってしまう恐れがあるため、美容液かクリームが最適。フルルボローションはマルチに使えるので、セラミドの配合されたプラチナクリームにちょい足しで使うと、さらに保湿力がアップしますよ!

食べ物から補える?

「コラーゲンを食べると翌日お肌プルプル」などと言いますが、実はコラーゲンをいくら食べたり飲んだりしても、直接お肌には届きません。

なぜなら、胃腸でまずアミノ酸に分解されてしまうからです。

化粧品に配合されているコラーゲンは保湿剤ですが、コラーゲンを食べても即効でお肌に効果が出るという訳ではないのですね。

では、水分保持能力を上げる食べ物ってあるのでしょうか?

それは、セラミドを含む食品です。これは一度腸に吸収され、スフォンゴシン、糖、脂肪酸に分解されます。このスフォンゴシンが角質層でセラミドの産出を促してくれます。

洗顔後の保湿、間違っていませんか?正しい保湿の方法とは

【セラミドを多く含む食品】

黒豆、小豆、ワカメ、ひじき、蕎麦、紅茶、コーヒー、黒こしょう、 大豆、こんにゃく芋、米、小麦など

●ひとこと

特にこんにゃく芋には米の7〜16倍のセラミドが含まれているそうです。

低カロリーで保湿力が上がるなんて、素晴らしいですね!

141219

本格的な乾燥の季節がやってきましたね。既にお肌のカサカサを感じている人も いらっしゃるのではないでしょうか?

1年の中で1番お肌のトラブルが多いのは、この冬の季節です。保湿や潤いと言ったことも 大切になってくるんですが、この時期だからこそ気を付けてほしいこと。

それは「そのまま寝てしまう、不規則な生活」です。 その原因としては、年間で一番飲み会が多い季節、そして、会社の忘年会や 帰省する、帰省してくる友人との飲み会など、色んな行事が多いこの季節。

美肌を保つために、今回は洗顔!!を!!!

■ダメージかな、メイク落ちかな…
クレンジングのあと、更に洗顔をするW洗顔は、皆さんもご存じでしょう。 ですが、2度洗いのメリット、デメリットがあることは知ってますか?

メリットとしては、お肌をキレイな状態にすること。 デメリットとしては、必要な油分まで落としてしまって、たまに突っ張ったお肌に なってしまうこと。

潤いを保つ上で、油分を残すことが大事ですね。 ですので、飲み会が終わった後は、クレンジングでしっかりとは言いませんが 適度に落とすことで、お肌にちゃんと呼吸をさせてあげることが大事です。

時には、メイク汚れがお肌に負担をかけてしまうこともあるので、しっかりとメイクは 落とした方が負担が少なるので、皆さんも気を付けてくださいね('ω'*)

lineup_detailb_gel

イアソー化粧品のクレンジングジェルは、ダマクスローズやハイビスカスリーフ等の美肌保湿成分をたっぷり配合しているので、メイクを落とせば落とすほど、お肌が潤うクレンジングなのです。

安心してメイクを落としてくださいね。