夏の終わりに「肌の夏バテ」を残さないための方法とは?

「夏に老ける」って聞いたことがありますか?実際に、お肌は夏にダメージを受けやすく、夏の肌疲れが秋の訪れとともにどっと出たりすると、老け顔になったりします。

夏バテするのは身体だけではありません。お肌の夏バテ、秋に残さないために、しっかりケアしましょう!

夏の間にお肌が受けるダメージは、紫外線だけではありません。自分のお肌がどんなダメージを受けているか、チェックしてみましょう。

□紫外線を浴びたことによる乾燥
□日焼けをしたためのくすみ
□日焼け止めやウォータープルーフなど化粧品によるダメージ
□自律神経の乱れによる肌ダメージ

さて、思い当たるふしが、いくつありますか?ひとつずつ、対策法をご紹介していきましょう。

夏のダメージ残さない対策

夏の終わりに「肌の夏バテ」を残さないための方法とは?

【乾燥対策】

紫外線を浴びてしまうと、お肌の中で保湿を保つ酵素が働かなくなってしまうため、乾燥をまねいてしまいます。

実はこの影響は6ヶ月も続くことがあると言われていて、ここでしっかりケアしないと真冬になるまで乾燥が続くことになってしまいます。

セラミドやヒアルロン酸入りの化粧品を使って、しっかり保湿ケアを行いましょう。

また、オイルなど洗浄力の強すぎるクレンジングは避け、冷たい食べ物や飲み物もできるだけ控えましょう。 乾燥対策に積極的に摂りたいのは、納豆、卵、アボカド、モロヘイヤ、青魚などです。

夏の終わりに「肌の夏バテ」を残さないための方法とは?

【夏用化粧品・くすみ対策】

紫外線ダメージを避けるために日焼け止めをたくさん塗るというのは、間違ってはいませんが、強すぎる日焼け止めやウォータープルーフの化粧品はお肌に負担をかけることも事実。

山や海に行く時は、強めの日焼け止めが必要ですが、普段の生活ならファンデーションで十分に紫外線を防げます。帽子や日傘を併用すれば、より効果的です。

ビタミンCを摂るとくすみ対策にはなりますが、くすみやシミができてしまってからでは回復に時間がかかるので、お肌を乾燥やダメージから守りましょう。

【自律神経を乱さない対策】

基本は、良質の睡眠、バランスのとれた食事、適度な運動の3つです。夏にあまり激しい運動はおすすめできないので、お風呂上がりのストレッチやヨガなどがいいでしょう。お風呂もシャワーですませず、ぬるま湯でいいので湯船に浸かるようにしましょう。

寝る直前までスマホをいじるのも、良質の睡眠の妨げになります。

●ひとこと

夏のダメージは、秋から冬まで持ち越すと、乾燥する季節に突入するため、回復が困難になります。予防が一番の早道だと心得ましょう。

毛穴が気になる!タイプ別・原因別の毛穴ケアとは?

毛穴を気にしている人は、意外に多いものです。間違ったケアで余計に毛穴が開いたり、炎症を起こしたりすることもあるので、自分の毛穴がどんなタイプなのか、原因は何なのかを知った上で、マッチしたケアをしましょう。

毛穴が目立つ3つの原因

毛穴が目立つのは、主に3つの原因があります。

1.遺伝

元々毛穴が大きい体質というのがあるようです。遺伝的に男性ホルモンが多い人は皮脂が多く、毛穴が開いたり、ニキビができやすくなります。

毛穴が気になる!タイプ別・原因別の毛穴ケアとは?

2.詰まった角栓

皮脂と角質が混ざることで、毛穴をふさいでしまうことがあります。イチゴ毛穴と呼ばれるのがこれにあたり、これもやはり体質的なもののようです。

3.加齢によるたるみ

年齢を重ねるとコラーゲンが減少し、頬の毛穴がゆるんで広がってしまいます。水の滴のように、下に膨らんだ毛穴の形状がこのタイプ。早い人は20代後半から見られることも。

タイプ別の毛穴ケア

それでは、タイプ別にケアの仕方を見ていきましょう。

1.遺伝

男性ホルモンの分泌をコントロールすることは難しいのですが、油っこいものの食べ過ぎや睡眠不足はさらに皮脂を増やすことになってしまうので、生活習慣に気をつけましょう。

2.詰まった角栓

毛穴が気になる!タイプ別・原因別の毛穴ケアとは?

はがすタイプの毛穴パックは、皮膚まで奪ってしまうほど強力で、やりすぎると毛穴が余計に広がってしまいます。角栓をいくら取っても毛穴自体が小さくなることはないので、ご使用はお勧めできません。 3.加齢によるたるみ ビタミンC誘導体配合の化粧品を使い、コラーゲンを増やすケアをしましょう。

●ひとこと

自分で毛穴を気にするあまり、実は何も詰まっていないのに「毛穴が詰まっている」と感じている人が多いようです。

毛穴は「穴」なので、元々黒く見えるということを忘れないで、間違ったケアをしないように気をつけましょう。

こすりすぎは逆に毛穴を広げてしまいますので、要注意です!

白金ナノコロイドって何?どうして美肌にいいと言われているの?

白金といえばプラチナ!と、ピンとくる人もいると思います。どうしてあの高価なアクセサリーの金属が美肌にいいとされているのでしょうか?

また、どのように効果を発揮してくれるのかも、ご紹介していきましょう。

白金ナノコロイドとは?

白金ナノコロイドって何?どうして美肌にいいと言われているの?

白金はプラチナ、ではナノコロイドって何でしょう?10億分の2という極小の粒子にしたものが、白金ナノコロイドなのです。

科学的に非常に安定した金属であるプラチナを、極小の粒子にすることでより効率よく働くことができるようになりました。2005年に東京大学の研究チームによって開発され、抗酸化が高いとして注目を浴びています。

中でも活性酸素の除去能力は医療分野でも研究が進められているほど、効果が期待されているのです。

どんな効果があるの?

白金ナノコロイドって何?どうして美肌にいいと言われているの?

なんといっても、白金ナノコロイドの特徴は、その抗酸化力です。活性酸素は老化の最大の敵として有名ですが、わたしたちの身体の中には老化の原因となる活性酸素が7種類あるんだそうです。

これまでも抗酸化力が高いと言われていたものはありますが、この7種類の活性酸素の一部にしか効果を発揮してくれませんでした。

ところが、白金ナノコロイドは、全部の活性酸素を除去することができたそうなんです!しかも、1度活性酸素をやっつけても、まだ効果が続くというのだから驚きですね!

最近では、化粧品だけでなく、健康食品やシャンプーなどにも使われていて、その期待度がわかります。

高い安全性

化粧品を選ぶ時、一番気になるのは安全性です。白金ナノコロイドは、食品添加物として厚生労働省に認められた物質で、金属アレルギーも起こさないと言われています。

長期間体内に留まる危険性もなく、錆びたり化学変化を起こしたりもしない、安全性の高さが認められています。

当社のプラチナシリーズにもたっぷり配合されています。トライアルセットもあるので、ぜひお試しくださいね!

●ひとこと

エイジングケアに、白金ナノコロイドは強い味方のようですね!改めて、プラチナの実力は素晴らしいと感じました!

その保湿、間違っていませんか?!正しい保湿とは?

そもそも、うるおった肌って、どういう状態でしょうか?保湿が大切なことは知っていても、その方法が間違っていないでしょうか?

今回は、世間で間違って信じられている保湿の概念を覆し、正しい保湿をご紹介します。

あなたの保湿、間違ってない?

では、早速、あなたの実践している方法、保湿への考え方をチェックしてみましょう。

その保湿、間違っていませんか?!正しい保湿とは?

□乾燥を感じたら、とにかくたっぷり化粧水をつけている
□化粧水をシートマスクやコットンでパックしている
□化粧水の後は、蒸発しないようにクリームでフタをしている
□皮脂が多くてニキビ肌なので、保湿はしていない
□洗顔料はしっとりタイプを使っている

あなたはいくつチェックがありましたか? 実はこれ、全部間違いなのです!

間違った考え方やスキンケアによって、余計に乾燥肌になったりする危険性があります。正しい保湿とは何かを覚えてください。

正しい保湿とは?

読んで字のごとく「湿度を保つ」のが保湿ですが、なんとなく肌の表面がしっとりしていれば保湿されていると思い込んでいませんか?

肌の角層には約20〜30%の水分が含まれています。これが20%以下になると「乾燥肌」となり、外気が乾燥すると角層の水分が蒸発しやすくなるのです。しかしながら、化粧水で水分を与えても蒸発するばかり、クリームでフタをしても水分はすき間から蒸発します。

本当の保湿とは、体の外側から水分を取り入れることではありません。現に、水は肌にしみ込みませんよね。しみ込むとするなら、お風呂に浸かれないことになってしまいます。

つまり、本物の保湿とは、「身体の内側からわき上がる水分を、肌の中に保つようにすること」なのです。

どうすればいいの?

その保湿、間違っていませんか?!正しい保湿とは?

化粧水より、セラミドやヒアルロン酸が配合された「美容液」を使いましょう。

肌が自分で保湿物質をつくり、角層の中に水を溜めておける肌が、いわゆる「うるおった肌」であり、ちゃんと保湿物質がはたらいているお肌は、たとえ外気の湿度が0%になったとしても、水分が蒸発することはありません。保湿するなら美容液!

そして、その成分にもこだわって選びましょう。フルルボローションは、ヒアルロン酸やフルボエキスが配合された、無添加万能ローションです。

●ひとこと

今までの保湿が間違っていたなんて、衝撃です!
これから乾燥する季節、正しいスキンケアでうるおった肌を目指したいですね!

大人ニキビはゆっくり治す!保湿と油分のバランスが大切

10代の頃は皮脂が過剰でニキビができるのに対し、20代以降のニキビは、角質が毛穴に詰まってできるので、原因がまったく違います。

思春期ニキビのように、洗顔のしすぎや乾燥させる薬などは、大人のニキビには逆効果です。では、どのようなケアがいいのでしょうか?

大人ニキビはゆっくり治す

大人ニキビは、ターンオーバーが乱れることで角質がうまく剥がれ落ちず、分厚くなってしまった角質が毛穴をふさぎ、皮脂と混ざって角栓となり、アクネ菌が繁殖するために起こります。

毛穴が詰まって起こるのは両方とも同じですが、根本的な原因がまったく違うため、同じケアではかえって悪化させてしまうのです。ターンオーバーとは約28日周期で底の方で生まれた皮膚が、上の方に押し上げられ、やがて表皮から垢となって剥がれ落ちていくこと。

このサイクルが乱れて、表皮に角質が溜まると、大人ニキビができる原因となります。つまるところ、ターンオーバーが正常に働かなければくり返してしまうのです。

ターンオーバーを正常にするには?

ターンオーバーが上手くいくためには、生活習慣の改善しかあり得ない!と言ってしまいましょう。

規則正しい生活習慣に、コスメでのケアをプラスすると美しいお肌を保てます。気をつけたい生活習慣を挙げましょう。

①睡眠

大人ニキビはゆっくり治す!保湿と油分のバランスが大切

最低でも1日6時間は確保したいところ。ターンオーバーは眠っている間に行われると心得ましょう。

②血流をよくする

カフェインは身体を冷やして血流を悪くしますし、喫煙はそれだけでなくビタミンCを破壊してしまいます。

また、アルコールも利尿作用があるので水分を大量に奪われ、ビタミンB群も大量に消費します。血行が悪くなる、身体が冷えることは避けましょう。

③ストレス

ストレスのない人なんていませんが、ストレスが溜まると血管が収縮して血行が悪くなってしまいます。趣味や好きなことをする時間を持ち、上手に発散する方法を見つけましょう。

大人ニキビはゆっくり治す!保湿と油分のバランスが大切

④スキンケア

洗顔は朝晩1回ずつで充分。乾燥は天敵と心得て、とりすぎないこと。化粧水や美容液には保湿成分が配合されたものを使い、しっかり保湿しましょう。

●ひとこと

油分を抑えることばかり気にしては保湿がおろそかになってしまうのですね!

フルルボローションは保湿のお助けアイテムですよ!