<img data-cke-saved-src="http://www.iaso-sosei.jp/wp-content/uploads/140707.jpg" src="http://www.iaso-sosei.jp/wp-content/uploads/140707.jpg" alt="140707" width="570" wp-image-1021"="">

まだまだ気を付けた方がよい化粧品の原料をご紹介します。

シノキサート 私も見たことはありませんが、紫外線吸収剤として日焼け止めや日焼け止めクリームなど、ローション、ファンデーション口紅まで使用されることのある薬品です。アレルギー発疹を起こすこともあるそうなので、皆さんも注意してください。

エデト酸塩
ファンデーションや石鹸、ボディーソープなどに使われている 保存剤として使用されています。皮膚や粘膜を刺激して、ぜんそく、皮膚発疹等アレルギーの 誘発させることがあります。お子さんがいるご家庭では、ボディーソープに気を付けてくださいね。

ウロカニン酸エチル
紫外線吸収剤として、日焼け止め、紫外線対策化粧品に使われています。免疫力を弱めたり、皮膚ガンになり得るそうなので皆さんも注意しましょう。

パラフィン
最も有名な薬品ですね。ガン等を引き起こす可能性が高い薬品です。油性原料や、クリーム剤にしようされてる化粧品が多いので この成分が入っている化粧品があれば、使わないようにしましょう。

エストローゲン
クリームにはエストローゲン、エストラジオール、エチニエストラジオールなどのホルモン物質が使われていることがあります。薬理作用が強く、副作用があることが報告されている化粧品ですので皆さんも十分に注意してください。

化粧品に潜む、薬品は皮膚に害が及ぶ危険性のある物質はよ~く理解しておきましょうね(。-`ω-)

140625

化粧品には、色んな添加物がたくさん入っています。 添加物は色んな種類がありますので、皆さんも覚えておきましょう。

エストロゲン
ホルモン剤としてシミ対策の化粧品に使われている添加物ですが 発がん性が高いという疑いが持たれていますので 皆さんも注意してください。

プロピレングリコール
保湿剤として、良く使われているのが、化粧品、シャンプー ベビー用品、洗剤などです。 染色体異常を起こす事と、皮膚の細胞の発育を抑制したり皮膚炎など の原因にもなりうる薬品だそうです。 過去には、中枢神経への影響が見られたという症例もあるみたいですので 気を付けください。

ソルビン酸
防腐剤、防カビ剤として食品にも使われているこの成分。 化粧品にも使用されることがあります。 皮膚や粘膜を刺激して、アレルギー反応を誘発させます。 また亜硝酸と反応して発がん性の物質になる事もありますので 皆さんも注意して下さい。

オキシベンゾン
紫外線吸収剤、日焼け止め化粧品に使用されることがあります。 アレルギー源となる為、化粧品品質基準に配合濃度基準が定められて 薬品です。 個人差はありますが、少量でもシミの原因にもなりますので 今お使いの化粧品をチェックしてみましょう。

化粧品は安い方がいいという方でも、こういった成分を気を付けて 正しい化粧品選びをしましょう(ー`´ー)うーん