生理前ニキビをなんとかしたい!ケアの仕方は?

生理の周期によってお肌のトラブルを起こす女性は多いですね。むくんで足がパンパンになったり、必ずニキビができたりと、マイナートラブルは避けたいものです。
女性ホルモンのメカニズムと、生理前トラブルの対処法をご紹介いたします。

どうして生理前にトラブルが?

女性ホルモンは2種類あり、ひとつは生理前に分泌される「プロゲステロン」、もうひとつは生理後から排卵前に分泌される「エストロゲン」です。

エストロゲンが肌をみずみずしくうるおし、コラーゲンを増やしたりしてお肌の調子を整えるのに対し、プロゲステロンは皮脂分泌を増やしてしまうのです。

そのため、生理前になるとニキビができてしまうのですね。さらに、シミができやすくなったり、むくみや精神的なイライラをもたらすとも言われています。

“黄体期”を乗り越えよう

生理前ニキビをなんとかしたい!ケアの仕方は?

「黄体期」とは、排卵後から生理前までのプロゲステロンが分泌される時期のこと。

この時期のお肌は、いつもより敏感になります。なんとなく調子が悪いと感じているなら、無理は禁物です。いつもより睡眠をたくさんとり、自分をいたわってあげましょう。

お肌が敏感なため、マッサージなどの積極的なスキンケアは避け、シンプルなケアにした方がベター。エステなどには、生理後に行くとより効果がアップします。

黄体期のニキビケア

生理!ケアの仕方は?

生理前ニキビは、皮脂の分泌を増やすプロゲステロンが関係しているので、気をつけるべきは洗顔です。

敏感な時期なので、刺激の強くない洗顔フォームなどでしっかり皮脂を落とし、オイルやクリームなど油分の多いスキンケアは避けた方がよいでしょう。

しかしながら、乾燥もニキビの原因となるので、美容液などでしっかりと保湿してくださいね。

●ひとこと

女性ホルモンは、身体やお肌だけでなく、心にも影響を与えますよね!
周期のメカニズムを知り、乗り越えていきましょう!

凹んでしまったニキビ跡、EGFであきらめない!

ニキビ自体は治っても、ニキビの跡が凹んでしまってクレーターのようになってしまった……。

もう治らないと、あきらめていませんか?ノーベル賞も受賞した「EGF」なら、お肌に穴が開いたようなニキビ跡でも、希望が持てるのです!

EGFがニキビ跡修復に、明るい光を与える理由を、ご説明しましょう。

ニキビ跡ってどうしてできるの?

凹んでしまったニキビ跡、EGFであきらめない!

お肌に穴が開いたような、窪んでしまったニキビ跡は、レーザー治療などを受けても完治は難しいのだそう。
これは、ニキビができた時に、炎症によって表皮だけでなく、深い部分の真皮の細胞までが破壊され、ターンオーバーでは肌が再生できないからです。

約28日の周期で生まれ変わるターンオーバーは、真皮の上の表皮で行われる代謝だから、真皮の組織が破壊されていると、肌が生まれ変わることができないのですね。

上皮細胞増殖因子=EGFって何?

元々は角膜移植や皮膚移植などの医療現場で使われてきたもので、皮膚細胞を分裂させる役割があると言われています。
つまり、皮膚を修復して再生する作用があるというのですね。

医療でも使われてきたノーベル医学生理学賞を受賞した成分なので、以前は超高級品でしたが、長年の研究開発により化粧品にも使えるようなコストになりました。

海外での様々な医学データでもその効果は実証されており、肌の再生に大きな期待が持てますね。

EGFはエイジングにも期待!

凹んでしまったニキビ跡、EGFであきらめない!

EGFは、皮膚細胞の分裂を促進させる役割があるのですから、ニキビや火傷などで負った傷の修復にも期待ができますが、老化した皮膚でも新生細胞の成長が改善されるというデータがあるそうです。エイジングケアに力を入れたい人にも朗報ですね!

当社でもEGFを配合したエッセンスが、お客さまに大好評をいただいております。お手軽な「基礎化粧品トライアルセット」もご用意しておりますので、どうぞお試しになってくださいね。

●ひとこと

ニキビ跡、もう治らないと思っていた方へは本当に朗報ですね!

エイジングケアにもなるなら一石二鳥!ぜひお試しください!

ニキビにも段階が?痕になってしまう前に、治しましょう!

20歳を越えてからできるニキビを「大人ニキビ」と言いますが、これはほぼ生活習慣の乱れからくるものです。

それによってホルモンバランスが崩れて、ターンオーバーが上手くいかなくなり、毛穴に皮脂が詰まってニキビになってしまうのですね。

そんなニキビにも段階があることを知っていますか?

放置すると痕になってしまう前の段階で、ニキビを治してしまいましょう。

ニキビの段階

ニキビにも段階が?痕になってしまう前に、治しましょう!

ニキビは、段階的に色の名前を付けて分けています。ニキビの進行度レベルとも言われるこの段階をご紹介しましょう。

皮脂が分泌され、ターンオーバーがうまくいかずに毛穴に詰まると、第一段階としてポツッと白いニキビができます。これが「白ニキビ」。続いて毛穴の中心が黒く見える「黒ニキビ」となり、赤く腫れて痒みや痛みを伴う「赤ニキビ」になります。

これが進行すると膿が溜まり「黄ニキビ」となり、更に進行すると、大きく腫れて紫がかったような「紫ニキビ」となります。

ここまで来ると、毛穴にたまった膿が周辺の組織にダメージを与え、クレーターのような穴が肌に空いてしまうのです。

どこまでなら痕にならない?

ニキビにも段階が?痕になってしまう前に、治しましょう!

実は、赤ニキビまでいってしまうと、ニキビ痕になってしまう可能性が高くなります。

紫ニキビまでいくと、シミのような痕だけでなく、その周辺の皮膚がポッコリ凹んでしまうクレーター状になる可能性が高く、こうなると治すことができなくなってしまいます。

ニキビは「白」か「黒」のうちに治してしまうことが、後々、肌に痕が残らない重要なポイントなのです。

白・黒ニキビの対処法

白ニキビはニキビの初期段階です。毛穴の中に皮脂が溜まりつつある状態なので、まだ炎症までは起こしておらず、アクネ菌も少しずつ増えているといった段階。ここでお薬などで適切な治療をすれば、簡単に治ることが多いです。

黒ニキビは、白ニキビが進行して毛穴に溜まった皮脂が顔をのぞかせた状態。皮脂が空気に触れて黒く見えます。これも薬などで適切に処置すれば、すぐに治すことができます。ニキビ対策は、とにかくできたらすぐ!がポイントですよ!

●ひとこと

フルルボローションでしっかり保湿することも、ニキビには有効な方法です。

乾燥は大敵ですので、洗顔のしすぎには注意してくださいね!

冬の大人ニキビが増えるのは、冷え性も原因だった?!理由と対策3つ

実は冬はニキビが増えやすい季節です。理由はお肌の乾燥と、もうひとつ、重大な原因が隠されていました!

それが「冷え性」。

冷え性が、どうして冬の大人ニキビを増やしてしまうのか、そのメカニズムと対策をご紹介しましょう。

なぜ冷え性がニキビを増やすの?

そもそもニキビとは、皮脂が毛穴に詰まって炎症を起こすためにできるものです。

つまり、お肌の乾燥は大敵なので、冬にニキビが悪化するのはわかりますよね?では、何故冷え性もニキビを増やす原因になるのでしょうか?

それは、冷え性だと、血流のめぐりが悪くなり、お肌のターンオーバーが乱れてしまうからなのです。
ターンオーバーとは、古い角質を下から押し上げ剥がしてくれる、いわゆる新陳代謝ですが、それが滞ってしまうと、皮膚が厚くなってしまい毛穴が塞がれ、皮脂が詰まったままになってしまい、ニキビになるということなのです。

冷え性対策① 身体を徹底的に温める!

冬の大人ニキビが増えるのは、冷え性も原因だった?!理由と対策3つ

身体を冷やさないだけでなく、温めるような食べ物、飲み物、行動をとるように心がけましょう。

食べ物なら根菜類や冬に旬のもの、飲み物はホットのもの。カフェインが入ったコーヒーは身体を冷やしますので、ホットで飲むにしても注意しましょう。

紅茶にはショウガやハチミツを入れると緩和されます。

冷え性対策② お風呂につかる

シャワーだけで済ませず、バスタブにお湯をはり、つかることを習慣にしましょう。身体が芯から温まりますし、軽く汗もかくので代謝もよくなります。

ただし、お湯から出た直後から猛烈に乾燥するので、湯上がりは速攻で保湿をしましょう。脱衣所に一本フルルボローションを置いておくと、全身に使えて保湿バッチリになりますよ!

冷え性対策③ 湯たんぽが強い味方

冬の大人ニキビが増えるのは、冷え性も原因だった?!理由と対策3つ

冷え性の人は、お風呂にしっかり浸かっても、ベッドに入る頃には足が冷えている…ということがあるでしょう。

そんな時は、湯たんぽがおすすめ!電気を使うものや、カイロなどと違って低温やけどの心配がほとんどなく、お湯を使うためひどく乾燥することもありません。

寝る10分ほど前におふとんの中に入れておくと、冷たいふとんの中に入ることも回避できますよ!

●ひとこと

冷えもニキビの原因だったなんて!

乾燥対策ばかりでなく、冷え対策も重要なのですね!

気になるニキビ跡!陥没して残ってしまった時の対処法

ニキビができて跡に残る場合、赤くなったり茶色くなったりしますが、一番手強いのがこの「陥没」タイプで、クレーターと呼ばれたりもします。

どうしてこのような陥没痕になるのか、そしてそうなってしまった場合の対処法をご紹介しましょう。

ニキビ跡が陥没するのは何故?

ニキビができた時に、毛穴の周りの皮膚にまで炎症が起こってしまい、皮膚が溶けるようにしてなくなってしまったために、ニキビが治ってもそこに穴が空いたように残ってしまうのです。

皮膚が溶けて一部なくなってしまう…なんて、衝撃的ですよね!

つまり、皮膚がなくなってしまっているために、修復することが困難なのです。
しかし、改善する方法はあるので、諦めないでくださいね!

陥没した跡を改善する方法

気になるニキビ跡!陥没して残ってしまった時の対処法

ひとつは「ピーリング」です。これはニキビ対策全体にも効果がありますので、定期的に行うといいでしょう。

ホームピーリングが怖い方は、皮膚科でのピーリング治療をしてくれるところがあります。

ピーリングを行うことで、下から皮膚が持ち上がってくるので、陥没の深さを浅くすることができます。ピーリングのペースは月に1度程度×10回くらいで、かなり改善されるようです。

皮膚科クリニックで行う治療

気になるニキビ跡!陥没して残ってしまった時の対処法

「ノンアブレイティブ治療」が行われます。これはシワを取るための治療法として有名で、簡単に言うと肌を削るという方法です。

ちょっとビックリしますよね!

方法は、レーザーや電動やすりのようなものを使って物理的に肌を削ります。

当然、出血もしますし全身麻酔をかける場合もあるそうです。

皮膚を浅く削ることで、その傷口が治るときにピンと張った新しい皮膚が現れるのをねらった治療法なのですが、ここまでやるには、勇気も費用もかかってしまいます。

とにかくクレーターのような跡がひどくて悩んでいる場合は、皮膚科で相談してみましょう。

●ひとこと

ニキビ治療も、ここまで行うことがあるのですね!

陥没痕は基礎化粧品では改善しにくいので、ニキビ予防も大切ですね!