HOME > イアソー化粧品ブログ

夏の冷え性、こうすれば防げます!対策を紹介

夏の冷え性、こうすれば防げます!対策を紹介

暑いはずの夏に、冷え性で困っている女性も多いですよね。オフィスではひざ掛けや上着をはおるなどして防いでいても、身体は冷えています。
かといってエアコンなしでこの夏を乗り切るのは、かえって危険!どうすればいいのでしょうか?

冷えるとどうなる?

まずは冷えるとどんなトラブルが起こるのかをご紹介します。当てはまる人は、自覚なく冷えているのかもしれないので、気をつけましょう。

・疲れがとれない
・だるい
・むくむ
・自律神経のバランスが乱れる
・免疫力がさがる 
・肩こりがひどい

これらのトラブルは、夏でなくても抱えている人もいます。しかし、夏に冷えてしまうと、さらにひどくなるので、しっかり対策をして冷えを防ぎましょう。

冷えを防ぐ対策

夏の冷え性、こうすれば防げます!対策を紹介

【対策1】

シャワーで済ませず、できるだけ湯船に浸かりましょう。芯から身体が温まり、発汗もするので代謝もよくなります。

また、体温が下がる時に眠気が訪れるので、寝る前1時間くらいにお風呂に入ると、寝付きがよくなります。
ただし、ぬるめのお湯にし、水分補給をしっかりしましょう。

【対策2】

冷たい食べ物や飲み物をできるだけ控え、温かいものを摂りましょう。
エアコンの入った部屋で、さらに冷たいものを身体に入れると、芯から冷え切ってしまいます。暑いと感じていても、コーヒーや紅茶もホットで、冷たいそばやうどんより温かいものを選びましょう。
お腹の中から温めることで、冷えが防げます。

夏の冷え性、こうすれば防げます!対策を紹介

【対策3】

ニンニク、ショウガ、ネギ、キムチなど、身体が温まり、発汗作用のあるものを積極的に食べましょう。
発汗は代謝をよくするだけでなく、体表の温度を下げてくれるので、自然に涼しくなります。 これらの食材は、抗酸化作用もあるので、エイジングケアにも有効ですよ!

【対策4】

過度なダイエットによる栄養不足や、ダイエットのために生野菜ばかり食べていると、身体が冷えてしまいます。特に生野菜は身体の熱をとる作用があるため、血液まで冷え切ってしまうのです。

自律神経が乱れると、イライラや生理不順などのトラブルにまで発展してしまうので、健康や美容のためにと思っても、生野菜ばかり食べるのは避けましょう。

●ひとこと

冷えやすい女性だからこそ、冷え予防は本当に大切ですね!美容のためにやっていることが、実は冷えに繋がったりするので、注意しましょうね!





なんとかしたい!虫刺され痕の黒ずみを目立たせない方法

なんとかしたい!虫刺され痕の黒ずみを目立たせない方法

気をつけていても、虫に刺されることはありますよね。虫に刺されると、かゆみだけでなく、茶色く痕になって残り、なかなか消えてくれません。
早く消す対策はあるのでしょうか?

虫に刺された時のNGとは?

なんとかしたい!虫刺され痕の黒ずみを目立たせない方法

夏の虫刺されといえば、蚊ですが、他にも山や海で虫に刺されることがあります。まずは、虫に刺された時、かいてはいけません。なぜなら、かくと更にかゆくなり、皮膚を傷つけてしまうと痕が残ってしまうからです。

爪で十字のあとを付けるのも、実はよくありません。皮膚から雑菌が入る恐れがあります。

また、温めるとかゆみが増してしまいます。唾をつけるといいと言われていますが、これも瞬間的にかゆみが消えるだけで、唾液に含まれる菌が傷を悪化させてしまう可能性があるため、おすすめできません。

マヌカハニーでかゆみ止め!

かいてはダメと言われても、かゆくて仕方ないのが虫刺されですよね。実はマヌカハニーというはちみつが、虫刺されのかゆみを抑えてくれるというのです。

方法は、マヌカハニーを適量刺された部分に塗り込むだけ!天然の抗菌作用が、感染をとめてくれるので、かゆみが治まるそうです。

マヌカハニーがなければ、水に溶かした重曹を刺された場所に塗るのも効果的だそうですよ!

色素沈着を予防しよう

なんとかしたい!虫刺され痕の黒ずみを目立たせない方法

かかないように気をつけても、虫刺され後のケアをしないと、メラノサイトが刺激されてしまい、茶色く色素沈着してしまうことがあります。しかも、こうなるとなかなか薄くなってはくれません。そこで、ビタミンCを補給することがポイントです。

普段飲んでいる水にレモンを入れたり、サプリメントで摂ったりしましょう。しかし、ビタミンCは摂りすぎもよくないので、1日2000mgを目安にしてください。

また、虫刺されの箇所は、乾燥しやすくなってしまいます。保湿力の高い美容液やオイルなどで乾燥を防ぎ、肌のターンオーバーがスムーズに行えるようにしましょう。

●ひとこと

本当に困る虫刺され痕!肌を出す季節だからこそ、痕を残さずきれいに治していきたいですね!





夏の上手な水分補給、本当にそれで大丈夫?

夏の上手な水分補給、本当にそれで大丈夫?

毎年猛暑となり、熱中症対策が叫ばれていますが、美容に気をつけている人は「水分はたくさん摂っているから大丈夫」と思い込んでいませんか?

汗を大量にかく夏は、水をたくさん飲めば良いというものではなさそうです。
TPOに合わせた上手な水分の摂り方をご紹介します。

軽く発汗した時

歩いたり、お風呂に入ったりして汗をかいた場合は、水を補給しましょう。ナトリウム(塩分)が40mg/100ml以上入っているなら、スポーツドリンクもおすすめです。

しかしながら、スポーツドリンクはカロリーが高いので飲みすぎには注意しましょう。塩分が高めなので、血圧が高い方も控えめに。

また、スポーツドリンクにはアミノ酸が入っているため、吸収スピードはあまり早くありません。

急を要する場合、スポーツドリンクは向かないと覚えておきましょう。

大量に発汗した時

夏の上手な水分補給、本当にそれで大丈夫?

汗は水分だけでなく塩分まで奪います。大量の汗をかいた時には、スポーツドリンクもいいのですが、経口補水液を飲みましょう。
急激な水分、塩分不足は、脱水症や熱中症になってしまう恐れがあるので、水だけの補給では体内に水分を補給することができないのです。

「経口補水液」とは、水に塩とブドウ糖を混ぜたもので、体内の水分と近い成分になっています。だから、すばやく身体に吸収されて、水分+塩分を補給してくれるのですね。

簡単に家で手作りもできるので、急な時はとりあえず補給してください。作り方は、

・水1ℓ
・ブドウ糖(砂糖でも可)20〜40g
・塩 3g

ただし、市販のものより吸収率は低くなるようです。炎天下でスポーツをする時などは、経口補水液を準備していた方がよいでしょう。

注意!水分を奪う飲み物とは?

夏の上手な水分補給、本当にそれで大丈夫?

水分を補給しているつもりで、実は奪っているものがあります。それは、カフェインとアルコール。

まずは、コーヒー、紅茶、緑茶、コーラなどに含まれるカフェインですが、利尿作用があるため、飲みすぎると水分不足になってしまいます。コーヒーなら1日2杯程度にして、カフェイン入りの飲み物で水分補給しないようにしましょう。

アルコールは、アルコールを分解するのに同じ量の水が必要と言われています。つまり、ビールを1ℓ飲んだら、水が1ℓ奪われるという訳ですね。炎天下でビールを飲むときは、同量の水を飲み、アルコール量を控えるように注意しましょう。

●ひとこと

意外なところで、水分って奪われているのですね!
体内に水分が不足すると、お肌の分まで行き渡らないので、夏は特に気をつけてくださいね!





知らないうちに歯ぎしり?セルフチェックと対処法

知らないうちに歯ぎしり?セルフチェックと対処法

自分は歯ぎしりなんてしない!と、思い込んでいませんか?実は歯ぎしりにも種類があって、自分が気付かないうちに行っているかもしれないのです。

そして、歯だけでなく、顎関節にも大きな負担をかけてしまうため、美容や健康にも大きな影響を与えてしまうのです。

まずは歯ぎしりチェックをして、対策を考えてみましょう!

歯ぎしりチェック!

知らないうちに歯ぎしり?セルフチェックと対処法

歯ぎしりは、眠っている間や無意識のうちにすることが多く、実は多くの人が歯ぎしりに自覚がないと言われているそうです。
歯ぎしりをしているかどうか、チェックしてみましょう。

□口の中、頬の内側に白い線がついている
□舌の横側に白い線がついている
□舌のフチが歯の形にギザギザしている
□下の歯の内側の歯ぐきがボコボコしている
□歯の噛み合わせ部分がすり減っている
□歯の付け根が削れている
□歯がしみる
□朝、口周辺やアゴがこわばっている
□アゴの関節がポキポキいう

以上の症状がいくつか当てはまる人は、歯ぎしりをしている可能性があります。
どんな時にしているのか、気をつけてみてください。

歯ぎしりの種類

歯ぎしりに自覚がない理由は、歯ぎしりだと知らないということが挙げられます。
ゴリゴリと音がして、寝ている間にするものだけが歯ぎしりだと思っていて、その他のものを歯ぎしりだと認識していないのですね。

【歯ぎしりの種類】

・グライディング……歯を擦り合わせて、ギリギリと音がなる。音がしない場合も。
・タッピング……上下の歯をカチカチと噛んで鳴らす。
・クレンチング……上下の歯を噛みしめる。音はしない。

タッピングとクレンチングは、気付かない場合が多く、自覚もないために気付かないまま歯やアゴの関節に負担をかけることになってしまいます。

歯ぎしり防止の対策

知らないうちに歯ぎしり?セルフチェックと対処法

ストレスや過度の緊張でも無意識に歯ぎしりをするのだそうです。
噛み合わせや歯が削れている場合には、歯科や口腔外科での治療が必要ですが、ここでは自分でできる対処法をご紹介します。

・高い枕に気をつける
・寝る前の飲酒を控える
・普段から唇を閉じて、口の中では上下の歯を合わせない
・食いしばりを気にかける
・ストレスを発散する
・食事は1口で30回以上噛む
・左右の歯で均等に噛む
・頬杖をつかない

普段から気をつけることで、随分歯ぎしりは減るようです。
歯や顎関節が気になっている人は、注意してみてくださいね!

●ひとこと

気付いてないうちに、歯を食いしばっていること、ありそうですね!
歯ぎしりはストレス発散の役割もしているそうなので、コントロールすることが大切ですね!





生理前ニキビをなんとかしたい!ケアの仕方は?

生理前ニキビをなんとかしたい!ケアの仕方は?

生理の周期によってお肌のトラブルを起こす女性は多いですね。むくんで足がパンパンになったり、必ずニキビができたりと、マイナートラブルは避けたいものです。
女性ホルモンのメカニズムと、生理前トラブルの対処法をご紹介いたします。

どうして生理前にトラブルが?

女性ホルモンは2種類あり、ひとつは生理前に分泌される「プロゲステロン」、もうひとつは生理後から排卵前に分泌される「エストロゲン」です。

エストロゲンが肌をみずみずしくうるおし、コラーゲンを増やしたりしてお肌の調子を整えるのに対し、プロゲステロンは皮脂分泌を増やしてしまうのです。

そのため、生理前になるとニキビができてしまうのですね。さらに、シミができやすくなったり、むくみや精神的なイライラをもたらすとも言われています。

“黄体期”を乗り越えよう

生理前ニキビをなんとかしたい!ケアの仕方は?

「黄体期」とは、排卵後から生理前までのプロゲステロンが分泌される時期のこと。

この時期のお肌は、いつもより敏感になります。なんとなく調子が悪いと感じているなら、無理は禁物です。いつもより睡眠をたくさんとり、自分をいたわってあげましょう。

お肌が敏感なため、マッサージなどの積極的なスキンケアは避け、シンプルなケアにした方がベター。エステなどには、生理後に行くとより効果がアップします。

黄体期のニキビケア

生理!ケアの仕方は?

生理前ニキビは、皮脂の分泌を増やすプロゲステロンが関係しているので、気をつけるべきは洗顔です。

敏感な時期なので、刺激の強くない洗顔フォームなどでしっかり皮脂を落とし、オイルやクリームなど油分の多いスキンケアは避けた方がよいでしょう。

しかしながら、乾燥もニキビの原因となるので、美容液などでしっかりと保湿してくださいね。

●ひとこと

女性ホルモンは、身体やお肌だけでなく、心にも影響を与えますよね!
周期のメカニズムを知り、乗り越えていきましょう!





このページのトップへ